和訳【The Passenger/ Iggy Pop】僕らの行き先 Iggy Pop’s Life Our Lives

Happy Birthday Iggy Pop! Wishing you many, many more happiness!!

「Iggy Pop お誕生日おめでとう!」ってことで、今日はIggy Popの曲を和訳しましょう。

色々とIggy の曲を和訳して来たけれど、毎回「Iggyの声はかっこいい!」と、改めて新鮮に思えるのだから、不思議な人よね。73歳に思える?

Iggy & the Stoogesだった時のも、ソロのも好きで選曲に迷う、、、

でも今日は、激しい曲より優しい声が聞きたいので、この大人気の曲にしたよ。

落ち込んでいる夜は、心が癒され、気持ちがザワザワして定まらない時に聴いたら、肩を抱いてくれるような優しさに包まれる。

そんな、落ちつかない気持ちを癒してくれる曲だよ。

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説する曲は、アメリカ合衆国ミシガン州マスキーゴン出身のロックミュージシャン、作詞作曲家、シンガー、音楽プロデューサー、俳優のIggy Pop イギーポップ

本名 James Newell Osterberg Jr. ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア1947年4月21日 – )。

“God Father of Punk”とも呼ばれるほど、彼の作るサウンドから、ファッション、ステージング、言動までが、全てPunkの魂を表現している男であり、音楽史に残る素晴らしいミュージシャンである。

*Iggy Popについては、こちらなど!→【イギーポップ “Shake Appeal” 】和訳 生きる力!血湧き肉躍る Iggy Pop & The Stooges Lyrics

 

1963年から音楽活動を始め、過激なステージジングで有名な知られたThe Stooges ザ・ストゥージズのメンバーであり、解散後は、ソロミュージシャンとしても現在も精力的に活動している。

今日Lyraが和訳する曲は、Iggy Pop のソロワークのアルバム1977年リリースの『Lust For Life』から【The Passenger】。

多くのミュージシャンがカヴァーし、多くのTVや映画で使われ、愛されて来た曲よ〜。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon↓ ↓) “Lust For Life”  [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓ 

 

 

(click to amazon↓ ↓) “Bowie Years” [CD] Sale on July5th 2020. 予約受付中、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

“The Passenger” is a song by Iggy Pop and Ricky Gardiner, recorded and released by Iggy Pop on the Lust for Life album in 1977. It was also released as the B-side of the album’s only single, “Success”. It was released as a single in its own right in March 1998, reaching number 22 in the UK Charts.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= The Passenger=

[Verse 1]
I am a passenger
And I ride and I ride
I ride through the city’s backsides
I see the stars come out of the sky
Yeah, they’re bright in a hollow sky
You know it looks so good tonight

[Verse 2]
I am the passenger
I stay under glass
I look through my window so bright
I see the stars come out tonight
I see the bright and hollow sky
Over the city’s ripping sky
And everything looks good tonight

[Chorus]
Singin’ la la la la la la la la
La la la la la la la la
La la la la la la la la la la

[Verse 3]
Get into the car
We’ll be the passenger
We’ll ride through the city tonight
We’ll see the city’s ripped backsides
We’ll see the bright and hollow sky
We’ll see the stars that shine so bright
The sky was made for us tonight

[Verse 4]
Oh, the passenger
How, how he rides
Oh, the passenger
He rides and he rides
He looks through his window
What does he see?
He sees the sight of hollow sky
He sees the stars come out tonight
He sees the city’s ripped backsides
He sees the winding ocean drive
And everything was made for you and me
All of it was made for you and me
‘Cause it just belongs to you and me
So let’s take a ride and see what’s mine

[Chorus]
Singin’ la la la la la la la la
La la la la la la la la
La la la la la la la la la la

[Verse 5]
Oh, the passenger
He rides and he rides
He sees things from under glass
He looks through his window’s eye
He sees the things he knows are his
He sees the bright and hollow sky
He sees the city asleep at night
He sees the stars are out tonight
And all of it is yours and mine
And all of it is yours and mine
So let’s ride and ride and ride and ride

[Chorus]
Singin’ la la la la la la la la
La la la la la la la la
La la la la la la la la la la
Singin’ la la la la la la la la
La la la la la la la la
La la la la la la la la la la

 

俺は旅客

こちらからあちらへと乗りまくる

街の臀部を乗り継いで行くみたいだぜ

空に現れた星々を眺める

そうだよ

虚な空に輝いている

今夜は特に最高な眺めだろ?

