【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!

Happy Birthday Don Dokken! Here’s a long-distance “Happy Birthday” to you from Japan.

今日はDon Dokkenのお誕生日ってことで、彼のバンドの曲を和訳してBirthdayをお祝いしましょっ!

Heavy Metalのコピーバンドをやっていた時に、色々歌った中で、Dokkenも良くやったので思い出の曲の1つかもしれない〜。

だからどれにしようか迷った。

で選んだのは、このデビュー曲。

Heavy Metal バンドだけど、DokkenってPop Rockの曲が多いバンド。

この曲も聴きやすく美しいメロディが、きっと皆さんも気にいるでしょう。

それに歌詞がめちゃくちゃ、ダサい、、、演歌みたい。ビデオはその上を行く面白さだから大注目よ!

“【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!” の続きを読む

【THE HEAD】第1話 ネタバレ 詳しいあらすじ感想 「山下智久 世界進出で遊星からの物体X」ツッコミポイント

 

山下智久主演のHuluオリジナルドラマ【THE HEAD】第1話が2020年6月12日(金)に配信されました。

「山Pが海外ドラマに出るなんとぅぇ〜!」と嬉しさで絶叫している、そこのアナタ!

ファンならば見なきゃ〜!

「でもHulu入ってないし〜」とか、「忙しくて時間ないから、時間割いてわざわざ見る価値あるのかしら?」

と迷ってるならば、Lyraのあらすじ感想を読んでから考えてみたら?

普通のあらすじと、完全ネタバレ を分けて書いてあるので、ネタバレ は、見るまで知りたくない人、又は、バッチリ知りたい人、どちらにもOK、読み応え有りです。

TWDと同じく、ツッコミPoint書くかも〜。

山Pファンじゃなくても、ホラーやサスペンス映画好きは必見よ。

早速、詳しい解説、感想と行きましょう!

“【THE HEAD】第1話 ネタバレ 詳しいあらすじ感想 「山下智久 世界進出で遊星からの物体X」ツッコミポイント” の続きを読む

和訳【Heart Shaped Box】Nirvana 本当の意味と愛の言葉 解説 Desperate Words of Love

Happy Birthday, Kurt Cobain!

Your songs make my everyday so special. With Love.

今日はKurtのお誕生日🎂🎉

お祝い何回目になるんだろう?

「彼が生きていたらどんな風になっていたのだろう?」と、彼の音楽を聴く度に思うの。

予想は出来る。Kurtがなりたかった夢があったから、、、。

今日は、そのことを考えながら、この曲にしよう。

スラングでエロい事やヤバいことを言ってる曲だけど、これって「愛してる」だって感じるよ。

貴方の声で「愛してる」って言ってほしいな〜☆

“和訳【Heart Shaped Box】Nirvana 本当の意味と愛の言葉 解説 Desperate Words of Love” の続きを読む

和訳【The Modern Lovers /Roadrunner】Rush to You

パンクの基礎を築いたと言われているこのバンド。

実際聴いてみるとPunkと言うより、ノリが良いPopな曲が多くて驚く人もいるだろう。

Punkと言うとがなっているとかメロディなくて叫んでるだけとか、言う人が周りにいるが、それは誤解であって、The Clashにしろ Sex Pistols にしろメロディはキャッチーで覚えやすいのだ。

後に出てくるHardcore はスピードあるけれど、小さい時に逆から聞いたせいか、初Sex Pistolsの時は、Punkってスローだと思ったくらい…

もっと、ノリの良さを楽しんでほしいなあと思う。

今日は、前に和訳&考察した Jonathan Richman (【 I Was Dancing In The Lesbian Bar】和訳 解説 ジョナサン・リッチマンの魅力について) のいたバンドの最高にノレる曲を紹介しましょっ。

Sex Pistolsもカヴァーした曲だよ。

“和訳【The Modern Lovers /Roadrunner】Rush to You” の続きを読む

和訳【Rumour Has It/Adele】考察 Retribution 因果応報

男女の関係は十人十色。

誰かがああだこうだ、言うべき事ではないと思う。

お国柄もあると思うが、意外と離婚率が高いイギリス。

再婚率も高くて、恋愛にお盛んね〜と言う感じなんだわ、これが。

その例に漏れず、このDIVAは「百戦錬磨じゃないの?」と言うくらいheavyなラブソングを描くのだ。

聴いていると「全く、貴方こんなダメ男と付き合うなんて」と言いたくなるし

「いつまでも引きずるなんて」と執着する彼女が、可哀想になる。

それに、言葉が強がりばかりで本音では好きでたまらないのがわかるだけにいじらしい。

今夜は気の強いAdele 節が全開のラブソング。

それも、かなりビッチだなあ、と思う歌詞だよん。

“和訳【Rumour Has It/Adele】考察 Retribution 因果応報” の続きを読む