アメリカン・ホラー・ストーリー9【1984】第1話ネタバレ”ハイレグ祭りとシリアルキラー” 感想 ツッコミポイント あらすじ

にゃは!

このムッチムチなCody Fernを見よ!

シーズン毎、この【American Horror Story アメリカン・ホラー・ストーリー】(AHS) には、驚かされるが、まさかのシーズン9が、バリバリの1980年代を舞台にしているストーリーで攻めてくるとは思ってもいなかったわ!前シリーズの 【アメリカン・ホラー・ストーリー8 黙示録】が悪魔話で、ウッキウキだったLyraには、この変貌ぶりは、かなりの衝撃よッ。

【アメリカン・ホラー・ストーリー8 黙示録】第1話 ネタバレ感想あらすじ 「あの人がゲスト出演!」American Horror Story8-1

 

でもこの選択は正しいと思う。何故なら、ここ数年のミュージックシーンが、モロ1980年代ワールド花盛りだから。

このブログでよく取り上げるDua Lipa デュア・リパも、

【The Weeknd ウィークエンドも、ものによっちゃあ、

【Machine Gun Kelly ft. Halsey/ forget me too】のPop パンク具合と蛍光色ファッションも1980年代じゃないですか!

時代の先端を行くアメリカンホラーストーリーなのよ、これは!

だったらBack to the 1980’sに乗らない手はないわよ、そこのお兄さん、お姉さん!

早速、あらすじ、感想、ツッコミPointに行くで〜!

ついて来いや〜!

今日Lyraがレビュー、解説、ツッコミPointを書くのは、アメリカ合衆国の人気ドラマシリーズ、【American Horror Story アメリカン・ホラー・ストーリー】の 、シーズン9【1984】です。

スポンサーリンク

1.【アメリカンホラーストーリー】とは?

『Glee』『9-1-1:LA救命最前線』『POSE』など数々な著名作を手がけた奇才ライアン・マーフィーが、頭をかき乱されるようなホラー作品をスタイリッシュに演出したものが、この 【American Horror Story アメリカン・ホラー・ストーリー】だ。

シーズン毎に異なるテーマが決められていて、登場人物は毎回、一新する。

「アメリカン」とめいうっているだけに、アメリカ合衆国で実際に起こった事件や史実にインスパイアされたもの、また、実際の歴史的人物や芸能人、犯罪者を登場させたり、かなりリアルな設定が、アメリカに住んでいる人、住んでいた人には既視感があり恐怖感満載…かなりLyraは毎度ビビッております!

そしてホラーと言うだけでなく、AHSは、恐怖をベースに社会的メッセージをもっている作品だと思っています。

*シーズン8は、こちら→ 【アメリカンホラーストーリーシーズン8黙示録】第2話ネタバレ感想あらすじ 「変態さん、いらっしゃーい」

2.【シーズン9: 1984】とは?

今回のシーズン9のテーマは…80年代!

惨劇が起こる場所は、どこかで見た様な(笑) 田舎のサマーキャンプ。

1984年夏。5人の若者がロサンゼルスからレッドウッドキャンプ場へ指導員として働くためにやって来る。そのキャンプ場は過去に史上最悪の殺人事件が起きた場所だった──、と言うもの。

物語中に登場するナイトストーカーことリチャード・ラミレスは、実際にロサンゼルスで1984年から1985年の1年足らずのうちに13人をも殺害した実在する殺人犯です。

物語では架空のキャラクターとして登場するキャンプ場殺人事件の犯人であるMr.ジングルズと、ロサンゼルスで殺人⿁として恐れられていた実在のナイトストーカーが交錯しながらストーリーが展開する、奇妙な世界が始まるのです。

早速、あらすじに行きましょう!

詳しい解説は、あらすじ後の感想とツッコミPointで又、お話しましょう!

