【Deftones/ Be Quiet And Drive(Far Away)】和訳 平和の音 Melting Pot for Peace

人間見かけで判断されることが殆ど。

そりゃ、初めて会った人のパーソナリティなんて、瞬時にわかるわけない。

だから、仕方がないと言ったらそれまでだけど、個人的にはLyra自身は、いつも、常に、ニュートラルでいたい。

相手が王室関連の人間でも、ホームレスであっても、

弁護士だろうが、地下アイドルにりたい子だろうが、人間対人間でありたい。

まあ、そんな差別なしで誰とでも同じ態度で来たから、信じられないくらいのHappyを手に入れたこともあるし、逆に態度デカいと、目つけられたりもした。

でもこの時代を一緒に生きているんだもん。

色眼鏡で見ないで、わかり合おうよ。

その方が生きるのが気持ち良い。

“【Deftones/ Be Quiet And Drive(Far Away)】和訳 平和の音 Melting Pot for Peace” の続きを読む

和訳【The Disaster Area/ Glasshearts】ミュンヘン発 Bring Me The Horizon似の繊細男子 解説

一聴して「オッ!」となるバンドって、意外と多い。

色々なジャンルの音楽が好きな人は、Lyraのこの惚れっぽさ w が分かっていただけると思う。

心のキャパが広いと言うか、惚れるストライク・ゾーンが広いと言うか。

ただの尻軽と言わないで。

だって惚れても、そこから先、皆んなが皆、続くわけじゃないのだから。

マジで好きになるバンドは、ずっと好きになる。The DoorsやRHCPやDepeche Mode等等…。

そこから先よね。

惚れた後、ずっと好きで居られる音って。

それが本物。

“和訳【The Disaster Area/ Glasshearts】ミュンヘン発 Bring Me The Horizon似の繊細男子 解説” の続きを読む

【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!

Happy Birthday Don Dokken! Here’s a long-distance “Happy Birthday” to you from Japan.

今日はDon Dokkenのお誕生日ってことで、彼のバンドの曲を和訳してBirthdayをお祝いしましょっ!

Heavy Metalのコピーバンドをやっていた時に、色々歌った中で、Dokkenも良くやったので思い出の曲の1つかもしれない〜。

だからどれにしようか迷った。

で選んだのは、このデビュー曲。

Heavy Metal バンドだけど、DokkenってPop Rockの曲が多いバンド。

この曲も聴きやすく美しいメロディが、きっと皆さんも気にいるでしょう。

それに歌詞がめちゃくちゃ、ダサい、、、演歌みたい。ビデオはその上を行く面白さだから大注目よ!

“【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!” の続きを読む

和訳【Korn/ Blind】解説 True Face& Shelter 心の拠り所

今日はRockの日〜!(6月9日で69)

だから本当は、ゴリゴリメタルとかね、やるべきかな?って考えたんだけど〜。

今日の気分はメッタ・メタ・Metalって感じでもなく、何かReggae〜とかBlues なんだよ〜。

だから真ん中取って(どこが真ん中⁉︎) 、ちょいゴリ・ミクスチュアーてのは、どう?

ちょいちょいCD聴いているこの方達のMVを久しぶりに見たら、あらびっくり!

アディ男がいたり(addidas 着てる男性を勝手にLyraがそう呼んでるだけ)「そういや初期は、この人達こうだったわ!」と、改めて思い出すこと然り、、、。

「サウンドも、ギターとか変態度が高かったな〜」と、スケーターやギャングスタのファッションをしている昔の彼らをみて、新鮮な思いに駆られた。

音楽って凄いね。

色んなことを思い出したり、新しい発見がある。

そして人によっては、思いの丈をぶちまける場になったり、愛を囁いたりするツールにもなる。

今日選んだ曲は、Vocalの感情をぶちまけたものだ。

思いを伝える。

それは救いを求めるのに似ている気がするよ。

“和訳【Korn/ Blind】解説 True Face& Shelter 心の拠り所” の続きを読む

和訳解説【Love Removal Machine/ The Cult】Ian Astburyについて Talk’bout Love

Happy 58th birthday to Ian Astbury! I wish you every happiness! With love.

と、めでたい特集みたいになっている今週のLyraのブログ〜。

「好きなアーティストに、Lyraと同じ牡牛座さん達が多いのね〜」と改めて思って嬉しくなってるお。

The Cultは大好きバンドだから、前に何回か取り上げたけど、「お気に入りのこのアルバムからの曲を忘れてた!」とビックリ。

The Cultと言えば、超売れた『Sonic Temple』をみんな上げがち…

Lyraもあのアルバムが大好きで、聴きまくって来たお気に入りだが、実は、今日取り上げるアルバムの方が、よりR&Rしてるのだ!

変身前、変身後だと、「変身中!」と言った不思議なスタンスにあるアルバムなの。

でもThe Cultが、今のような骨太ハードロッカーになる姿を見れる貴重な音源だ!

IanのBirthdayを祝うために、今日はノリノリのR&Rをお届けするぞ!

“和訳解説【Love Removal Machine/ The Cult】Ian Astburyについて Talk’bout Love” の続きを読む