Greenday【Minority】和訳 解説 明日は我が身 Today You Tomorrow Me

またアジア人女性が見知らぬ通行人に殴打された。一体いつまで続く?このHate Crime。

GWだあ〜と騒いでいるのは、毎年日本だけで、毎度「日本は呑気で良いわ」と呆れながら結局は騒いでいたのだが…今年はいつものようには、大々的に楽しめないからね。

皆さん不満も溜まるでしょう。でもまだ日本住みの民は幸せよ。連日の海外ニュース見ていたら、私たちがどれだけ楽園に住んでいるかが分かるだろう。

だが中には「アレはアメリカやヨーロッパで起きていること。私たちには関係ないわ」と言う人もいる。貴方、目は大丈夫?頭は働いている?

そう言う「自分は部外者」と考える人は適当に生きてるだけで、息はして生きてる人間とは言えないような萎えた存在だろう。

こういう何も考えていないタイプは、他人の痛みも分からないだろうし、自己中で平気で他人を痛めつける。ネットの悪者達と同じキモイ汚物だ。きっと自分がやられて初めて気がつき騒ぎだすのよ。

物事を注意深く観察出来る人は、優しい。他人の痛みを自分のように感じられ、世界を見ている頭脳明晰な人が多い。

想像力逞しいから世界で起きている事件を事実だと認識できるのだ。こういう人たちが増えたらHate Crimeは起きないし、戦争などこの世からなくなるだろう。

個人的な意見なのだが、日本でアジア人が殴打されるニュースの画像では、加害者(犯人)が、アフリカンやヒスパニック系のみなのが気になる、、、白人がやってるのもあるのに何故、アフリカンばかりがアジア人を襲撃してる画像なのか?

余り言うとあの〇〇か?と誤解されるからもう言わん。

おかしいと思わない?

緑の日だからGreen Day…と言うより、Hate Crimeが起きまくっているこの時、現在に、この歌を選ぶ勇気を讃えて欲しいなあ。

“Greenday【Minority】和訳 解説 明日は我が身 Today You Tomorrow Me” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.