*Lyraのブログはネタバレ全開!詳しい内容を知りたくない方は、【あらすじ:前編】だけ読み、後編は読まずに、【Lyraの感想】☆ツッコミPoint☆をお読み下さい。

(click to amazon↓ ↓) “American Horror Story Complete Box Set” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

簡単あらすじは、<ネタバレなし>

3.簡単あらすじ

1984年の夏、5人の友人がロサンゼルスを脱出し、キャンプレッドウッドのカウンセラーとして働くことに。彼らは新しい仕事に慣れると、キャンプファイヤーの物語よりも怖いのは、あなたを悩ませている過去ということをすぐに知ることになる。

*次の【あらすじ前編】も<ネタバレなし>

 

スポンサーリンク

4.第1話『ようこそレッドウッドへ』 “Camp Redwood”

あらすじ: 前編

真夜中の真っ暗なサマーキャンプ場。

ジャラジャラ…

何者かが、寝ている女子を斬りつける。

そして仕上とばかりに、片耳を切り落とした。

ジャラジャラ…

音を立ててゆっくりとゆく犯人の後には血がべっとりと足跡に。

そして、宿舎には指導員と子供達、全員の血だらけになった無残な姿がベッドや床に重なっていた。

土産には片耳を繋げたネックレスを持ち、犯人は一晩で全員を殺めて宿舎から出て行った。

 

ブルネットで真面目そうなブルック・トンプソン (Emma Roberts)は、L.A.に来たばかり。

気分転換に来たジムで、エアロビクスのクラスの指導員であるハキハキした物言いのモンタナ・デューク(Billie Louptd) 、生徒にモテモテのゼイヴィア・プリンプトン(Cody Fern)、常連のチェット・クランシー(Gus Kenworthy) 、レイ・パウエル(DeRon Horton) と仲良くなった。

 

 

休み時間に無駄話をしていると、どうやらゼイヴィアは、最近ロスアンジェルス界隈で起きている連続殺人事件が怖くて仕方ないらしい。

通称ナイトストーカーと呼ばれる殺人鬼は、無差別殺人を繰り返しており、数日前にもLA北東部で、被害者が発見されていた。
そのナイトストーカーから避難する為と、休暇も兼ねて、ゼイヴィアは、この夏の2ヶ月間をサマーキャンプの指導員のバイトをやるという。

ゼイヴィア「楽しいに決まってるって!お前らも湖でしっぽり楽しもうぜ」

刺激が欲しいモンタナは、直ぐにその話に乗った。

他の男子2人も、ゼイヴィアのしつこさに呆れて、そして、何かレイは隠していてLA から逃げたいみたいで、指導員のバイトをすることをOKした。

ゼイヴィア「君も行こう。」
モンタナ「女1人じゃつまらないわ。一緒に行こうよ。明日、出発ね」とブルックも誘われるが、知り合ったばかりだから、不安な為に、ブルックは「カレッジの授業があるし」と断った。

彼女は、獣医を目指していたため、皆もそれを言われたから何もいえなくなる。

帰宅したブルック。

家に帰ると見知らぬ男に襲われてしまう。
必死に抵抗すルブルックに、
「俺はナイトストーカーだ」と自ら身バレする男。

「金になるものは?」と要求し脅す。
だが、その男は、金を要求しながら「無限の力」「地獄」と、どうも悪魔崇拝者らしく、訳のわからぬ例えばかり言う。

ブルックも何が何だか分からず恐怖と困惑でパニックて大声で抵抗していると、隣室の人が物音から、警察に通報してくれたと言う。
その声を聞いたナイトストーカーは、

お前の居場所はサタンが示す」という言葉を残して去っていく。ブルックは指輪を盗まれたが、難を逃れた。

 

スポンサーリンク

翌朝、死ぬ目に会ったブルックは、越して来たばかりで誰も頼る人がいない上に、あのままアパートに1人でいたら、、、と恐怖心から、性格も経歴も何も未だ知らないゼイヴィア達の誘いを受けて、待ち合わせ場所に行き、みんなと一緒にキャンプ場に行くことにした。

5人で話しながら車をずっと走らせていたので、給油と休憩を兼ね、ロイのガソリンスタンドに寄る。

みんながトイレやお菓子を買っている間に、そそくさと公衆電話に来たゼイヴィアは、コソコソ留守番電話を確認する。

すると「どこにいる?逃げても無駄だぞ!お前の行先は分かってるんだからな!」と怒鳴る男性の声のメッセージが入っていた。びびるゼイヴィアは、息を吸い込み何もなかった顔を作ると、皆がいる場所に戻って行く。

