Amy Talk 鍋つかみ、耐熱グローブ

今日の断捨離 片付けの心得片付けのこころえ
で書いた、可愛い猫とカエルの鍋つかみを長いあいだ使って来ました。

アメリカ製だからが、中身が日本のより可愛くてお気に入り!

だけど古くなって使用してると中側がワタが出て来て不便になっていたから買い替えしました。

で、新しく買った物を紹介するお約束をしましたので、実際の使用感などなど、ご紹介します。

img_1261

真っ赤すぎた?

しかし、これ普通のキッチングローブ=鍋つかみじゃないのだ。

Amy Talkという会社から出ている、鍋つかみ、耐熱シリコン手袋。

 

 

種類は、鍋つかみ。なんだけど、耐熱シリコン手袋としても表記されています。

他の表記は、バーベキュー用グローブとも書いてあったり、滑り止め防水クッキンググローブ5本指、キッチン手袋と、表記されていて、これだけでもこの手袋の多様性を表しているのがわかります。

サイズは27cm ×  18cm  × 3cm 。

フリーサイズ。指が長くて大きめの私の手を入れてもブッカブカです。だからと言って動かしにくくなくてスムーズに手が動きます。男の方でも余裕で全然つかえますよ。

私はこの真っ赤な、レッドを買いましたが、他にブラック、グリーン、オレンジがあり4色展開になっています。

スポンサーリンク

私は、今まで鍋つかみはミトン形式ばかり使って来たから、使い勝手が分からない5本指は、どうなのかと心配になりましたが、使用感を試してみたいからあえて5本指に挑戦してみまたしたよ。

これが、正解!

断然ミトンより使い勝手が良いです。指が動かしやすくてバーベキューに使えるくらいだから、熱々の食材もこの手袋をつけたままで皮をむいたり、パッケージを開けたり出来ました。

今までは、ミトンだから熱々のお皿などを、オープンや電子レンジから取り出して一度テーブルなどに置いてから、付けているミトンを外してからお皿の上の物を手にしていました。

しかし、新しいこの鍋つかみは、指が自由に動かせる上に、防水だから、汚くなれば洗えるから気兼ねせずに、そのままダイレクトにお皿の上の物を触れます!

ワンクッション置かなくて済むから調理がしやすくなり、時短になりましたよ。

材質は、食品等級の高級シリコンを使っているせいか、柔らかくて普通のシリコン製の手袋よりストレスがかかりません。動かしやすいです。

シリコン製て固いけど、これはキシキシないの。

勿論、シリコン製だから、普通の布製の鍋つかみやキッチングローブと違い洗えますよ!

その上、食洗機OKだから、面倒臭がり屋さんにも嬉しいですね。

スポンサーリンク

表面が凸凹だから、滑らずに持てます。

耐熱、防水。

220度からー30度の差もOK!

熱すぎてオーブンから出せない!とか、熱くて皿が持てない!とか、そんなことばかりだったから、

今回の買い替えで1番重視したのが、この220度までの熱いのが持てる!ということでした。

探すとなかなか200度越えは無かったんです。不思議だっだー、だって料理だと熱いの当たり前なのに、無いなんてね?

滑りにくいし熱くてもOK。

お湯でサッと洗えるし、汚れがついても気にせず使えるのが布製の鍋つかみより使い易いです。

まだ、バーベキューには使ってないけど、このキッチングローブをしながらトングを持てるから熱くなくて大活躍ですね。

本当、こんなに使いやすくて洗えて汚れを気にしなくて済むなんて!

早く買い替えすればよかったぁ。

新しく鍋つかみ、キッチングローブを買う方は、是非こちらを試した方が良いですよ!

新しく買い替えしなくても、汚れそうなら、これを買っておいて既存のと使い分けるのが良いでしょう。

img_1261

amazonで買いました。

届いた時は、こんな感じに入っていました。

img_1260

2枚組みだから、両手つかえます。

鍋つかみはなぜか1枚しか入っていないのがほんとんど!何故なんでしょうね? (両手分を買うのに2枚を別々に買い揃えるのってへんね。)

こちらは、これ1個買えば、2枚入っていて両手使えますから本当に良かったァー!

 

これで¥1090て安いわ!

今回はスッゴク良い買い物をしました。

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