Jimmy Eat World【The Middle】和訳 大どんでん返し Upset Win

 

何だコレ?涙が出てくるじゃん?

良くお買い物巡りをするLyra。先日サーフショップで物色中に、ああでもないこうでもないアドバイスしまくって騒いでいたら、この曲がかかった。その途端、気持ちが上がり「うわっ、懐かしい!」と叫んで皆で歌いまくり。

オマケにこの歌詞がもう、今の気持ちのツボというか、Jimmy Eat Worldのメンバー自身が自分達を奮い立たせるために歌っている歌詞だから、久しぶりに聴いて涙が出そうになったの。運命だわ。

泣いてしまう歌詞と言うのは人それぞれ。

ドツボってるような歌詞で泣く人もいるし、失恋の歌で号泣する人、愛を確かめ合うのに必死な歌詞でウルッと来る人…と人それぞれでしょう。

Lyraもラブソングや刹那い歌詞で好きな人の愛を再確認にして共感、ウルッと言うのが1番多いけど、それと同じくらい、真っ直ぐで、汚れのない気持ちを放つ、励ましの言葉や生きる為に相手を思いやるメッセージ性の強い歌詞に泣けてしまうのだ。

今日Lyraが和訳するこの曲が正にそれ。

聴いているとパワーが出てくるし、曇りがない真っ直ぐな言葉に、ついホロリと来て泣いてしまった。

聴いてる人のどれだけの人に届くかはわからない。でもこの真っ直ぐな思いは、下ばかり見て嘆いてる奴らの顔を、必ずや前へと向け、先へと歩むために必ずや歩みを即すパワーを与えるだろう。

それも気持ちの良い、このメロディに乗れば、必ずや誰かの胸に響き、助けるだろう。

大丈夫。

絶対に上手くいくよ。

“Jimmy Eat World【The Middle】和訳 大どんでん返し Upset Win” の続きを読む

【I’m Not Okay (I Promise)/ My Chemical Romance】和訳 エモバンド嫌いなバンドのエモい歌 A Band for People with Young Heart Forever

最近刹那い曲ばかり聞いて、寝る時はJimi Hendrixって感じの日々が続いてる。

ただね… Lyraの刹那いってのが曲者で、周りにいる普通の音楽しか聴かない人には「はあ〜?こんな激しい曲のどこが刹那いの?」ってなるのよね。

何故、わかんないのかしらぁ〜、この刹那い歌詞が?

皆んなの認定印つき刹那いは、Jujuか?米津玄師か?

それならLana Del ReyやCreamの方が刹那いぞ!…エロいけど。

そして、今日ピックアップするこの曲も刹那いよ〜。

刹那いを通り越して、情けなくて泣けるって所まで行っちゃうけど笑)。

随分前にこのブログで取り上げた時は、【アメリカン・ホラー・ストーリー】絡みで和訳したのだが、書きながら「良いバンドだったから又、復活して欲しいねッ」と書いたら、見事復活してしまったのだから凄い!奇跡⁈

*【アメリカン・ホラー・ストーリー8 黙示録】第1話 ネタバレ感想あらすじ 「あの人がゲスト出演!」American Horror Story8-1

今もなお、蒼く、真っ直ぐで、モジモジしたり怒ったりしてる彼らは、変わらず燃えている。

ロックと言う炎を燃やしながら、ずっとモヤってる気持ちを刹那い歌詞で叫び続けていくのだ。

“【I’m Not Okay (I Promise)/ My Chemical Romance】和訳 エモバンド嫌いなバンドのエモい歌 A Band for People with Young Heart Forever” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.