【Starcrawler / I Love LA】 Stilts girl’s dancing like Ozzy, Iggy 和訳 Lyrics

見てるだけで「頑張ってるなー!」と手を叩いて応援したくなる子達っている。

と、同時に「余り無理すんな、燃え尽きちゃうよ!」と、燃焼しまくってる姿を見て心配になっちゃう子達が極、稀にいる。本当に稀に。

実際は、中々そこまでやってくれるのがいないから見つけると嬉しいんだけどね。心配さ。

今日はそんな頑張り屋のLovely Kidsの話。(In English Below)

スポンサーリンク

今日Lyraが和訳 & 紹介するのは、去年2017年Echo Park Highschool を卒業したばっかのメンバー3人と、今年まで通学しなきゃいけないBの子1人がいるアメリカ合衆国カリフォルニア出身のバンド【Starcrawler スタークロウラー】だ。

巻頭の写真は向かって右がVoのArrowと左がGのHenri。なんか並んでると双子みたい。

それにまだ子供っぽくてあどけない。

( Click To amazon ↓ ↓ ) 1st Album “Satarcrawler” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓


2017年11月13日に1stシングル “Ant”をリリース。まだ制作中は高校生だった子達なの。でもそのシングルがElton Johnのラジオ『Rocket Hour』でかかったり、音楽好きなイライジャ・ウッドに「最高」と紹介されたり、すごい快進撃なわけ。

今年2018年1月19日に1st ビデオであり、これから和訳を紹介する 曲、 ” I Love LA”を製作してアルバムも出した。そう、デビューしたばっかりのホヤホヤの彼らを今日はお届けしちゃう。

Lyraの和訳の後に、そのお初PVを載せておきます。

また、その後お話しましょう。

でも、Starcrawlerってゲームでなかった?

B.のTimがゲーム好きでゲームオタクみたいだから、まさかそれで名付けたのかしらね?

スポンサーリンク

= I Love LA =

Walking down the street
Every type of person I meet
Living down here
Cruising everywhere
Just to get in your nightmares

I love LA
I dont wanna leave today

Talking to a friend
He said he’d never ever wanna
Ever come back again
I call him on the phone
Put a quarter in
He can listen to my ringtone

I love LA
I dont wanna leave today

I love LA
I dont wanna leave today

I love LA
Idont wanna leave today

街を歩いていると

アタシが今まで出会った色んな奴等がいるの

ここら辺でやさぐれて生きてる奴とかさ

そこら中でホモが相手を探してるし

アンタの悪夢みたいな恐怖が手に入るわよ

アタシはLAが大好きよ

今日はここを離れたくないの

ある友達に話したらさ

ソイツは、ぜ〜ったいに、何があってもこんな所、2度と戻ってくるもんか、って言ったんだよね

アタシ、ソイツに電話するわ

25セント入れてよ

奴は私の着メロを聴けるわよ、これでさ

アタシはLAが大好きよ

今日はここを離れたくないの

アタシはLAが大好きよ

今日はここを離れたくないの

アタシはLAが大好きよ

今日はここを離れたくないの

Translator:Lyra Sky

Vo.のArrow de Wildeは女の子だけどメンバーの中で1番背が高いみたい。

Lyraもさ、大学時代にさ(Arrowと同じくらいの歳に)、違う学部の奴がワザワザLive終わった後の私のところに来て「Lyraって手足がなげーよな!でもさ『足が長いね』って言われるのは良いけど、『手足が長いね』って言われるのは嫌じゃね?手長猿とか、昆虫みたいじゃんね。」と言いに来たのをArrowが頑張ってカメラに向かってアピールしてるのを見て思い出したよ。

なんか嫌〜な思い出だわ。

Arrowもね、このVideoやAntsや Pancake Mountainとかバラードのビデオを見てると思いっきりダンスしたり、ブリッジしたりIggy Popばりの大股広げるポーズしたりしてるけど、Starcrawlerの前にやっていたバンドでは、全く動けず直立不動だったんだって。恥ずかしがり屋?

