バレンタインにSWチョコ,私にはノーマン・リーダスThe Sun’s Coming Up…Like A Big Bald Headがあるのさ!写真集の感想。

今日はSt.Valentain’s Day (๑˃̵ᴗ˂̵) ‼︎

皆さんはチョコレート誰にあげた?


先日お話したように、Lyraは、

スイートプラザR2D2 缶 Star Wars3。バレンタインにどう?や、

デススター! バレンタイン&ホワイトデーは、これで決まり‼︎‼︎ とか、

スターウォーズBB8チョコレートでバレンタインデーを楽しくしよう!

などをメインに、今年はStar Wars 関連チョコレートを大人買いして、プレゼントしました!

そのチョコレートたちは、家族やら仲良しさん男女問わずプレゼントしましたよん。

スポンサーリンク

ただ、まだ、体調が悪い家族がいるので、平気なのか?病院連れてくべき?とか心配で浮かれ気分にはなれませんでした。

今日は急遽お休みにしたらしい。1日中、ゴロゴロしていましたね。その横でバタバタする私、、、。凄く疲れました。何でだろ?

だから、チョコレートは夜に家族全員揃った時にあげました。

この前紹介したチョコレートは、「一気に食べて部屋に飾る人」も居れば、「勿体無いから、、、と1日1粒しか食べないで長く持たせて食べて行く!」と言う人と、食べ方にその人の性格が出ていますわ〜。

全員、凄く気に入ってくれたので良かった!良かったです!\(^-^)/

で、私は、、、と言うと女だから「ホワイトデーに何がいい?」とやたら聞かれました。

やはり、日本じゃないのよね、女にバレンタインは。高校生くらいよ、きっと。

まぁ、良いです、『郷に入っては郷に従え』ざんす!

だってLyraには、チョコレートより良いもんあるからねっ!

それは、これだ!

ノーマン・リーダスの ” The Sun’s Coming Up…Like A Big Bald Head” です。

彼が撮影したフォトブックです。

真剣な気持ちで入り込みました。

見ていると脳内に入って行く、、、

 

ノーマン・リーダス愛してる!Lyra loves Norman Reedus!ノーマン・リーダスとの出会いについて。』にも書いたけれど、Lyraのノーマン・リーダス好きはとどめを知らず、、、熱くなるばかりです!

これは、去年の11月にノーマンがおフランスで個展開いた、と前にこのブログでも書きましたが、その時の展示写真も収めらた作品集みたいなフォトブックになります。
大ヒットしている海外ドラマ ウォーキング・デッド でダリル・ディクソン役を演じたノーマン・リーダス自身が、世界中で撮りためたフォトブックとして注目を集めています。やはり、ノーマンとウォーキングデッドは、切っても切り離せないから、この売り文句は仕方ないでしょうね。

でも、ノーマン自身が注目を浴びるようになって欲しいな!と思う反面、これ以上メジャーになって欲しくないなぁ〜と言う、気持ちになってしまう複雑な乙女心。←もう、乙女ではないけどさ、、、。

The Sun’s Coming Up…Like a Big Bald Headのタイトルは、歌手ローリー・アンダーソンのシャーキーズ・デイの最初の歌詞で、(太陽が昇った。大きなハゲ頭のようにという意味)から名付けられた作品集。

そう題された写真集は、132ページのハードカバーで、ノーマン・リーダスが過去15年間に訪れた世界各地の光景を自らのカメラで撮影したもの。

なかにはモスクワの刑務所の囚人たちと猫をとらえた1枚などがありノーマン・リーダスの世界観が詰まった一冊となっています。

これ、Lyraは、アメリカで直買いました。

結構、高いよね、、、LyraはThe Doorsの写真集とか、作家や芸術家のバイオグラフィーみたいなフォトブックしか買った事ないから、相場がわからないけれど。

スポンサーリンク

フォトグラファーとしての作品集ですよ!ノーマン作家大先生の!

間違っても、アイドルやアクターのグラビア写真集じゃないからね〜。

*ここから、ネタバレ感想!*  ↓

(フォトブックの中身の感想を書いているから、知りたくない人は、スルーして下さい。)   ↓

 

この、フォトブックは、ノーマンがカメラマンに徹しているフォトブックだから、彼の写った写真を期待して買おうと思っている人はストップ!

だってね、ノーマンの写真は、顔がはっきり写ってるのは、裏表紙の上の写真と中に、ウォーカーたちと写ってる写真だけだよ。

あとは、リスのお面かぶってるのが1枚あるだけ(勿論、顔はわからん)。で、残りは、ノーマンがカメラ片手にぶらついた先々の景色や、町の人々が写っているのが殆ど。

ダークな世界観が漂っています。

モスクワの軍隊になるべく訓練している青年たちや、娼婦や、皺だらけの老人、田舎町に横たわる動物、、、どこか、うらびれたような、寂れた世界が広がってると私は感じたな。

ただ、ノーマンの愛する息子、ミーガン君の小さい時、5歳くらいから10歳くらい?の可愛い写真がパラパラ入っているのが明るいイメージの写真ですね。

とっても可愛いらしいミンガス君が、ファインダー越しに笑っていたり、拗ねてたり、、、。

ノーマンの息子に対する海のように深い愛情が伝わって来ます。

私にとって、子供は命をかけて守りたい、世界一、宇宙一大切な宝物です!

だから、ノーマンの親心が伝わって来て、自分の子供に対する愛情とシンクロしました。

自分の親心が深いから(?)ノーマンの写真がグッとハートに入って来たんだろう、、、。

だから、子供が好きじゃない人や親じゃない人は、ピンとこないかもしれないし、

寂れた世界観が地味だと映る人もいるかもしれないです。

つまり、万人向けしない、、、

ウォーキングデッドが好きで、ウォーキングデッドのダリル・ディクソンのノーマンが好き!ってかたは、物足りないでしょう。

ノーマンの写真が見たい!と言う理由だったら、モスクワの田舎町の人や、裏びれた遊園地にいる人しか、写っていないため、買わない方が良いかもしれません、だってノーマンが写ってないとがっかりするでしょう?

ただ、ノーマンの頭の中が見たい人ならば、買って!

わかる?

マニア向け。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

Lyraは、マニアだから、、、OK !

 

ずっと、絶版だったけれど、つい数日前から、また、アマゾンで取り扱いが始まったみたいよ、、、。

ハードカバーで大きめサイズ。

表紙の手触りは少しザラザラした感じだからカバーしておいた方が痛まなくて良いよ! 削れちゃうから。

私のもう角削れたよ、、、。

中の写真のページは、ツルツルで良くフォトブックにある、厚めなあの感じです。

いちをサイズ計測しておくね、

縦 27.5cm × 横23.5cm × 厚さ 1.5cm

Lyraと同じNorman Reedus Freaksの方へ  、、、もしいたら、参考にして下さいねー!

もう、私、バカだわ。LyraのNorman好きに引かないでね、、、。

お願いよ。(笑)

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