Duff McKagan’s Loaded【Dead Skin】和訳 Duff McKagan 徹底解剖 Depth Analysis

 

Happy Birthday Duff McKagan! I’ve been addicted to your powerful bass sounds for a long time. and I’ll do love you & your playing from now on.wish your wonderfull year&  live long please!

昨日、Axlのお誕生日祝い(和訳&解説&裏話)をしたので、今日はDuff McKagan のバースデイをお祝いしましょう!

前に紹介したLyraが大好きなVocalistとDufがやっていたバンドの曲が、ラブバラードだったから、今回はそのバンド Velvet Revolverの曲を和訳していたからそちらを投稿しようと思ったけれど、「Duffメインの方が良いか?」と思い直して、Duffのソロバンドを先に上げます。

Duff って色男なんだけど、それ以上にフランクで、周りを気遣う優しい人。その人柄の良さから、あちこちのバンドからお呼びがかかり、又、様々なアーティスト達とのビッグ・プロジェクトを叶えてきたんだと思う。

大体、あのワガママな人(笑)と最後まで我慢して付き合って来れた、というだけでも忍耐強さ、とサポート力や人情がある人だって分かる〜。

自分自身 Lyraもお人好しだから、彼みたいタイプがどれだけ辛い思いや嫌なことを経験してきたか身を持って分かる。それでもあの満面の笑みを浮かべられるんだからね。凄いわ〜。素敵よね。偽物の笑顔は、メッキが剥がれるように汚いから、本物かどうか一目でハッキリわかる。Duffは本物〜!それに技術力もあるんだから。

おまけに未だにハンサムと来ている!

Oh, marvelous〜♪

やる気出てくるわ〜ww

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のロックミュージシャン、マルチプレイヤー、シンガーソングライター、作家の Duff “Rose” McKagan ダフ・マッケイガン(本名:Michael Andrew McKagan、1964年2月5日 – )。

スポンサーリンク

様々なバンドでプレイして来たDufだが、1番有名なのは、Guns N’Roses で12年間ベースを演奏して来たことだろう。このバンドで、1980年代後半から1990年代初頭にかけて世界的な成功を収め、一時期活動停止状態になり、その後、ロックの殿堂入りを果たした後、2016年にバンドに復帰した。

今日紹介する主宰するバンド「Loaded」では、ヴォーカル、ボーカルとギターも務め、数々のプロジェクトに参加した実績を持つアーティストである。

*Guns N’Rosesについては、こちらなど→【Guns N’ Roses /Patience】和訳 アクセルとイジーの元カノ話 Axl & Izzy’s Exes

 

今日Lyraが和訳する曲は、Duffがソロでやっていたバンド、1999年に結成されたLoaded、又の名を Duff MaKagan’s Loaded の2011年リリースされた3 rd アルバム『The Taking』に収録されている曲【Dead Skin】。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に、又お話しましょう!

 

(click to amazon ↓↓ ) 3rd Studio Album “The Taking“ [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

“Dead Skin” is the third track of the album “The Taking” by American rock band Loaded. The Taking is the third studio album by American rock band Loaded. It was produced by Terry Datein Seattle, Washington, and was released on April 19, 2011 through Eagle Rock Entertainment. Writing for the album began in 2009, while the band were touring in support of Sick. It was the first Loaded release, since Episode 1999: Live, without drummer Geoff Reading, who, after departing the band, was replaced by Isaac Carpenter in September 2009.

=Dead Skin=

You

You’re so goddamn hard to please

You confuse and frustrate me

Why must we both go through it?

I said you

Well is it so hard to see

Those things that you do to me

Why must we keep them secrets

Break through those clouds

See the stars shine down

Find solid ground

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

You can leave it all behind

Because i

I can’t seem to get through to you

You pass this up and can’t undo

Its so clear that you’ve been wounded

So why

Must i pay now for his deeds

I’m not the one who steals and cheats

What must i do to prove it

Break through those clouds

See the stars shine down

Find solid ground

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

You can leave it all behind

I will not burn

I am not him

The past has broke him

You’re not dead and broken

(solo)

Break through those clouds

See the stars shine down

Find solid ground

Forget all what has been

Past ghosts and sins

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

And peel off all that dead skin

You can leave it all behind

 

お前だよ

お前ってスッゲーうるせぇ奴だよな

俺を混乱させて

挫折感を味あわせるし

何故俺たち二人とも

こんな経験をしなきゃいけないんだよ?