スポンサーリンク

母親がロックバンドを撮る写真家のAutum de Wildeで、父親がFather John MistyのAaron Sperkeだから、小さい頃からビートルズやOzzy Osbouneとかロックは聴いていたらしい。(他のメンバーも小さい時からザッパや、スコーピオンズ、ビリージョエル、ツェッペリン、メタル系など)

だから、パフォーマンスも見て来たように出来るか、と思ったら上手く表現出来なかったと言う。悔しかったんだろうね。

それってもしかしたら、背が高すぎるとか男子よりデケェ〜、とか言われて気にしていた繊細な子だったから、慣れないライブで気にしちゃッて動けなかったのかな?と思ったら、Arrowに親近感を覚えてしまったの。

破茶滅茶やってるArrow。でも、繊細なハートの持ち主かなッて。

歌ってるときの瞬間、ブレイクの時とか、Arrowが不安になってるような表情を時々するからかも。気のせいかもしれないけどね。

それを見ると、繊細さも併せ持った女の子なんだなって感じる。

でも、動けない自分が嫌だったから、新しいバンドになって、失敗を糧に自ら変えたのだ。

たまたま前に見たThe Runnawaysのビデオを思い出しながら「Ozzyみたいに血を吐きたい!見ている誰かの顔を嫌悪で歪ませたい!」と思ったんだって。

何か、この話聞いて凄く気持ちがわかった。

大好きなロックで自分を表現したいって気持ちに、スイッチが入ったんだ。きっと。

覚醒。

そんな言葉にするとStar Warsみたいでドラマチックになってしまうけど、、、

人間ってある時、急に戦闘態勢に入るスイッチがオンに入ったり、

考え過ぎて固まっていた糸が、プチンッとキレてしまう時があるんだよ。

まだ、経験したことがない人はわからないだろう。上手く説明できると良いんだけどな。

タガが外れるというの?

羞恥心も無くなり、自分をさらけ出せたら儲けもの。怖いものはなくなる。

地べたをはおうが、血を舐めようが怖くわない。私なんだ。

Arrowの前身バンドは見たことないけれど、このStarcrawlerはそのスイッチが入りやすいメンツだったんじゃないかな。

仲良しで幼馴染?で最年長の、

Dr. Austin Smith (21歳)に、

B.のTim Franco (20歳)

G.のHenri Cash(17歳)

Vo.Arrow de Wilde(18歳)。

ArrowとAustinが2人で音合わせしたりバンドらしい事をしている時に、たまたま学校の廊下を歩いていたHenriを見つけて、Arrowが話しかけたんだって、

「何かギター弾けそうじゃない?格好いいわね。」だって。

その時、Henriは音楽の授業のためにどでかいチューバを持っていたんだと。

それもケースの取っ手が壊れていたから片手持ちが出来なくて、マジで抱え込んで歩いていて、疲れてしまって一度下にチューバを置いて、休んでいた時にスパッと現れたのがArrowだったんだね。

なんかこのエピソード、前にこのブログで紹介したNY Looseの出会いと似てるわ。

運命的と言ったら、そうだね。

彼が入ってBも最後に加わり一年くらいしてデビューにこぎ着けたんだから凄いよね。

気の置けない仲間とならば、やれるよね。何でも。

場所も良かったよね?

LAだし。Echo Parkって確か新興住宅地でタウン丸ごと森みたいな公園とセットな綺麗な街じゃなかった?恵まれてる。

おまけにプロデュースがRyan Adamsだし、レーベルは、ラフトレードからリリースなんだから音楽環境も恵まれているデビューだ。

これも、スイッチが入ったArrowのパフォーマンスと、イギーやラモーンズやTレックスを彷彿させる美味しいところを混ぜ込んだサウンドが合わさって、ポップなガレージバンドが出来上がったおかげだ。

ライブビデオで話題になったんだもんね。

Gは見てると、Suedeを思い出したよ。

似てない?髪型がバーナードに似てて、足あげたりするからかな?

それにArrowの目ん玉おっ広げは、どう見てもOzzyだ。

皆んなが暴れてるのみてると微笑ましい。

Liveを楽しんでやってるのがわかるよ。

このまま、ロックを楽しんでやっていって欲しいな。長く。

あまりやり過ぎると、続かなくなって、辛くなるからな〜と心配も少しある。観客の要求もエスカレートするから、どこまでやるか?だ。

でも、Ds.のAustinが「ロックが好きでただ楽しんでやってるだけ。」とインタビューで言っていたから、そんな心配いらないのだろうけどね。

スポンサーリンク

今、丁度Japan Tourに来ていて一昨日、Tokyoが終わり土曜がOsaka。

メチャクチャ、Timelyな和訳になっちゃったね。

歌詞は、「まともな人間より変な奴らが多い街だけど、アタシは、ロスアンジェルスが大好き!」と言うだけの歌。シンプルだ。

友達は、「こんな最低な街、出れたら二度と帰って来んわ!」と言ってるくらい、悪夢みたいな事件も起きちゃうけど「大好きだから、まだ出て行きたくないよ」とArrowのホームタウンに対する愛情を表した歌詞だろう。

