鳥居原ふれあいの館。季節ごとに顔を変える風景を堪能

自然と触れ合うのにピッタリな宮ヶ瀬へ遊びに行って来ました。

『宮ヶ瀬湖畔園地』については、このブログでも書いたように、お花見に今年の3月にも来たので覚えてくださる方もいらっしゃるかな?

今日は、湖畔園地でなくて自然と触れ合えて楽しいお話。

スポンサーリンク

東京からだと車で1時間半弱。

一年に何回か、季節ごとに風景が変わるのが楽しくて山に会いに行きます。

基本的に海派なので余り山は好きではないLyraですが、( ;∀;)   ここの景色は山を登ったりして疲れること無く!春夏秋冬の山と湖畔の変化を楽しめるからベストです!

いつもは広〜い公園(2つ岸の反対側にそれぞれあります。)へ直行して散歩したり、遊ぶのですが、今日は時間がいつもよりかかってしまい遅くなったので「鳥居原ふれあい館」の方へ先にお邪魔しましたよん。

駐車場にBIKERが勢ぞろい!

今日は秋晴れ。お天気が良い時は、こんな感じにバイクが駐車場一杯にズラリと並びます。

皆さん、ツーリングの疲れを取るために一服してたり、座り込んでバイク談義に花を咲かせたりしています。

今日はいなかったけれど、カスタムした車をお互いに見せ合ったり、自慢してるオジさん達が多いんですよ、ここは!

なんかそういう風景を最近見ていると、10代や20代の若者より叔父さんや叔母さんの方がエネルギー溢れているなぁ〜って感心しますよ。元気一杯だよね、趣味がある人は幾つになっても。

冒頭の写真は、ここ、「鳥居原ふれあい館」の公園から見た所です。

バイカー達を掻き分けて駐車場を通り抜けると芝生の広場があり、そこから見れるという訳。

これが、施設の入り口。

鳥居原ふれあいの館(とりいばらふれあいのいえ)は、神奈川県相模原市緑区鳥屋にある総合交流施設です。

道の駅ですね。

鳥居原ふれあいの館から宮ヶ瀬湖と虹の大橋。右奥の山は東峰。

宮ヶ瀬湖を一望できる鳥居原園地の中に位置し、宮ヶ瀬湖畔エリア・ダムサイトエリア(神奈川県立あいかわ公園)と並ぶ宮ヶ瀬湖の観光施設です。

スポンサーリンク

湖越しには虹の大橋や丹沢山地等を眺めることが出来るんですよ!

広場では、この日は作家さんたちの工芸品やフリーマーケットをやっていました。オカリナ吹いてる人がいて子供はなんかビビってた(笑)。

施設内は、お土産ものコーナーと、地域の野菜や特産品を直売しているコーナー、食堂と食事を食べるコーナーがあります。

そして、入って右側はこれ。

人が沢山いつもいます。多い時は列が出来てしまいますが、、、工芸品の編み工芸品を作るマシーン!

ここで組紐を作れるんです。もちろん無料!

ただし、長さ20cmまでのルール。でも、必ず長〜いのを作って帰る叔母さんが多いんで困りますね。だって、ズルしてるのを子供達が見るでしょう。

なんか、私に聞いてくるんだよね、「あの人、20cmって決まってんのに長〜いの作ってるよ!ねぇ、あれ良いの?ねぇ、ズルじゃん?」ってさ。聞かれた私は、叔母さんに聞こえるし困るよね〜。

いちを、「20cmって張り紙あるから本当はいけないよね。やっちゃいけないよ。」と答えてるけど。

因みに、この日もうちの子供がやった後に、誰も並んでいないからと60cm以上はありそうなのを、高速で回して作ってサーッと芝生の庭園へ走り去ったおばさんがいました。失笑するしかない。( ;∀;)

中の食堂はこんな感じのメニュー!

バイカーには、あったかいのが嬉しい。

あと、ワンちゃん連れが多いから犬好きには嬉しいです。

ワンちゃん連れてドライブはいかが?

ワンちゃん会議できますよ。

Lyraは、恒例の無公害手作り石鹸を買いましたよん。(詳しいお話はこちら。)

そして、無公害手作り石鹸と相性が良いアクリルタワシもGET!

今回はまんまるの手毬みたいのにしました。

前は大っきいヒマワリみたいなのを買ったので、今回は中サイズ。サイズ感の違いを楽しもう、と思ったの。

景色が良くて、この日は日差しが強かったけれど風が気持ちよくて寒いくらいでしたよ!

今度のお休みは、家族連れで、ワンちゃん連れ、ツーリング、カップルやお友達と『鳥居原ふれあいの館』を訪れてみて下さいね。

癒しと自然を堪能できますよ!

お土産ものや特産品を買ったり、組紐作りしてお家に持って帰ると楽しいよん!

所在地

〒252-0155 神奈川県相模原市緑区鳥屋1674

(神奈川県道64号伊勢原津久井線)

交通

●道路
神奈川県道64号伊勢原津久井線
北岸林道
●バス(神奈川中央交通)
・橋本駅から
橋07 鳥屋・鳥居原ふれあいの館行乗車、終点下車。
・三ヶ木から(相模湖駅から乗継可能)
三53 鳥屋・鳥居原ふれあいの館行乗車、終点下車。
・本厚木駅から
厚20・厚21 宮ヶ瀬行乗車、終点下車。徒歩20分程度。
*以前は存在したが、現在は鳥居原 – 虹の大橋 – 宮ヶ瀬間を結ぶ路線バスはない。

*土日祝日に限り、無料シャトルバスが鳥居原ふれあいの館と宮ヶ瀬、宮の平、宮ヶ瀬ダム水とエネルギー館、高取山ハイキングコース入口、愛川大橋、県立あいかわ公園の計7ヶ所を巡回運行している。運行数は6周/日だが逆向きの巡回便はないため、利便性は劣る。

*両停留所間は比較的近いため、徒歩連絡する事も可能である。

*本数は少ないが、鳥居原 – 宮ヶ瀬間を結ぶ定期遊覧船も運行している

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