戻ると店主のロイが、皆んなに話しかけて来た。

「どこに行くんだい?」

「レッドウッドに行くんだよ」と言うとロイの顔色が変わる。

「レッドウッド?まさか?本当か?だったら直ぐに帰れ。LAに戻りなさい。何故、また再開したんだ?…君達、全員、死ぬぞ!」

ブルックは怖くなり「やっぱりL.Aに帰りましょう」と言うが、皆んな黙ったまま車に乗り込み、レッドウッドに向かう。

昼間のうちにつきたいと、山道を走らせていると、突然、男が飛び出して来た。

避けられずに引いてしまい、男は死んだようで倒れていた。

ブルックは心配して車から降り、駆け寄ると、まだ息がある。

ブルックが話しかけると男は、むくっと起き上がり、普通に話していて大丈夫そうだったが、自分の名前が思い出せないと言う。

見ると今さっきの傷ではなさそうな傷が無数にある。

そしてブルックに「信じてよ。俺、頑張ったんだぜ」と必死に言いだす。

しかし打ちどころが悪かったのか、そのまま気を失ってしまった為、ブルック達は、彼を車に乗せて、レッドウッドに向かう。

 

レッドウッドキャンプ場に着くと、待ってましたとばかりに、経営者であるマーガレット・ブース(Leslie Grossman)が、迎えてくれた。

他に、料理人のバティ、看護師のリタが到

モンタナ「他のみんなは?」と出会いを求めていたモンタナがやる気満々で聞くと、雇ったのは、この五人だけだと言う。

その証拠に責任者自ら薪を割っていると言うマーガレット。

マーガレット「子供達が来るのは明日よ」

ブルック「そう言えば、さっき人が倒れていて」と無理矢理、そういう理由で説明しろとゼイヴィアに言われていた為に言うと、救護室で専属ナースに手当してもらえと言われた。

救護室にに行くとリタ(Angelica Ross) が手当てした。

全く驚かないリタを不審に思っていると、「ここらへんは、磁場がおかしいのかハイキングで迷い、遭難者が絶えない」と言う。

「あとはナースに任せて」とマーガレットは早速、キャンプ場の施設の説明しはじめた。

サラッと見学を終わらせると、ルール厳守だと言いだした。

「男子と女子は、建物は別々。性行為は禁止。」

そして何か思い出したのか、1980年代を語りだす。

「1980年代は、堕落した時代だったわ。
お尻が見える下着に、自宅でのポルノ視聴、それになんといっても【Van Halen /ヴァンヘイレン!】私は何年も何年も神と共に世界の腐敗と闘ってきたのよ」と怒り気味。

「夫が早死してくれたから、多額な遺産が入ったから、このキャンプ場を買い取ったの。子供達はイジメや虐待や人間関係で悩んでいる。夏休みの間、子供達が避難できる安全で清く神聖な場所を作りたかったのよ。」と熱く語るマーガレットは、口を酸っぱくしてルールを皆に言うと、自分のバンガローに戻って行った。

夜になった。

男女別々のルール。
ブルック達は、同室のリタがこのキャンプ場をしっていると言うので、彼女と話しているうちに14年前に事件があったと聞く。

リタは深妙な顔をしながら話し出した。

*後編は<ネタバレしています>  ↓↓  ↓↓

 

スポンサーリンク

5.あらすじ: 後編

リタ「普通、指導員と言ったら何か免許があるとか経験者とかがいるはずなのよ。それなのに、ここには全員未経験の指導員だけよ?何故だかわかる?それは、誰もこんな所にはきたがらないからよ」

このレッドウッドは、昔、大量殺人事件があったと言う。
そして犠牲者は全員、耳を切られていた…
そう、ここはミスター・ジングルズの大量殺人事件があった現場だったのだ!

