【Nirvana/ In Bloom】和訳 愛と柔軟性 Tenderness Stop The War

Happy Birthday Kurt Cobain! Your songs which’re my favorites’re been always ringering in my brain and sticking my body. You’ll be living in my mind forever and ever!

今日は。毎年恒例のKurt Cobainのバースデイをお祝いしてNirvana の曲を和訳解説します〜一緒にお祝いしてKurtを忍びましょう〜と毎年やって来ましたが、今日選んだ曲は、Nirvana ファンの間で1位、2位を争うほどの大人気曲。でもKurt自身はイマイチだったと言う…何とも言えぬ思いに駆られてしまうヒット曲です。

Kurtは商業主義を嫌っていたのに、キャッチーな曲を書けてしまう、、、それが、彼をジレンマとなって追い詰めてしまったのか?

その抵抗の手段としてインタビューで、人気なんか関係ないと言っていたりしていたのだが、今回の【In Bloom】は、変な歌詞をわざと書いて客に歌わせてやると言う皮肉をやってしまった、、、「こんなことして余計に自分を追い詰めてる」といたたまれなくなります。

何となくどこまでしたら自分を嫌いになるか?と、親を試している子供みたいだ。

それって愛が欲しいから?人を信じたいから、、、でしょう?

人を信じられなくなっていたんだろう、、、人気商売って売れると知らない親戚が異常に増えると言うし、、、Kurtの見た汚い世界はよく知ってるよ。

誰かKurtに理解者であり正常な人がいたら、考え方が変わったか?まだ生きていてくれたかな?なんて敵わぬ思いが溢れてくる。

こんな歌詞を歌わせて、誰かに叱って欲しかったのかも。ダメだよって抱きしめって欲しかったのかな?

こんな歌詞を一緒にSing alongする観客を、ぼうーっと見つめながら、音は遠のいて行く。意識も飛ぶ。

人の波の向こうに、もう天国が見えていたのかもしれない。

追記: Screaming TreesのMark Laneganが亡くなったと訃報が入った。生還した筈なのに、どうしてよ?と信じられない。せめて天国で仲良しKurt達と安らかに過ごして欲しいと願います。そのせいでこちらの記事は後にしました。

“【Nirvana/ In Bloom】和訳 愛と柔軟性 Tenderness Stop The War” の続きを読む

Duff McKagan’s Loaded【Dead Skin】和訳 Duff McKagan 徹底解剖 Depth Analysis

 

Happy Birthday Duff McKagan! I’ve been addicted to your powerful bass sounds for a long time. and I’ll do love you & your playing from now on.wish your wonderfull year&  live long please!

昨日、Axlのお誕生日祝い(和訳&解説&裏話)をしたので、今日はDuff McKagan のバースデイをお祝いしましょう!

前に紹介したLyraが大好きなVocalistとDufがやっていたバンドの曲が、ラブバラードだったから、今回はそのバンド Velvet Revolverの曲を和訳していたからそちらを投稿しようと思ったけれど、「Duffメインの方が良いか?」と思い直して、Duffのソロバンドを先に上げます。

Duff って色男なんだけど、それ以上にフランクで、周りを気遣う優しい人。その人柄の良さから、あちこちのバンドからお呼びがかかり、又、様々なアーティスト達とのビッグ・プロジェクトを叶えてきたんだと思う。

大体、あのワガママな人(笑)と最後まで我慢して付き合って来れた、というだけでも忍耐強さ、とサポート力や人情がある人だって分かる〜。

自分自身 Lyraもお人好しだから、彼みたいタイプがどれだけ辛い思いや嫌なことを経験してきたか身を持って分かる。それでもあの満面の笑みを浮かべられるんだからね。凄いわ〜。素敵よね。偽物の笑顔は、メッキが剥がれるように汚いから、本物かどうか一目でハッキリわかる。Duffは本物〜!それに技術力もあるんだから。

おまけに未だにハンサムと来ている!

Oh, marvelous〜♪

やる気出てくるわ〜ww

“Duff McKagan’s Loaded【Dead Skin】和訳 Duff McKagan 徹底解剖 Depth Analysis” の続きを読む

【Chris Cornell/ Seasons】和訳 クリス・コーネルと映画『 シングルス』解説 Chris Cornel and Singles’ Soundtrack

Happy Birthday Chris Cornell! You’ve been my best vocalist ever and forever. whenever I’m sad I’ll be happy as listening to your songs. always. May your birthday be as extraordinary as you are and you’re happy at there!

今日はChris CornellのBirthday。

毎年この日が来るとChrisの曲について書いて来たが、毎回どの曲にするか、非常に悩む(笑)。

好きになったのはGrunge バンドで1番影響力があったといって良いSoundgardenの長髪に髭でワイルドに歌うのを見てから。それからハマり、Audioslaveにソロから、昔のTemple Of The Dogへと知って行くに連れてChrisの歌唱力の凄さと作詞作曲の素晴らしさに感動したものだ。

だからChrisのBirthdayを祝う為に聴く一曲を選ぶと言うことは、その日々を思い出すのだから、迷うに決まっている。

1日1日に「素敵」が詰まっているのだから。

今日は迷いに迷って、マイナーな曲だけど、Chris の歌声がベストな位に最高に魅力的なアコースティックの曲にしました。

歌声だけが勝負。そんな曲。

正にChris Cornellを祝うのにピッタリの曲だ。

“【Chris Cornell/ Seasons】和訳 クリス・コーネルと映画『 シングルス』解説 Chris Cornel and Singles’ Soundtrack” の続きを読む

【Mudhoney/ Touch Me I’m Sick】和訳グランジとマッドハニーとは Mudhoney Push You Need

Grunge 大好き女のLyraですが、PopsもHeavy MetalもPunkもreggae も好きな為、色々取り上げてしまう。

だからGrunge〜!と太文字でくっきり書けちゃうようなコテコテなGrunge バンドは、最近、解説していない気がしたので、久しぶりにこれぞ「ザ・グランジ」なバンドを取り上げちゃいましょう。

泣く子も黙る(?)、我が心の父、Mudhoneyを和訳しちゃお!

“【Mudhoney/ Touch Me I’m Sick】和訳グランジとマッドハニーとは Mudhoney Push You Need” の続きを読む

Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You


Kurt Cobain 書いてLayne も書いてると涙が溢れてるんで、今日はうまく書けるかな?

一休みして別の日に…とも思った。Heavyだから。

大切な人で亡くなってしまった人を2日立て続けに書くのはなんとも。

夏にはもっとHeavyな日があるのよね。全く何故みんな死んでしまうの?

でもGrunge Rockが好きで毎日聴いて元気を貰っているから (と言うか、かけながら歌ってLyraが、ストレス発散しているだけなんだけど ww)、Layneの素敵な声が聞ける曲を和訳して天国の彼に想いを馳せよう。

曲はもう一つの低音が堪らない曲か、Mad Season の方の曲(かなり好き)にするか迷ったの。

Mad Seasonは、去年書いたから今年はAlice In Chainsからにしました。

これまたLyraが大好きなVocal & GuitarのJerry Cantrellと、Layne Stalyの掛け合いが痺れる格好良さが魅力の曲。

メロメロな歌詞がダークなサウンドに乗って、不思議な光を放つ曲よ。

貴方も聴いたら、セクシーな歌詞と声に酔うでしょう。

“Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You” の続きを読む