Guns N’ Roses【Sweet Child O’Mine】和訳アクセル・ローズ元妻とトラウマ Axl and Erin Everly

Happy Birthday Axl Rose and Duff McKagan! Wish you’ll have happiest days in this year.

今日はAxlと Duffのバースデイなので、Guns N’Rosesの曲を和訳解説して、彼らの誕生日を皆んなでお祝いしましょう。

恥ずかしながらGuns N’Roses好きな先輩方に、無理矢理 Axl をやらされていた為、歌いながら「Izzy Stradlinが1番好きなのにな」と思いながらも、Axlネタが気になる女になってしまいました(何やソレ?!🤣)

だから前にこのブログで、Chris Cornellの歌う【Patience】(和訳 ガンズとクリス・コーネル正しい和訳Chris Cornell R.I.P.)について書いた時に、Chrisを取り上げたいが為に、先に元ネタを書いた方が良いと考え、Guns N’ Roses ヴァージョンの【Patience】の記事を書いたのですが、その時に、和訳だけでなく、AxlとIzzyの昔の恋愛まで異常に詳しく書いてしまったのは、これが理由なんです。

まあ、世間的には超デラックスな2ndアルバム『Use Your Illusion』時代に付き合っていた Stephanie が有名でしょう。ですが、個人的にはAxlがヤバいくらいに本気で好きで結婚しすぐ離婚した今日紹介するAryn の方が好みです。

Axlは今でこそ、金髪にブルネットに、と女なら何でも来い状態になりましたが、昔はブルネットとしか付き合わなかったので「やっぱりArynが忘れられないんだわ」なんて思ってしまうのはLyraだけでっか?

アタイだけ?

ミーハーで悪かった…しかし、詳しいだけより、詳細な解説とミーハー根性の両方があるほうが、読む人は楽しいでしょ?

それにこの曲はGuns N’Rosesイチ売上がよく、人気もある作品だから、一緒に聴きながら楽しみましょう!(Duffネタは、また後日しますね。)

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロスアンジェルスで結成されたロックバンド、Guns N’Roses ガンズ・アンド・ローゼズ。略して GN’R とも呼ばれていたらしい…。

スポンサーリンク

1985年結成。1989年デビュー曲で注目を集め、大ヒット連発し、全米で4,200万枚、全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録した。

その後メンバー間の問題から活動休止が続き、2000年代中頃から活動再開。ウォール・ストリート・ジャーナルの史上最も人気がある100のロックバンドで9位。

*Guns N’Roses については、こちらなど→Guns N’ Roses【Welcome To The Jungle】和訳 本当の意味と完璧さを解明 An Evanescent Life

 

今日Lyraが和訳する曲は、Guns N’Rosesの 1987年8月21日リリースの デビューアルバム『Apetite For Destruction』の3rd シングルとして1988年6月22日にリリースされた大ヒット曲【Sweet Child O’Mine】。バンド唯一の米国シングルナンバー1に輝いた曲である(1989年には再リリースし、英国シングルチャートで6位)

詳しい解説は、Hipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) debut Album “Apetite For Destruction” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“Sweet Child o’ Mine” is a song by American rock band Guns N’ Roses. It appeared on their debut album Appetite for Destruction. The song was released in June 1988 as the album’s third single, and topped the Billboard Hot 100 chart, becoming the band’s only number 1 US single. Re-released in 1989, it reached number 6 on the UK Singles Chart.