「全員、殺されたの?」
リタ「そうよ、被害者は全部で10人」

「いえ、9人よ」
と、マーガレットが突然現れて訂正した。

「話すなら正確に話してよね。それに今日は大目に見るけど、アルコールも葉っぱもハーブも禁止よ」と言うと、髪をかき揚げる。
そこには彼女の耳はなく、切り取られた傷跡があるだけだった。

マーガレットはジングルズの被害者であり、唯一の生き残り。

マーガレット「彼にナイフで刺され、死んだと思ったわ。でも、イエスの導きで生き延びたのよ。だから、私は死んだふりをしたの。意識があるまま、耳を切られても、微動だにせず耐えられたわ。死んだ振りをしたお陰で、私は助かった。神のご加護とお慈悲のお陰でね」

犯人のジングルズは、本名、ベンジャミン・リクターという元、キャンプ場の職員だった。話によると彼はヴェトナム戦争の機関兵で、戦地で殺し合いをしているうちに残虐性が目覚めたという。グリンベレー顔負けの殺傷能力を持ち、自分の隊が終わっても戦地呼ばれ戦い、倒した敵の耳を取り、他にも殺戮をし首飾りにしていたらしい。それを知った軍隊は彼を不名誉除隊にし、彼は帰国したのだ。

そしてレッドウッドで働き、凶行をしてしまう。動機は不明。

彼は裁判にかけられ、マーガレットは重要証人になった。

その因縁もあり、莫大な遺産も入ったことから
レッドウッドを買い取り、未だにトラウマになっている事件の記憶を、ここで楽しく暮らすことで全てを無かったことにしたい、、、それが本当の理由らしい。

医務室では、車に轢かれた男が目を覚ました。

男は起き上がると、鏡を見てバンダナを巻いた髪の毛をかきあげる。すると片耳が切り取られている。

ブルックが、男に聞かれて「ここはレッドウッド・キャンプ場よ」と答えると、男は酷く怯えだす。

そして不気味なことを言い出した。
「電話の回線は切れてるよ。早く逃げないと恐ろしい目に遭うぞ」

ブルック「何言ってるの?大丈夫?自分の名前も思い出せないくらいひどい脳震盪を起こしたんだから、安静にしていて」と、忠告を全く聞かない。

スポンサーリンク

ブルック達が仲良く話していると、いきなり見知らぬ男が入って来た。

名は、トレヴァー(Matthew Morrison)といい野外監督らしい。

どうやらモンタナは、彼が昔TVやVideoに出ていたのを知っていたらしく、派手で遊び人風の彼にアプローチ。

トレヴァーも満更ではなく、モンタナの誘いに乗り、2人は夜の湖に入って、Hなことをし始めた。

モンタナが悶えまくっていると、いきなり対岸に車のライトがついた。

モンタナは、見られていたら嫌だし気持ち悪いと思い、「嵐が近づいているわ」と部屋に帰る。

3時間前、、、大雨が降る嵐の中、何者かが主要施設から脱走。
係のものが暗い中、探し回っているのは。ジングルズだった。

点検に来た係員が、部屋を見るとジングルズが首つりをしていた。
急いでスタッフが、彼を降ろそうとした所を襲って鍵を奪ったジングルス。死んだふりをしていたのだ。
そして、すべてのドアを解錠。
精神病患者が部屋から出て来て騒ぎになっているところを逃げ出したのだ。

緊急で呼び出されたホップル医師がジングルズの部屋を調べると、カーペットの下から「レッドウッドキャンプ場、再開」の新聞の切れ端が。

 

スポンサーリンク

ジングルズは、逃走。
ロイのスタンドに到着すると、ロイを殺して車を貰い走り出した。

キャンプ場も嵐のせいで停電か?

レイが手に怪我をしてしまった為、心配したブルックは雨の中、救護室まで薬を取りに行く。

すると車に轢かれた男がドアの裏側に打ち付けられ、首を切られ血だらけで死んでいた。

叫び声を上げて部屋から出るブルック。

すると黒いレインコートを着た何者かが現れ、追っかけてくる。
必死に走り逃げるブルック。

どうにかして、モンタナ達がいる小屋に辿り着き、ジングルズだと助けを求めたが誰も信じない。

「レインコートで鍵の音も聞こえた!」と言うと、恐くなった
メンズ達が、外を確認しに行くが、誰もいない。

ならば、と医務室にバンダナ男の遺体があるか見に行くが、遺体どころか痕跡も消えている。

ブルック「本当よ!嘘じゃないわ!いたのよ!」と必死に説明するが、
「さっき俺たちがマリワナを吸っていたから、吸わなかっあかたにしても残留煙を吸って、幻覚を見たんだよ」と誰も信じてくれない。