だから言っただろ

そんなんじゃ

希望を見出せるのは難しいぜ

お前が俺に対してやったいろんなこと

何故俺たちはそれを

秘密にしたままなんだ?

そんなモヤモヤぶっ壊してやる

そうしたら輝く星々を見下ろせ

厚い地面を見つけ(理由を見つけ)

壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

 

お前はそれを全て

捨て去ることができるんだ

だって俺は

俺はお前には通じないみたいだ

お前は断って

やり直すことは出来ねぇよ

お前は傷つけられたのは明らかだからな

だから何故だ?

俺は彼の行為のために

今支払う必要があるのかよ?

俺は盗んだり騙したりする奴じゃないからな

それを証明するには

俺は何をすべきなんだよ?

 

スポンサーリンク

 

そんなモヤモヤぶっ壊してやる

そうしたら輝く星々を見下ろせ

厚い地面を見つけ(理由を見つけ)

壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

 

お前はそれを全て

捨て去ることができるんだ

俺は燃え尽きたりしないぜ

俺は奴じゃない

あの過去がアイツをダメにした

お前は死んじゃいないし

ぶっ壊れてもい

 

そんなモヤモヤぶっ壊してやる

そうしたら輝く星々を見下ろせ

厚い地面を見つけ(理由を見つけ)

起きたこと全て忘れろよ

過去の亡霊と罪なんか

壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

そして壊死した皮膚を全部剥がしてしまえ

お前ならそれを全部捨てされるよ

 

Songwriters: DUFF MC KAGAN, ISAAC HEATH CARPENTER, JEFFREY JOHN ROUSE, MICHAEL JAMES SQUIRES

Translator: Lyra Sky 和訳

 

カッコイイし、この渋さがたまりませ〜ん♪

ロングヘアの昔のDuffは可愛い感じで好きですが、個人的には髪の毛が短いこの時あたりから、最近のDuffの方が好み。より素敵。

ベーシストで有名なDuff。ベースの時はパンクっぽい彼だが、このLoadedでは、正統派ロックミュージシャンぽくて、ヴォーカル&ギターもお似合い。メインストリームのチャートには、まあ、むずしいかな?とは感じるけれど、ハードロック好きのリスナーには絶対にウケるサウンドでしょう。

Loadedについて

1999年に結成された、ワシントン州シアトル出身のアメリカのロックバンド。Duff McGans’ Loadedとも表記されている。

2001年以来、バンドのラインナップには、ボーカリストでリズムギタリストのDuff McKagan(Velvet Revolver and Guns N’Roses)がメインで、ギタリストのMikeSquires(以前のNevadaBachelorsとAlienCrime Syndicate)とベーシストのJeff Rouse(以前のAlien Crime Syndicate、Sirens Sister、Vendetta Red)。 2009年以来、Isaac Carpenter(以前はLoudermilk、Gosling、The Exies)がバンドのドラマーであり、Geoff Reading(以前はNew AmericanShameとGreenApple Quick Step)が次のドラマーに変わっている。

アルバム『Taking』について

4月19日にイーグルロックエンターテインメントからリリースされた『TheTaking』。CDはベテランロックプロデューサーのTerryDate(SOUNDGARDEN、PANTERA、DEFTONES)と共にシアトルのテリー・ディティンのスタジオで録音された。『TheTaking』からの2曲は以前はデジタルで利用可能であった。アンセミックロッカー【WeWin】はワールドシリーズで演奏されたため、Duffの故郷であるシアトルシーホークスのサッカーファンを怒らせてしまった(熱狂的スポーツファンの怖さは、フーリガンを見ればお分かりだろう)。Duff 自身はSeattle Marinersのファンなんだよー。

【FightOn】は軍のベテランからインスピレーションを得ており、これらのダウンロードからの収益はPugetSoundに独占的に送られ(医療制度)ている。「このレコードは、それ自体の命を本当に奪ってしまったのだ。そして歌が進むにつれて曲は、本当に私たちにそれら自身の存在を明らかにしたんだ」とDuff は語る。