=Sweet Child O’ Mine =

[Verse 1]

She’s got a smile that it seems to me

Reminds me of childhood memories

Where everything was as fresh as the bright blue sky (Sky)

Now and then when I see her face

She takes me away to that special place

And if I stared too long I’d probably break down and cry

[Chorus]

Woah-oh-oh! Sweet child o’mine

Woah, oh-oh-oh! Sweet love of mine

[Verse 2]

She’s got eyes of the bluest skies

As if they thought of rain

I hate to look into those eyes and see an onle of pain

Her hair reminds me of a warm,safe place where as a child I’d hide

And pray for the thunder and the rain quietly pass me by

[Chorus]

Woah-oh-oh! Sweet child o’ mine

Ooh, oh-oh-oh! Sweet love of mine

[Post-Chorus Instrumental Break]

[Chorus]

Oh yeah! Woah-oh-oh-oh! Sweet child o’ mine

Ooh-oh, oh, oh! Sweet love of mine

Woah, oh-oh-oh! Sweet child o’ mine, ooh yeah

Ooh! Sweet love of mine

[Guitar Solo]

[Outro]

Where do we go?

Where do we go now?

Where do we go?

Ooh, Where do we go?

Where do we go now?

Oh, Where do we go now?

Where do we go? (Sweet child…)

Ooh, Where do we go now?

Ay, ay, ay, ay, ay, ay, ay, ay

Where do we go now? Ah-ah-ah-ah-ah, wow

Where do we go?

Oh, Where do we go now?

Oh, Where do we go?

Where do we go now?

Where do we go?

Ooh, Where do we go now?

Now, now, now, now, now, now, now

Sweet child, sweet child o’mine

 

あの子は俺に子供の頃を思い出させる

微笑みをするんだ

地球上の何もかもが

新鮮だった

眩いばかりの青空みたいに

(空みたい)

時々あの子の顔を見るば

俺を特別な場所へと連れて行ってくれるのさ

そして長く見つめ続けていると

多分俺は圧倒されてしまって

泣き出してしまうだろう

 

ウォーオ、オ!

俺の美しくて可愛い君

ウォーオ、オ、オ!

俺の美しい恋人

 

スポンサーリンク

あの子は真っ青な青空の瞳をしている

それも雨のことを考えていそうな瞳でね

俺はその瞳を覗き込み

僅かな痛みを見るのが大嫌いなんだ

あの子の髪の毛は

俺に暖かくて安全な

子供の時に俺が隠れていた場所を

思い出せるんだ

それも雷と雨に

今すぐ去って行ってよ

と願ったあの時の場所を

 

ウォーオ、オ!

俺の美しくて可愛い君

ウォーオ、オ、オ!

俺の美しい恋人

ああ、そうさ!

ハア〜、オーオ、オ!

俺の美しくて可愛い君

ウォーオ、オ、オ!

俺の美しい恋人

ハアー、オー、オー、オー!

俺の美しくて可愛い君

ああ、そうだよ

ウォーオ!

俺の美しい恋人

 

どこに行くの?

今、俺たちは、どこに行くんだ?

どこに行くの?

ああ、俺たちはどこへ行くんだ?

今、俺たちはどこへ行くんだ?

ああ、今、俺たちはどこへ行くんだ?

どこへ行くの?

(可愛いお前…)

ああ、俺たちは今、どこへ行くんだ?

アイ、アイ、アイ、アイ、アイ、アイ、アイ、アイ

ああ俺たち、今どこへ行くんだ?

アー、アー、アー、アー、アー

ワオ

どこへ行くの?

ああ、俺だは今どこへ行くんだ?

ああ、どこへ行くの?

俺たちは今、どこへ行くんだ?

どこへ行くの?

ああ、俺たちは今らどこへ行くん

今、今、今、今、今、今、今から

可愛いお前、

俺の美しいお前

Songwriters: Slash, Axl Rose

Translator: Lyra Sky

 

クレジットはGuns N’Rosesになっているが、この曲は、AxlとSlashの2人の共作だと言われている。歌詞はAxlで、音の作業はSlashが一人で作ったらしい。Producerは、Mick Clink。

Music Video

ビデオクルーに囲まれたメンバーを、オン&オフで(プレイ中と、休憩中)の両方で撮影しているだけのシンプルなビデオ。シンプルなのが好きなLyraはこのほうが好きで、当時のメンバーの彼女が全員揃っているのも(全員別れているが)ミーハーな私としては嬉しい。このスタジオは、ハンティントンパークのメンディオラのボールルームで、リハーサルをしているバンドを描いている。

