ヘラコプターズ!脈打つ魂は荒くれ者のメロディ 【Hellacopters】Gotta’ Get Some Action NOW!

ヘラコプターズ‼︎

このSOUND‼︎

この疾走感‼︎

聴いたら血が逆流するわよ!

Lyraには、体内で血が沸騰するくらい生きるリビドーを感じるバンド!

スポンサーリンク

ヘラコプターズ (The Hellacopters) は、1994年に結成されたスウェーデンのロックバンド。

Lyraの大好きなDregenが在籍していたバンドです。

色々ありながらも2008年まで活動したが解散してしまい、それが昨年、再結成して、おまけに今年からDregenも再加入&今まさにヨーロッパなどツアー中です!

旬な話題なんだよね〜本当、再結成してくれたから、、、と感慨深い。

ハードな爆音の如く、バンド内も荒々しいのか?色々とまぁ、紆余曲折があるバンドです。

1994年結成。当時エントゥームドのドラマーだったニッケ・アンデションのサイド・プロジェクトとしてスタートしたが、本業のエントゥームドが契約問題でゴタゴタしてきたのと、他のメンバーとの音楽性のずれから脱退。

その間ヘラコプターズの方は1st,2ndと順調にステップ・アップしていき、結成当時からのサポート・メンバーのボバが正式加入したが、ここでギターのドレゲンがバックヤードベイビーズに専念するため脱退。

一時的にチャック・パウンダーやマティアス・ヘルベリィをギターにしツアーをしのぐ。

1999年に入り、ロバート・ダールクヴィストが加入。ここで2008年ラストのラインナップが揃いました。

彼らのアルバムを聴けば直ぐにわかります、、、普通のバンドよりすご〜い爆音MAXに録音されていていて、CDなのにまるで今、目の前でライブを見てるような感覚になります!

『「血湧き肉躍る」ってこのことかよ!』って感じ!

初めてMusic Videoを見た時は、

「来たー‼︎」って叫んだLyraです。

特くにね、「Gotta ‘ Get Some Action Now !」とかね、聴くとね、もう「マラカス振りてェ〜!ダブルで〜!」ってなる私は病気です、ハイ、、、(笑)。

彼らの強みは、、、荒削りだけれど聴く者を鷲掴みにする迫力ある演奏力!

そして、CDだろうが何だろうが、一発録りのようなライブ感がもろ出る所だよね。

なかなか、ライブ感て出そうとして出せるもんじゃないよ。

日本のバンドでも、「ライブ感出す為に一発録りしました!」とか「ライブのように衝動的に録音」みたいなことを言っているの、多いよね〜、、、

あれ、期待して買うと殆どが「雑」か、「ライブ感」と「ただの一発録り」を勘違いしてるだけの残念な作品になってんのよ!

もお、頭くる〜買わなきゃ良かったわ!ってバンドばかりよ!

「勘違い」って怖いよね?

ライブ感出す為に、手振れ効果をたうまくだした映画「ブレアウィッチ」と巷の再現ビデオの違いみたいなもんかしら?まぁ、あれは狙いが上手く行った成功例。

こっちは、まんまのLIVEだからね!

 

スポンサーリンク

LIVEライブを音で表現し、形にするのがいかに難しいか考えさせせられる。

それだけ、The Hellacoptersのアルバムがライブそのまんまだから、

「スゲー!」ってことなのよね。

そのライブの強みを武器に世界中でツアーをしてきたThe Hellacopters。

主な競演バンドとして、ローリング・ストーンズ、キッス、フー・ファイターズ、ハイヴス、ダットサンズ、サウンドトラック・オブ・アワー・ライブス、ケント、ウェイン・クレーマー、モンスター・マグネットなど。意外なところで、あのベックとも競演しています。

2007年10月13日、フロントマンのNicke Anderssonが解散を発表。(多くの個人的な問題が解散の原因になったとのこと。 )

既に最後のスタジオアルバムのミキシングを終えており、2008年の年頭に「Head Off」としてリリース。同年秋に最後のツアー「The Tour Before The Fall」を開催し解散しました、、、

そして、長いお休み?の後、昨年、再結成し、今年2017年からワールドツアー!

Dregenがまた参加をしたのが強いよ!

彼らのアルバムが全てロックしていて良い仕上がりなんだけど、やっぱDregenのギターが入ることで、よりパワフルでギラギラした派手さが加わるから彼がいないとだめなんだ。

沢山あるヘラコプターズのアルバム (最後の方に作品をまとめておきますので参考にして下さい)。

その中で今日は、さっき話しに出た『( Gotta Get Some Action) Now!』のミニアルバムから、同名曲を!

1.(Gotta Get Some Action ) Now!

2.Freeway To Hell

3.Ghoul School

4.Low Down Shakin’ Chills

これは凄い!

Rockって、これよ!これ!