「消えたバンダナ男は、怪我が治って帰ったんだろ」と片付けられてしまった。

 

真夜中。

いきなり小屋の外にある公衆電話が鳴り出した。

ブルックは気になり眠れない。

「おかしい。バンダナ男は、さっき電話の回線は切れてると言っていたわ」

ブルックは、寝てるモンタナを起こし、電話がくるのはおかしい」と言うが「そんなのどうでもいいわ」と寝てしまうモンタナ。
仕方なく1人で外へ出るブルック。

そして受話器を取る、

いきなり、そこへナイトストーカーが現れた。

スポンサーリンク

6.Lyraの感想

 

ひゃあー、また悪魔崇拝者が出て来たわよ、ラッキー(笑)❣️

オマケにJim Morrison風なところまで全くコピーしてしまっているのだから、AHSは凄いマニア向けのドラマなのよ。

ツッコミPointで、ソレは書くとして…

いきなりレオタードでCodyが出てくるなんて!

【1984】の宣材写真をTVでやる前から見ていたので、身構えていたし(笑)、心の準備もしていたのに、、、ドッ!と笑ってしまいました。

前シリーズのシーズン8 【Apocalypse】は世紀末で、どんよりしていたし、シーズン7【Cult】は、キモさ炸裂で救いようがなかったし(この時のEVAN PETERSが最高!にLoveだが)、ずっとヘヴィー過ぎる内容だったからか、今回のシーズン9は、「可愛くPopで、笑えるホラー」にした気がしてならない。

いちいち笑えて、いちいちダサい。

見ていて格好つけて喋っているCodyやBillieが、レオタードや半パンやバンダナをしているんだもの。すごい笑かしてくれる。

内容的には、2つの連続猟奇殺人事件が進行して行く話ですね。

シリアルキラーは、Mr.ジングルズとナイトストーカー。

ナイトストーカーは実際にあった事件だから、アメリカ人はリアルに怖いと思う。

耳切り取りネックレスにしているのが、「ウォーキング・デッドのシーズン2のダリルじゃん!」とLyraは叫んじまいました。ダリル集めていたからね。クレイジーと言われていたな。

ウォーキング・デッド シーズン2第3話 シェーン狂気の覚醒! ネタバレ感想ツッコミポイント! TWD2-3

 

ドラマを見ていたんでしょうね、脚本家が!

そして1980年代の人気ホラー・ムービーへのオマージュ(人は、パクリとも言う)もあり、映画ファンならば「13金じゃん!」とか、「悪魔のいけにえじゃないの!」と、ツッコミ入れて遊べます。

【悪魔のいけにえ】Tobe Hooper R.I.P. The Texas Chainsaw Massacre あのドラマの元ネタ!あらすじ ネタバレ

 

意外とこれが楽しいのよ、ツッコミ入れるの。だから、書いてるってわけ。

出て欲しい方が今回のシーズン9では居ないのが、かなり辛いですが、笑いながら、ビビりながら観れるホラーとして、新しい試みよ、これ!

楽しみながら、ネタバレ書くから、楽しんでね、皆んなも!

( click amazon ↓↓ ) “American horror Story season7 -Cult” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

7. LyraのツッコミPoint

①おかしなレイ

お調子者で、うるさいくらい陽気なレイ。

ジムの中でハイテンションで喋っているのに、何故か怯えてる。

何か隠しているみたいだし、「一刻もロスから離れてぇよ」っておかしくない?

ブルックが言うのは、わかる。ナイトストーカーに狙われて、一人暮らしだから誰も頼れないし、ストーカーは「どこに居ても、またくる」と言うしね。

レイが何を怯えているのか?

何から逃げたいのか?

それを知るとドラマがよりサスペンス度が高くなるでしょう。

②わざわざ名乗るナイトストーカー

シリアルキラーは、Madなほど自己顕示欲が高いと言う。

だから、こやつもその類で、ブルックが未だ聞いても居ないのに、わざわざ「俺はナイトストーカーだ」と自分からバラしちゃうのよね。アホか?