Lyraってこのネタを毎回説明している気がしますが(笑)、AxlのガールフレンドであるErin Everly* 、父親が The Everly Brothers のDon Everlyです。この歌詞の対象が彼女なんだなー。因みに、Duff のガールフレンド、Mandy Brix マンディー・ブリックス、ガールズバンドのThe Lame Flames のメンバーで、Izzy のガールフレンドは、前に紹介した Angela Nicoletti。Stephen のガールフレンドは、Cheryl Swiderski。Slash のガールフレンド、Sally McLaughlin 、そしてIzzy の犬も紹介されている。

とてもいざこざが起きてるバンドには見えない、フレンドシップに溢れたビデオが功を奏してMTVでヘビーローテーションされたおかげで、ハードロックの枠を超えてメインストリームのラジオ局でかけてもらえるようになり、大ヒットしたのだ。

【SweetChildo’Mine】をMTVやラジオ局に売り込むために、Slashのギターソロの多くを削除し、ラジオの編集/リミックスのために曲を5:56から4:13に編集している。

このカットは、ローリングストーンとの1989年のインタビューでコメントしたAxk を含むバンドの怒りを引き出したと言える、、、

「俺は「スウィートチャイルドオーマイン」の編集が嫌いだ。」とAxlは言っていて、ラジオ局は、「まあ、まあ、あなたのボーカルはカットされていませんよ」と言っている。

「曲のお気に入りの部分は、Slash のギターソローだ。それは俺にとって最も重い部分だよ。コマーシャルのためのより多くのスペースを作成することを除いてそれが欠けている理由はない。それでラジオ局の所有者はより多くの広告費を得ることができるんだよ。【Pardise City】のチョップドバージョン、または【Sweet Child O’mine】と『Patince】の半分をカットするから、困惑してるよ。」とショックを隠しきれないAxlだった。

 

スポンサーリンク

製作秘話

【Sweet Child O’Mine】は、Guns N’Roses のデビューアルバム『Appetite For Destruction』の9曲目の曲だ。この曲はGNRの最も成功したシングルとなり、Billboard Hot100にランクインした。

ギターソロは、ギターワールドで史上37番目に偉大なソロとしてランク付けされてもいるから、ロック史に残る作品なのだ。驚くべきことに、1テイクで録音されたと言うのも注目すべきだ。 歌詞は、当時のガールフレンドのErin への献身と、フロントマンのAxl Rose によって書かれた。ギタリストのSlash が階下でギターで遊んでいたら、それをAxlが聞いて、必要な音楽の裏付けを見つけたのだ。

ネタの曲?

 2015年、オーストラリアのウェブサイトMAX TVは、1981年にバンドAustralian Crawl によってリリースされた曲【UnpublishedCritics】との驚くべき類似性を明らかにした。

SweetChildO’Mine】をレコーディングしたDuf McCagun は、類似点は驚くべきものだと語った。 2015年にRadio.comとのインタビューで

「それはかなり素晴らしいです。でも俺たちは彼らからそれを盗んでなんかいないよ!俺は[彼の手を彼の心に置く]誓うよ。俺は数日前までその歌を聞いたことがなかったんだから!」と語っていた。事実は神のみぞ知るだ。きっとDufは知らないはず。

レコーディング

サンセットストリップのバンドの家で、ジャムセッション中に、ドラマーのStephen Adler とSlash がウォーミングアップし、Slashは、Stephen と【Circus】のメロディーを演奏し始めまた。リズムギタリストのIzzy Stradrin がSlash にもう一度演奏するように頼んだ。Izzy は、幾つかのコードを考え出し、Duf McKagun はベースラインを作成し、Stephen はビートを構築していった。

彼の自伝の中で、Slash は「1時間以内に俺のギターの練習は何か別のものになった」と言っている。リードボーカルのAxl Rose は、2階の部屋でミュージシャンの話を聞いていて、歌詞を書くように促され、翌日の午後まで書き上げた。

