Avril Lavigne【Girlfriend】和訳 私が正義!ソング Avril’s Right!

Happy Birthday Avril Lavigne! You’re always Pioneer of girl’s power pop & pop punk!Please stay R&R!

先日のModsunの記事を書いた時にも触れたけれど、最近のAvrilは、Modsunとラブラブ。ベタベタして来るModsunと、ニカッといつもの笑いをするAvrilが感情が見えなくて、何とも言えない奇妙さが。ww

Lyraは、この写真の頃のAvrilがホント大好き。デビュー〜2ndアルバムリリース辺りの時期で、Tom Boy然とした様と色気が混じり、超絶可愛くて格好良かった。【My Happy Ending】の頃ね。

こう見えてAvrlはバツ2。恋多き女なのだ。個人的には最初の旦那Sum41のヴォーカルがベストだったな。あと結婚はしなかったが1stアルバムで一緒にバンドやライブをやっていたギターの子が1番Avrilに合っていた気がする。彼はバンドを辞めた後でもAvrilの為に曲を書いたり、今も仲良くしてるから、彼女の良き理解者なのだ。

ヤンチャで女子より男子と連んでいる子。一緒にスケボーもやっちゃう子がAvrilだった。

今日和訳する曲は、Avrilファンの間でも1、2位なるくらい人気の高い曲で元気一杯。いや、やりすぎなくらいヤバイ歌詞だ。

個人的にはこんなオッソロシイ事を考えた事も言った事もないが、当時のAvrilが言うと引く以前に嫌味がなく「私達Teenagerの代弁者」となったのだろう。まさかまさかの売り上げはNo. 1らしい。

自信満々で嘘偽りのない気持ちを歌う。

「自分が正しいと思った事には、恋愛だろうと夢だろうと、怖気付かない。突っ走ってやる!」それがAvrilの魅力だ。

それは赤裸々な恋愛話を耳障りの良いPop Rockで歌うAriana GrandeやOlivia Rodorigo のお手本だ。

10年前に既にAvrilがあからさまな感情を歌い上げる女子道を切り拓いてくれたから、現在の女性ポップシンガーの音楽業界上位の成功もあるのだと思う。

Avrilがいたから今のHarlsyもDua Ripa も男子達と渡り合い、いや、蹴散らしてヒットチャートNo.1もキープ出来ている。

そう言い切れるくらい、ドびっくりな強気ラブソングを聞いてAvrilの誕生日を盛り上げよう!

“Avril Lavigne【Girlfriend】和訳 私が正義!ソング Avril’s Right!” の続きを読む

【Mod Sun/ Down feat.Travis Barker】和訳 トラヴィス・バーガーとモッドサンの男前度 Nice Guys Blues

ノリに乗っている奴ら。

このブログで良く取り上げるTravis BarkerとMGKことMachine Gun Kelly 界隈は、今や熱いを通り越して周りを燃やし続け、太陽の様に光を放っている。

彼らが売れれば、売れるほど周りも活気づく。群がる民の多いことよww

当初の2人の目的は、容易く達せられたんじゃないかしら?「Pop Punkをメインストリームへ」

これは大成功。ラップとレゲトンまがいのPopsしかなかったアメリカンチャートに、彼らは介入し。いとも簡単に玉座を作ってくれた。

あとはどこまで、このブームが続くか?だ。

今まであった一過性の音楽業界ブームで終わるか?それとも定着させることができるのか?

先週、彼らの仲間でこのブログでも和訳&解説したMod Sunが新曲をリリースした。

今回はTravis Barkerとタッグを組んで、Pop Punkぽいテイストのパーティーソングが出来上がった。

公私共に絶好調のMod SunとTravis Barker。

幸せオーラふりまいてるじゃん!

歌詞も幸せモード。だがやはりそこは、Pop Punk。

チョッピリ悲観的。

う〜ん。Travis絡むとやっぱり悲しみがチラチラとチラつく。

それもチラチラと燃える、蒼い炎。

ああ、私達のハートに燃えてる蒼い炎を再燃させたいのだ。

“【Mod Sun/ Down feat.Travis Barker】和訳 トラヴィス・バーガーとモッドサンの男前度 Nice Guys Blues” の続きを読む

The Only Ones【Another Girl Another Planet】和訳 永遠の青春ソングの本当の意味 Not Drug Song Just…

良いものは良い。

度々このブログで触れて来たが、良いものは何がどうあれ魅力的。

Lyraは怖いもの知らずとかそんな大それた者ではない。ただ好奇心が旺盛で、楽しいかどうか、相手が自分を愛してくれるかどうか、喜ばしてくれるか否かだけで判断している。