 

俺は旅客

ガラスの下にまだ留まっているよ

輝いている窓から見つめる

俺は

今夜現れた星々を眺める

俺は

その輝きと虚な空を眺める

空を切り裂く街の上から

今夜は全てが上手くいってるようだな

 

歌ってるよ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

その車に乗り込めば

俺たちはまた

旅客になるだろう

俺たちは今夜

街を通り抜けるだろう

俺たちは街が

闇の社会で引き裂かれているのに遭遇するだろう

俺たちはネオンの輝きと

虚な空を眺めるだろう

俺たちは星々を見て

それが空でスッゴク

光を放っているのを見るだろうな

この空は

今夜

俺たちのモノだぜ

 

おお

旅客よ

一体

どれくらい乗っている

おお

旅客よ

こちらからあちらへと乗りまくる

彼はその窓から

何を見通したんだろう?

彼は虚な空に広がる景色を

眺める

彼は今夜現れた

星々を眺める

 

 

空に現れた星々を眺める

そうだよ

虚な空に輝いている

今夜は特に最高な眺めだろ?

彼は街が

闇の社会で引き裂かれているのに遭遇するだろう

彼はのたうち回る航海に

見舞われるだろう

この世の全ては

お前と俺のためにあるんだぜ

その全ても

お前と俺のために出来てるのさ

だってそれは

お前と俺の所有物だからさ

だから乗り込んで

俺たちのモノを眺めるとするか

 

歌ってるよ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

 

おお

旅客よ

こちらからあちらへと乗りまくる

彼は街の臀部から眺める

彼は自らの窓の目から眺める

彼は自分が知っているものが

自分のモノだと分かっているのさ

彼は輝きと虚な空を眺める

彼は今夜

街が眠っているのを眺める

彼は今夜

星々が出ているのを見つめる

 

 

空に現れた星々を眺める

そうだよ

虚な空に輝いている

今夜は特に最高な眺めだろ?

それに

この全てはお前と俺のものだぜ

この全てはお前と俺のものだろ

だから

乗って

乗って

乗って

乗りまくろうぜ!

 

歌ってるよ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

歌ってるよ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

 

Songwriters: James Newell Osterberg / Ricky Gardiner

Translator: Lyra Sky 和訳

 

この【The Passenger】のリリースが4月29日になってる!!

名曲の誕生日が、LyraのBirthdayと一緒だなんてめっちゃ嬉しい。

Iggyの低い声って本当、癒されてしまうから不思議。

激しく狂ったようなIggyも好きだけど、バラードやスローな曲を歌わせたら、右に出るものはいないんじゃないか?と思わせるくらいのLovelyな声だ。

でも実際は、そんなlovelyな時期じゃなかったIggy。

The Stoogesを辞めて、ソロワークに入るも、ハード・ドラッグと中々手が切れず、リハビリ施設を出たり入ったり。

それでも、必死にアルバムを出しながら、音楽活動をしていた時期だった。

Bowieと仲直りし、彼が側にいることで、異国の地(ドイツ)で、2人の蜜月を楽しんだかもしれないが、色々なしがらみのなかでIggyは何を思っていたのだろう?

Iggyがハードな時期に作り出したこのアルバムは、エンターテインメントと孤独感が合わさった、とても人間らしいアルバムだと思う。

だから、現在も愛されているアルバムなのだ。

スポンサーリンク[ad#go1]

 

Iggyが仲直りしたBowieの助力で、この【The Passenger】が収録されているアルバム『Lust For Life』は、リリース出来た、と言っても良いだろう。

治療施設への訪問やコラボレーションしたり、Iggyの面倒を見ていたBowieが、自身のツアー『アイソーラー・ツアー』にIggyを同行させたことで、彼の立ち直る道を開いたのだと思う。

「プロフェッショナルなミュージシャンが、どうやって周囲と協業していくものなのかを学んだ」と言うくらいだから、この時期がなければ、今のイギーはいなかったかもしれない。

