The Smiths【How Soon Is Now?】和訳と映画『SHOPLIFTERS OF THE WORLD』製作秘話を解説

 

明日2021年12月3日からThe Smiths の解散のニュースが放送された日を題材にした青春映画『SHOPLIFTERS OF THE WORLD』(ショップ・リフターズ・オブ・ザ・ワールド』が公開されるので、今日は、Lyraがいつも聴いている The Smiths のこの曲を和訳&解説して一緒に楽しみしましょ?

1987年の夏のイギリス全土を騒然とさせた The Smiths 解散ニュースを青春音楽ムービーにしてしまったのだから、The Smiths ファンはもとより、ロックムービーや青春映画好きさんは、見ておいた方が良い作品だと思いますよ。

The Smithsが嫌いな人っているか分からないけど(Morrisseyが嫌いって男性は海外に多いけど、あと逆にMorrissey信者も!) 嫌いな人でもイギリスの文化やファッションが好きな人ならば、当時のカルチャーを知るのに良い素材になります。

洋画や海外ドラマを常に見ているLyraですが、最近、面白すぎる作品を沢山見つけてしまい、見まくっていて、寝不足したり馬鹿な事をしてる。ゆっくりのんびりしなきゃいけないのにねー。

そのせいで視聴後に感想を書いたまま放置してしまったのが沢山あるから大変!!

一つずつブログにUPしなきゃいけないのに、中々できないのは、時間と体力がないから〜。

だからこの映画の感想も、いつこのブログにUPできるか、分からないので、先に大好きなこの曲を取り上げて、みんなの気分を上げて、自分も盛り上がりたいわけ〜!優しいでしょ?ついでに映画情報も書いちゃうから楽しんで。

しかし、この曲の歌詞は非常に絶望してる。だとしても、LyraはThe Smithsの曲を聴いて死にたくはならない。だってこんなに美しいメロディがある?

こんな素敵なサウンドに出会ったら、この世に絶望なんて出来やしないし、こんなに世界に文句言ってる歌詞に出会ったら、自分の怒りなんて消火してしまう。

ようは頭の使いよう、心の持ちよう。

真実を事実と見つめること。そして、ぶれない軸を自分の中にしっかり持っていること。

それが生きる術なのだ。

世界は終わらないよ。

終わってんのは、頭が弱い偽善者だけさ〜。(Morrisseyぽく、はあーん、て感じで言って)

“The Smiths【How Soon Is Now?】和訳と映画『SHOPLIFTERS OF THE WORLD』製作秘話を解説” の続きを読む

Helloween【I Want Out】和訳 カイ・ハンセンの本音 Kai Hansen’s Real Intention

ハロウィンとHelloweenは、ちゃうって、ファンの貴方ならば、知ってるよね?

なあ〜んて、くだらないダジャレを毎年Halloween パーティーする時期に思い出してしまうLyraです。って、「Thanks Givingが先週終わり、クリスマス戦線に突入してるこの時期に言うんか〜い?」って自分でもツッコミいれちゃったけど、、、たまたまHelloweenの曲を聴いちゃったので、今日は彼らの代表曲を取り上げちゃいます〜。

実は、たまたま聴いたのは最近の曲だったの…ですが、「Helloweenだ!」と思った途端、この曲のイントロのギターリフと、コールアンドレスポンスの部分が、もうパブロフのイヌ状態で思い出しちゃって…

そうしたら、もう頭の中でグルグル、鳴り響きうるさくて大変だから(笑)、書くことにしました。

ただこれ聴いてると尾崎豊みたいで感慨深い。何故なら、この曲は、だだの流行りのヘビメタというより、もっと重大な意味を持つ曲だと思うからだ。青春ソングのようだ。

因みに、Lyraは、ティーンエイジャーの時期に、この【I Want Out】の歌詞みたいな事を考えたことが全くない。未だに寂しがり屋だしね、誰かと一緒じゃないとダメなタイプ。

だから歌詞に強い共感は湧かないけど、ティーンエイジャーの時期に疎外感を感じてる人や、ティーンに限らず何かのためにもがいてる人や疎外感を感じてる人ならば、この歌詞にドップリハマるに違いないと思うのです。

