サブマリンサンドイッチ。懐かしい味!そして、好き嫌いを無くす方法!


昨日は、帰宅してから、数日前から言ってた子供が大好きなサブマリンサンドイッチを子供が作ってくれました!

「ママのために作ってあげるね!」と超張り切って作ってくれた。

スポンサーリンク

私がいつも作ってあげるのとは違いケチャップベースと言うのが子供らしい発想。

というか、何故か私の子なのにマヨネーズ嫌いなんです。

もう、これ生まれた時からそうで多分、卵が苦手なのから来てるのかな?

離乳食で、卵料理食べさせ過ぎたから飽きたんだろうか?とか、一時期悩みましたが、、、( ;∀;)

元々、卵焼きは食べれるけど、ゆで卵や生卵ぽいのが苦手な子。

数年前に、富士山の「食べたら寿命より7年長生きできる」と言われてる黒玉子食べてから、急にゆで卵は、食べれるようになりました!それから、→目玉焼きが食べれるようになり→半熟卵が食べれるように成長しました。

だから、何かのきっかけがあれば食べれれるようになるんですよね?子供って!ビジュアルとかイベントで変わるもの!

だから、好き嫌いが多いお子さんをお持ちのお母さん、お父さんはこの方法をやってみたら成功するかも!です。     ( ◠‿◠ )

●見た目を、皿やフルーツやケチャップなんかで、ちょい明るめにする

●一緒に作る、とか、作らせてみる!ってのが1番、食べてくれますよ!

●イベント、遊びに行った時に健康に良いと分からせ食べさせてみる。

特に自分で作ったものは食べたくなるようです!これで克服したからね。

やって見て下さい。一緒に食べると、作ると、「楽しい」ってのが1番だ。

ちなみに、今日、作ってくれた子供の好物、サブマリンサンドイッチとは=「細長いパンを切って具材を挟んだものを潜水艦に見立ててサブマリン・サンドイッチ(サブ)と呼び、サブウェイやクイズノス・サブがファーストフードとして世界的に普及させた」サンドイッチです。

まだ、小学生だった頃。

私はこのサブマリンサンドウィッチがビートルズのイエローサブマリンのイメージと重なって、凄〜く食べたくなったのを覚えています。

それも凄〜く長いのが食べたかった!アホみたいにフランスパン一本ドーンとしたのを!

それを親に話して、フランスパン1本買って貰い、1人キッチンでいそいそと作り始めました。

冬だったのか?全く季節も時間も覚えてないんだけど、ヒンヤリとしたキッチンのシンク?シルバーの上に、大きなフランスパンの色と、ハムやチーズ、ゆで卵とマヨネーズの黄色と白に、レタスの緑、トマトの赤が反射してキラキラしていたのを今でも鮮明に覚えています。

ヒンヤリとしたあの冷たいイメージと暖かい食材の色が私のチビの頃の思い出。

自分で作るって、子供には一大イベントなのかもしれませんね。いつものキッチンでさえ、記憶に別のスペシャルな場所として刻まれる。

そして、自分で作った!食べて貰って嬉しかった!が、自立した気持ちになっていつまでも良い思い出として、ハートの中に居続けてくれる。

私にとって、サブマリンサンドイッチは、美味しい思い出とビートルズのロックなイメージとの融合した食べ物なんかもしれませんね。


子供が作ってくれたサブマリンサンドイッチ、

凄〜く美味しかったです!

写真は、子供が自分の作品?をパチパチ撮影してた物の1枚です。

見た目は普通だけど、凄〜く愛情がこもって居て余計に美味しく感じましたよ。

何方かと言えば、私にたくさん食べて欲しいと具材がてんこ盛りで、スマートな作りではないですし、子供が好きな物を欲張って詰め込んだからはみ出してるし    ε-(´∀`; ) 決して美しいとは言えないしね。

だけど。だからこそ、夢中になって食べてあげたくなる一品でした!

ありがとう!ママのために一生懸命作ってくれて!

これからも、一緒に楽しい食事を作って行こうね!

そして、毎日を楽しく過ごそうね!

スポンサーリンク


Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