【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You

男子だろうが女子だろうが、子供だろうがお年寄りだろうが、「素敵だな」と思ったら、Lyraは、その人に素直に「可愛い」と言ってしまう。

大体の人は「あら」って照れて喜ぶが、中には(男性は特に)「可愛いじゃなくて、格好良いでしょ」となる。

可愛いも褒め言葉なのになあ。

男女とかジェンダー意識しすぎじゃないかな?と思うんだけど、、、。

そもそも、女性はピンク(ピンク大好きな色)、男性はブルーって誰が決めたの?

それを考えると高校の時のLyraの仲良しの先生は、ワイシャツが良くピンクだったな。髪の毛と髭が金髪だったから、それに合わせてたんだろうけど、、、日本人は何故かピンクのYシャツ着こなす男性が少ないよね。ケンさんくらいじゃない?イーネッ!

決めつけは良くないわ。

自由でいられる世界が早く来ると良い。

そりゃ昔々よりは断然、LGBTQの人達はマシになっただろうけど、それでもやっぱりまだ色々あるからね。

Lyraも素直に褒めてるから、いつの日か「可愛い」と褒めたら、皆んなが皆んな「ありがとう」って、ニコッと笑顔になる世界が来て欲しいと思う。

自分が自分らしくいられる場所。

今日は、そんな思いを詰めた可愛い歌を、和訳して皆さんにお届け〜♪

巻頭写真は、Lyraの好きなLiv Tylerちゃん💕 (付き合ってたらしいよね〜。Evan がデレデレ)。

“【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You” の続きを読む

【トワイライト 初恋 Twilight】ネタバレ有無 「血より愛」感想あらすじ Can’t Read Your Mind

もう大人です。

Lyraだってこんなストーリー、ただの夢物語とわかっとります。

でもVampires 好きとしては、世のヴァンパイヤ達を🧛‍♀️🧛‍♂️🦇日の眼に見るように解放してくれた作品だから、外せない映画だからバカには出来ないの…って、

まるで、LyraがVamire みたいな言い方しちゃいましたが、色々な意味で「こうでなきゃ」とか「Vampiresは、こうあるべき」と言ったヴァンパイヤ縛りをなくしてくれた作品だから重要だと感じているのです。

それにLyraには幸い(笑?) 運命を信じたい願望が未だにあるので、出会った瞬間”Fallin’ Love”話であり、オマケに「命懸けでお前を守る」形式で攻めて来られたら「もう、どうにでもして…」となるしかないでしょう?

燃えるような恋。

でも彼らの場合、凄くクールなんだよね…始めは。恋したくないのに恋しちゃった感じ。

「あの人を好きになったら本気になるから、やめておこう」

でもそれが出来なくなっちゃうのが恋であり、「君が幸せならば」と自分の事は後回しで相手重視の行動をしてしまうのが、愛なんだろう。

そして自分のマジな相手を選ばないと、結局、自分が不幸になるだけでなく周りをも不幸にしてしまう…それが運命の相手なのかもしれない。

そんな周りを巻き込んでしまう運命の恋の始まり始まり〜。(あらすじ解説感想、長いから大変だわ)

This is Saga, Baby〜♪

and Happy Birthday Kristen Stewart!

“【トワイライト 初恋 Twilight】ネタバレ有無 「血より愛」感想あらすじ Can’t Read Your Mind” の続きを読む

Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You


Kurt Cobain 書いてLayne も書いてると涙が溢れてるんで、今日はうまく書けるかな?

一休みして別の日に…とも思った。Heavyだから。

大切な人で亡くなってしまった人を2日立て続けに書くのはなんとも。

夏にはもっとHeavyな日があるのよね。全く何故みんな死んでしまうの?