1976年6月ツアーが終了後、2人は、フランスのポントワーズにあるエルヴィル城に滞在し、David Bowieプロデュースで、本格的なコラボレーションを開始。

その後、IggyはBowieと一緒に、西ベルリンに移動。マンションで共同生活を始め、薬物依存の治療を受けつつ、コラボレーションを続ける。

Iggyは、レコード会社RCAレコードと3枚のレコードリリース契約を結んでいた(Bowieが所属していたから)。

1977年3月初のソロアルバム『Idiot』をリリースし、商業的に成功する。

そしてソロツアーもして成功した為、収入を得たIggyは、西ベルリンでマンションを借りて恋人のエスター・フリードマンとの同棲を開始し、ボウイとの共同生活を終了した。

これは1977年当時のライブの【The Passenger】。

 

 

1977年8月再びBowieプロデュースでこのアルバム『Lust For Life』をリリースし、イギリスでは『Idiot』を上回る大ヒットを飛ばした。

このアルバムには、『Kill City』にも参加していたセイルズ兄弟(トニー・セイルズハント・セイルズ)も起用している。

だが、アメリカでは発売のタイミングがElvis の死去と重なっため、大失敗してしまう。

それはRCAレコードが、Elvisのバックカタログを大量に保有していた為に、廃盤になっていた旧譜再発だけに注力した為、『Lust For Life』のプロモーションを疎かにしたからだ。

この扱いの酷さに、Iggyは、RCAレコードに不信感を持った。

1978年4月Iggyは、『Lust For Life』のツアーを終えるや否や、契約消化のためにライブアルバム『TV Eye: 1977 Live』をリリースし、そのままRCAレコードを離れ、Bowieの元からも去って行った。

つまりIggyとBowieの熱いコラボレーションアルバムの最後にして最高なのが、この『Lust For Life』であるのだ。

そして、真の意味でのソロアーティストとしての旅立ちでもあったのだ。

不思議なことに、またLyraは音楽の神だか、何かに誘われたようで、このIggy Popのヨーロッパ時代を含むIggyの作品を集めたアルバムが、この夏に出る、、、

それも『The Bowie Years』⁉️

何ということ〜♪

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Bowie Years” [CD] Sale on July 5th 2020. 予約受付中、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

Iggyはコラボレーションに素敵な曲が多い。

B-52や、The Cultなどなど、大好きな曲が目白押し、、、それもDavidとの楽しくて、でも裏切りも経験したあの時期のおかげか?

Iggyは才能だけでなく、気さくな性格もあり、後輩のミュージシャンたちに慕われているし、彼自身も皆とコラボレーションするのを楽しんでいる。

その活動は、ガレージロック、パンク・ロックだけでなく、ハードロック、アート・ロック、ニュー・ウェイヴ、ジャズ、ブルースなど、ジャンルの壁を乗り越えて多岐に渡る、、、この姿勢もLyraが好きな理由の1つだ。

Iggyの曲は、様々なミュージシャン達に良くカヴァーされていて、比較的The Stooges 時代の楽曲の方がソロより多くカヴァーされているが、この【The Passenger】は、かなりカヴァーされている曲だ。

 

 

2010年The Stooges 名義で『ロックの殿堂』入りしたIggy Pop。

他にも、2017年フランス芸術文化勲章の最高位『コマンドゥール』を受章、
ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のシンガー」第75位、
Q誌「歴史上最も偉大な100人のシンガー」第63位、

そして今年2020年、第62回グラミー賞 特別功労賞 生涯業績賞を受賞するなんて、、、生涯業績賞って!

生きてるだけで、あなたは最高ってことでしょう?

凄くない?

正に生きることを欲して諦めない『Lust For Life』じゃないの〜!

 

(click to amazon↓ ↓) “Lust For Life” [CD] 通常盤、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓ ↓) “Lust For Life-Delux 2CD Edition” [2CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

【The Passenger】は、Iggy Pop自身が書いた曲で、ベルリンのS Bahnに乗っている時(ドイツの国有鉄道)に、パンクの追放者が持つ、放浪の精神を表現した曲だ。

Iggyがパパッと書いたこの歌詞に、ギターのRicky Gardineがメロディをつけたのだ。

この歌詞のベースは、Lyraの大好きなJim Morrisonの詩だ。

皆が知っているようにIggyは大のJim Morrison ファンだ。

The Doorsのライブを見てヴォーカルを始めたIggyのファン愛がそうさせたのかもしれない。

旅をする男の精神と、急に愛する人に「この夜は君と俺のものだぜ」なんて言い出す歌詞が、Jimらしくもあり、Iggyにも言われてるみたいでゾクゾクしてしまう。

【Passenger】は、Jimの詩をベースにしているが、歌詞の中に広がる情景は、どうやらDavid Bowieとの海外への旅行で見た景色でもある。

「David Bowie とのツアーで、俺は北アメリカとヨーロッパをDavidの車で無限に乗り回ったんだ。俺は運転免許も車も持っちゃいなかったんだけどね」と語るIggy。

