SAIL – AWOLNATION (Unofficial Video)オフィシャルじゃないアンオフィシャルの恐さ

昨日、AWOLNATIONのSAILの歌詞を訳して、その歌詞とプロモーションビデオから見られるADD=注意欠陥障害・多動性障害の事についてLyraなりに書きました。

(詳しい内容は、昨日書いた、AWOLNATION/Sailの歌詞に見るADD。Official Music Videoについて。のこちらを参考にどうぞ  ↑  。)

その時に、この「SAIL」のミュージックビデオには、AWOLNATIONがオフィシャルに製作した物と、アンオフィシャルのミュージックビデオがあるとお話ししました。そして、真逆な解釈が出来るから、ある意味怖いと、、、。

Lyraの主旨と違うから昨日は敢えて書きませんでしたが、今日は少し紹介します。    

スポンサーリンク

はじめに、この歌詞に繰り返される、ADDとは、注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)の事です。多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である。ICD-10における多動性障害(英: hyperkinetic disorder)はほぼ同一の概念。

ADDとADHDの違い :最大の違いは「多動性」
ADHDとADDの最大の違いは、ずばり「多動性」があるかないかです。多動性というのは、年齢に見合わない落ち着きのない行動のことを指します。例えば、

・授業中など、大人しく座っているべき状況で立ち歩いたり、騒いでしまう
・座っていても終もぞもぞと動いて落ち着かない
・長時間座っていることが苦痛
・どうしても手足を落ち着きなく動かしてしまう

などの症状が挙げられます。

ADHDの場合はこれらの症状が多く見受けられますが、ADDでは基本的にこれらの多動性は治まっているものとして、特に大人の場合では、子どもの頃にADHDと診断されていた場合でも年齢を重ねるにつれて多動性は治まっていくことが多くあります。

これは大人になるにつれて、周囲との関係を円滑に進めるための技術を学んでいき、「○○という状況では大人しくしているべきである」といった知識を身に着けるからだと考えられます。

ADDとADHDの違い :ADDの特徴とは、長い間集中していられない、うっかり忘れが多いなど不注意や衝動性の症状がメインのものを指します。ADDは職場や家庭、交友関係など幅広い面において影響を及ぼします。

詳しくは、昨日の「AWOLNATIONーSAILの歌詞に見られるADDについて」を参照してみてください。

SAILのアンオフィシャルのミュージックビデオは、カナダのShawanaという女性Youtuberが彼女なりの解釈でミュージックビデオを製作しています。

動画を撮影したTessa VioletもアメリカのYoutuberでしたが、最近は音楽活動をするようになり自分の曲のミュージックビデオを撮影したり活動は本格的です。

この女性がテッサです。アメリカのブロガーからミュージシャンに。こんな変わったビデオ作るとは思えない普通の女性。

AWOLNATIONのSailを彼女たちなりに解釈してるんでしょう。

初めから、まぁ、まぁ、可愛子ちゃん?なShawanaが踊りながら口パクで歌っています。

ただ、この曲、昨日話したような曲調でおまけに男性の声。のっけから不気味全開で飛ばしていきますが、フワーリフワーリ、緩やかなダンスは続く〜。

よーく見れば、小雨降ってる中の歌ダンス!

小雨目降ってる中、何かあったのかしら?と見る人は気になりながらも歌ってる彼女を見てしまう。

しかし、ビデオのカメラが引きの画面になると、上の写真みたいにオレンジヘアーの女性が、わざわざホースで雨を作ってあげてるんですよ。それも、かなり飽き飽きしながら、、、欠伸したり変な顔したりして「もう、付き合ってらんないわ。」と言った感じ。

この飽きたわ〜の顔がだんだんヤバくなっていきます。

オレンジヘアーさん、かなり付き合って裏方してんのが嫌になったのか、急にキレて、Shawanaにホースな水をシャワーみたいに顔にぶっかけます!かなりの水圧さ!

かけられてビックリしただけのShawanaだったけど、気持ち良く歌手気分で歌ってたのがぶち壊されたから、ど頭に来て顔が急に豹変し、オレンジヘアーさんにやり返します!

マジ怒り心頭で凄い鬼のような般若な顔に!同じ人間とは思えん。

で、大ゲンカが始まります。水出しっぱなし〜の、顔は鬼〜の、取っ組み合いは、いつしか本気の、、、

この先ネタバレしますが、、、⬇︎

⬇︎

⬇︎

⬇︎

殺し合いになります。

ホースでShawanaがオレンジヘアーさんの首絞めてしまい、殺してしまう。

そして、また、何事もなかったかのようにShawanaは、気持ち良さそうに歌ってダンス。

だけど、、、

オレンジヘアーさんは、死んでしまって硬直始まった体を庭のチェアーに無理矢理、座らされたままホースをうまい具合に持って水を小雨のようにして裏方さんをやり続けていく、、、ってオチになります。

これ、一見、彼女たちの演技の上手さやカナダ人特有のユーモアある表情や演技でブラックジョークで、面白い!となるかもしれません。

ただのワガママから、子供の喧嘩みたいなのに発展して→度が過ぎた。→ブラックジョークで、おとなしくさせた(殺した)女の人に、手伝わせたまま自分は歌いまくる。

って面白いオチでしょう。

実際、昨日、紹介した本家本元のAWOLNATIONのオフィシャルビデオより、こちらの方が再生回数、多いんだよね。

真剣に考えてないのですね。ていうか、歌詞が入ってこないのかもね、彼女たちのインパクト強くて。

でも、ちゃんと歌の歌詞を考えながら見たら、笑えない。

*SAIL – AWOLNATION (Unofficial Video)は、↑ こちらをクリックしたら見れます!