認知して欲しいの、異常者は。周りが騒いで欲しいし、異常な欲求を満たしたいから繰り返しているわけ。

でこのナイトストーカーが、マジで似ているのよ!

似てるでしょ?  マジで。

このブログで書こうか迷ったまま機会逃しているシーズン7の【Cult】に出て来た、Evanの教祖も似ていたしね。

本気でAHSは芸が細かいから好きよ!

この異常者は、AHSの【The Hotel】にも別の俳優が演じて出て来たが、今回のZach Villaは、よう似てはりますわ〜。

Jim Morrison似って言ったらだめよね、だってLyraは、The Doorsファンだから。

でも意識して悪魔崇拝者がやりそうだから、このルックスもリアルで、怖いです。人間の闇を感じて。

因みに興味ある方は、このLyraのブログにたくさんJimネタ、The Doorsネタがあるので、The Doosのカテゴリーを読んでみてね。

そう言えば、ストーナーバンドで、ナイトストーカーってのが居て和訳し解説していましたわ。怖い偶然! ↓ ↓

Nightstalker【Children Of The Sun】愛とは宇宙! 和訳 Lyrics

 

③マーガレット

今回のマーガレットが、めちゃ怪しい。とても真面目なのは、ブルックと同じなのだが、ブルックは世間知らずだったり、普通の真面目。

マーガレットからは、その普通さが感じられない。毎回、異常な女性を演じるLeslie Grossmanが演じてるから、腹黒そうに見えているのかもしれませんが(笑)。

やたら男女関係に敏感で、執拗に注意するところが、なんだか異常者ぽい。

猟奇殺人事件の被害者でたった1人の生き残りってのも妖しいポイントよね?

大体、このパターン、、、犯人ですから!

万が一犯人だとしたら、何故、殺人事件を犯したのか?

きっかけは?

それもあんな大量に?

もしマーガレットが犯人ならば、Mr.ジングルズは何者?

マーガレットにとってのこの場所も意味がありそう。

このポイントに気をつけて見て行くと面白いでしょう。

④ 電話

脱走したMr.ジングルズが何か、関係があるのか?

ただ単にナイトストーカーだけの仕業なのか?

車に引かれたバンダナ男が、「電話回線切られている」と言ったのに繋がるのがおかしい。

回線がつながったのは、停電とか電線切れたのを、電気会社が直して、ただの偶然で繋がるのタイミングだったのか?

はたまたナイトストーカーには協力者がいるのか?

ジングルズとナイトストーカーの関連性はあるか?

と疑問がいっぱいになる〜。

次回の第2話で、気をつけて見るべし!

(click to amazon↓ ↓ ) “American Horror Story Complete Box Set” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

⑤ファッションがオモロいッ

あまりのダサさに失笑から〜の、大爆笑。

違いが面白い。今と違い、、、

1.ハイレグ(レオタード)

2.バンダナ(巻き巻き)

3.ランニングで筋肉見せ

4.リーボック?

5.ファラ・フォーセットヘア

6.男子もレイヤー入りまくった、くるくる。

7.Tシャツは必ずしもIn !

8.ビッグヒットのBGMが良い

昔の映画とかでみたシーンも出てくるし、かなりコアなファンじゃないと分からないツッコミ所がある。

見ていて楽しい。

そして音楽好きには流れる曲が堪らないのです!

もう少し先の回ですが、モンタナがエアロビ教室で流すBGMで、客(生徒)とモメて大変なことになるのよ〜!

もうバカ ww

(click to amazon↓ ↓ ) “American Horror Story 9 -1984″ [Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

こんなに笑えるホラーないですね。

次回の第2話も頑張って書こうかな?

良かったら、このブログを宣伝してください〜。

皆さんの応援が励みになるのです。

今回AHSのシーズン9を書くか、ずっと迷っていたの。

実は、やりたいドラマがあるから。ただそちらはかなりマイナー。

迷っていたら、リクエストをフォロワーさんから頂いたの。

だからこのアメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン9、1984をやりました。

面白かった?

また遊びに来てくださいね。

第2話もお楽しみに〜♪

See You Tomorrow!

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。