Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You


Kurt Cobain 書いてLayne も書いてると涙が溢れてるんで、今日はうまく書けるかな?

一休みして別の日に…とも思った。Heavyだから。

大切な人で亡くなってしまった人を2日立て続けに書くのはなんとも。

夏にはもっとHeavyな日があるのよね。全く何故みんな死んでしまうの?

でもGrunge Rockが好きで毎日聴いて元気を貰っているから (と言うか、かけながら歌ってLyraが、ストレス発散しているだけなんだけど ww)、Layneの素敵な声が聞ける曲を和訳して天国の彼に想いを馳せよう。

曲はもう一つの低音が堪らない曲か、Mad Season の方の曲(かなり好き)にするか迷ったの。

Mad Seasonは、去年書いたから今年はAlice In Chainsからにしました。

これまたLyraが大好きなVocal & GuitarのJerry Cantrellと、Layne Stalyの掛け合いが痺れる格好良さが魅力の曲。

メロメロな歌詞がダークなサウンドに乗って、不思議な光を放つ曲よ。

貴方も聴いたら、セクシーな歌詞と声に酔うでしょう。

今日Mor和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のロックバンド、Alice in Chains アリス・イン・チェインズ 。

スポンサーリンク

1987年、Layne Staly レイン・ステイリーと Jerry Cantrell ジェリー・カントレルを中心に、シアトルで結成された。「AIC」や (日本では「アリチェン」と呼ばれているって本当?)とも略される、、、らしい。

1990年アルバム『フェイスリフト』でデビュー。

【Alice In Chains / Would?】 和訳 Regrets & Cling to Life 生と死

*Layneについてはこちら→和訳【Mad Season/ River Of Deceit】Layne Staleyの声の魅力 Voices Like Drugs

*Jerryについてはこちら→和訳【Angel Eyes/Jerry Cantrell】Jerry CantrellとはForever Haunting Me

 

 

同じワシントン州出身で、同期のNirvana Soundgarden らと共に、Grunge Rock ムーブメントの担い手として人気&実力共にあったバンドである。

音楽的と商業的にも成功を得たがヴォーカルとベースを深刻な麻薬問題でなくてしまい、2002年のLayneの死後、長く活動休止していたが、しばらくしてJerryのみオリジナルメンバーで、メンバーがたまに入れ替わる形で活動を再開している。

今日Lyraが和訳する曲は、Alice In Chainsの1992年リリースのスタジオアルバム『Dirt』に収録されている5番目のシングルでありラストシングルの【Down In A Hole】。

詳しい解説は、LyraのJimi和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) Studio Album “Dirt (Redux)-Digi” [CD, Analog] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓ ) Studio Album “Dirt” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓ ) -Unplugged Live on  MTV” [Analog] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Layne Thomas Staley (born Layne Rutherford Staley; August 22, 1967 – April 5, 2002) was an American musician best known as the lead singer and co-songwriter of the rock band Alice in Chains, which rose to international fame in the early 1990s as part of Seattle’s grunge movement. Staley was known for his distinctive vocal style and tenor voice, as well as his harmonizing with guitarist/vocalist Jerry Cantrell. Staley was also a member of the glam metal bands Sleze and Alice N’ Chains, and the supergroups Mad Season and Class of ’99.

“Down in a Hole” is a power ballad by Alice in Chains, and the fifth and last single from their album Dirt (1992). It is the twelfth song on most pressings of the album and fourth or eleventh on others. The song was written by guitarist and vocalist Jerry Cantrell for his then-girlfriend, Courtney Clarke. The single spent 21 weeks on Billboard‘s Mainstream Rock Tracks and peaked at No. 10. The song was included on the compilation albums Nothing Safe: Best of the Box(1999) and Music Bank (1999). An acoustic version performed on Alice in Chains’ MTV Unplugged in 1996 was released in a live album and DVD.