これはガールフレンドのErin Euerlyに基づいており、レーナード・スキナードが「心からの気持ちを確実に得られるようにする」ためのインスピレーションとして役立ったと宣言しているほどだ。

バーバンクでの次の作曲セッションで、バンドはブリッジとギターソロを追加。プロデューサーのスペンサープロッファーとデモを録音したとき、彼は曲の最後に何か追加することを提案。

メンバーは同意。だが、何をすべきかわからなかったと言う。ループでデモを聞いていると、ローズは「どこに行くの?今どこに行くの?」と自分に言い聞かせ始めた。

そしてプロファーは彼がそれを歌うことを提案。映画「ビッグ・ダディ」のクレジット中に、ライブバージョンの半分と新しく録音された1999バージョンの半分をフィーチャーした代替バージョンが作られた。

 

Slashは、バンド最大のヒットシングルであるにもかかわらず、この曲が特に好きではないと何度も言っていた。

インタビューで「 俺は、それを嫌いではなかったが、【Sweet Child O’Mine】は好きではなかった。そして、それは俺の意見がどれほど信頼できるか皆に分からせることにもなる。愛する実際のリフ自体、しかし歌自体しかし同時に、それは素晴らしい歌だ—俺は、それをノックしていないしかし同時に、それは私たちの残りの、ある種のschtickにちょうど適合していない。

この曲の執筆に最も貢献したのは、ギタリストのSlash とボーカリストのAxl Roseの2人です。Axlがほとんどの歌詞とボーカルのメロディーを書き、Slash はほとんどのインストルメンタルを書いた。

曲について

ギターソロ

かつて史上最高のリフとして選ばれた今では有名なイントロは、Slash が「このばかげた小さなリフで遊んでいた」ことから始まり、Axl Rose の注目を集めた。

5分以内に、バンドはSlash の周期的なリフを曲の骨に取り入れた。Slash はRolling Stone で、リフについてもう少し話している

それは影響の組み合わせだ。ジェフベック、クリーム、ツェッペリンから、驚くべきものまで、マンフレッドマンのバージョンの「BlindedBy The Light」や、ジェリーラファティの「ベイカーストリート」のソロが組み合わさっているのだ。

【SweetChildO’Mine】が書かれたとき、俺にとっては冗談でした。そのリフを思いついたとき、私はぐるぐるとしていた。俺にとってそれは悪夢だったよ。なぜなら、奇妙な理由で、誰もがそれを手に入れ、次にあなたが知ったのは、それが歌に変わっていたからで、俺はそれを永遠に嫌いだった、ギターソロ自体は、ワンテイクの自発的なものだ。リハーサルで何度も演奏していたので、レコーディングに関しては、メロディーがどこにあるのかが正確にわかり、とても簡単になったんだ」

コーラス

この曲には、各コーラスの後に長さが長くなる3つのインストルメンタルブレイクがある。3番目の手の込んだソロが最も注目に値するだろう。この曲をラジオ局に売り込むために、先程記したように、スラッシュのギターソロの多くを削除して曲を短くした。 Axlはラジオ編集を嫌い、1989年にRollingStoneに次のように語った。 「スウィートチャイルドオーマイン」の編集は嫌いです…この曲の私のお気に入りの部分はスラッシュのスローソロです。それは私にとって最も重い部分です。コマーシャル用のスペースを増やす以外に、それが欠落している理由はありません。そのため、ラジオ局の所有者はより多くの広告費を得ることができます。」

Slashは、この曲は悪夢だと言って嫌っていたようだ。

「俺にとっては冗談だったんだ。そのリフを思いついたとき、周りにいた感じで、悪夢だよ。なぜなら、奇妙な理由で、誰もがそれを手に入れ、次にあなたが知ったのは、それが歌に変わっていたからだ。私はそれを永遠に嫌いでした!ギターソロ自体は、ワンテイクの自発的なものです。リハーサルで何度も演奏していたので、レコーディングに関しては、メロディーがどこにあるのかが正確にわかり、とても簡単になったよ」