中には、この歌詞に触発されてドイツの田舎町を出て、HRやHMが盛んなスウェーデンや、イギリスやアメリカを目指した人がいたかもな。

いや、今現在でも、この歌詞に触発されて、今いる理解ない田舎町を飛び出た人が、いるかもしれない。

自分の人生を手に入れるために。  “Helloween【I Want Out】和訳 カイ・ハンセンの本音 Kai Hansen’s Real Intention” の続きを読む

Avicii【The Nights】和訳 感激の涙を貴方に Carve Your Name Into The Stars


文章を書きながら、感極まって「泣く」と言うことがLyraは多い。

このブログでもそう。

好きアーティストの歌詞を解説しながら自分の書いている文章で泣くのが1番多い。1番泣いたのは、何だろう?

今思い出したのは、The Walking Deadで皆を助ける為に、Rickが自己犠牲を払って橋をぶっ壊した時。アレは泣いた。Tom Waitisもか?

今日取り上げるAviciiについてもやらかしてしまっている(笑)。

特にこの曲は危険だ。大好きなパパを思い出すからだ。歌詞がモロ父親のことだし、Aviciiの曲はサビに来ると毎度ヤバイくらい感情を刺激して来ると言うのもある。

普通の人ならばこの手のサウンドは、「アガる」曲だろう。

Aviciiの曲は、メロディがどれも美しい。そして「盛り上げるのが上手いなあ」と感心する構成だ。

だがLyraの場合は、涙腺がヤラれる。それは彼がこの世に居る居ないは関係ない。ただ単に、美しい音色と感情を盛り上げる明るめの曲調の向こうに、人間の痛みや苦しみが透けて見え、どん底から這い上がった軌跡が見えるから泣いてしまうのだ。

Lyraの家族は皆仲良しで、小さい時から良く家族旅行に行った。両親にあちこち連れて行って貰った思い出が沢山ある。どこにいくのも一緒だった。

だがいつもお互いに忙しくて時間に追われていた。今思うと、もっともっと話すべきだったと後悔している。まだ話し足りない。

天国で今の私たちを見てどう思っているのだろうか?きっと心配しながらも見守ってくれてるのは分かっているけれど…会いたいなあと空を見上げる。

今夜は、天国にいる愛する人達を思って…勿論、Aviciiのことも思って、彼の曲を聴きながら空を見上げよう。

余談だが、何年も何年も両親をディスりまくって来た愚かな人間がいて、その人間が最近になって、Lyraの真似をする為に急に親と仲良し〜みたいな嘘のアピールをし出したので、気持ち悪くて気持ち悪くて仕方なかった。嫌いな親なら、そのまま今迄通り悪口を書いていれば良いのに、何故Lyraの真似をする為に虚偽を書く?

でも神様はちゃんと見ていてくれていて、キモイ人間は最悪な事になっている。

さすが神様〜♪

罰をあの汚い人間に与えて下さって、本当にありがとう!

嬉しくて Aviciiが天使に見えるよ。

“Avicii【The Nights】和訳 感激の涙を貴方に Carve Your Name Into The Stars” の続きを読む

Jimi Hendrix【Stone Free】和訳 ジミヘンの本音 Jimi’s True Meanings

毎日聴いてるJimi Hendrixですぐゎ〜…解説書いたと思っていたのに、この曲については好きな曲としてSNSで上げただけで、ブログには書いていなかった〜!Σ(‘◉⌓◉’)

もうビックリして、慌てまくり。思い込みっていけないわ〜、書いていたとずっと思っていました。必ず確認しましょうね、大人なんだからっ。

最近またアフロにしたいしたい欲求にかられているLyraなので、Jimi Hendrix Experience の和訳を書くときは、いつも巻頭写真はJimiのみだから、今日は意識して仲良し3人トリオにしました。

可愛いわ、笑ってる〜。

ほのぼの3人組ですが、今日の曲は、ほんわか写真とは違い、燃えてます。Fireよ。

燃える男たちの饗宴によだれ出して聴いているLyra。これがLyraの普通に楽しい日常の一コマです。

そう、変わってんの。

そしてHappy Birthmay Jimi Hendrix! Always you’ve been in my mind & your songs’ve been playin’ in my head & will being forever.

“Jimi Hendrix【Stone Free】和訳 ジミヘンの本音 Jimi’s True Meanings” の続きを読む