【Johnny Thunders/ Hurt Me】和訳 Johnnyからのメッセージ Johnny’s Messages

Happy Birthday Johnny Thunders! I’ve always been healed by your song, so I’d like to express feeling to thank You so I give you translation of your song. Wishing you a stress-free birthday.

今日は、Johnny Thundersのお誕生日だから、彼の曲を和訳してJohnnyを偲びましょう。

New York Dollsの頃の煌びやかで激しい感じも良いし、Heartbreakersのパンキッシュなワイルドさも格好良いから凄く迷ったのだけど、やはり優しいJohnnyの歌声が好きなので、一般ウケはしないかもしれませんが、「天国にいるJohnnyを想うならば、じっくり聞きた方が良いかな?」と感じたので、アコースティックの素敵な曲をお届けします!

マニアックなアルバムと言われているけれど、Johnnyを感じるには最適なアルバム。

一緒に聴いてねッ。

“【Johnny Thunders/ Hurt Me】和訳 Johnnyからのメッセージ Johnny’s Messages” の続きを読む

【Dirty Honey/ Rolling 7s】和訳 解説 王道ロックンロールに酔いしれて Feel Kingship R&R

ベタベタなハードロック。

日本では、ちょいダサい部類に入っているのが何とも寂しいところ。

確かにHRもヘヴィ・メタルも日本では、時代遅れみたいな立ち位置にあるせいか、「Heavy Metal好きなんだあ〜?」と半笑いで言われるから歯痒いのよね。

「何聴いても良いじゃない」と別に気にしていないよ。

ただね〜勿体ない気がしちゃうのよね。

北欧は、毎年音楽の大きな祭りがあって、年に数回あるミュージックフェスティバルには、ヘヴィ・メタルだけの祭りも幾つかある。

その時期は、町中が音楽で溢れ、ドイツなんか道端に、Jazzやってる場所もあれば、Heavy Metalバンドが演奏していて、その向こうにはEDMのDJが歩いてる人達に好きな音を流してる。

ジャンルを区切ること自体がダサいと思ってるLyraだから、HRとかHMと聞いて決めつけて、半笑いする人々が嫌いなのよ。

アメリカのハードロックやHMも未だ根強い人気。

皆んな、時代が止まったようなファッションで、熱く音楽を語る。熱心なフォロワーさん達が多いし、皆んな音楽を楽しんでいる。

ベタすぎるのは毎日聞きたいわけじゃないけど、無性に聴きたくなる時がある。

何も考えずに「恋しようぜ」ってハードロックの曲は単純明快で、良い感じ。

今日は何も考えずにロックしよう。

そんな時に聞いたら気分が良くなる酒が合いそうな曲を和訳しましょう。

“【Dirty Honey/ Rolling 7s】和訳 解説 王道ロックンロールに酔いしれて Feel Kingship R&R” の続きを読む

【The Wait/ The Pretenders】和訳 Kindness Of Heart 優しさと愛を! 解説

Happy Birthday James Honeyman-Scott! I’m lucky to meet your beautiful songs & your guitarsounds. Pretenders’ songs make me happy. Wish you’re enjoying to plapy the guitar at there.

今日はPretendersの格好良い音を鳴らすギタリストJames Honeyman-Scott のバースデイをお祝いする為に、彼のバンドの素敵な曲を和訳&解説しちゃいましょう。

去年もJamesのバースデイをお祝いしたから、あれから一年経ったなんて月日が経つの早すぎに感じる。

Pretendersと出会ったのは、小学生の頃で、小さいながらに彼らが、格好良くてポップでお洒落な音を出すバンドと思っていた。

でも大きくなって聞き直してみると、メンバー全員がメチャクチャ演奏が上手くてびっくりしてしまう。

それにポップなのは彼らがお洒落だったからそう感じただけで、実はとても難解な事をやりながら、パンクやハードロックだったりと、何でも出来てしまうボーダレスなバンドだったのが分かるのだ。

それは才能も技術力もあるからできる事なのよ。

特に、Jamesはヘヴィメタルぽいギターを弾いたりするから面白い人。

そしてPretendersは、物凄くリアルな歌詞を歌う、大人なバンドだと言うことにも気づいた、、、。

聞けば聞く程、味があるバンド、それがPretendersなのだ。

“【The Wait/ The Pretenders】和訳 Kindness Of Heart 優しさと愛を! 解説” の続きを読む

【Roll Over Beethoven/ Chuck Berry】和訳解説ブルーズに憧れたロックン・ローラー Rock’n’roller Who Wanted To Play Blues

Happy Birthday Chuck Berry㊗️と言うことで、毎年Chuck の誕生日に、お祝いを兼ねて和訳&解説して来ました。

「今年は何にしようかな?」と迷って、今回は色々なアーティストがカヴァーしている、この曲を和訳しちゃいましょう。

上の写真の Keith Richards みたいにフォロワーが多く、慕われてきたのもChuckの人柄の良さだろう。

Chuckが作ったR&Rの名曲の中から、皆がこれを選ぶのも「わかる〜」と思える歌。

“【Roll Over Beethoven/ Chuck Berry】和訳解説ブルーズに憧れたロックン・ローラー Rock’n’roller Who Wanted To Play Blues” の続きを読む

和訳【Thirty Days】Chuck Berry 解説 危ないあの子にホの字 Roostersカバーもね!

Your tunes always make me dancing, Chuck Berry! I feel that I don’t have to count the years & count the wishes during listening to yours! Thanks for letting us feeling yours, Chuck.

っでことで、今年もChuckの命日に素敵な曲を紹介するよん。

ラブラブなラブソングだけど、そこは、Chuck!

めちゃくちゃ危なくて、お茶目な歌詞だから!

Sexyな曲が大得意なLyraだけど、変態・危険な歌詞もLyra に、お・ま・か・せ!

行ってみよ〜♪

“和訳【Thirty Days】Chuck Berry 解説 危ないあの子にホの字 Roostersカバーもね!” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.