 

(click to amazon↓↓) “Use Your Illusion 1” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

歌詞について Lyrics

先に述べたように、彼女について歌うラブソングでメロディも爽やかな感じだから、誰しもがラブラブな曲だと思うだろう。

だがLyraは、内容を知れば知るほど「本当に可哀想なAxl」とAxl Roseのトラウマの深さや、悲しみから逃れられない繊細な人と感じて悲しくなってしまう曲だ。

スポンサーリンク

出たしの歌詞からして暗い気分になってしまう仕上がりで、主人公が彼女の笑顔について考えるとき、愛しいと言うよりも彼が幸せですべてが良かった彼の人生の時を思い出させ切なくなっている。

子供のような笑顔は、無垢で素直だと言うことだ。私達は残酷なエゴイスティックな社会でそれを失っていく、成長とともに。だから、少女の笑顔は、まるで「新鮮な空」のように、純粋な幸福の本能を思い起こさせるのだ。

Axl Rose はトラウマ的な子供時代を過ごし、当時は、痴漢と虐待に苦しんでいた。この歌詞は、彼女の笑顔が彼が持っているいくつかの楽しい子供時代の思い出を彼に思い出させる方法を象徴しているので、特に重要な説明文だと解釈すべきだと思う。

子供の頃が恋しくてたまらないのもあるようで、それは今よりも人生が楽だったからだ。そんな時代を長く考えすぎると泣き出しまうものだ。主人公は、相手への愛を感じてはいるだろう。だがそれ以上に、その愛を上回る痛みを感じているのだ。

歌詞の中の「特別な場所」とは、残忍な世界から解放された、罪のない愛の心の空間を指している。彼女は彼をその空間に連れて行き、彼は現実の生活が実際にどのように苦しんでいるのかを理解しているので、ハートが崩壊してしまい、泣いてしまうのだ。

彼は、幼馴染の恋人である彼女を通して、最初の愛を見たようにも感じてしまう。そして彼らが一緒に「たむろ」していた場所にまっすぐに帰っていくのだ。

彼がまだ彼女と一緒にいて、あまりにも長く見つめていると、彼の人生はどうなるか?涙が溢れ溜まるのを感じることができる歌詞から、落ち着きを保つために目をそらさなければならないのだろう。

 

(click to amazon↓↓) 2nd Album “Use Your Illusion 2” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

このように Axlは、多くのソングライターのように、彼の恋人の体の一部分を切り取り、それらを他のものと比較する。

この彼女の髪の場合だと。子供の頃の記憶を呼び起こす、、、つまり、外の嵐を恐れている子供が晴れるまで隠れている場所の記憶なのだ。

Axlは、彼が殴打され、彼の妹がレイプされるという苦痛な子供時代を過ごして来た。だからここで彼はそのすべてから隠れられる場所を髪に例えているのである。

Axl のガールフレンドであり、将来の元妻になるArin Averlyは後に、Axl Roseと結婚したのは、彼女がそうしなかったら、彼が自殺すると脅したからだと主張している。言うまでもなく、結婚は非常に短命だった。 Arin は、曲のミュージックビデオに出演しているカーリーヘアの人です、わかると思うけど念のため。(*最後の方に彼女について書いているので、興味ある人はお読みください。)

まあ、特に深読みすることはないが、なぜ彼はガールフレンドのことを「子供」と呼ぶのか気になる人がいるかもしれないので、書くと、海外では良く好きな人をこう呼んだり、可愛く呼ぶのでそれも理由だが、彼女が彼の子供時代を思い出させると言うこともあり、彼女は子供と同じくらい無垢な存在として、Child = 子供というワードを選んだのだ。

 

「目は、口ほどにものを言う」とよく言われる。目は、魂への入り口として海外でも説明されているの。

Axlは、この女性の目を覗き込んで悲しみを見たくないと主張している。だが、彼女を主人公が殴ったことを考えると、おそらく少女の目には多くの痛みが見られたのもあるのを忘れてはいけないだろう。