バンドがシックをサポートしてツアーをしている間、アルバムの執筆は2009年に始まり、これは、エピソード1999:ライブ、ドラマーのジェフ・レディングなしでの最初のリリースだった。ジェフ・レディングは、バンドを離れた後、2009年9月にアイザック・カーペンターが後任ドラマーになった。

Duff McKaganについて

Duffを知らない方のために…(知ってる方は、飛ばしてね)。

誕生

Michael Andrew McKagan マイケル・アンドリュー・マッケイガンは、シアトルの労働者階級のユニバーシティ・ディストリクトで生まれ育った。マリーとエルマー・ “マック”・マッケイガンから生まれた8人の子供の末っ子で、幼児期から「Duff」と呼ばれていた。(因みにこれは「アイルランドのもの」って意味なの。アイルランド系なんです)。

両親の離婚後、母親は医療ステノグラファーとしての仕事をし家族を支えた。兄のBruce からベースの演奏方法を教えられ、Princeの1999年のアルバムとBlack Flag のダメージを受けたアルバムと一緒に演奏することで彼のスキルをさらに高めて行く。

*Princeの1999については、こちら→和訳 MV【1999/ Prince】解説 Prince’s Hope エロだけでなく希望の歌

 

Duffは自伝 『It’s So Easy(And Other Lies)』で、Barry Adamson やPaul Simonon などのパンクベーシストに倣って自分を作り上げたと述べている。優等生だが、10年生でルーズベルト高校を中退したDuff。その後、GEDを取得しながら、Great American Food and BeverageCompanyのパティシエとして働いたという。彼は後に2012年の卒業式のクラスで講演した後、名誉卒業証書を授与されている。

The Clash【Train In Vain (Stand By Me)】和訳 Mick Jones恋愛事情と Paul Simononについて解説

音楽活動開始

1979–1985

1979年15歳、パンクバンドThe Vainsを結成し、ベース担当。何故かニコ・ティーンという芸名で演奏。1980年シングル「SchoolJerks」をリリース。

1980年12月〜ポップパンクバンドのTheFastbacksにドラマーとしても参加。ギタリストのカート・ブロックのレーベルNo ThreesRecordsから発行、1981年のデビューシングル「It’sYourBirthday」に参加。1981年にリリース『Seattle Syndrome:VolumeOneコンピレーションアルバムに収録された「SomeoneElse’sRoom」の曲にも参加。Duffのこのバンドの最後の公演は1981年7月。この頃、パンクバンドThe Livingでもギターを弾き、ハスカー・ドゥとD.O.A.のショーを開き、熱心なファンを獲得。1982年EP録音(それは1982年4月まで未発表のままだった)。

1982年ハードコアパンクバンドThe Fartzのドラマーになり、いくつかのデモ録音。そのうちの5つは、1990年のアルバム『You、We See YouCrawling』に収録されてる。The Farts はポストパンクバンドの10 Minutes Warning に進化し、Duffはギターを弾く。

1983年、兄弟の1人と一緒にカリフォルニア州ロサンゼルスに引っ越し、ノースリッジのブラックアンガスレストランで前菜サーバーとして働く。地元の新聞でベースギタリストの広告を見て、ギタリストのSlash とドラマーのSteven Adlerに会う。そして一緒に短命のバンドロードクルーを結成。かつてのブラックフラッグのボーカリストであるロン・レイズを含む多くの歌手をオーディションし、ガンズ・アンド・ローゼズの曲【Rocket Queena】のメインリフを含む素材に取り組んだ。Slashは、彼らが歌手を見つけることができなかったこと、そしてSteven がDuff彼と比較すると労働倫理を欠いていることから、最終的にグループを解散させたと言っていたのもあり、怠け癖?が原因で続かなかったのかも?