=Down In A Hole=

[Intro: Jerry Cantrell]
Bury me softly in this womb
I give this part of me for you
Sand rains down and here I sit
Holding rare flowers in a tomb, in bloom

[Verse 1: Layne Staley]
Down in a hole and I don’t know if I can be saved
See my heart, I decorate it like a grave
You don’t understand who they thought I was supposed to be
Look at me now, a man who won’t let himself be

[Chorus: Layne Staley and Jerry Cantrell]
Down in a hole, feelin’ so small
Down in a hole, losin’ my soul
I’d like to fly but my wings have been so denied

[Verse 2: Layne]
Down in a hole and they’ve put all the stones in their place
I’ve eaten the sun so my tongue has been burned of the taste
I have been guilty of kicking myself in the teeth
I will speak no more of my feelings beneath

[Chorus: Layne and Jerry]
Down in a hole, feeling so small
Down in a hole, losin’ my soul
I’d like to fly but my wings have been so denied

[Bridge: Jerry and Layne]
Bury me softly in this womb
Oh, I want to be inside of you
I give this part of me for you
Oh, I want to be inside of you
Sand rains down and here I sit
Oh, I want to be inside of you
Holding rare flowers in a tomb, in bloom
Oh, I want to be inside
[Chorus: Layne and Jerry]
Down in a hole, feeling so small
Down in a hole, losin’ my soul
Down in a hole, feeling so small
Down in a hole, out of control
I’d like to fly but my wings have been so denied

 

優しく俺を

この子宮に埋蔵してくれ

お前の為に俺の体の一部をあげるよ

砂粒が降って来る

そして俺はここに座ってる

墓所に生花を握りながら

咲き誇る花の中で

 

穴に降りて

俺が救われるのかは分からない

俺の気持ちを分かってくれ

俺はそれを墓のように飾り付けたんだぜ

アイツらが俺について

何を考えているかなんて

君にはわからないな

今、俺を見てくれ

自分らしくいられない男を

 

穴の中に横たわると

凄く小さい感じがする

穴の中に横たわると

気が狂いそう

飛び上がりたいのに

俺の両翼が拒否されて来たんだ

 

スポンサーリンク

 

穴に降りて

彼らはすべての石を

彼らの場所に置いた

俺は太陽を食べてしまったから

舌が焦げてしまった

不当な扱いをされた

罪を背負って来たんだ

こんな状況下で

自分の気持ちを話すことは

もうないだろう

 

穴の中に横たわると

凄く小さい感じがする

穴の中に横たわると

気が狂いそう

飛び上がりたいのに

俺の両翼が拒否されて来たんだ

 

優しく俺を

この子宮に埋蔵してくれ

ああ

俺はお前の中に居たいんだ

お前の為に俺の体の一部をあげるよ

ああ

俺はお前の中に居たいんだ

砂粒が降って来る

そして俺はここに座ってる

ああ

俺はお前の中に居たいんだ

墓所に生花を握りながら

咲き誇る花の中で

ああ

俺はお前の中に居たいんだ

 

穴の中に横たわると

凄く小さい感じがする

穴の中に横たわると

気が狂いそう

飛び上がりたいのに

俺の両翼が拒否されて来たんだ

 

Songwriter: Jerry Cantall

Trancelator: Lyra Sky 和訳

 

良い声〜。今更だが ヴォーカルのLayneの声もギターの Jerryの声も本当聴いていて色気があって大好き。

酔ってしまいそう。

特にLayneの粘っこい歌い方は麻薬のようにハマってしまう声だと思う。

勿論、人間には好き嫌いがあるから、嫌いな人は大嫌いだと思う、癖が強いから。

でもこの地の底を這って確かめていくような歌い方を一度好きになったら、ハマる。

だからAlice In Chains のファンは根強く今も変わらず、彼らを応援してLayneに痺れるのだ。

 

スポンサーリンク

 