愛する人と別れるには女には理由があるのだよ、、、。 (ってない場合もあるけれど)

Lyraの深読みポイントはどうでしたか?事実を知るとただの明るいラブソングだと思っていたのが、ドス黒い過去の思い出から逃れられない男の、愛する人への助けてほしいと言う悲痛な思いにも思えてくる。

Axlにしろ、Linkin ParkのChester にしろ幼い頃のトラウマがいかに深いものか分かり身につまされる。

*和訳【One More Light / Linkin Park】自殺を止めた歌 解説 Lyrics of Linkin Park Save A Man from Suicide

 

愛する形は、人それぞれ違う。でも思いやる気持ちや行為は皆、同じだ、、、相手を護りたい、大切にしたい。

ただそれだけだと思う。どんな思いをしてきたか考えるだけで、激しいものが見えてくるようだ。

前にも書いたがErinが昔、相互フォローしてくれていた時、家族皆んな仲良しで、それこそセレブみたいに息子さんや旦那さん達と仲良く遊んでいるのを見て嬉しかった。

それが心無い人達が誹謗中傷し始めて、次第におかしな人達が集まり、色々な事を言い出して、アカウントはなくなってしまった。無理もない、気持ち悪くなるようなことを書かれていたから。人間が1番怖い。何故悪人がいるのだろう?Axlの元妻だったから標的にされるなんて酷過ぎる。

Gunsには色々と男女関係やドラッグネタなどドス黒い話が多い。当時のショービズあるあるだと言って仕舞えば終わりだが、上手くいくはずのことも、上手くいっていたはずのことも壊れてしまう。愛とは儚いものなのだろう。

そう考えると、愛する人の瞳をずうっと見ていられるこの時を大切にしないといけない。

当たり前の時は、プレシャスなものなのだから。

青空のような青い瞳。実際のErinは、そう見える写真もあるが、茶色っぽい。どちらかと言うとAxlが青に近い緑だが、、、

二人は一つと言うことか?とLyraは思う。辛い過去も、現在も、未来も、二人一つに溶け合って生きていきたい、と言うAxlの願いもあったのかなると感じるからだ。

悲しくって、刹那い孤独なAxlの想いと、自分自身傷だらけで、また誰かを傷つけてしまうAxlと言う男の愛を受け入れて、一緒に苦しみ、喜び、また傷つけられたErinの想いの両方が、私に押し寄せてくるようで、やっぱり【Sweet Child O’Mine】は、刹那くてたまらない泣けるラブソングだ。

永遠ってあるの?

 

(click to amazon ↓↓ ) Debute Album “Apetaite For Destruction- BoxSet” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Erin Everlyについて

カリフォルニア州ロサンゼルス1965年11月8日に生まれ。エヴァリーブラザーズの父と、彼女の母、ベネチアスティーブンソンは、女優で後に布デザイナーになった人。母方の祖父ロバート・スティーブンソンは監督、彼女の祖母であるアンナ・リーは女優だった。父方の祖父は才能のあるギタリストであり、祖母はミュージシャンでした。彼女には、音楽業界でキャリアを築いたエダンという兄弟と、女優になったステイシーという姉妹もいる。

子供の頃、エリンはディクレシアで苦しんだそう。ディクレシアは、読字障害と言われている障害。彼らはこの病気が遺伝性であると言われている。

ロサンゼルスのサンフェルナンドバレーのシャーマンオークスにあるバックリースクールで兄弟と一緒に大学進学の為に通学していたが、後に両親が財政状態悪化で、公立学校に転校。1970年代頃には両親は離婚。離婚は父親のドラッグ問題と言われている。

198216歳で、彼女はニューヨーク市に移り、モデルと女優として成功したキャリアを築く。1980年代に彼女は広告やコマーシャルに出演し、BebeGuessJordacheなどのブランドのプロモーションを行った。 1988年、彼女は「Sweet Child O Mine」のインスピレーションになり、Axyl Roseと共に彼のバンドとこのビデオで共演した。 1992年にウィルヘルミナモデルエージェンシーと契約も結ぶ。

