【Mod Sun/ Down feat.Travis Barker】和訳 トラヴィス・バーガーとモッドサンの男前度 Nice Guys Blues

ノリに乗っている奴ら。

このブログで良く取り上げるTravis BarkerとMGKことMachine Gun Kelly 界隈は、今や熱いを通り越して周りを燃やし続け、太陽の様に光を放っている。

彼らが売れれば、売れるほど周りも活気づく。群がる民の多いことよww

当初の2人の目的は、容易く達せられたんじゃないかしら?「Pop Punkをメインストリームへ」

これは大成功。ラップとレゲトンまがいのPopsしかなかったアメリカンチャートに、彼らは介入し。いとも簡単に玉座を作ってくれた。

あとはどこまで、このブームが続くか?だ。

今まであった一過性の音楽業界ブームで終わるか?それとも定着させることができるのか?

先週、彼らの仲間でこのブログでも和訳&解説したMod Sunが新曲をリリースした。

今回はTravis Barkerとタッグを組んで、Pop Punkぽいテイストのパーティーソングが出来上がった。

公私共に絶好調のMod SunとTravis Barker。

幸せオーラふりまいてるじゃん!

歌詞も幸せモード。だがやはりそこは、Pop Punk。

チョッピリ悲観的。

う〜ん。Travis絡むとやっぱり悲しみがチラチラとチラつく。

それもチラチラと燃える、蒼い炎。

ああ、私達のハートに燃えてる蒼い炎を再燃させたいのだ。

“【Mod Sun/ Down feat.Travis Barker】和訳 トラヴィス・バーガーとモッドサンの男前度 Nice Guys Blues” の続きを読む

【blink182/ What’s My Age Again?】和訳 blink182の青春ソングの作り方 How To Compose of blink182

メッチャ笑うこのミュージックビデオと言い、ふざけた態度でやんちゃしていたPunksだった彼らも、今やTeenagerのパパなんだから、… さぞや理解のある親になったに違いない(笑)!

現にメンバー皆んな子供達と仲良し。

特にTravisは、良く娘や息子達とあちこち遊びに行っているし、息子は、この前紹介したMGKの映画にドラマー役で出演してるしで、パパをリスペクトしているのが良くわかる。

【Downfalls High】マシン・ガン・ケリーの映画ネタバレ・エモい感想 ツッコミポイント(映像有り) あらすじMachine Gun Kelly’s Grease

 

MTVの勢力はもう弱くなっているけれど、当時の彼らが、おもしろビデオでどれだけ名声を得たか?

どれだけ影響力があり、Pop Punkを盛り上げ一時代を築いたか?がわかる。

それが理解できると、タダの裸で走り回るアホな奴らじゃないことがわかるだろう。

この時代の申し子とも言うべき彼らが、RancidやGreendayらとPop Punk人気を世界的な物にした功績は評価されるべき。

パンク界のヒットメーカーのプロデューサー、Jerry Finn ジェリー・フィンと共同制作した同アルバムは、パンクにもかかわらず洗練された音作り、キーボードの使用、複雑なドラムパターンなど、斬新な作風が話題を呼んだ。

blink182の楽曲を色々と和訳して来たが、今日のは歌詞は、いつもの青春切ない系だがアホさ全開!

MTVでヘビロテされたMVは、バカ笑いしながら見れるから、Lyraの和訳と一緒に楽しんでねッ!

“【blink182/ What’s My Age Again?】和訳 blink182の青春ソングの作り方 How To Compose of blink182” の続きを読む

和訳【The Distillers/ Drain The Blood】解説 Brody Dalle’s Punk Queen&Mom

冗談か本気か?

歌ってのは、感情を表すツールの一つ。それも1番原始的な表現方法だ。

爆弾並み💣

それがRockだと、ある意味ノリで成立してしまう。

そこが、Rockのキモ。

でも、どこまでが冗談で、どこからがマジなのかは、線引きが難しい。

映画もそうだね。

表現するって、危険と隣り合わせなのよ。

だからってお利口さんにしてるだけだと、物足りないし。

受け手( Listener )の皆が、寛容な心を持っていれば、何も問題はない。

でも今の世の中、そんなうまく行く?

まるで拗れてしまった恋愛のよう。

分かり合う為には、想像力を働かせないと。

そうすれば過激な歌詞もただの恋バナになる。

上手くいけばの話だが。 “和訳【The Distillers/ Drain The Blood】解説 Brody Dalle’s Punk Queen&Mom” の続きを読む

和訳【Ruby Soho / Rancid】解説 stalwart rock 猛者、登場!

懐かしいRancid!

ライブに行くと、VocalのTimと同じ髪型にしたい男子達が皆トロージャンにしていたり、びょう付きリストバンドや革ジャン着ていて面白かったのを覚えてる。

Summer Sonicで久しぶりに来日した彼ら。

単独ライブも今夜やっているから、来日記念がてら、Rancid の熱いライブを感じてLyraの和訳を読んで下され〜♪

“和訳【Ruby Soho / Rancid】解説 stalwart rock 猛者、登場!” の続きを読む