【Chris Cornell/ Seasons】和訳 クリス・コーネルと映画『 シングルス』解説 Chris Cornel and Singles’ Soundtrack

Happy Birthday Chris Cornell! You’ve been my best vocalist ever and forever. whenever I’m sad I’ll be happy as listening to your songs. always. May your birthday be as extraordinary as you are and you’re happy at there!

今日はChris CornellのBirthday。

毎年この日が来るとChrisの曲について書いて来たが、毎回どの曲にするか、非常に悩む(笑)。

好きになったのはGrunge バンドで1番影響力があったといって良いSoundgardenの長髪に髭でワイルドに歌うのを見てから。それからハマり、Audioslaveにソロから、昔のTemple Of The Dogへと知って行くに連れてChrisの歌唱力の凄さと作詞作曲の素晴らしさに感動したものだ。

だからChrisのBirthdayを祝う為に聴く一曲を選ぶと言うことは、その日々を思い出すのだから、迷うに決まっている。

1日1日に「素敵」が詰まっているのだから。

今日は迷いに迷って、マイナーな曲だけど、Chris の歌声がベストな位に最高に魅力的なアコースティックの曲にしました。

歌声だけが勝負。そんな曲。

正にChris Cornellを祝うのにピッタリの曲だ。

“【Chris Cornell/ Seasons】和訳 クリス・コーネルと映画『 シングルス』解説 Chris Cornel and Singles’ Soundtrack” の続きを読む

【Mudhoney/ Touch Me I’m Sick】和訳グランジとマッドハニーとは Mudhoney Push You Need

Grunge 大好き女のLyraですが、PopsもHeavy MetalもPunkもreggae も好きな為、色々取り上げてしまう。

だからGrunge〜!と太文字でくっきり書けちゃうようなコテコテなGrunge バンドは、最近、解説していない気がしたので、久しぶりにこれぞ「ザ・グランジ」なバンドを取り上げちゃいましょう。

泣く子も黙る(?)、我が心の父、Mudhoneyを和訳しちゃお!

“【Mudhoney/ Touch Me I’m Sick】和訳グランジとマッドハニーとは Mudhoney Push You Need” の続きを読む

Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You


Kurt Cobain 書いてLayne も書いてると涙が溢れてるんで、今日はうまく書けるかな?

一休みして別の日に…とも思った。Heavyだから。

大切な人で亡くなってしまった人を2日立て続けに書くのはなんとも。

夏にはもっとHeavyな日があるのよね。全く何故みんな死んでしまうの?

でもGrunge Rockが好きで毎日聴いて元気を貰っているから (と言うか、かけながら歌ってLyraが、ストレス発散しているだけなんだけど ww)、Layneの素敵な声が聞ける曲を和訳して天国の彼に想いを馳せよう。

曲はもう一つの低音が堪らない曲か、Mad Season の方の曲(かなり好き)にするか迷ったの。

Mad Seasonは、去年書いたから今年はAlice In Chainsからにしました。

これまたLyraが大好きなVocal & GuitarのJerry Cantrellと、Layne Stalyの掛け合いが痺れる格好良さが魅力の曲。

メロメロな歌詞がダークなサウンドに乗って、不思議な光を放つ曲よ。

貴方も聴いたら、セクシーな歌詞と声に酔うでしょう。

“Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You” の続きを読む

【Jimi Hendrix/ Killing Floor】和訳 本当の意味は濃厚ラブソング A Love Song Richer Than Howlin’Woif

Your songs and invention of music inspire me to be dedicated and powerful. You make me better at what I live. You’re a real guitarist. Have the happiest of birthdays. Happy Birthday Jimi Hendrix!

大好きなJimiのバースデイを祝って、鬼技のギターが聴けるこの曲を和訳しちゃいます。

大御所ブルーズマンの味ある曲をこんなにドキドキな音にしてしまうのは、Jimiだから出来る技だ。

彼は天才ギタリストとして知られているけど、それだけでなく良い曲を書ける作曲家であり、良いアレンジャーであり、ギターの可能性を広げた発明家であり、ストレートな愛を表現する良い作詞家だったのよ!

Jimiみたいな優しい音を綺麗に弾ける人はいない。

Jimiみたいに、激しい音を愛でるように弾ける人もいない。

もしそれができる人に出会えたら、Lyraは弾いて欲しい曲がある。

ただ見つけるのは難しいな、とは思う。上手い人は沢山いるけれど…。

だってギターにしろベースにしろ楽器って性格が出るモノだから。

暖かい人間に弾ける音。

今夜はその全てが聴けるこの曲をお届け〜♪

“【Jimi Hendrix/ Killing Floor】和訳 本当の意味は濃厚ラブソング A Love Song Richer Than Howlin’Woif” の続きを読む