ウォーキング・デッド シーズン2 第13話 ネタバレ感想 プチッとブチ切れリックと『愛してる』ツッコミポイントあらすじ

今回、The Walling Dead シーズン2 第13話最終回なので、RickとShane の仲良しだった頃みたいなAndrewとJonの2ショット写真を、巻頭写真に選びました。

コミック内でも2人が仲良かったのかは不明。いきなり不倫してるシェーンと怒るリックしか見てないし。あのやり取りからしたらどんなハイスクール時代を過ごしたか予想がつくね(笑)。

でも不思議。

最近やたらシェーンとリックや、シェーンとダリルの写真を目にするから。Normanも挙げていたしね。

皆んなLyraと同じで、TWD始まる前に過去の回を視聴してるのかも?

いよいよ来月からシーズン10のラストとシーズン11が始まる。

まるで計算したかのようにシーズン2の最終回を今日書いて気分が盛り上がったまま10月に突入しよう。

この第13話は、これからのチーム・リックの未来の姿が垣間見れる回であり、あの人が出て来るの!

さあ〜、誰でしょう?

ワクワクして来たねっ。

“ウォーキング・デッド シーズン2 第13話 ネタバレ感想 プチッとブチ切れリックと『愛してる』ツッコミポイントあらすじ” の続きを読む

【Mariners Apartment Complex/ Lana Del Rey】和訳 ポジティブLana Del Rey誕生! Goodbye SadCore

ちゃんとマスクして偉いわ、Lana。

つい最近Interview((→ Interviewという雑誌。River Phoenix & Keanu Reeves)のインタビューでも元気な姿を見せたLana。

この人は、地球に何があっても生き残りそう。

物憂げな表情をして、レトロなメイクをし、古き良きアメリカがまだあっだ時代を彷彿させるファッションで、狂おしいラブソングを歌う。

Lyraのブログで初めの頃にも書いたが、Lanaは計算し尽くしたRockと美を作り出す名人なの。

売れ線のGrungeも作るし、Lyraが大好きな西海岸を代表するSubrim の曲もコアさをもぎ取り、お洒落なDub風Popsにしてしまった。

なんでも出来ちゃう人がCovid-19で弱気になるわけない。なったとしても次の手を考えて、飛車取りしてしまうはず…とLyraは感じてる。

そしてLanaも変わったみたい。明るくなった。

でも一部の人間は、いつまでもSadで悩んでいて欲しいらしい、、、本人はケロッとしているのに。

今日はLanaのおサイケな曲から、いつものSadnessとは違う、真逆の大きな愛の歌。

基本Lyraは甘えたがりの性格…だけど相手が弱ってる時は、この曲の感じになる。

愛って包み込むものよね。

“【Mariners Apartment Complex/ Lana Del Rey】和訳 ポジティブLana Del Rey誕生! Goodbye SadCore” の続きを読む

【Bad Reputation/ Joan Jett】和訳 解説「ジョーン・ジェットと言う生き方」Real Women’s Liberation

Hope you have the best day ever and party like it’s your 21st birthday! Take care and keep R&R!

今日はR&R Queen の Joan JettのBirthday。お誕生日を祝って彼女の曲を和訳しちゃいます。

しかし、頭来るよね、勝手にイメージを作られたり、変な噂を流されたり。

最近はないが学生時代、Lyraは全校中いつも1、2位の成績の真面目女子なのに(アッ、そこの人笑ってる?)、見かけが派手だからと勝手に遊んでるイメージを植え付けられ、その地域で遊び人のレッテルを貼られて、凄く嫌な想いをしたことがある。

マジで変な噂を流されて泣きまくった、、、

本当の自分を理解されないって、1体1でない場合、直しようがないし、孤独な気持ちになり非常に悲しい。

この歌は色々なアーティストにカヴァーされて来た、ある意味、大人気オールディーズになるだろう。

Joanは強い。ワイみたいにメソメソ泣かない。

きっとガラスのハートを持っているんだろうけど、それを見せずに、全てを蹴散らせ前へと進む。

色んな差別と戦って来ただろうけど、全くへこたれていない。

その姿をリスペクトしない人がいるだろうか?

今もR&Rし続ける彼女からパワーを貰おっと。

“【Bad Reputation/ Joan Jett】和訳 解説「ジョーン・ジェットと言う生き方」Real Women’s Liberation” の続きを読む

【MGMT/ Love Always Remains】和訳解説「ぼくのエリ」みたいな永遠 Let the Right One In

キラキラした人達と言うのがLyraの考えるMGMT。

シンセサイザーを前面に押し出した、キラキラしたPopサウンドが素敵。

なのに明るいはずが、どこか甘酸っぱい物悲しさが漂う、まさかのEmo仕様。

そして、ずっとサイケデリック・ポップの先駆けのイメージでいたのだけど、なんと南アメリカ圏ではTeen受けする踊れるバンドなのだ。

物悲しさは歌詞が、変わった目線で物事を見てるからかも。

ラブソングが多いバンドと言うのも好きなポイントだが、これまた、どこか変わっている。

今回は前回よりはマイルド。

マイルドMGMT。

“【MGMT/ Love Always Remains】和訳解説「ぼくのエリ」みたいな永遠 Let the Right One In” の続きを読む

【Liam Gallagher/ Now That I’ve Found You】和訳 Liamと子供達 Love from Roots

This is your day! I hope your special day is filled with lots of love and laughter. Happy Birthday Liam Gallagher! Always … You’ve given me hiatus from darkness & you’re my glorious summer days.

「人生、色々あるなぁ〜」と感慨深い出来事が、最近メチャ多い。

皆さんも同じか分からないけど、何故かLyraの場合、やらなきゃいけない必須な事も、健康面や色恋や人間関係も、束になって来る傾向がある。

非常に似たタイプのモノが束になって来る。まるで『World War Z』か、小規模なら『The Shining』のTwinsか?

人間は系統が何種類と決まっているのか?

horoscopeの影響で同時期に出会ったモノ事は、生まれは違っても似てると言うことか?

理屈じゃない関係性が根底には何かあるとは思う。I’m so happy.

この人が歌うこの曲は、そんな理屈じゃ片付けられない関係性と感情の歌だ。

Love from Roots

繋がっているのかもね。

 

“【Liam Gallagher/ Now That I’ve Found You】和訳 Liamと子供達 Love from Roots” の続きを読む