スポンサーリンク

1985–1997 Guns N’ Roses, Believe in Me and Neurotic Outsiders

1985年3月、Guns N’Roses のベーシストOle Beichに代わりベーシストに。SlashとSteven Adlerは、元メンバーのGunsとGardnerがそれぞれ辞めた後、2か月後にバンド加入。6月6日にトルバドールでデビューギグ。

遂に1987年デビューアルバム『Appetite For Distraction』リリース。アメリカだけで1800万枚以上売り上げ、米国史上最も売れたデビューアルバムとなった。翌年『GN’R Lies』リリースし、米国だけで500万部以上を売り上げた。(8トラック中4トラックは以前にリリースされたEP Liveに含まれてる(@ Like a Suicide )

1990年ヘロイン依存症が原因でSteven Adler解雇。後任ドラマーは、The CultのMatt Sorum 

*MattはいないけどThe Cultについては、こちらなど→【The Cult / Fire Woman】和訳 OK! バブリー! Dirty Song Lyrics

 

1991年5月2年半に渡るツアー開始、翌年の9月、待望のアルバム『Use Your IllusionⅠ』と『Use Your IllusionⅡ』リリースし、米国のチャートでそれぞれ2位と1位でデビュー、他のグループでは達成できなかった偉業を成し遂げた。だが1991年11月、Izzy Stradlinが突然バンドを去ってしまう。後任は、KillForThrillsのGilbyClarke。

1993年「The Spaghetti Incident?』リリースしたが、これは、主にパンクソングのカバーアルバムであり、前作よりも成功はしなかった。

Duffは、もともとMisfits お気に入りの【Attitude】を含む4曲のリードボーカルを引き受けた。同じ年、Duffは、デビューソロアルバム『Believe in Me』リリース。それがこのバンドである。彼はリードボーカルを歌い、事実上すべての楽器を演奏。1993年4月4日、Guns N’Roses とのツアー中に、Duffは、ファンが投げた尿で満たされたビール瓶で頭を殴られてしまう。彼は数分後に病院に送られた。Duffが襲われた後、Axl Roseは群衆にこう言った。

「俺はお前らの楽しみを台無しにするのは絶対に嫌だ。勿論、俺たちの楽しみもな。だけど誰かが瓶でダフの頭をぶつけただけで、今、アイツは演奏出来ねぇんだよ。」 「だから、ごめんな。おやすみなさい。そして、アホな奴を見つけたら、彼を殺してくれ」と言うと、Axlは、マイクを肩越しに投げ、ステージを降りた。

1995年、Guns N’Rosesは、ほぼ活動停止。Duffは、Sex PistolesのSteve Jones, Duran Duran のJohn Taylor ,そしてGuns のMatt Sorum とスーパーグループのNeulotic Outsiders を結成。もともと、ハリウッドのヴァイパールームで一緒にジャミングしている友人の集まりで、1996年にマーヴェリックレコードでセルフタイトルのアルバムをリリースした。1997年解散する前に、ヨーロッパと北アメリカの短いツアーを行っている。

1997年8月ベーシストを辞任する

マッケイガンは最近父親になり、自伝に残した決定について次のように書いています。「Gunsは、1994年〜1997年までの3年間、スタジオの家賃を払っていたが、まだ1曲もなかったんだよ(つまり1曲も作っていなかったと言うこと)。全ての機能が、安定性のために、家族関係のための俺の希望と合わなかったように思われるのは常軌を逸してるよ」

 

スポンサーリンク

1997–2002:10 Minute Warning reunion, Beautiful Disease and Loaded

1997年Guns N’Roses脱退後、シアトルに戻ったDuffは、Pearl Jam のStone Gothard ら旧友と会い、10 Minute Warningを再結成する。連邦刑務所で刑期を務めていたSteve Barwoktf の後任として、歌手のChristopher Blue が加入。

1998年サブポップでセルフタイトルのアルバムをリリース。The Fartzが最初に録音した2つの新しいバージョンの曲、つまり「Is This the Way?」を含む、9曲と 【Burried】。1998年8月22日オレゴン州ポートランドのローズランド劇場で最後のショーを行った。

Duff の2ndソロアルバム『Beautiful Disease』は、1999年にリリースされる予定がらGeffenRecordsとInterscopeRecordsの合併で流れる。Duff はGeffen の名簿から削除されその後、レコードをリリースするためのすべての商業的権利を失った。彼の不運なソロアルバムをサポートするツアーのために、彼はベースとボーカルのDuff  ,ギターの元ブラックフラッグのデズカディナ、ギターの元プレキシのマイケルバラガン、そしてタズベントレーで構成されるバンドロードを結成(以前はホートン・ヒート牧師のドラム。)1999年『ライブレコードエピソード1999』をリリースし解散。