メンバーのドラッグ問題で活動が途切れがちになってしまった1996年に、MTVアンプラグドで3年ぶりに観客の前で演奏を行った画像を載せておきますね。

ガタイが良かったLayneが、かなり痩せて衰弱しているのが痛々しい。だがパフォーマンスは素晴らしくて、特にこの【Down In A Hole】なサウンドがアコースティックになると妖しさが倍増して、何とも物語性を増しているのがわかる。

評判が良かったMTVライブの後、1999年、ベスト・アルバム『Nothing Safe』に収録の新曲【Get Bone Again】をリリースしたが、活動出来ずに、2002年Layneが、ドラッグのオーバードースでこの世を去る。

その結果、活動停止してしまうが、2009年に実に14年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Black Gives Way To Blue』をリリースして復活した。

Layne Staley

別名、Layne Elmerこと Layne Thomas Staley レイン・トーマス・ステイリー (1967年8月22日 – 2002年4月5日)。 ワシントン州カークランドにて生まれた。出生名は、Layne Rutherford Staley レイン・ラザフォード・ステイリー。

Alice In Chains のリードシンガー兼共同ソングライターとして最もよく知られ、シアトルのグランジムーブメントの中でも独特なヴォーカルスタイルのために、1990年代初頭に国際的に有名になった。

2002年4月5日スピードボールのオーバードーズで死去。34歳という若さだった。
Layne の独特のボーカルスタイルとテノールボイス、そしてギタリスト/ボーカリストのJerry とのハーモニーが美しいのが、彼らの魅力だと思う。この魅力があるから他のバンドと逸脱した存在になったのだと思う。

Layneは、他にもグラムメタルバンドのSlezeとAlice N’Chains、そしてスーパーグループのMadSeasonとClassof’99のメンバーでもあったのだが、世界的な地位を確立したのはAlice In Chainsだ。

Lyraは、Mad SeasonのLayneの雰囲気も大好きだ。だが、Alice In Chainsの方がパワーがあるのは分かる、どこにもないサウンドだからだ。

それは不気味な低音とメタルサウンドを合わせたようなバックがあるから。そしてJerryのコーラスがあるからだ。

その2つが合わさるとWayneがより魔力を得たようになるのだ。

曲について

この曲はアルバム『Dirt』の12番目の曲だが、他のアルバムにも収録されていて、4番目または11番目の曲になっている。これは、アルバムに曲から曲へと大まかにストーリーを伝えたいというバンドの要望にぴったり合うようにしたのだ。

 

スポンサーリンク

ソングライター兼ギタリストJerry Cantrell が書いた曲で、最初はソフト過ぎる印象から、バンドに曲を提示することを躊躇したらしい。

だが、バンドからの肯定的な反応を得た為、録音したのだ。 作曲はドリア旋法を利用してA♭マイナーで書かれ、主にマイナー-Gbメジャー-Dbメジャーコード進行を中心とし、LayneとJerry のボーカルパートが複雑に調和している曲だ。

この曲は、Jerryが、当時のガールフレンドであるコートニー・クラークのために書いたものだ。

シングルはビルボードのメインストリームロックトラックで21週間キープし、10位でピークに達した。

人気が高い曲であり、コンピレーションアルバム『NothingSafe:Best of the Box』(1999)と『Music Bank』(1999)。

1996年には、先ほど触れた Alice inChainsのMTVUnpluggedで演奏され、アコースティックバージョンがライブアルバムとDVDでリリースされた。

 

 

この曲は、ギタリストのJerry が、彼の人生の愛である(であった) Courtney Clarkeコートニー・クラークへ捧げたラブソングだから、彼女への永遠の愛とずっと結ばれていたい気持ちを表現していると思う。

1999年のミュージックバンクボックスセットコレクションのライナーノーツで、Jerryはこの曲について次のように述べている。

「【Down In A Hole】は、個人的には俺のトップ3に入っている曲だよ。それは俺の長年の愛だからだ。 それは俺の人生の現実であり、俺が選んだ道であり、奇妙な方法で、俺たちが今いる場所を予言していたんだよ。俺たち両方が理解するのは難しいさ…この人生は長期的な関係で多くの成功を助長しないことだ」

うーむ、悲しいかなBOXセットが発売された頃は、2人は別れていたから、ちょっぴり後ろ向きな発言なのかも。

ずっと愛してると描いた曲は、いつになっても大切な作品であり、永遠と言うことなのね。

作詞作曲した当時はラブラブな2人。それについては、又別の日に書きましょうかね?

