アメイジング・スパイダーマン あらすじネタバレ、レビュー!Amazing Spiderman

何回も見ているスパイダーマンシリーズ!

その中でも今シリーズは、綺麗にまとまっている。

毎回見るたびに「ハリウッドらしい娯楽映画だなぁ〜」と感じる。

主演の2人はスマートだし、、、

ヴィランも(悪役のこと)好きなイギリス人俳優で、悪役にしては綺麗だしね。まとまり過ぎ〜。

スポンサーリンク

サム・ライミ監督が作った前シリーズの3作品が良い意味アクがあり過ぎて、インパクト大!キモさも大!

それがこれには、全くない!

まるでプロモピデオを見てるかのように、オシャレな雰囲気さえありまする。

それもそのはず、監督はマーク・ウェブ。

そう、パンクス好きのマニアならご存知のミュージック・ビデオの監督さんだっだんだよねー!

知らない人のために説明すると、パンクでも、ハードコアパンクではなく、とっても聴きやすいポップ寄りPUNK バンドのプロモを撮っていて、例えば、Green Dayや、Good Charlotte,3 Doors Downなんかの・ビデオを撮りまくって来たマーク・ウェブ監督。(変り種に、Back Street Boys,Santana, あとB’z……puke.)

綺麗にアーティストを撮ってくれる監督さんだ。

なんかそこがLyraは物足りない。

今、お話している『アメイジング・スパイダーマン』(原題: The Amazing Spider-Man)は、アメリカ合衆国の2012年公開の映画。

【ネタバレあらすじ】いきますよー!

最後の方にLyraのレビューもあるので宜しかったらお読みになって、、、

(*☻-☻*)

 

《あらすじ》

両親を亡くし叔父のベンと叔母のメイのもとで育てられたピーター・パーカーは、写真好きなオタク気味な高校生になっていた。ハイスクールでは、いけすかないハイスクールカーストの頂上にいるグループのリーダー、フラッシュからイジメにあっていた。

ある日、父のリチャード・パーカーが残したバッグに隠された資料を見つける。

そこには、父親愛用の懐かしい眼鏡を始め、思い出の品々と謎の化学式が書かれた研究資料があった。

その日からピーターは、コンタクトをやめ眼鏡を掛けたりするようになる。

父について知りたいピーターは、父の研究者仲間だったコナーズ博士に近付くため、彼の研究所オズコープの公開実習に参加する。

案内をする女性は、成績優秀で実習生となっているクラスメイトのグウェンだった。

オズコープ社のトップ研究者のコナーズは、右肘から下がない男性だった。そんな自分をネタにして笑いをとるコナーズ博士。

コナーズ博士にみんなが質問していた時に、遺伝子組み換えの父親のノートに書かれた話をして注目されるピーター。

グウェンに「研究所で変な行動しないでよね」と注意されるも、単独で行動し侵入したピーターは、「バイオケーブル」の開発室で遺伝子組み換えされたクモに刺され、博士の下で実習している同級生のグウェン・ステイシーに追い出されてしまう。

その帰りの電車の中でピーターは驚異的な身体能力に目覚め、電車内でちょっかいを出して来たチンピラ達を全て倒してしまい自分自身おどろいてしまう。

後日、ピーターはコナーズ博士の家を訪ねリチャードの息子であることを明かし、父の資料にあった式を教えた。

画期的な数式に感嘆の声をあげるコナーズ博士は、ピーターにオズコープに出入りすることを許し、交流が始まった。

そして、ピーターは、コナーズ博士と共に爬虫類の再生能力を転用した薬品の開発を成功させる。

しかし、勉学を疎かにしたり、驚異的なパワーを制御出来ずに、変な行動をするピーターを心配する叔父と叔母。

いじめっ子のフラッシュにからかわれた女子を庇い、バスケットボールを利用してフラッシュを打ち負かすピーター。

パワーあり過ぎて制御出来ないまま勢いあまって、バスケットゴールを粉々してしまい、学校から叔父は呼び出しを食らう。

息子として注意する叔父ベン。

話していると、ピーターのパソコンの待受に写っていた「可愛い子だね」と自分が言った女子(グウェン)が廊下に立っていたのを見つけたベン。

「あれ?お前のパソコンに写っていた可愛い子じゃないか?君!ピーターが君の写真をパソコンで見ていたよ!」と明るくバラしてしまった。

気を利かせてその場を去る叔父ベン。そのおかげでピーターとグウェンは、2人で出かける約束をすることが出来た。

ある夜、「夜勤で遅くなるからメイ叔母さんを私の代わりに車で迎えに行っとくれ。」と叔父に頼まれていたのにピーターは、すっかり忘れてしまってオズコープでコナーズ博士と研究を夜遅くまでしてしまった。

