プリティーレックレスとは?脱ぎたがりの堕天使。 Make Me Wanna Die 訳詞もいかが?

今日は暑過ぎでプール日和。

キッズたちはプール教室だから羨ましいよぉ。

仕方ないからLyraは、プリティー・レックレスのデビュー曲で暑さを吹っ飛ばすよ。

Burnin’ Upしちゃうかもしんないけどね。v(^_^v)♪

スポンサーリンク

プリティー・レックレス(The Pretty Reckless)は、アメリカ合衆国ニューヨークで208年に結成されたオルタナティヴ・ロックバンド。

アメリカの脚長美人の女優・モデルのテイラー・モンセンがボーカル及びリーダー、たまに、ギター。

テイラー・モンセンについては、話が長くなるので詳しくまた別の機会にお話しますが、彼女は、人気ドラマ『ゴシップガール』に出ていた子役上がりの人気女優でしたが、色々と問題ありで(笑)、最後の方のシーズンでは出番が減らされちゃったよね。

これが、子役時代の初仕事。

可愛いね〜。

人気ドラマのウブなんだけどパブリックスクールの人間関係で揉まれながら擦れて行く(って言ったら良い過ぎだけど)成長して行く妹役をやりなから、このロックバンドをローティーンからやり始めて、16歳で今日、紹介する「Make Me Wanna Die」でメジャーデビューしたので、ウブな役なんて始めっから適役ではなかったんだろうね、、、当時、テイラーは、ドラマについて、やたら「やりにくい」とインタビューで言っていました。

彼女の本当の居場所は、歌を歌うステージであり、やりたいことはロックをやれるバンドなんですね。

ギターはベン・フィリップス、ベースはマーク・ダモン、ドラムはジェイミー・パーキンスが担当。

当初は同年代の少年らと「レックレス」として活動していたが、かなり初期の段階で商標問題から「プリティー・レックレス」に改名して初期からバンドイメージを手探りしながらマジモードで始動していたのがわかります。

プリティー・レックレスの楽曲からして、ジャンル は、

オルタナティヴ・ロック、
オルタナティヴ・メタル
ハードロック
インディー・ロック

ですが、最近は、ヘビメタっぽい曲とホールのポップな曲の方(デス声で歌ってない方のホール時代)の2パターンの楽曲があります。

レーベルは、 ビクター・エンタテインメント

2010年5月13日発売のこのデビュー・シングル「メイク・ミー・ワナ・ダイ」が、イギリス・ロック・チャートで1位を獲得し、批評家から肯定的な評価を得て、8月31日、アルバム『ライト・ミー・アップ』でメジャーデビューをしました。

デビュー時に16歳だったこともあり、過激なルックスと歌詞で賛否両論になったミュージックビデオですが、Lyraは、彼女のバンドイメージを決定づける上で、最高な曲でありビデオになったのでは?と拍手した曲なんです。

歌詞がね、王道なヘビメタな歌詞で悪魔ぽいしヴァンパイアガールなんで私は大ウケして笑えたけど、欧米諸国ではカソリック教徒の方々いるので色々と本気な問題になりました。

叶わない片思いの女の子の歌詞に、悪魔的なイメージを盛り込み、ビデオは炎に焼かれるようにさまよい、半裸になって行くのは、この世界に戦線布告してるよう。

和訳を書いたので、ミュージックビデオわ見る前に、参考に読んでみては?

“Make Me Wanna Die”

[Verse 1]
Take me I’m alive
Never was a girl with a wicked mind
But everything looks better when the sun goes down

私を連れてって、生きてる証をちょうだい。

悪意なんて持ったことない女の子だったのに、太陽が沈まないと何もかも上手くいきそうにないの。

[Bridge + Chorus]
I had everything
Opportunities for eternity
And I could belong to the night
Your eyes, your eyes
I can see in your eyes
Your eyes

You make me wanna die
I’ll never be good enough
You make me wanna die
And everything you love will burn up in the light
Every time I look inside your eyes
You make me wanna die

永遠を決定づけるチャンスを全て持っていたのに、

私は夜の女でいられたのに、

アンタの目が、アンタの眼差しが、

アンタの目の中に全てが見えるの

アンタは私を死にたくさせる

私じゃ無理なんだろうけど、

アンタは私を死にたくさせる

アンタが愛するもの全てが光の中で燃え上がるだろう

いつもアンタの瞳の中に、私を死にたくさせるものが私には見えるの

[Verse 2]
Taste me, drink my soul
Show me all the things that I shouldn’t know
And there’s a blue moon on the rise

