【ウォーキング・デッド シーズン11】第20話ネタバレ解説”ランスと自己犠牲”あらすじ感想 Self-Sacrifice TWD11-20

約12年間もウォーキング・デッド を見て来た身としては、今日のオープニング回想シーンは懐かしくて、懐かしくて胸がキュンキュンしてしまった。まんまと製作陣の思惑にハマってしまったな。この写真をLyraが選んだのは、それが理由。シーズン2だ。

 

今までにはなかったジュディスのナレーションで、シーズン11の後半戦は始まる。過去の名場面を出して来る手法は、ずるいわよね〜。でもショートヘアのCaryl達が、大好きだったので久しぶりに見れて感謝してしまった。

ずっと2人はつかず離れず。まあ一時期モーガン教(笑)の影響で、離れ離れになった時期もありましたが、、、。離れ離れになるのは辛い。

だから2度と2人は、離れ離れにはならない…例え、肉体が離れ離れになろうとも。別々の道を行こうとも、違う場所で別々の生き方をしようとも、体は離れてもあの時みたいに断絶はしないね。

それはチーム・リックの仲間たちも同じだ。

離れ離れになったら?

皆が目指すことは唯一つ!

…じゃ、ないの?

“【ウォーキング・デッド シーズン11】第20話ネタバレ解説”ランスと自己犠牲”あらすじ感想 Self-Sacrifice TWD11-20″ の続きを読む