夜遅く帰宅したピーターは、叔父ベンに「真っ暗な中、危険な街を数ブロックも歩かされた叔母さんに謝罪しろ!」と怒鳴られたことから、口論になり、家を飛び出してしまう。

心配になりピーターを追いかけたベンは、逃走する強盗に撃たれ殺されてしまった。

ピーターは嘆き、犯人探しを始める。犯人の白人の金髪ロン毛男には、左手首に星のタトゥーがある。

犯人を捜し出すため、ピーターは、レスラーマスクをヒントにマスクを作り、オズコープの協力を得てウェブ・シューターを開発(蜘蛛の巣を手から吐き出す装置)。クモをモチーフとしたスパンデックス素材のスーツを手製で作り、それを着てスパイダーマンとなる。

似た人物や強盗をしている男達を捕まえては、犯人と違うと、捕縛して警察に突き出しで行くピーター=スパイダーマン。

しかしその格好からスパイダーマンも警察から不審者として追われることに、、、。

そんな中、ピーターとグウェンはお互いに好意を寄せるようになっていく。

ディナーに招待されたピーターは、グウェンの父がスパイダーマンを追う警部と知り驚く。

スポンサーリンク

再生医療を売りとしていたオズコープ社は、実は創始者であるノーマンの命を救う事が真の目的だった。その為の研究、その為の再生遺伝子の研究。

再生遺伝子の応用にピーターとの数式を利用したネズミの実験に成功したコナーズ。

会社から早く人体実験をし実現化するよう強要され、拒否するとクビを言い渡さた。

右腕の肘から下がないコナーズ博士は、薬剤を自分に投与。すると新しい腕が生えてきてたが、博士の身体は巨大トカゲ=リザードになってしまう。

おまけに、意識も人間から離れ、トカゲに支配されてしまい地下へ潜り下水道で薬剤を投与しながら、街へ出て人を襲い暴れるようになってしまった。

ブルックリン橋に現れたリザードのせいで、父親に頼まれて橋から落ちる車の中から少年を助け出したスパイダーマン。

リザードはただ街で暴れ、人を襲うだけでなくある計画を立てていた。それは、このリザードに変身する薬剤を霧状にしてNY中に散布し、全ての人類をリザードに変えて仲間を増やす計画だった。

街中でリザードは薬剤を散布し、リザードに変身する人間が続発して街は混乱。

携帯から研究所に自由に出入り出来るグウェンに、薬剤を散布する拠点がオズコープだから、機械を止めるように頼んだ。

しかし、追っていくうちにスパイダーマンは、リザード自身がオズコープ社で薬剤を撒く計画だと気がつき、グウェンが危険に晒されてしまうことに気づいた。

直ぐに携帯を掛け、グウェンに研究所から逃げるように言うが、「研究所にいる人々を逃がすために何かしないと」と言うことを聞かないまま携帯を切ったグウェン。

彼女が心配で自ら止めに行こうと必至でビル群を飛び抜けて行くスパイダーマン。

だが、不審者扱いされているために警官隊に捉えらてしまった。

その中に全警察を仕切るグウェンの父親がいた。

グウェンの父親にだけマスクを取り自分がピーターである事をバラしたピーター。

「娘さんがオズコープ社にいて、リザードにやられてしまうから、どうか僕をオズコープへ行かせてください!」と必死に懇願するピーター。

その熱意と娘を助けてほしい気持ちから逃がすグウェンの父親=警察署長。

しかし、スパイダーマンを捉える指名から、警官隊の1人が逃げたと思い、グウェンの父親が止めたのも間に合わず、ピストルでスパイダーマンの足を撃ってしまった。

スポンサーリンク

負傷したスパイダーマン=ピーターは、グウェンを救うため、NYを救うためにオズコープ社へ向かうが、なかなか思うように進めない。

それをTV中継で見ていた男がいた。
息子を車から助けてもらった父親だった。彼は、クレーン技師で、クレーンを動かしてスパイダーマンに協力をする事を思いつき、仲間に無線で連絡して、NYの町中の工事現場からクレーン技師たちが力を合わせてスパイダーマンが早くオズコープ社へ着けるように協力した!