2000年このLoadedをリードボーカルとしてやることにし、ベースからリズムギターに切り替え、ドラマーのGeoff Reading (Green Apple Quick Stepp)、ギタリスト Mike Squires(Harvey Danger)、ベーシスト Jeff Rouse(Alien Crime Syndicate) で開始。

2001年のデビューアルバムDarkDaysのレコーディング後、SquiresとRouseの両方が参加した。元アメリカ合衆国大統領のDaveDedererがアルバムのレコーディングを担当。2002年ツアー中、SquiresとRouseの両方がLoadedを離れ、Alien CrimeSyndicateに参加した。元WastedYouthとElectricLoveHogsのギタリストであるDaveKushnerと元BurningWitchのベーシストであるGeorgeStuartDahlquistが代わり加入した。

2002年にDuff とDave Kushner はVelvet Revolver を結成し、Loadedは休止状態にした。

【Velvet Revolver/ Fall To Pieces】和訳スコット・ウェイランドについて Characteristic Vocalist

 

2002–2010:Velvet Revolver、Alice in Chains、Loaded reunion、Jane’s Addiction

2007年Gods Of Metal で 2002年に結成したVelvet Revolver として出演。2004年に彼らはデビューアルバム『Contraband』をリリースし、米国のチャートで1位でデビューし、200万枚を売り上げた。2005年、バンドは3つのグラミー賞、ロックアルバムオブザイヤー、ロックソング、ハードロックパフォーマンスにノミネートされ、最初で唯一のグラミー賞を受賞したコントラバンドシングルスリザーに選ばれた。2007年、2nd アルバム、『Libertad』をリリース。バンドは、2008年4月にvocalの Scott Wayland がStone Temple Prlots に再復帰するまで広範囲に渡りツアーを行った。Scott Wayland が亡くなってからは、休止状態になっている。

2006年一時的にリズムギタリストとしてAlice In Chains に加わり、VH1のディケイドロックライブコンサートで初めてバンドと共演。その後Loaded と再会し、マイク・スクワイアーズとジェフ・ラウズがグループに戻り、同じ年にEP WastedHeartをリリース。

2009年2nd のスタジオアルバム『Sick』リリース。MötleyCrüeとBlack StoneCherryのツアーに同行し、Jeff Redding はバンドを去る。代わりにIssac Carpenterが後任に。

2010年Duffは、このブログで常連のバンドでもあるJane’s Addictionに一時的に参加し、リードギタリストのDave Nabaro は当初、Duffは恒久的にバンドに参加したと言っていた。彼はいくつかの曲に取り組み、バンドで4つのショーをこなして、ロサンゼルスで2つ、ヨーロッパで2つ、マドリッドのロック・イン・リオで1つを含。Duffがバンドに参加してから6か月後の9月6日  Jane’s Addiction は「音楽的にはすべて異なる方向に向かっていた」という事実のために別れたと発表している。

【Jane’s Addiction/ Ocean Size】和訳 夏にピッタリな歌。Lyrics

 

2010年-現在:Kings of Chaos, 彼の著者、Walking Papers, Guns N’ Roses and Tendernes

2010年10月14日、Duffは、1993年以来初めてのロンドンのO2アリーナでGuns N.Roses と一緒にステージに登場したDuff。

彼は【You Could Be Mine】でベースを演奏し、【Nice Boys】と【Knockin’ on Heaven’s Door】でエレキギターを演奏し、【Patience】でアコースティックギターとタンバリンを演奏。

その後Duff は Loadedを再開。2011年リリースされたこの 3rd スタジオアルバム『TheTaking』をリリース。12月にGuns N’Roses のオープニングアクトを2回務め、再び彼の古いバンドに一時的に【It’sSoEasy】【and other lies】などに参加。

2011年本のタイトル通り、彼は彼のキャリアの間に遭遇した物語についての彼の見解と展望を語っている。 2012年4月14日、Guns N’Roses 古典的ラインナップメンバーとしてロックの殿堂入り。そしてロックの最も有名なパフォーマーの多くで構成されたバンド、Rock’n’Roll AllStars とツアーする。このバンドは縮小され、2013年にKing Of Chaos になる。