私を味わい、私の魂さえ飲み干して知らなきゃいけないもの全てを私に見せてよ

蒼い月が上ってるから。

[Bridge + Chorus]
I had everything
Opportunities for eternity
And I could belong to the night
Your eyes, your eyes
I can see in your eyes
Your eyes everything in your eyes, your eyes

私は永遠の全てのチャンスを持っていたのに、

私は夜の女でいられたのに、

アンタの目が、アンタの視線が、

アンタの目の中の全てが、

アンタの瞳の中に、

You make me wanna die
I’ll never be good enough
You make me wanna die
And everything you love will burn up in the light
Every time I look inside your eyes (burning in the light)
You make me wanna die

アンタは、私を死にたくさせる

私なんかじゃ無理なんだろうけど、

アンタは私を死にたくさせる

アンタの愛するもの全てが光の中で燃え上がる

いつも私はアンタの目の中に

(光の中で燃えている)

アンタは私を死にたくさせる

I would die for you my love, my love
I would lie for you my love, my love (make me wanna die)
I would steal for you, my love, my love (make me wanna die)
I would die for you my love, my love
Well burn up in the light

私は愛しいアンタの為なら死ねるわ

愛しい人

私はアンタの為なら嘘だって言える

愛しい人

(私を死にたくさせて)

愛しいアンタの為なら盗みだってできる

愛しい人

愛しい人

(私を死にたくさせて)

愛しいアンタの為なら私は死ねるわ

愛しい人

光の中で燃え上がる

[Chorus]
Every time I look inside your eyes
I’m burning in the light
Every time I look inside your eyes
I’m burning in the light
Every time I look inside your eyes
You make me wanna die

いつも私はアンタの目の中に、光の中で燃え上がる私が見えるの

どんな時でも私には光の中で燃え上がる私がアンタの瞳の中にいる

いつも私はアンタの瞳の中に見えるの

アンタが私を死にたくさせるものを

 

私は、彼女の悪魔的に持って行くイメージは戦力になるから好きです。

ルックスは足が長すぎるくらい長くて羨ましいのに、テイラーはずっと悩んで来たのでナイーブな女の子の一面もあるんじゃないかな?

この歌詞だって、悪魔や吸血鬼なイメージをどければ、かなりの純愛よ!

男って蓮っ葉な女子をアバズレとしか見ないけど、中身は純愛をいつも持ってるの。

そこを分かってあげて下さい!

なんてね。

どんな女性でも好きな人の前では純粋になってしまうもの。

たとえ、脱ぎたがりでも(笑)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フー・ユー・セリング・フォー [ プリティー・レックレス ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/7/26時点)

テイラーは、最近は、グリグリアイメイクやり過ぎだし、最新アルバムでは脱いだりね、脱ぎたがりですが、、、元が可愛いし、歌もパフォーマンスも堂々たる物になって来たのでもう、色物でなく、素でやって良いんじゃない?

マジで素顔が可愛いから、、、。

燃え上がる熱情は、ハートとロックだけでOKよ!

暑い夏に、暑い曲も良いよね〜!って事で今日は、おしまい!

(≧∇≦)

また明日ね!

最後に彼らのプチ歴史も、どうぞ!

スポンサーリンク

初期の未発表曲 A.D.D. Blender. Blonde Rebellion. Bleeding. Chaotic Sanity. Everybody Wants Something From Me. He Loves You. Heart. Only You[from “Frankenweenie” soundtrack]. Panic. Sleeze Sister. Superhero. SUS (Shut Up Slut). Void And Null. Victory[from “FIX Ministory movie “]. Where Did Jesus Go?. Ugly People. Good Girls(go to heaven).

2010年5月13日に発売のデビュー・シングル「メイク・ミー・ワナ・ダイ」が、イギリス・ロック・チャートで1位を獲得し、批評家から肯定的な評価を得た。同年8月31日、アルバム『ライト・ミー・アップ』でメジャーデビューをする。

メンバー

テイラー・モンセン
ベン・フィリップス
マーク・ダモン
ジェイミー・パーキンス
旧メンバー ジョン・セコロ
マット・チャレラ
ニック・カルボーネ

歴史
2008年10月、モムセンは音楽プロデューサーのケイトー・カンドゥワラとソングライターのベン・フィリップスと会った。

後に楽曲製作に協力してくれていたバンド「フェイマス」のメンバー、ベンとマークとジェイミーを「もう一つバンド作らない?」と引き抜く形で現在のプリティー・レックレスになった。