オズコープ社には、薬剤を空に噴射して雲を作り広範囲に散布するガナーリ装置があり、リザードは薬剤を装置で街全体に散布するために塔の上へと上がっで行く。

スパイダーマンはリザードと戦い薬剤の代わりに解毒剤を装置に入れた。

その負傷しながらの戦いに力を貸してくれたのは、グウェンの父親=警察署長だった。

タイマーが動き、解毒剤が撒かれ町中のリザードに変身した人々は、人間の姿に戻ることが出来、リザード自身も博士の姿に戻った。

スパイダーマン=ピーターに力を貸してくれた、グウェンの父親は、重傷を負い「約束してくれ、決して娘を巻き込むな、、、」と言い残して亡くなってしまう。

グウェンの父との約束を守るため、グウェンを必死で避けるピーター。彼の家にまで来てグウェンは葬式にも来ず、わざと自分を避ける彼を責める。が、「私の父が、貴方に私を巻き込むなって約束させたんでしょ?」と理解したようだった。

暫くして、、、いじめっ子のフラッシュも大人になったのか、ピーターが実の父親のような存在だった叔父を無くしたのに同情して口を聞くようになっていた。

その彼のTシャツを見て「良いの着てるね!」と言うピーター。

フラッシュのTシャツは、スパイダーマンのマークが描かれていた。

「ああ、良いだろ?奴はクールだよな!」と笑うフラッシュ。

最近、悪人を倒したり忙しく遅刻しがちなピーターに注意する、女教師。

「約束を守りなさいよね〜。」という先生に向かって小声で答えるピーター。

「守れない約束もある」と言い、グウェンとの恋愛を続ける決意をしました。

ピーターの席の前に座っていた、グウェンは、それを聞いて笑顔に。

刑務所に捉えらたコナーズ博士。彼の元には、暗黒の声とともに謎の悪の存在がコンタクトを取りに現れていた、、、。

《Lyraの感想レビュー》

映像は、確実に前作よりスケールアップしているし、NYの街中が謎の存在であったスパイダーマンに次第に協力して行く所はワクワクする!

ピーターの両親が失踪してからの暗い人生から自立して行く姿もスパイダーマン好きとしては応援したくなるし、映画全体として、面白いのは面白い!

でも、気持ち悪さは無いし、素敵な綺麗なラブストーリーを見てるかのような軟弱さが気になってしまいました。

多分ね、普通の恋愛映画として認識してみればOKなんかもしれない!

普通に恋愛映画が好きな人や、王道のハリウッド映画が好きな人は、かなり面白く見れる作品なんですよ!

ただ、前の「グロい映像なら任してよね!」のサム・ライミ監督が製作したスパイダーマンがメチャクチャ面白い!と感じていた、「変態好きなLyra」には、このアメイジングスパイダーマンは、良い子ちゃん過ぎて、アメイジングではなくメッサ、物足りなかったです!

リザード役のリス・エヴァンスが好きなので「最後まで絶対見るぞ!」と頑張りましたが、中だるみしたよね〜。

リス・エヴァンスは、イギリスのコメディアンでもある俳優さんで、昔々はSuper Furry AnimalsのVoもやっていた変わり者、、、彼の癖のある演技が大好きだ!

「パイレーツオブロック」のイカレタいかしたロックスター並みのDJ役が悪ぶっていても可愛くて好きだったし、、、

「ノッティングヒルの恋人」のスパイク役でヒューグラントの同居人の気の良い変態役がス・テ・キ!

その彼が今回は、真面目な博士役だからね〜!最後までシカト見届けたよ〜〜!喋り方がなんかLiam Garagherみたいじゃない?  モゾモゾ喋る系。うふっ。

リザード役は、上手に苦悩した役を演じていたけれど、、、いつもの悪ノリ見たいのが全くなかった。

そこが物足りん。

全体的にこの映画は地味!

セリフもさ、ダサいというか、、、高校生に設定を下げたから、こんなもんなんかなー?

やたら、恋愛に持って行きたがるアメリカ人らしい乗りの映画なんだよ。

ただ、それだけ。

アンドリュー・ガーフィールドも、エマ・ストーンも演技下手じゃないしね。

普通に上手い。

でも、普通って面白い?

綺麗な映像は、見ていて見やすくて良いんだけど、、、

これ、スパイダーマンよ?