歌詞の殆どが飛行機から見た夜の世界だが、それが、二人でドイツなどに行く飛行機の旅の気持ちだろう。

そして、2番目の歌詞は車に乗り込み、街を走り抜ける様子が描かれているから、それがDavid の車の中でのシーンだ。

ダメダメなジャンキーなだけになってしまった自分をアメリカにおいて、サヨウナラをして飛行機に乗るIggyには、これから見知らぬ地への希望と不安できっと眠れなかっただろう。

真っ暗な機内に座るIggyが見えるよ。

機内の窓は確かにWindow’s Eyeだ。

暗闇のなかで瞬く星は、とっても明るく綺麗なことだろう。

ヨーロッパの見知らぬ街は、さぞや隠美でネオンが冴えて見え、やばい雰囲気を醸し出す店が街の中を、彩って誘ってくるに違いない。

「俺は

その輝きと虚な空を眺める

空を切り裂く街の上から

今夜は全てが上手くいってるようだな」

とは再生の希望に揺れるIggy自身の思いだ。Davidを横に、座るIggyだ。

これからの自分の成功を胸に旅する一人の人間の生き様を描いているのだ。

未来は誰にも、わからない。

どんな場所にいるだろうか?

それを考えると不安に駆られる。

皆が人生と言う長い旅を行くのだ。

計画的な人は、自分で考えた地図を片手に慎重に向かうだろう。

Lyraみたいな思いつき人間は、行き当たりばったりの地図なしの旅にでるのだ。

皆、生き方(行き方)は、違う。

それでも、先に何が待ち受けてるか、わからないのは全員同じ。

だが、自分の好きなことや、大切なものさえ、この手にあれば怖くない気がする。

それさえ有れば、どんな場所に行っても良いよ。

「空に現れた星々を眺める

そうだよ

虚な空に輝いている

今夜は特に最高な眺めだろ?

それに

この全ては君と俺のものだぜ

この全ては君と俺のものだろ

だから

乗って

乗って

乗って

乗りまくろうぜ!」

この世界は、貴方とLyraのものだよ。

everything was made for you and me
All of it was made for you and me
‘Cause it just belongs to you and me
So let’s take a ride and see what’s mine

The World made for You & Lyra, Darling.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

The lyrics, written by Iggy Pop allegedly aboard Berlin’s S-Bahn, have been interpreted as embodying the nomadic spirit of the punk outcast. Guitarist Ricky Gardiner composed the music. The song is loosely based on a poem by Jim Morrison.

 

From the 1977 album, Lust for Life, it was released as a B-side for the single “Success”.

 

(click to amazon↓ ↓) “Iggy & The Stooges Official T shirt” [Clothes]クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

James Newell Osterberg Jr. (born April 21, 1947), better known as Iggy Pop, is an American singer, songwriter, musician, record producer, and actor. Designated the “Godfather of Punk”, he was the vocalist and lyricist of influential proto-punk band the Stooges, who were formed in 1967 and have disbanded and reunited multiple times since.

This song was also inspired by a poem written by Jim Morrison of The Doors.

In an interview with The Guardian, Iggy Pop spoke about how “The Passenger” was partly inspired by travelling with David Bowie on tour, “…I’d been riding around North America and Europe in David’s car ad infinitum. I didn’t have a driver’s licence or a vehicle.”

The song has been featured in numerous movies, video games, documentaries and TV shows including He Died with a Felafel in His Hand, This Must Be the Place, Radiofreccia, 30 Days, Jarhead and the 2002 video game Mat Hoffman’s Pro BMX 2. More recently, Up in the Air, The Weather Man, Kurt Cobain: About a Son, Scarface: The World Is Yours, 24 Hour Party People, If I Stay, Sons of Anarchy, War Dogs , Ash vs Evil Dead , 12 Monkeys, Berlin Station (Season 3 episode 1), and The Boys (2019 TV series), in addition to advertisements for Dublin Bus, Captain Morgan, Kohl’s “Simply Vera” collection, Guinness, the fifth season of Anthony Bourdain: Parts Unknown, and the film Waking Life.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