彼女はバンドをしていた友人に手伝ってもらい、2009年の5月5日、ニューヨークはロウアーイーストサイドにあるThe Annex.で、モムセン率いるバンドとして初めてのライブを行った。

7回程そのような形でライブをした後、2009年にジョン・セコロ、マット・チャレリ、ニック・カルボーネと正式にバンドを結成し、同じくThe Annex.で同年6月3日に始動した。

上半期にはいくつかのデモをレコーディングしたり、ザ・ヴェロニカズの北米ツアーに同行したりした。

モムセンはメンバーと音楽性の違いを感じ、新しいバンドを結成する。2010年6月4日付けで、セコロらバンドメンバー3人と別れた。

初期のバンドと比較して、その後のプリティー・レックレスはよりダークなスタイルである。

2009年、モムセンは雑誌『OK!』のインタビューにおいて、バンドがインタースコープ・レコードを契約し、2010年にアルバムを発表することを明かした。

バンドはインタスコープとの契約を発表した後、新たにレコーディングしたデモ曲「He Loves You」「Zombie」を彼らのMySpaceに公開した。

モムセンは別のインタビューで、バンドのサウンドについて言及した。それは「人々が期待しそうにないもの」であり、暗くて重いサウンドを特徴とするが、「より軽い、楽しいもの」だと述べた。

MTVのインタビューにおいて、バンドビートルズやオアシス、オーディオスレイヴ、サウンドガーデン、ニルヴァーナといったグランジに、更にモムセン個人としてジョーン・ジェットや、デボラ・ハリー、カート・コバーン、コートニー・ラブ、シェリー・カーリーらに影響を受けているという。

2009年12月30日に楽曲「メイク・ミー・ワナ・ダイ」を、インタスコープの彼らの公式ホームページ上で期間限定でファン向けに無料配信され、翌2010年8月に発売されるアルバムへの先行シングルとして、5月17日にデビュー・シングルとして発売された。

公開の映画『Kick-Ass』のサウンドトラックとして起用された。この年の4月9日にヴァンズ・ワープド・ツアー、翌月1日にはバンブーズル・ミュージック・フェスティバルに参加。

スポンサーリンク

2010年6月22日、アルバムに向けての1枚目のEP『プリティー・レックレス』が発売された。

大多数の批評家は歌詞とプロデュースを称賛したが、音楽雑誌『ローリング・ストーン』はサウンドを「ジェネリック」分類した。

EPに収録された「メイク・ミー・ワナ・ダイ」「ゾンビ」「マイ・メディシン」「ゴーイン・ダウン」はデビューアルバムにも収録されている。

最初のシングル「メイク・ミー・ワナ・ダイ」は2010年5月17日に発売され、イギリス・ロック・チャートで6週間連続1位を獲得した。

バンドはMySpaceで、デビュー・アルバムの題名が『ライト・ミー・アップ』に決定した事とアルバムに収録される楽曲名を公開した。

アルバムはカンドゥワラがプロデュースし、全ての楽曲はフィリップスが手がける。アルバムは2010年8月30日にイギリス、翌31日に全世界で発売される。

2010年8月9日、デジタル・スパイが2枚目のシングルとして「ミス・ナッシング」が発表されると公表した。それは同年7月22日にイギリスのラジオ局BBCラジオ1で排他的に放送された。バンドはヴァンズ・ワープド・ツアーのパフォーマンスの後、それが次のイギリスのシングルとして発売されることを明かした。同年7月22日、VEVOで同曲のミュージックビデオが初公開された。

1stアルバムとLPのMiss nothing ツアーを2011年、2ndアルバムを引っ提げてのGoing To Hell ツアーを2014年から行った。

2014年、音楽性の違いにより、インタースコープ・レコードから、タイ&バーレル・レコードに移籍。

それにともない、日本のレコード会社もビクターエンタテインメントに移籍。

自主レーベルGoin’ Down inc.を設立。

2014年3月12日、セカンドアルバムGoing To Hell をリリース。iTunes限定で、Only Youをリリース。

2014年ゴールデン・ゴッズ・アワードで三曲を演奏し、モムセンが女性ロッカーのジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとZZ Topのギタリスト、ビリー・ギボンズと共演。