アメコミだぜー!

メチャクチャやらんでどうするよ!

淡い恋愛を盛り込むのなら、もっと軽快にするとかさ、逆にドロドロ?

前のサム・ライミのスパイダーマン三作と比べたくないけれど、前のが映像は、ダークなんだけれど、どこか懐かしいB級映画の怪物映画チックで、映画好きには堪らない仕掛けがチョイチョイ出てきたでしょう?

あの色の濃さが堪らなかったなー!

それに、俳優陣がみんな癖あり過ぎだったでしょ?

ウィリアム・デフォーがゴブリンよ!キモっ!(なんかLyraのブログにウィリアム・デフォーネタ多くね?嫌だわ〜。)「処刑人」ネタバレ感想&あらすじ

Streets Of Fire 映画とサントラについて

あんなかでジェームズ・フランコがLyraは好きだった!

「あれ、Lyraったら面食いじゃん!普通〜。」って思うかもしんないけど、、、あなた、知ってる?

あの人、頭脳明晰で頭良すぎて変態になっちゃった人だよ〜!普通のイケメンじゃないぜ。フランコは!

もう、スパイダーマンの時から、変態臭丸出しの、作り笑顔の下の狂気が見えたもんね!

主役のトビー・マグワイヤは、ピーター・ベンジャミン・パーカーらしいオタク全開!

アメコミよりいけてなくて心配になったけど、あのどうしようもないルックスが手作りスーツに合っていた!

ヒロインも全く可愛くない(笑)キルステイン・ダンスト!

あれは、反則よね〜。サム・ライミ監督ってキャスティングも上手いのかしら?

あれ、メチャクチャ美女がメリー・ジェーンやってたらリアリティーがなかったよね!

あのキルスティンだから、雨に濡れたシーンでピーターパーカー=スパイダーマンとキスした場面でオェ〜!ってなって良いのよ!

あれ、変態な発言?

だってさ、このスパイダーマンは、アメコミ界では、どちらかといえば、イケメンじゃないよね。

まぁ、大学時代にメリージェーンとグウェンの女子2人が、ピーターを取り合うから、モテモテなんだけど、決してイケメンじゃない。

どっか、なよっていて現実にいそうな男子じゃなきゃいけないのよ!

ピーターパーカー=スパイダーマンは!

そのリアリティーが必要とされる映画には、やはり、どっかぎこちなさや、足りなさ、崩れ方が必要なんですよ!

だから、綺麗すぎる俳優陣がばかりじゃリアリティーはないし、まとまりすぎた話と映像では、NYのスパイダーマンが描けないんです!

NYなんてゴミだらけよ。

そんな綺麗に纏まってどうすんの?

図書室の司書のお爺ちゃんがスタンリーだったのが唯一面白かったよね!

スパイダーマンとリザードがハイスクールで戦ってるシーンで、図書室で死闘が繰り広げらている中、クラシックを大音量でヘッドフォンで聴いてるスタンリーが、全く気がつかないで図書室を移動してるのは笑った!

ああ言う、遊び心がこの映画には足りなかったんだよね。

(あと、車から息子を助け出してもらってスパイダーマンへの義理人情からクレーン車を総動員してスパイダーマンに協力するクレーン技師の父親役がトーマス・ハウエルだったのに、気がついたかな?懐かしくて嬉しかったよ!)

映画愛が見受けられる遊び心が欲しかった!

これには、映画愛が見受けられなかったよ。

これは、一映画ファンのLyraの意見であって、本当は、マーク・ウェブ監督も映画好きだと思うよ。

でもね、サム・ライミがあの恐怖映画に対するリスペクト丸出し映像を出しちゃったからね、、、。

スパイダーマンは、バットマンみたいなダークヒーローではないと思う。

でも、1人の青年が苦悩しながらもアイデンティティの確立を描いた作品でもあるから、スパイダーマンは、人間の善悪を深く描かなきゃ行けないし、もっと人間な悲しみやダークな心の奥底まで見せて欲しかったです!

悲しみの向こうに日が昇る!

それが、ヒーローである、スパイダーマンの映像美じゃなきゃいけない!と、Lyraは、はっきりと確信しました!