生まれ育った街を愛してるって素晴らしい。

素敵なだよ。

それも何も知らないで、じゃなくて最低も知りながら好き、と言えるのは本当に自分の街が好きなんだ。

素直な気持ちをダイレクトに歌詞にしてるし、キャラも何か分かりやすいから、和訳もラクチンでした。

「私」や「わたし」より、

「アタシ」な感じだからアタシにしたよ。

男子とばかり連んでそうな所も共感しますわ、Arrow de Wilde。

ある所も同じだから「ひゃあ!これも同じだわ!」と、益々、勝手に親近感を覚えるLyraです。

頑張って欲しいね。

( Click To amazon ↓ ↓ ) Debut Album”Starcrawler”. クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

こんなストレートなロックを全力投球でやっているStacrawler。

このマジでやってるのが変わらず続けていければ、彼らが憧れているOzzyともSteve AlbiniともJack Whiteとも共演できる日が直ぐ来るよ!

頑張ってマヂキチでやって行って欲しいStarcrawlar!

今度は激しい曲で行ってみよう!

Allowが付き合っている彼氏のバンド The  Lemon Twigsに興味がある人はこちらのページを読んでねん。

The Lemon Twigsの曲を和訳して、バンド解説したので参考にしてください。

いい感じ〜 ♪

 

スポンサーリンク

=what is Starcrawler =

Starcrawler is an American​ Rock n’ roll​ band from Los Angeles, California​ comprised of members: Henri Cash, Austin Smith, Tim Franco, and Arrow de Wilde.

Quick Facts For This Wiki
Founded 2016 LocationLos Angeles, California​ Email crawlers69@gmail.com

 

Members
Henri Cash- Guitar Austin Smith – Drums Arrow de Wilde – Vocals Tim Franco – bass

Influences
Johnny Cash​ Yeah Yeah Yeahs​ Black Sabbath​ Ozzy Osbourne​ AC/DC​ Ramones​ Muddy Waters​ Professor Longhair​
Genre
70s Rock and roll​ Early Punk rock​

Manager
Peter Matthew Bauer/Fortune Tellers Music Email: peter@fortunetellersmusic.com

US Booking
Marshall Betts/Paradigm Agency Email: mbetts@paradigmagency.com
UK & WORLDWIDE BOOKING
Adele Slater/Coda Agency
Email: adele.Slater@codaagency.com
US Press
Sonya Woolgar/Rough Trade Email: sonyakolowrat@roughtraderecords.com
UK PRESS
Jamie Woolgar/Rough Trade jamiewoolgar@roughtraderecords.com Email: jamiewoolgar@roughtraderecords.com

Formation

Strawcrawler performs a live set.
In the Summer of 2015, Austin Smith and Arrow de Wilde came together to collaborate in making music. When the academic school year began in 2015/2016, the two decided to recruit new members, a bassist and a drummer.

One day during school Arrow saw Henri Cash and she decided to talk to him and asked: “You look cool, do you play guitar?” He was actually carrying a Tuba​, but the two eventually became friends fast. She later recruited bassist Tim Franco, another person whom she knew.

A few days after they came together, the band wrote a song called: “Ants”.

So far the band has not released an EP or Album, just two songs called, “Ants” and “Used To Know”. In late 2016, they entered the studio to record their music in Analogue Tape with Ryan Adams. ​

“Ants”
“Ants” is the first song written by the band only days after they met. Some time in November, the song was the first to be played by Elton John​ on his music station for Beats1​.

Arrow came with the idea for the song after witnessing the ants infestation at Henri’s house.

“I love LA”

Band members of Starcrawler, Henri and Arrow.
On November 13th, 2017, the band released a music video for their song, “I love LA”. The song would be their first single for their debut album which will be released the 19th of January, 2018 on Rough Trade Records.

Personal
Some of the members have attended and graduated from Echo Park High school, except Henri Cash, who still has another year left. De Arrow graduated in 2017.

The band came up with the name, Starcrawler, a few days before their first show.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