主なメンバーは、DefLeppardのJoeElliottとJoeElliottのDownN’Outz、Guns N’RosesのMattSorumとVelvetRevolver、Guns N’RosesのGilbyClarkeとBilly Idol のバンドのSteve Steventh 。他に参加しているメンバーは、Deep Purple で有名なGlenn Huphesに、Skid Rowの元vo. Sebastian Bachらで、Deep Pursleの【Never Before】をリリースした。

この年のDuff は活動が盛んでこの他に、2012年にマッケイガンは元 The Missionary Position (宣教師の立場って凄い名前🤣) のメンバーとバンド Walking Papers を結成し、セルフタイトルのデビューアルバムリリースし、2013年彼らと一緒にツアーもしている。

2014年再びGuns N’Roses 再会し、南アメリカで5つのフルショーを行い、TommyStinsonをサポート。その後、ロサンゼルスで開催されたリボルバーゴールデンゴッドアワードショーで又Guns N’Roses と共演。ラスベガスのザ・ジョイントでのGuns N’Roses の2014年春の滞在中にバンドとの別のフルコンサートをした。

2016年Duffは、(Slash と並んで)Guns N’Roses に戻ってコーチェラのヘッドラインを飾った。2016年4月1日にロサンゼルスのトルバドールで秘密のウォーミングアップギグを演奏した後、Not in This Lifetime …ツアーに乗り出し、2019年にアルバムTendernessが5月31日にリリースされ、アルバム「ChipAway」からトラックもリリース

スポンサーリンク


【Dead Skin】歌詞について

DUFF MCKAGAN’S LOADEDの「DeadSkin」のビデオと歌詞を合わせて考えれば、男女関係のもつれや、女に利用されている男性の女性への不満と、自分とちゃんと付き合ってほしい気持ちから出た愚痴の内容ですね。でも深読みすると、ダメな男に利用された人間(男女問わず)に対して、「あんな風にはなるなよ」と忠告あるいは、戒めの言葉をあげているようにLyraは感じました。

190cmの長身でベースを低く構えて演奏するDuffがLyraは大好きなんですが、それよりも気さくな人柄が好きなんです。

Guns n’roses 結成初期、やる気のないメンバーの尻を叩き、ツアーのブッキングを積極的にしてり、バンドが成功に向かう手助けをしたのは、Duffですから。

あと今回Duffを久しぶりによ〜く観察していたら、彼はTeenagerの時にパンクバンドやらパンクロッカーを志していて、Sid Viciousに強い影響を受けて南京錠のあのチェーンネックレスつけていた時代もあるほどの男な為「ああ、だから、あのゴリゴリベースが出るんだわ〜」と一人ニヤニヤすると共に、どうやらLyraは、そんなベーシストが好きなんだな、と自らの趣味も再確認できたので、今回のDuff McKaganを掘り下げる記事を書いて良かったな、とも思う次第でありまする。(Rachel Bolanもそうだしね〜)。

まあ、同郷のKurt Cobainと不仲だったのはショックだけど、最後には仲直りしてKurtがなくなる数日前に飛行機内で再会して、仲良く話していたそうな。フレンドリーでよかった。Axlとは、まだギクシャク?ぽいが、Izzy Stradlinとは仲良しで、2008年にIzzyがリリースしたソロ・アルバム『Concrete』にゲストとして参加している。

2008年にフェンダーUSAからDuffが長年使用していたベースを完全コピーしたDuff McKagan ベースが発売されたり、偉業も成し遂げている反面、2005年2月9日Zepp TokyoのVelvet Revolver Japan Tour 2005-の最終公演で【Set Me Free】を演奏後ピック投げたら、指輪も一緒に飛んじゃってお客さんに探して貰ったと言うおっちょこちょいな面もあるらしくて、Cuteだわ。

 

(click to amazon ↓↓) 3rd Studio Album “The Taking” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

人柄の良さ、お茶目さは、友人だけでなく一緒に仕事をする人たちの幅を広めているのも素敵だ。映画製作者でドキュメンタリーのジェイミー・バートン・チェンバリンによる、アルバムに関する長編映画にLoadedが撮影され、アルバムが映画のサウンドトラックとしても役割を果たしているなど、このアルバムの貢献している場は多岐に渡る。