 

アメイジング・スパイダーマン
The Amazing Spider-Man

監督 マーク・ウェブ
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト
アルヴィン・サージェント
スティーヴ・クローヴス
原案 ジェームズ・ヴァンダービルト
原作 スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
製作 アヴィ・アラド
マット・トルマック
ローラ・ジスキン
製作総指揮 スタン・リー
マイケル・グリロ

出演者 アンドリュー・ガーフィールド
エマ・ストーン
リス・エヴァンス
デニス・リアリー
マーティン・シーン
サリー・フィールド
イルファーン・カーン
キャンベル・スコット
クリス・ジルカ

音楽 ジェームズ・ホーナー
主題歌 SPYAIR 『0 GAME』(日本版テーマソング)
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 アラン・エドワード・ベル
ピエトロ・スカリア
製作会社 マーベル・エンターテインメント
ローラ・ジスキン・プロダクションズ
配給 コロンビア映画
SPE
公開 日本2012年6月30日
アメリカ合衆国2012年7月3日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $230,000,000
興行収入 $262,030,663アメリカ合衆国、カナダ

31億6000万円 日本、

$752,216,557世界

前作 スパイダーマン3
次作 アメイジング・スパイダーマン2

 

映画『スパイダーマン』の「リブート(再始動)作品。

原作コミックの世界がアース616、

サム・ライミ監督の『スパイダーマン』三部作がアース96283なのに対し、

アメイジング・スパイダーマンシリーズはアース120703である。

元々は、サム・ライミ監督による映画『スパイダーマン』シリーズ三部作の興行的成功を受け、続編として新たな三部作を追加した全六部作構想が発表された。

その新三部作の第一弾となる、第4作目が2011年公開を予定していたが、2010年にサム・ライミ監督が降板したことによりプロジェクトは白紙となった。

制作元のソニーは、続編ではなくシリーズのリブート(再始動)を発表した。シリーズの新たな監督にマーク・ウェブを迎え、主人公ピーター・パーカー役にアンドリュー・ガーフィールド、ヒロインのグウェン・ステイシー役にエマ・ストーン、一作目のヴィラン(敵キャラクター)に当たるリザードの役にリス・エヴァンスを新キャストとして発表した。物語は再始動のため、高校時代のピーター・パーカーから描かれる。

3Dで撮影されており、2012年6月30日に日本で他国に先駆けて公開された後、7月より世界各国で封切られた。

スポンサーリンク

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ピーター・パーカー / スパイダーマン アンドリュー・ガーフィールド 前野智昭
グウェン・ステイシー エマ・ストーン 本名陽子
カート・コナーズ博士 / リザード(英語版) リス・エヴァンス 内田直哉
ジョージ・ステイシー(英語版) デニス・リアリー 菅生隆之
ベン・パーカー(英語版) マーティン・シーン 佐々木敏
メイ・パーカー(英語版) サリー・フィールド 一龍斎春水
ラジット・ラーサ イルファーン・カーン 広瀬彰勇
リチャード・パーカー(英語版) キャンベル・スコット てらそままさき
メアリー・パーカー(英語版) エンベス・デイヴィッツ 吉田美保
フラッシュ・トンプソン(英語版) クリス・ジルカ 石上裕一
4歳のピーター マックス・チャールズ 関根航
ジャックの父 トロイ C・トーマス・ハウエル 鈴木正和
ジャック ジェイク・キーファー 阿久津秀寿
ミッシー・カレンバック ハンナ・マークス 羽飼まり
受付嬢 ジル・フリント 冨永愛
謎の男 マイケル・マッシー 小島敏彦
図書館の老人 スタン・リー(カメオ出演) 台詞なし

製作

企画
ソニーは『スパイダーマン4』のキャンセルと同時に、シリーズを新監督と新キャストでリブートすると発表した。リブート映画は2012年7月3日に3Dでの公開を予定し、高校生のピーター・パーカーの物語となる。また、ソニーはジェームズ・ヴァンダービルトが脚本を書き、マーク・ウェブが監督することを明らかにした『エンターテインメント・ウィークリー』では、ヴァンダービルトの脚本はクリストファー・ノーラン監督によるリブート版『バットマン』シリーズのようにシリアスなストーリーになると伝えられている。また、リブート版は『アルティメット・スパイダーマン』をベースとすると噂され、同コミックの原作者のブライアン・マイケル・ベンディスは映画のスタッフと会っている。