でもGrunge Rockが好きで毎日聴いて元気を貰っているから (と言うか、かけながら歌ってLyraが、ストレス発散しているだけなんだけど ww)、Layneの素敵な声が聞ける曲を和訳して天国の彼に想いを馳せよう。

曲はもう一つの低音が堪らない曲か、Mad Season の方の曲(かなり好き)にするか迷ったの。

Mad Seasonは、去年書いたから今年はAlice In Chainsからにしました。

これまたLyraが大好きなVocal & GuitarのJerry Cantrellと、Layne Stalyの掛け合いが痺れる格好良さが魅力の曲。

メロメロな歌詞がダークなサウンドに乗って、不思議な光を放つ曲よ。

貴方も聴いたら、セクシーな歌詞と声に酔うでしょう。

“Alice In Chains【Down In A Hole】和訳 解説 君の中へ Inside Of You” の続きを読む

【Breed/ Nirvana】和訳 Kurt Cobain の証 Kurt’s Sense of Humour

今年もこの日がやって来たから、Grunge好きとしては、かなりヘヴィーな日である。

4月5日と夏の某日はLyraの頭がボウ〜と天空に想いを馳せる日…つまり

大好きなヴォーカリスト達が天国に召された日だから。

諸事情で書くのが今年は遅れちゃいましたが、迷いに迷い、やはりKurt Cobainを偲ぶ和訳と解説を先に書きましょう。 (Sorry Layne, Wait a minite.gonna write that for you.)

この前のKurtのお誕生日の日に彼のラブソングを和訳&解説した時にも話しましたが、実は彼の曲を和訳したままの曲が幾つかある為、そちらをUPしたいのだけど、話の中心がKurtにならない為、今回も先に伸ばします。

やはりKurtが話題の中心にならないとね、命日は。

人の生き死を目の当たりにするのは辛い。あの経験は2度としたく無いと思う。

そう言った意味では、Kurtもあの人達も、自分の家族では無いし、親友でも彼氏でも無い。

だけど毎日聴いていたアーティスト達で、辛い時も悲しい時もいつも側にいてくれたような存在なのだ。

苦悩してる歌詞を聴いて自分の気持ちに擬えたり、後ろ向きな歌詞に一緒にドツボったり、ただの言葉遊びの歌詞にもパワーを貰ったり、悟りを開いたり(笑)。

あのボロボロ・ジーンズの穴やセーターの穴は、Lyraのこころに空いた穴であり、世間を風通しよくする為の逃げ道だったのかもしれない。

Kurt Cobainの音楽を聴いてると、自分が悩んでいても良いんだって気になる。

そして、音楽を本気で楽しむことが、自分の生き方なんだと再確認する宝物なのだ。

“【Breed/ Nirvana】和訳 Kurt Cobain の証 Kurt’s Sense of Humour” の続きを読む

【ウォーキング・デッド:シーズン10第22話】ネタバレ「ニーガン 妻に永遠の愛と決意を誓う」感想あらすじ ツッコミポイント Negan and Lucille TrueLove

悲しい。もう泣いてヤバい自分がいる。

Lyraの気持ち的には、とてもプライベートな部分まで晒してくれたからこそ、ニーガンとルシールの夫婦愛が表現されたのだと、今夜の【The Walking Dead】シーズン10第22話 最終話だったと思う。

冷静になって考えれば、どことなくウォーキング・デッドのWebisodeである昔このブログで書いた【Torn Agart】に似てる。悲しい物語だ。

【Torn Apart】ウォーキングデッドのウェビソード!全ストーリーをネタバレ紹介!ウォーカーにも人生があったのよ!

 

普通の世界であったとしても、愛する人を病気などで失いたく無いし、ずっと一緒にいたい。

それを、非日常であるapocalypseの世界で描くから盛り上がると言うのもあるが、今回は今の日常にも起き変えて考えられる永遠の愛かもしれぬ。

「愛する」を突き詰めると、「自分のことより相手の幸せを考えてしまう」ことだと思うの。

ルシールは、その窮地に達してしまったのかも。

ニーガンを愛してるから。

ルシールを愛してるから命がけで守ろうと旅立つ夫ニーガンと、ニーガンを愛してるからこそ、自分らしく生きて欲しいと願い、解放するために自羅を犠牲にする妻ルシール。

愛してるって、美しくも悲しい。

胸を焦がしながらずっと傷跡を残す痛いものなのだ。

“【ウォーキング・デッド:シーズン10第22話】ネタバレ「ニーガン 妻に永遠の愛と決意を誓う」感想あらすじ ツッコミポイント Negan and Lucille TrueLove” の続きを読む