あと彼の興味の対象、活動も幅広く、アメリカで銃販売における身元確認をより厳しくすることや、軍仕様の武器や大容量の弾倉の販売を一般人には制限することを求めるなど、銃規制にアトラクティブな面もLyraはDuffをリスペクトしているポイント。何故なら、平和を唱えるだけでも今のアメリカは、ピリピリした情勢だから、勇気ある行動を起こしてる人は、リスペクトすべきだと思う。

タイトルのdead skin は、壊死した皮膚や、角質のことだが、それは悪事や悪癖、悪い人間達との付き合いetc…を捨て去り、前を向いて生きろと言うことだと思う。

何となくこの時期のDuffの諸々を考慮すると、ダメなアイツとは、Axlか?もしくはオーバードーズで亡くなったあの Scottかな?なんて頭に浮かんでしまった。

ならば、愛する人への忠告は、共倒れしそうになっている仲間がもしれないし、悲しくてダメになりそうなDuff 自分自身なのかもしれない。

強くて明るくてエネルギッシュなDuff McKagan、、、「そんなパワフル人間のDuffも弱さで壊れそうになるのかな?」と考えたら、「Lyraのハートも壊れそうになる〜」なんて母性本能ダダ漏れで Duff McKagan最高〜♪とウルウルしています。

Happy Birthday Duff McKagan Love You〜☆

Loaded (also known as Duff McKagan’s Loaded) is an American rock band from Seattle, Washington, formed in 1999. Since 2001, the band’s line-up has included vocalist and rhythm guitarist Duff McKagan (Velvet Revolver and Guns N’ Roses), lead guitarist Mike Squires (formerly of Nevada Bachelors and Alien Crime Syndicate) and bassist Jeff Rouse (formerly of Alien Crime Syndicate, Sirens Sister, and Vendetta Red). Since 2009, Isaac Carpenter (formerly of Loudermilk, Gosling, and The Exies) has been the band’s drummer, replacing Geoff Reading (formerly of New American Shame and Green Apple Quick Step).

 

In July 2009, singer and guitarist Duff McKagan announced, during Loaded’s tour, that the band were writing new material for their next album. He said that they have some “great ideas and riffs” that the band wrote during their tour. Loaded parted ways with record label Century Media in February 2010 with the band continuing the work on new material. Prior to the beginning of recording, producer Terry Date approached the band and offered to produce the new album, with recording beginning, at Studio X, in August 2010, and completed by the beginning of September. On October 28, it was announced that the band had signed a deal with Eagle Rock Entertainment for the release of their album. In November, Blabbermouth.net announced the album’s title, The Soundtrack, with a release date scheduled for March 22, 2011. It was later revealed in interviews with guitarist Mike Squires and filmmaker Jamie Burton Chamberlin that the album title was changed to The Takingand the release date was changed from March 22, to April 19, 2011.

A feature-length film about the album, as well as Loaded, by filmmaker and documentarian Jamie Burton Chamberlin has been filmed, with the album serving as the film’s soundtrack.

Dead Skin”, the new video from DUFF MCKAGAN’S LOADED — the band led by VELVET REVOLVER/ex-GUNS N’ ROSESbassist Duff McKagan. The song comes off the group’s new album, “The Taking”, which will be released on April 19 via Eagle Rock Entertainment. The CD was recorded at a Seattle-area studio with veteran rock producer Terry Date (SOUNDGARDEN, PANTERA, DEFTONES). Two tracks from “The Taking”, were previously made available digitally. Anthemic rocker “We Win” was played during the World Series and riled up football fans for McKagan‘s hometown Seattle Seahawks. “Fight On” draws inspiration from our military veterans, and proceeds from these downloads go exclusively to the Puget Sound Healthcare System.

“This record really sort of took a life of its own, and the songs really revealed themselves to us as we went along,” says Duff.

Terry Date came into the picture at a time when his genius ear helped to capture a sonic theme for the record.

“You can’t underestimate what a guy like TD brings to the table.

‘The Taking’ is the closest thing to a ‘concept’ record that I have ever been involved with. Pain, loss, triumph, and redemption. Life. Bring it.”

Personnel

Loaded
  • Duff McKagan – lead vocals, rhythm guitar
  • Isaac Carpenter – drums, percussion
  • Jeff Rouse – bass guitar, backing vocals
  • Mike Squires – lead guitar, backing vocals
Production
  • Terry Date – production

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。