この曲を聴くと誰でも「ウォ〜〜!」って叫びたくなるよ!

ストレートなRockを聴きたい人や、

Iggy PopやMC5のようなガレージロック好きならばヨダレもののバンドです!

元気ない人は、Lyraと一緒に朝からThe Hellacoptersを聴こう!

パワーみなぎるよ!

It’s OK‼︎

大丈夫、元気出せ!

<メンバー >

●ニッケ・アンデション(Nicke Andersson, Nick Royale1972年8月1日 – )Vocals,Guitar
元エントゥームドのドラマー。エントゥームドの2ndではヴォーカルも担当している。ソロシングルを2枚と主なサイドプロジェクトとしては、元ソニックス・ランデヴゥー・バンドのスコット・モーガンとハイドロマティックス、ソリューションと言うバンドでそれぞれ1枚ずつアルバムを発表(共にドラムで参加)。DTK MC5にも参加している。MC5の野球帽がトレードマーク。ヘラコプターズ解散後はインペリアル・ステイト・エレクトリックで活動し、来日もしている。ニック・ローヤル(Nick Royale)の通称もある。

●ロバート・ダールクヴィスト(Robert Dahlqvist, 1976年4月1日 – )Guitar
1999年から参加。当初はニッケに名前を覚えてもらえず、よくギターの弦を切ることからストリングスの愛称で呼ばれている。ソロ・プロジェクトとしてサンダー・エクスプレスというバンドで2枚アルバムを発表。ボバと共にダイアモンド・ドッグスにも1枚参加している。

●ケニー・ホーカンソン(Kenny Håkansson, 1972年11月25日 – )Bass
ニッケの幼馴染で子供の頃からニッケとバンドを組んでいた。

●ロバート・エリクソン(Robert Eriksson, 1972年3月7日 – )Drum
結成当初からのメンバー。ニッケが元々ドラマーだったので、レコーディングではニッケに指示されてその通りにドラムを叩いていると雑誌のインタビューで言われていたが真相は定かではない。スウェアー・グルーヴスと言うバンドでアルバムを3枚出している。

●アンデス・ボバ・リンドストローム(Anders Lindström, 1969年7月19日 – )Keyboard
バンドの最年長メンバーで1番背が高い。Grande Rockではギターも弾いている。ヘラコプターズと平行してダイアモンド・ドッグスにはギターで参加、4枚アルバムが出ている。

スポンサーリンク

< ディスコグラフィ >

=アルバム =
・Supershitty To The Max (1996)
・Payin’ The Dues (1997)
・Grande Rock (1999)
・High Visibility (2000)
・Cream of The Crap! Vol.1 (2002)
・By The Grace of God (2002)
・Cream of The Crap! Vol.2 (2004)
・Strikes Like Lightning (2004)
・Rock And Roll Is Dead (2005)
・Air Raid Serenades (2006)
・Head Off (2008)

=シングル他 =
・Killing Allan(1995)
・1995(1995)
・Now(1996)
・(Gotta get some action) NOW!(1996)
・Misanthropic High(1996)
・Respect The Rock(1997 Split)
・Electric Frankenstein vs The  Hellacopters(1997 Split)
・Riot On The Rocks(1997)
・Soulseller(1997)
・City Slang(1998)
・Like No Other Man(1998)
・Looking At Me(1998)
・Hey!(1998)
・Disappointment Blues(1998 EP)
・Rock & Roll Jihad(1998 Split)
・Dirty Women(1999)
・New Bomb Turks / The Hellacopters(1999 Split)
・Twist Action(1999)
・Doggone Your Bad-Luck Soul(1999)
・Down Right Blue(1999)
・Respect The Rock America(1999 Split)
・The Devil Stole The Beat From the ・Lord(1999)
・The Hellacopters / Powder Monkeys(1999 Split)
・Check This Action(1999)
・Bla Taget / The Hellacopters(1999 Split)
・Move Right Out Of Here(1999)
・Quadracopters / Hellajets(1999 Split)
・Scott Morgan & The Hellacopters(1999 Split)
・It’s Not A Long Way Down(2000)
・Toys And Flavors(2000)
・Hopeless Case Of A Kid In Denial(2000)
・White Trash Soul!(2001 Split)
・Hopeless Case Of A Kid In Denial – Box(2001)
・The Hellacopters / Adam West(2001 Split)
・No Song Unheard(2001)
・Geekstreak (邦題フジヤマイチバン)(2001 EP)
・Hellacopters 12″(2002 EP)
・By The Grace Of God(2002)
・Carry Me Home(2002)
・Pack Of Lies(2003)
・The Hellacopters / Adam West(2004 Split)
・Everything’s On T.V.(2005)
・I’m In The Band(2005)
・The Hellacopters/The Doits(2005 Split)
・The Same Lame Story (2007)
・In The Sign Of The Octopus (2008)
・Darling Darling (2008)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