IGGY POP & The Stooges【I Wanna Be Your Dog】和訳 愛の奴隷 Godfather of Punk Is A Slave Of Love

Happy Birthday, Iggy Pop! Your energy Your energy seems to double with each passing year and I wanna emulate your power!

と言うことで毎年Iggy のバースデイをお祝いする為に、彼のバンドやソロ曲などを和訳&解説して来たので、今年もノリノリで一曲お届けしましょう。

今も爆進し続けている Iggy Pop。だから最近の曲をやろうと思いましたが、この前 Maneskin のコラボを和訳したし、それにLyraが1番好きなThe Stooges 時代の曲を毎日聴いてることもあるし〜と気が変わってしまい、今日はThe Stooges時代の大人気曲にしましたよ〜。

さあさあ、いくぜ!用意は良いか?

Iggyのセクシー爆弾で、この世は一気に薔薇色になるのだッ‼️

と思ふ〜ッ (๑>◡<๑)

“IGGY POP & The Stooges【I Wanna Be Your Dog】和訳 愛の奴隷 Godfather of Punk Is A Slave Of Love” の続きを読む

Oasis【Bring It On Down】和訳 労働者階級の叫び Working Class Shouts

 

Happy Birthday Liam Gallagher‼️

今日はLiam のバースデイなので、Liamの声が最高な曲を解説してお祝いしましょう。

ソロとoasisと迷いましたが、やはり初期の彼は神がかっているくらい素晴らしい声(と言うか、単にLyraの好み)だから1stの、それも初期の頃からライブの定番曲だったノリの良い曲を選びました。

歌詞は誕生日向きじゃ全くないけれど(笑)、夢を手に入れた彼らのエネルギーがビシビシ伝わって来るHotな曲だから、ライブ感があり上がる。

落ち着いた彼らとは全く違うギラギラした、デビュー前の彼らの心情が感じられる最高な一曲だよ。

“Oasis【Bring It On Down】和訳 労働者階級の叫び Working Class Shouts” の続きを読む

Måneskin+ Iggy Pop【I Wanna Be Your Slave】和訳 Måneskin Iggy Popとコラボ Måneskin Collaborate with Iggy Pop

愛しのダーリン Iggy PopがCiao Ciao言いながら話している相手は、日本でもやっと、話題になって来たMåneskin だ。

去年は、Lyraとスペイン語圏のフォロワーさんしか話題にしていなかったのが、この夏にいきなり日本でも話題になるように。(きっとTVに取り上げられたから?TVまだ威力ありますね)

今回ダーリンIggyとMåneskin がコラボレーションしたのです。

それも前に和訳したMåneskin を!

現在は便利な世界になったなあ〜とTwenty One Pilots (→【Heathens】 和訳 Intelligence meets Violence お利口さんがハメを外すと)の新曲を制作した時にも思いましたが、会わずとも音源さえあれば、デモじゃなくて普通のリリースまで出来ちゃうのですからね。

【Twenty One Pilots/ Tear In My Heart】和訳 甘〜くて笑えるラブソング Romantic Comedy Song

実はこの曲は前に和訳したし、今だからこそ他のMåneskin の曲を今日あげるつもりでしたが、普通にUPした方が良いかな?とリメイクなるけど、こちらにしました。

早速、ラブリーな奴らのサウンドの和訳をお届けします〜。

しかし2人ともそっくりなのよ。アレが!

“Måneskin+ Iggy Pop【I Wanna Be Your Slave】和訳 Måneskin Iggy Popとコラボ Måneskin Collaborate with Iggy Pop” の続きを読む

【Iggy Pop and The Stooges/ Search And Destroy】和訳 パンク精神はアート! Most-Seminal Art 解説

You’re the living proof of that age is just a number! Stay cool & powerful as has been the way until now.Happy Birthday Iggy!

今年も又このHappy Weekが始まったわ。

Iggy Popのバースデイを皮切りに好きなアーティストのお誕生日が立て続けに来るこの時期が来た。

Iggy Popのお祝いならば、彼の人気曲を選ぼう!と言うのが常だが、ここLyraのブログではIggyらしさ、Iggyの魅力が詰まっている曲にしたい。

だって売れ線よりも、断然初期Iggy & The Stooges時代の方が、Iggy が輝いているからだ。

色々お騒がせ時代もあったIggy。

時代によって服装や歌い方、キャラまで変わって行ったが、このアルバムの頃が個人的に1番”Raw Power”だったと思う。

そして彼が最も美しい時代だった。(勿論、今も好き)

Punks 好きは、絶対に外せないこの曲でIggy Popの誕生日をお祝いをしようよ!

“【Iggy Pop and The Stooges/ Search And Destroy】和訳 パンク精神はアート! Most-Seminal Art 解説” の続きを読む

【Kyuss/ Damon Cleaner】和訳 ストーナーロックの名作の本当の意味 Brushing Your Teeth

「Coronaだし大変だよね」と言うのが2020年の挨拶の言葉になってる。

どこに行く時もマスク必須な世界になるとは、去年の今頃は想像もしなかったね。

TVで水分補給と塩分も摂取を警告するなんてね。

世界の終わりは、想像したことあるのに。

こんな中途半端な息苦しさを嘆いて生きていくのも、まだまだこれ位と前向きに生きていくのも自分次第。

気の持ち用とは、こういうことか?

ストレスから人間は知らずに歯を食いしばり、それが酷いと歯が割れたり折れたりする。スポーツ選手に多いのも分かるし、歯軋りする人は若くても気をつけた方が良い。

彼らも歯を食いしばっていたのだろうか?

当時は全く商業的には成功しなかったらしいが、今となっては「元祖Storner Rock」となり、Desert Rockの名盤と言われる作品を作り出したのだから凄いバンドだと言いたいの。

Lyraの中では、「世の中、何が起きるかわからないから…歯はお大事に」と言ってるように感じるこの歌を、今日は和訳してお届け〜♪

“【Kyuss/ Damon Cleaner】和訳 ストーナーロックの名作の本当の意味 Brushing Your Teeth” の続きを読む