2014年9月ビクターからのニュース。最新シングルMessed Up Worldが全米ロック・ラジオ・チャートで見事1位にランクイン。

前シングルHeaven Knowsも同チャートで1位 を獲得したためこれが全米チャート二曲目のナンバーワン。

長いアメリカの音楽史において、「女性ボーカルを擁し、全米ロック・ラジオ・チャートに二曲送り込んだロック・バンド」は、80年代から活躍し続け、2005年にロックの殿堂入りを果たした伝説的バンドプリテンダーズのみ。つまり、今回の首位獲得は、アメリカ音楽史上二組目の快挙という歴史的偉業を遂げた。

2015年、2月14日から3月15日までニッケルバックのツアーにサポート入りする。海外ファンからはかなりの不評。4月から6月はHalestormに、5月はRock in Rioのサポートを務める。

2015年11月から新曲制作、2016年4月に終了。

2016年7月7日、発売予定のサードアルバムWho You Selling Forから新曲 「Take Me Down」 を一部公開、その後全曲を公開した後に、「Oh My God」、「Prisoner」もプレセールとしてダウンロード販売された。

2016年 10月21日に、Who You Selling Forを世界同時発売。

これまでの、XXXX、↓十字に加え、TPRを一文字で表した新たなロゴをバックに翌22日のAfter Shock Festival からUSツアーを開始。

12月6日まで回り、2017年1月からは、ヨーロッパや南米など、秋頃まで世界ツアーを行う。その後はまたレコーディングに入ると言われている。

7月17日にオハイオ州クリーブランドで行われた、Alternative Press Music Awards 2017 APMAs 2017 で、ノミネートされていた BEST HARD ROCK ARTIST を受賞しスピーチとパフォーマンスを披露した。

スポンサーリンク

ディスコグラフィー

Album “Light Me Up” (2010) ; My Medicine Since You’re Gone Make Me Wanna Die Light Me Up Just Tonight Miss Nothing Goin’ Down Nothing Left To Lose Factory Girl You Far From Never[UK iTunes Bonus Track/Japan Bonus Track]

Everybody Wants Something From Me [UK iTunes Bonus Track] Zombie [Japan Bonus Track]

EP: “Hit Me Like A Man” (2012) Hit Me Like A Man Under The Water Cold Blooded

Album: “Going To Hell” (2014) Follow Me Down Going To Hell Heaven Knows House On A Hill Why’d You Bring A Shotgun To The Party Sweet Things Burn Blame Me Dear Sister Absolution Fucked Up World Waiting For A Friend Kill Me [Japanese Bonus Track] Only You [iTunes限定]及び[フランケン・ウィニー]のサウンドトラック収録。

Other songs:未発表・その他作品 A.D.D. Blender. Blonde Rebellion. Bleeding. He Loves You. Heart. Messed Up World. Only You[from “Frankenweenie” soundtrack]. Panic. Sleeze Sister. Superhero. SUS (Shut Up Slut). Void And Null. Victory[from “FIX Ministory movie “]. Everybody Wants Something From Me. Where Did Jesus Go?. Ugly People. Good Girls(go to heaven). Chaotic Sanity.

全曲

Album “Light Me Up” (2010) My Medicine. Since You’re Gone. Make Me Wanna Die. Light Me Up. Just Tonight. Miss Nothing. Goin’ Down. Nothing Left To Lose. Factory Girl. You. Far From Never[UK iTunes Bonus Track/Japan Bonus Track].

Everybody Wants Something From Me [UK iTunes Bonus Track]. Zombie [Japan Bonus Track].

EP: “Hit Me Like A Man” (2012) Hit Me Like A Man. Under The Water. Cold Blooded.

Album: “Going To Hell” (2014) Follow Me Down. Going To Hell. Heaven Knows. House On A Hill. Why’d You Bring A Shotgun To The Party. Sweet Things. Burn. Blame Me. Dear Sister. Absolution. Fucked Up World. Waiting For A Friend. Kill Me [Japanese Bonus Track]. Only You [Japan iTunes Bonus Track].

Other songs:未発表・その他作品 A.D.D. Blender. Blonde Rebellion. Bleeding. He Loves You. Heart. Messed Up World. Only You[from “Frankenweenie” soundtrack]. Panic. Sleeze Sister. Superhero. SUS (Shut Up Slut). Void And Null. Victory[from “FIX Ministory movie “]. Everybody Wants Something From Me. Where Did Jesus Go?. Ugly People. Good Girls(go to heaven). Chaotic Sanity.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