【ブライアン・グリフィン逝去】Brian Griffin R.I.P.

Brian Griffin was a British photographer died in sleep on 29 Jan 2024, at the age of 75. Brian’s portraits of 1980’s pop musicians led to him being nawed the “photographer of the decade” by The Guardian in 1989. Brian Griffin R.I.P.

ブライアン・グリフィンは英国の写真家で、2024年1月29日に75歳で睡眠中に死去した。

Brian Griffin ブライアン・グリフィンは、1980年代のポップ・ミュージシャンのポートレートを撮り、1989年にガーディアン紙によって「10年間の写真家」に選ばれた実力派。

スポンサーリンク

Brian’s  work is held in the permanent collections of the Arts Council, British Council, Victoria and Albert Museum and National Portrait Gallery, London.

ブライアンの作品は、アーツ・ カウンシル、ブリティッシュ ・カウンシル、ヴィクトリア・ アンド ・アルバート博物館、ロンドンのナショナル ・ポートレート ・ギャラリーの常設コレクションに所蔵されています。

Brian Griffin

ブライアン・グリフィンは1948年4月13日にバーミンガム生まれ。英国ミッドランド地域のブラック・カントリー[の町ライで育ち、ヘイルソーウェン技術学校に通学。 16歳の時、見習い製図技師として工場で働き始めました。彼はその後数年間、英国鉄鋼公社のエンジニアリング部門で働き、最初はコンベアを製造、その後原子力発電所の配管を製造して設置する仕事を主にしていました。地元のカメラクラブに参加した後]、グリフィンは(同時代のダニエル・メドウズ、ピーター・フレイザー、マーティン・パーとともに)マンチェスター美術学校で写真を学び、マンチェスター工科大学を彼は1972年に卒業しています。

 

スポンサーリンク

大学卒業後は、ファッション写真家として働くためにロンドンに移り、レスター・ブックバインダーの勧めで、ビジネス雑誌『マネジメント・トゥデイ』、そしてその後は『会計時代』、『コンピューティング、マーケティング』などの他の出版物の企業写真家としての仕事に就いた。彼の 1974 年の写真「ロンドン橋のラッシュアワー」は全国的に知られるようになり、その版画は現在ヴィクトリア アンド アルバート博物館に所蔵されています。 1980年代までに、グリフィンは企業写真の専門家として認知されました。

ブライアン・グリフィンの作品はどれもクールで素敵ですが個人的にLyraは、Brian Griffinの1980年代からの写真が好きです。それも、Lyraがこのブログで良く取り上げている Depeche ModeIggy Pop や、Echo & The Bunnymen, Billy Idol (AMH【1984】 などなど1980年代を代表するポップアーティストやミュージシャンの作品は、憂いを帯びていて素晴らしいです。

他にも、The Jam や、Elvis Costello and the Attractions, Siouxsie Sioux, Kate Bush, Ultravox, R.E.M., Billy Idol, Ringo Starr, Queen and Peter Gabrielなどの作品がありますよ。

 

Depeche Mode

 

Depeche Mode

 

 

Iggy Pop 

 

 

 

Echo & The Bunnymen

 

 

Billy Idol

 

 

中でもDepeche Mode の初期の写真は彼らの若々しさや純粋さ、危うさをも表現してるように感じられて、美しくてLyraは1番好きなんです。

 

 

 

才能あるアーティストがまた亡くなりショックです。ブライアン・グリフィンよ、安らかにお眠り下さい。

 

Brian Griffin was born in Birmingham on 13 April 1948. He grew up in Lye, a town in the Black Country, an area of the British Midlands, and attended Halesowen Technical School. At age 16, he began working in a factory as a trainee draughtsman.He spent the next few years working in engineering for the British Steel Corporation, first making conveyors and later manufacturing and installing pipework in nuclear power stations. After joining a local camera club, Griffin studied (along with contemporaries Daniel Meadows, Peter Fraser and Martin Parr) photography at Manchester School of Art, which became part of Manchester Polytechnic whilst he was there and from which he graduated in 1972.

Shocking to hear of another talented artist passing away. Rest in peace, Brian Griffin.Brian Griffin.R.I.P.

Publications

  • Brian Griffin. Self-published, 1978. Photographs by Griffin, drawings by Barney Bubbles. Edition of 500 copies.
  • Power: British Management in Focus. London: Travelling Light, 1981. ISBN 9780906333136. With a text by Richard Smith and an introduction by Peter Parker.
  • Open: Twenty One Photographs. Black Pudding, 1986. Edition of 350 copies (“standard edition”) plus 65 copies (“collector’s edition”).
  • Work. Central Books, 1989. ISBN 978-0951385913
  • The Black Kingdom. Stockport: Dewi Lewis, 2013. ISBN 978-1907893346.
  • Pop. London: Gost, 2017. ISBN 978-1-910401-13-2. With essays by Terry Rawlings and Paul Gorman.
  • Spud. London: Gost, 2018. ISBN 978-1-910401-21-7.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