因みに、wombは大切に保管する場所のことでもあるの。

歌詞とは余り関係ないけど、Wombにいる赤ちゃんは、大切な場所でママに守られているのよね〜って、改めて感じる言葉です。

だから神聖な意味もあると思う。まあ深読みするとかなりエロい歌詞だなとLyraは感じますが、、、

Jerryの歌詞は、肉体のことや神経系とかのワードが多い。

Lyraの深読みだけど、人間の組織とか好きな人なんじゃないかしら?それを考えるとセクシーなことを言ってる歌詞がチョッピリおどろおどろしくなって来るから、また面白い楽しみ方(笑)ができるのよ。

ホラー好きじゃない人は、考えない方が良いでしょう。

埋蔵にしたのは、埋葬よりも所有して欲しい歌詞の主人公の意に沿うから。

永遠に俺はお前のもの。

そう言い切るJerryが素敵。

そしてそれを妖艶でホラーチックに歌うLayneがハマり過ぎて好きです。

好きな女に所有されたい願望って凄いわ。

安住の地(自分の女)を見つけたから?

Bury me softly in this womb
Oh, I want to be inside of you
I give this part of me for you
Oh, I want to be inside of you

改めて熱い歌詞。

想いが熱過ぎて寝れなくなるわ。

Jerry熱い。

それに2人のハモリがあるからね〜魔力。

Layneの声ってネチっこいから…

灼熱だよね。

覚悟は良い?

 

(click to amazon↓↓ ) “Alice in Chains Unplugged MTV Live” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

(click to amazon↓↓ ) -Unplugged Live on MTV”[CD] アンプラグド・クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓ ) Studio Album “Dirt” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Songwriter and guitarist Jerry Cantrell was at first hesitant to present the song to the band, feeling that the song was too soft, but after a positive response from the band, they followed through and recorded it. The composition is written in A minor, utilizing Dorian mode, and is centered mainly around Ab minor – Gb major – Db major chord progression, with Layne Staley’s and Jerry Cantrell’s vocal parts intricately harmonizing.

 

This song is a love song from guitarist Jerry Cantrell to the love of his life Courtney Clarke.

Early pressings listed this as the 12th track in the album. Later pressings listed this as the 4th track supposedly to fit better with the band’s desire to have the album loosely tell a story from song to song.

Songwriter and guitarist Jerry Cantrell said of the song in the Music Bank box set liner notes,

[“Down in a Hole”]’s in my top three, personally. It’s to my long-time love. It’s the reality of my life, the path I’ve chosen and in a weird way it kind of foretold where we are right now. It’s hard for us to both understand…that this life is not conducive to much success with long-term relationships.

 

Layne Thomas Staley (born Layne Rutherford Staley; August 22, 1967 – April 5, 2002)  was an American musician best known as the lead singer and co-songwriter of the rock band Alice in Chains, which rose to international fame in the early 1990s as part of Seattle’s grunge movement. Staley was known for his distinctive vocal style and tenor voice, as well as his harmonizing with guitarist/vocalist Jerry Cantrell. Staley was also a member of the glam metal bands Sleze and Alice N’ Chains, and the supergroups Mad Season and Class of ’99.

Personnel

  • Layne Staley – lead vocals
  • Jerry Cantrell – vocals, lead guitar, acoustic guitar
  • Mike Starr – bass
  • Sean Kinney – drums

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。