【ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン2】第2話ネタバレあらすじ 解説「オットー、おっとっと」感想 House Of The Dragon2-2

 

「物凄くお金がかかってるな」と言うドラマの代表が『Game Of Thrones ゲーム・オブ・スローンズ』。そしてその直系ドラマであるこの【House Of Dragon ハウス・オブ・ザ・ドラゴン】もかなりの豪華な作り!お伽話から抜け出てきたような舞台設定と壮大な天下取り物語が、より作品をプレシャスな物にしている。

…だが今シーズン2…何やら方向性を迷っているのか、ストーリーが変わって来ている。今までは「誰が王座につくのか?」という「七国の天下取り」物語を面白く、時には気持ち悪く(笑)描いてきたのだが、その血生臭さがメロドラマへと移って来ているのだ。

何だかグレン亡き後の【The Walking Dead ウォーキング・デッド 】のような…アレ?これAMCじゃないですよね?(笑)

今日の【ハウス・オブ・ドラゴン】シーズン2第2話は更に泥沼化していきます。男女関係も親子関係も人間達の嫌な面がてんこ盛り。

そしてビックリするのが、Lyraが【House Of The Dragon】を見なければならない理由がいきなりこの第2話で無くなるんですわ、これが!

おいおーい!「お前、何してくれてる!」って怒り心頭。何だよ、アイツ、国中から無能と呼ばれてる癖に、頭おかしくなって国を滅ぼす気か?

さあ、誰がいなくなり、誰がアホなことをやらかしたか?

早速、Lyraがドラゴンのいる世界へとご案内いたしましょうww

“【ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン2】第2話ネタバレあらすじ 解説「オットー、おっとっと」感想 House Of The Dragon2-2” の続きを読む

【The Chemical Brothers/ Wide Open ft. Beck】和訳 ケミカル・ブラザーズとベッグのコラボ 断捨離ソング

 

自己をなくすと言うのも難儀なもの。
「嬉しくて堪ら〜ん!」とエキサイトする時以外、自己をなくした事がない。

自己を無くしたオカシイ人間を反面教師にした方が良い。笑えるくらい愚かで、社会の縮図を垣間見れるから底辺の人間観察が出来る。

狂人間達がストーキングするのは、暇だから。中には金がないからって人もいる。だから妬むのでしょう。

幸せな人やリア充の人を羨み、何もない自分を哀れんで高みにいる人を真似するも、無理する為に疲れて、底辺にいる自分を嘆き苦しむ…そのくせアホな人ほど自己承認欲求が強いから嘘を並べ自分で自分の首を絞めることになり病気が進行…哀れ〜。

中には「好きになって」と言う変人まで登場。狂ってるでしょ?

Lyraは好きな物を好きと表現してるだけ。

だからミュージシャン以外は好きにならない何て変な趣味はないし、スポーツ出来なきゃ眼中ナシなんて思った事もない。だからバンドやってましたアピールや、サッカーやってます、ボクシングやってます、アピールも全く何の効果もありませんよ〜。第一その前に、自分に対して悪事を働く人間を好きになる?なる訳ないでしょ。

命に関わる怖い目にあった事がない人じゃないと分からないだろう。経験ある人は理解してくれると思う…ジワジワと迫るホラー映画の様なんだわ、この恐怖。

毎度「Lyra様が反応して下さった!わ〜い、嫌がらせしなきゃ」ってやるから狂ってる。きっと女王様にひれ伏す奴隷なんでしょう。

私は優しい人しか好きにならない、ただ普通に私を愛してくれる人しかね。それが普通だろうに。

だから汚物は洗い流す。

毎回トイレに行って、貴方が自分自身を流してる様に。

“【The Chemical Brothers/ Wide Open ft. Beck】和訳 ケミカル・ブラザーズとベッグのコラボ 断捨離ソング” の続きを読む