人を殺める気持ちを言い訳してるだけに聞こえて来て怖い。

病気じゃないくせに、わざと病気のせいにしてるでしょ?と思える仕上がりに、恐ろしくなるビデオです。

女って怖い!って事?

Sail /Awolnation
This is how I show my love
I made it in my mind because
Blame it on my ADD baby
This is how an angel dies
Blame it on my own sick pride
Blame it on my ADD baby
Sail, sail
Sail, sail, sail
Maybe I should cry for help
Maybe I should kill myself (myself)
Blame it on my ADD baby
Maybe I’m a different breed
Maybe I’m not listening
So blame it on my ADD baby
Sail, sail
Sail, sail, sail
La la la la la la, la la la la la la
la la la la la la, la la la la la la
Sail, sail
Sail, sail
Sail, sail
Sail, sail, sail
ソングライター: Aaron Richard Bruno
Sail 歌詞 © Kobalt Music Publishing Ltd., Red Bull Media House NA, Inc

日本語訳⬇︎

こぎ出そう。

これが僕の愛しかた。
もう決心したんだ。 何故ならば、これはADDのせいなんだから、ベイビー。

これが天使の死に方なんだよ
病んだプライドのせいだ
責めるならADDの病気を責めておくれ、ベイビー。

こぎ出そう!

こぎ出そう!

泣いて誰かに助けを求めるべきなのかもしれない。
自殺するべきなのかもしれない。
全部、ADDのせいなんだよ、ベイビー。
多分、僕は人間とは違う血が流れてんだろう。
僕は話を聞いてないんだろうな。
だから、全部、俺のADDのせいにしてくれよ!

こぎ出そう!

こぎ出そう!

ラララララ、ラララララ、オー!

こぎ出そう!

こぎ出そう!

僕と一緒に、暗闇の世界へ旅立とう!

こぎ出そう!

僕と一緒に、暗黒の世界へ旅立とう!

こぎ出そう!

僕と一緒に!

遠くへ行こう!

(訳 Lyra sky)

**  この歌の本来の歌詞やビデオの詳しいLyraの解説は、AWOLNATION/Sailの歌詞に見るADD。Official Videoのこちらをお読みください。**

 

ブラック過ぎな彼女たちのオフィシャルじゃないこのミュージックビデオの方が、真剣なAWOLNATIONのバンドの方の元のオフィシャルビデオより再生回数が多いなんて皮肉だ。

この曲は、フィフティジェイズオブグレイドの映画にも使われ、サントラにも入っています。

ボルボだったか、車のCMにつも使われており曲自体のディープさと裏腹にメジャーになりました。

AwolnationのAaron Brunoは、売れすぎてしまったSAILと言う曲についてこう言っている。

➖「Sail」はポップソングのラジオ局でもプレイされて、僕自身もJustin BieberやMiley Cyrusと並んで扱われたけれど、僕はその世界の人じゃない。こうなると自分のファンがどういう人たちなのかを把握するのが難しくなる。僕自身のファンなのか、それとも「Sail」のファンなのか? ってね。でもコアなファンがどこにいるのかは分かっているよ。だからファーストシングルに「Hollow Moon」を選んだんだ。このシングルを選んだということは、僕たちはクロスオーバーヒットを狙っていないってことさ。僕たちはオルタナティブ系のラジオ曲だけを狙っていく。自然にクロスオーバーヒットになれば、それはそれで素晴らしいけれど、まずはコアなファンに僕たちの音楽を届けたい。あとはなるようになるからね。

あくまでも、オルタナティブの道を貫くこの心構えは、あっぱれ!

彼の歌詞を好き過ぎてタトゥーに入れてしまうファンが多いらしいです。

歌詞の影響力て、それだけパワーがあるんだよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Megalithic Symphony [ Awolnation ]
価格:1231円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

 

曲自体はシンプルで格好打ちこみがおおっかったり。聞きやすい。

でも、歌詞のヘビーさがガーンて来るから、ただボーとして聴いてたら勿体無いです。

歌詞に意味を吹き込んでいく作業は、上手くいくと気持ちいいけど、まとめ上げるのに苦労するときは、辛い作業。

一曲に、意味深な意味を吹き込んで行くAwronの歌詞を聞きながら、深読みするのも人間を知るのに良い資料になると思います。

ただ、辛い人がいるのに、面白おかしくはしたくないですね。

たかが、ミュージックビデオだろうけど、笑いの向こうにも意味があるならば、真剣に考えてみるのも良いんじゃない?

だから、昨日の記事を書きました。

真剣に向き合う人を応援します!

AWOLNATIONのSailについての詳しいお話はこちらを読んでみてください。

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