ErinとAxlは、1986年に出会い、彼らの恋愛は4年間続き、結婚。1990428日にラスベガスのキューピッドインチャペルで結婚式が行われたが、残念ながら、彼らの結婚はわずか10か月しか続かなった。

何故、離婚を引き起こしたか?は、噂になったが、Erinは後に、Axl との結婚は虐待的なものだったので長続きできないと語っていた。彼女は元恋人を肉体的および性的暴行で非難し、彼を訴えた。彼女は、Axl がずっと前に亡くなったドラマー、John Bhonam  ジョン・ボナムの精神に取りつかれていると信じていたと言っている。Erin は、前夫Axlが彼らがインド人だった過去の生活についての奇妙な見方も説明していて、彼女が彼らの子供たちを殺したと説明していた。

離婚を申し立てた彼らの結婚は、Axl が彼の妻Arin を見つけたときにそれを撤回した、Erin は子供と一緒だった。彼女は後に流産し、これが彼らの結婚を終わりに向かわせたのだろう。彼らは最終的に10か月後に離婚することに同意し、19911月に別れた。それでも彼らの話は1991年に終わらなかった。1994年に、数百万ドル相当の訴訟が最終的にAxl Rose に対して提起され、彼はErin Everly に支払いを行って訴訟を終わらせた。いくら支払ったか数字は公表されなかった。

Erinが1991年にAxl と別れた直後、彼女はMatthew Nelson とわずか1年で交際し、その後、彼女は1992年に異なる時期にDonovan Reech と Anthony Keidis とも付き合う。

*Anthonyについては、こちらなど→ Red Hot Chili Peppers【Subway To Venus】和訳 恋の狩人 Anthony Kiedis! Love Hunter Anthony

Erinは、その後、1997年に John C と再婚、。Portman Holding の副会長であり、John Portman およびジョージア州アトランタのアソシエイツでもあったPortman 。結婚する前に、Joahnna Portman いう子供がいた。

Erin とJohn には3人の子供がいた。EresEsperという名前の2人の女の子とEasonという名前の男の子。しかし、彼女の最初の結婚と同様、Erin Evarly とJohn との2回目の結婚も2006年に離婚し終わる。

 

(click to amazon↓↓) 1st Studio Album “Appetite For Destruction” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“Sweet Child O’ Mine” is the 9th track of Guns N’ Roses’ debut album Appetite for Destruction. The song became GNR’s most successful single, topping the Billboard Hot 100.

During a jam session at the band’s house in the Sunset Strip, drummer Steven Adler and Slash were warming up and Slash began to play a “circus” melody while making faces at Adler. Rhythm guitarist Izzy Stradlin asked Slash to play it again. Stradlin came up with some chords, Duff McKagan created a bassline and Adler planned a beat. In his autobiography, Slash said “within an hour my guitar exercise had become something else”. Lead singer Axl Rose was listening to the musicians upstairs in his room and was inspired to write lyrics, which he completed by the following afternoon. He based it on his girlfriend Erin Everly, and declared that Lynyrd Skynyrd served as an inspiration “to make sure that we’d got that heartfelt feeling”. On the next composing session in Burbank, the band added a bridge and a guitar solo.

When the band recorded demos with producer Spencer Proffer, he suggested adding a breakdown at the song’s end. The musicians agreed, but were not sure what to do. Listening to the demo in a loop, Rose started saying to himself, “Where do we go? Where do we go now?” and Proffer suggested that he sing that. An alternate version featuring half a live version, half a newly recorded 1999 version plays during the credits of the movie “Big Daddy”.

The guitar solo was ranked as the 37th greatest solo of all-time by Guitar World. Amazingly, it was recorded in one take.

The lyrics were written by frontman Axl Rose as a dedication to his then-girlfriend Erin Everly. Once he heard guitarist Slash noodling downstairs, Axl found the musical backing he needed.