2010年5月、アルヴィン・サージェントが脚本リライトの為に雇われたことが明らかとなった。

プリプロダクション
2010年5月時点で、スパイダーマン役の俳優候補リストには、ジェイミー・ベル、ジョシュ・ハッチャーソン、フランク・ディラーヌ、オールデン・エアエンライク、アンドリュー・ガーフィールドが挙がっており、さらに同年6月、『ロサンゼルス・タイムズ』はアーロン・ジョンソンとアントン・イェルチンも含まれると報じた。

最終リストには他にローガン・ラーマン、マイケル・アンガラノも含まれていた。2010年6月27日、最終候補リストが発表され、ジェイミー・ベル、アントン・イェルチン、アーロン・ジョンソン、アンドリュー・ガーフィールド、ローガン・ラーマン、オールデン・エアエンライクが含まれていた。

2010年7月1日、アンドリュー・ガーフィールドに最終決定したことが判明した。その当時26歳であったガーフィールドが高校生を演じることに関して懸念され、ウェブサイトのHitFixは、ソニーがパーカーを大学生の設定にして新シリーズをスタートするかもしれないと報じたが、後に『エンターテインメント・ウィークリー』誌はまだ高校生の設定で計画されていると報じた。また10月、ソニーが若いピーター・パーカー役のオーディションを開催してると報じられた。

当初、本作はグウェン・ステイシーとメリー・ジェーン・ワトソンのダブルヒロインになると報じられたが、後にグウェン・ステイシーのみになることがわかった。

2010年8月ではヒロイン役候補リストにイモージェン・プーツ、オフィリア・ロヴィボンド、リリー・コリンズ、テリーサ・パーマー、エマ・ロバーツが含まれ、さらに9月に『バラエティ』誌がエマ・ストーンとミア・ワシコウスカも候補に挙がっていると報じた。更に後にディアナ・アグロン、ジョージナ・ヘイグ、ドミニク・マケリゴットも追加された。2010年10月5日、グウェン・ステイシー役はエマ・ストーンに決定したことが報じられた。

2010年6月9日、リブート版のヴィランがリザードになるかもしれないという噂が表面化した。

ソニーはクリストフ・ヴァルツにする構えであると報じられたが、ヴァルツ側は否定した。 また、マイケル・ファスベンダーは『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のマグニートー役に決まる前には、本作のヴィラン候補であった。2010年10月11日、リス・エヴァンスがヴィラン(この時点では名称不明)を演じることが確定した10月13日、リス・エヴァンス演じるヴィランはドクター・カート・コナーズことリザードになることが報じられた(2011年7月に、サンディエゴ・コミコンで、リス・エヴァンスの演じるヴィランがリザードであると、監督のマーク・ウェブ自ら発表し、その映像が3Dでお披露目になった 。)

12月10日、マイルズ・エリオットがビリー・コナーズ(カート・コナーズの息子)を演じると報じられた。12月3日、ヴァン・アッターという名の新たなヴィランをイルファーン・カーン、その妻をアニー・パリッセが演じることがわかった。

2010年10月、J・ジョナ・ジェイムソン役にジョン・スラッテリー、サム・エリオットが候補に挙がっていると報じられた。

2010年11月4日、ベンおじさんをマーティン・シーンが演じることがわかった。また、メイおばさんはサリー・フィールドになる可能性があることが明らかとなった。

さらにベティ・ブラント役にズーイー・デシャネルの名が挙がっていることが報じられた。

11月12日、クリス・ジルカも出演することが判明し、同月20日、彼が演じるのはフラッシュ・トンプソンであることが報じられた。11月17日、ジョージ・ステイシーをデニス・リアリーが演じることが明らかになった。12月3日、リチャード&メアリー・パーカー夫妻役がキャンベル・スコットとジュリアンヌ・ニコルソンであることが報道された。

撮影
撮影は2010年12月6日にロサンゼルスで始まった。ハリウッドのメジャー作品としては初めてレッド・デジタル・カメラのEpicが使用される。

2011年1月に、ロサンゼルスにあるサッカースタジアムで、アンドリュー演じる主人公のピーター・パーカーとエマ演じる新ヒロイン・グウェン・ステイシーのツーショット場面が撮影された。90日間に及ぶ撮影は、ニューヨークで2週間行われたほか、ロサンゼルスハリウッドのヘンリー・フォンダ・シアター、セント・ジョン・ボスコ・ハイスクールのジム、ミッドウィルシャーのイマニュエル長老教会、サウス・パサデナ、サンペドロ、ウッドランド・ヒルズがロケ地となった。

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