だから相手が大統領だろうと幼稚園に通う子だろうと接し方は変わらない。まあ数年前までは、分かり合えない人とは話し合えば分かり合えると信じて来たが、それは理想であり幻想。実際には、相手が経験値が高く人への思い話やりがあり受け入れるキャパが広いタイプじゃない限り無理。いくら話し合っても無理(何故かは話が長くなるから割愛させて頂きます)。

逆に分かり合える人とは秒で通じあう。下手すると目があった瞬間7秒の世界よ。

良い音楽もそう。一瞬でFallin’LOVEよ。

強烈なる個性。それがあるものが好き。

そして個人的には。詰め込みすぎていないストレートなサウンドが好きだ。

それに素直な気持ちが乗っかているとパーフェクト。

完璧なるサウンドは私の中にある。ただその琴線を刺激してくれ。

そこにはメジャーもマイナーもない。有名無名なんのその。

貴方のハートに打ちつけるそのビート。

アタシに打ちつけて。

“The Only Ones【Another Girl Another Planet】和訳 永遠の青春ソングの本当の意味 Not Drug Song Just…” の続きを読む

Joe Strummer and The Mescaleros【Bhindi Bhagee】和訳 解説 Joeの優しさと多国籍料理 Multiethnic Food & Love

Happy Birthday Joe Strummer! Your music always make me move to go ahead & your lyrics always taking me up from the bottom of sadness by bad people living beneath of trash. Thank you for making me happy. I wish you’re happy at there. love you.

今日は大好きなJoe StrummerのBirthdayをお祝いするために、彼の曲を和訳したので一緒にJoeの誕生日をお祝いしましょ!

The Clash= Joe Strummerであり、最近The Clashを取り上げていないから彼らの曲にしようと思ったのだけど、何か格好良い曲よりハッピーな方が合うかな?と思い、Joeの晩年の活動 Joe Strummer & The Mescaleros の曲を選びました。良く考えると最近は毎年Joeの誕生日にはMesalerosのほうだったね。ww

The Clashもこのバンドも真剣で真面目なJoeの人柄がわかる歌詞が多い。

ただ両者で違うのは、こちらの方が少し肩の力が抜けている。大人の余裕なのかもしれないし、Joe Strummerがアメリカで活動したりイングランドでご機嫌な暮らしを、嫌な状況に陥っていても工夫してキープ出来る様になったからかもしれない。

Joeの強さが感じられる曲。

優しさと、町や人へのリスペクトが手にとるように分かる曲だよ。(あ、舞台はイギリスですが)

そしてBirthdayにピッタリな美味しいご馳走が並ぶ歌!

人生楽しんだもん勝ちよ。それも本気で楽しいの〜。見せかけの楽しさって直ぐ分かるからね、嘘ついちゃダメだよ。

ね〜、Joe❣️リアルな楽園よ。

 

“Joe Strummer and The Mescaleros【Bhindi Bhagee】和訳 解説 Joeの優しさと多国籍料理 Multiethnic Food & Love” の続きを読む

【Machine Gun Kelly/ papercuts (directed by Cole Bennett)】和訳 Cole BennettとLyrical Lemonadeについて About Cole Bennett

今1番売れっ子のラッパー!…と言うよりも現在はPop Punk ロッカーと言った方がピッタリなMachine Gun Kelly。

飛ぶ鳥を落とす勢いでアッと言う間にメインストリームを駆け上がり、今ではWeekndと同じくらい、チャートの影響力のあるメイルジンガーになってしまった。

MGKのことはCamila Cabello とデュエットする前から好きで「可愛くて(背はバカでかいが)存在感あるラッパーで何でも出来そう」と注目して来たが、まさか自分が好きなTravis Barkerと仲良しになるとはあの時は予想していなかった。でも共通点はあるな、と改めて見ると思う。

MGKのラップは超高速でコンテストで優勝するのもわかるlyricをぶちかます。でもシャウトしているようで、まるでロックヴォーカリストのようだったから。既に昔から聞いていた彼のロックの趣味が見えていたのだ。

Travisと出会い、2人がコラボレーションすることで互いの世界が広がり、MGKはPop パンクを1990年代から現在にリバイバルさせて、Travisはプロデューサー業に活躍の場を広げて大活躍だ。

その2人が今度は、アメリカで前から人気者のCole Bennettとコラボレーションするとは!

 

大活躍している3人がタッグを組んだら、何が生まれる?

超BIG ヒットじゃあ〜りませんか?奥さん!

“【Machine Gun Kelly/ papercuts (directed by Cole Bennett)】和訳 Cole BennettとLyrical Lemonadeについて About Cole Bennett” の続きを読む