和訳【Take It As It Comes】The Doors ジム・モリソンについてHonest Jim Morrison

Happy Birthday, James Douglas Morrison!

I am so lucky to see your songs & you as first man I love vocalist the best.Thank you for making great songs& lyrics.

今日はLyraをRockの虜にしてくれた張本人、Jim Morrisonのお誕生日なの。

毎年彼のバースデーは和訳して来たから、今年もメジャーな曲にしようと思ったけれど、またマイナーな曲の気分。

だってシングルになっていない曲でも、美しい曲が沢山あるんだもの、The Doorsの曲には…。

アシッドサウンドに乗る詩は、どれも切羽詰まった感情に溢れている。

今日は、死より「生の喜び」を祝う歌にしたよ。

“和訳【Take It As It Comes】The Doors ジム・モリソンについてHonest Jim Morrison” の続きを読む

和訳【Rihanna/ Love The Way You Lie PartⅡft.Eminem】絶滅危惧種の恋愛

いきなり会った(会話した)瞬間、気が合うと言う人は、稀〜にいる。

前から知っていたみたいに意気投合する、音楽の趣味が結構似てるとか…。

そう言う人に出会うと凄く嬉しくなる。

ただ、それが同じ考え方だとか、他の好みも似ている(笑いのツボが同じ、食べ物の好み、映画の趣味、理想の生き方など…)となると、中々いない。

行動心理学の博士が確率を出していたが、いま話した好みがなんでも合う人との出会いは10%以下の確率だと言う。

そのために、そう言う人間に出会うと、Lyraは絶滅危惧種に遭遇したみたいな気分に陥り、運命すら感じてしまい好きになってしまう。

なんて単純なLyra。

なんて浅はかな人間だろう。

でもそれでも良いんじゃないかな?と最近は思う。

ただの腐れ縁か?

はたまたSoul Mateか?

せっかくの絶滅危惧種との遭遇を祝うべきだ。

やってみなきゃ分からない。

あんな(曲みたいな)泥沼恋愛よりマシ。

“和訳【Rihanna/ Love The Way You Lie PartⅡft.Eminem】絶滅危惧種の恋愛” の続きを読む

和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ

LyraがTom Petty (→【American Girl】和訳 “An American Treasure” ‘s Final Song 解説) 好きなのは、このブログの常連さん達は、まるっとご存知。

だから、これを言ったら頷いてくれるんじゃないかと期待してしまう。

「この人のパパは、本当はTomなんじゃないのうーん!?」

Lyraはそう言いたくなるのである。

初めてこの曲を聴いたあの時。

思わず「Tom Pettyじゃん」と呟いてしまった。

Jakob(写真の人)が、papa Bobに似るのは仕方がないこと…だが、それの数倍もTom Pettyに似てるから笑ってしまう、、、と言うか、

Tomが路地裏のロック野郎てき楽曲から、Bobに近づいていき、いつの間にやらBob Dylon化してしまったのがあるから、当たり前っチャー当たり前なのよね(笑)。

と言うことは、いかにBob臭がアメリカを支配しているか?ってことかしら?

Lyraは思う…アメリカ人の体に染みつく、Homeを探し彷徨う気持ち、それがDNAに組み込まれていて、似たサウンドに行きついてしまうのかもしれないと。

皆んな安らげる場所を探してるのだ。

“和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ” の続きを読む

和訳 U2【Where The Streets Have No Name】ボノが言いたいこと 来日記念!

今夜、さいたまスーパーアリーナで2日目の公演であり、日本では最終公演になるライブが行われるU2。

昨夜はBrad Pittが個人的な理由で来日したついでに、アリーナに来たので、一部のBrad Pitt ファンが大騒ぎしているが、、、

アホか? 何故、U2を見ない?

「うわ〜来てる〜」くらいなら騒ぎたい気持ちを1000歩譲って理解できる。(10000歩かも)。

なんでBonoが熱唱している時に、ズーッと俳優を撮る?プライベートもへったくれもない、と内心思いつつもBrattもHollywood smileだろうが。

それよりU2のメンバーがいたたまれないわ。

13年ぶりのJAPAN・ツアー・ライブよ?

しかし不思議。遥か彼方、銀河系の昔、昔の1989年の『The Joshua Tree Tour 』を『〜 2019』と西暦つけて、ある意味リメイクツアーをするとは。

U2は名曲が多過ぎて、中々ベストアルバムを1枚選ぶのは難しい。

だが、Lyraの個人的なこのみだと1983年の【Sunday Bloody Sunday】が収録されている『WAR』か、この『The Joshua Tree』のどちらかだ、ベストは。

今夜は、このアルバムの中で1番好きなこの曲を和訳&解説して気分を盛り上げようぜっ!

“和訳 U2【Where The Streets Have No Name】ボノが言いたいこと 来日記念!” の続きを読む