In 2015, the Australian website MAX TV revealed the song’s striking similarity to “Unpublished Critics,”a song released in 1981 by the band Australian Crawl. Duff McKagan, bass player for Guns N’ Roses during the recording of “Sweet Child O’ Mine,” said the similarities were startling. Speaking to Radio.com in 2015: 

It is pretty stunning. But we didn’t steal it from them! I swear [puts his hand on his heart], I never heard that song until a couple of days ago.”

Slash has stated multiple times that he is not particularly fond of this song, despite it being the band’s biggest hit single. In an interview he explained why he wasn’t too keen on it:

I didn’t hate it, but I wasn’t fond of “Sweet Child O’ Mine.” And that gives you a good idea of how credible my opinion is… The actual riff itself I love, but the song itself… But at the same time, it’s a great song—I’m not knocking it—but at the same time, it just did not fit in with the rest of our, sort of, schtick.

The two largest contributors to the writing of this song are guitarist Slash and vocalist Axl Rose. Rose wrote most of the lyrics and vocal melodies and Slash wrote most of the instrumental.

 

The now-famous intro, once chosen as the best riff of all time, started as Slash was “fucking around with this stupid little riff,” which caught Axl Rose’s attention. Within five minutes, the band had worked Slash’s cyclical riff into the bare bones of a song.

Slash told some more about the riff to Rolling Stone:

It’s a combination of influences. From Jeff Beck, Cream and Zeppelin to stuff you’d be surprised at: the solos in Manfred Mann’s version of “Blinded By The Light” and Gerry Rafferty’s“Baker Street.”

(click to amazon↓↓) “Guns N’Roses Tshirts“ [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Break

The song has three instrumental breaks increasing in length after each chorus with the third elaborate solo being the most notable.

In an effort to make the song more marketable to radio stations, the song was shortened with much of Slash’s guitar solos removed. Axl loathed the radio edit,  telling Rolling Stone in 1989:

I hate the edit of “Sweet Child O’ Mine”… My favorite part of the song is Slash’s slow solo; it’s the heaviest part for me. There’s no reason for it to be missing except to create more space for commercials, so the radio-station owners can get more advertising dollars.

2nd Guitar Solo

This guitar solo is widely known as the best guitar solo in history. In fact, this came in on Rolling Stones as the greatest guitar solo ever.

Apparently, however, Slash didn’t feel same-way:

When “Sweet Child O’ Mine” was written, it was a joke as far as I was concerned. I was just fuckin’ around when I came up with that riff. To me it was a nightmare because, for some strange reason, everyone picked up on it and, the next thing you knew, it had turned into a song. I hated it forever! The guitar solo itself is a one-take, spontaneous kind of thing. Having played the song at rehearsals enough times, when it came to recording it I knew exactly where the melody was and it came real easy.

 

The “Sweet Child O’ Mine” who inspired the song’s lyrics was Axl Rose’s girlfriend at the time, and future ex-wife, Erin Everly. She was the daughter of Don Everly, of The Everly Brothers.

Erin would later claim that she married Rose solely because he had threatened to kill himself if she did not. Needless to say, the marriage was very short-lived. Everly also appears in the music video for the song.

Why does he call his girlfriend child? One could imagine that she reminds him of his childhood—she is as innocent as a child.

Indeed. “Blue skies” are also seen as perfect weather, so looking into them would be a good omen.

Eyes are described as a gateway to the soul. Although Axl claims that he does not want to look into this woman’s eyes and see sadness, he probably saw a lot of pain in the girl’s eyes considering he beat her.

Axl had a painful childhood where he would get beaten and his sister would get raped. So here he’s referring to the place he hid away from all that.

Personnel

  • W. Axl Rose – vocals
  • Slash – lead and rhythm guitars
  • Izzy Stradlin – rhythm guitar, backing vocals
  • Duff “Rose” McKagan – bass guitar, backing vocals
  • Steven Adler – drums

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。