【ストレンジャー•シングス4】第8話ネタバレ解説「愛だろ?愛!」あらすじ感想 Stranger Things4-8

→【あらすじ: 後編】の続き

 

エディ「軽いけど頑丈。頼れる奴が俺様だ。追放者エディは、2度と逃げんぞ」

ダスティン「はは、バットるんだろ?」とゲラゲラ笑う。

だがエディは真顔。

ダスティン「バット(コウモリ)だからバットる、て言ったんだよ。だろ?B・A・T…あーあ、滑ったか。」とガッカリ。

だがエディは、ダスティンにタックルしてまた2人でおふざけタイムになる。そして

エディ「ダスティン。ダスティン・ヘンダーソン。お前は変わらずそのまんまでいれや。なっ?」と微笑む。

ダスティン「??このままのつもりだよ、ずっと」と、意味がわからないダスティンをエディは、ハグした。

槍はルーカスとエリカが作った。

スポンサーリンク

スティーヴは、ロビンと爆弾造り(火炎瓶)。さっきのヴィッキーの彼氏が大したことない奴だと慰めてやるスティーヴ。

ロビン「もう良いよ、スティーヴ。世界滅亡の前にアタシの失恋なんか吹っ飛ぶから。大丈夫」

スティーヴ「諦めるにはまだ早いぞ」

ロビン「バッドエンドだってあるよ。恋愛の話じゃなくて、今回もしかしたら失敗するかも」と言う。スティーヴが「反対なのか?」と聞く。

ロビン「マトモじゃない奴らばかりだけど、アタシ達以外に誰がやる?…やるしかないしょっ」と微笑んだ。

 

イレブンが目を覚ますと、首に爆弾がつけられていた。父ブレナー博士が、イレブンが逃げない様につけたのだ。

すると警報が研究所に鳴り響いた。博士が、兵士に聞くと「サリバンの連中が来ました。見つかったみたいです」と言う。

ジープが4台ヘリ2台でやって来た彼らは、研究所に押し入り、中にいるもの全員撃ち殺した。サリバンは、手錠されているサムを見つけ、イレブンの居場所を聞くが、全く口を破らないサム。

ブレナー博士は、イレブンを抱きかかえて、研究所から脱出。だが地上には、研究者達が全員殺されたまま、砂漠に放置されていた。

イレブンを抱え、博士が立ちすくんでいるとヘリが発砲して来た。背中など数カ所を負傷してしまうが、それでもイレブンを抱き抱えたまま走るブレナー。

が、更にスナイパーに背中を撃たれてブレナーは、地面に倒れ込んでしまう。

イレブンは砂漠に放り出され、薬で意識朦朧。スナイパーは、ヘリから上司のジャックサリバンに無線で「少女はどうしますか?」と聞くと、「殺せ」と命令。

引き金をスナイパーが弾こうとしたその時、遠くから「ぷっぷっプープー」と車のクラクションが。

ヘリの兵士が見ると一台のバンが、こちらに向かって来る。

マイク達だ。

地面に這いつくばっているイレブンを見つけ大興奮の4人は、彼女を救出するために車を飛ばす。

スナイパーは「早く少女(イレブン)を撃て」と命令されて、再度ライフルを構えるが、イレブンの姿がない。

スコープで探し、やっと見つけたが、イレブンは、立ち上がっており。左手の掌をこちらに向け仁王立ちしていた。

するとヘリコプターが左右に揺れ始める。イレブンが超能力で、減りを制御不能にした。そして叫び声と共にヘリコプターを墜落させた。

黒煙が上がる砂漠で、イレブンは、パワーを取り戻したのだった。

 

 

マイク達が駆け寄り、皆で再会を喜ぶ。だが「早く逃げないと」と兄ジョナサンが言い、イレブンが首の爆弾に手をやると、カチッと音がして外れた。ブレナー博士が、リモコンでスイッチを切ったからだ。

後ろを振り向き、父ブレナー博士の元に歩いていく。

ブレナー「イレブン、お前は私の誇りだよ。私の家族だ。私はお前のことを守りたかったんだ。全てお前のためにやったんだ。分かった、といってくれるか?」

イレブンは、周りを見渡す。たくさんの人たちが死んでいるのを。

だからイレブンは、「さようならパパ」とだけ言い、父を置いてバンに乗り込みマイク達と旅立った。

サリバン達が、地上に上がると、イレブンを乗せたバンが砂漠を走り去って行くのが見えた。

 

車内でマイクは、隠れ場所を探そうと言うが、イレブンは今夜中にホーキンスに帰らないとダメだと言い張る

ジョナサン「何言ってんだよ、ここから3000kmも離れてんだぞ!」

イレブン「今夜帰らないとみんな死んじゃう」

ウィル「死んじゃうって、誰だよ?ねぇ、誰が?」

ちょうどその頃、スティーヴが運転する、ダスティンやナンシー、マックス達を乗せたキャンピングカーが、ホーキンスの目的地へと向かっていた。

珍しく誰も車内で喋らず、黙っていた。これからの戦いを胸に、真剣な面持ちで。

第一目的地である、一家惨殺事件があった、ヘンリーの家にキャンピングカーが着くと、マックス、ルーカス、エリカの3人が降りた。

キャンピングカーは、ゆっくりと走り出す。3人はデカい屋敷を見あげた。

肩で息をしながら、気合をいれるマックス。戦いを挑む様に3人は、力強く幽霊屋敷に入って行くのだった、、、。

7.【Lyraの感想】

まさかまさかの、ラストシーンで大好きな

Journeyの【Separate Ways】がBGMで使われるとは!何てクールなの!

*この曲については、こちら→Journey【Separate Ways(Worlds Apart)】和訳【ストレンジャー・シングス4】で名誉挽回 名曲について Reborn by StrangerThings4

 

マックス達3人が、ヴェクナを倒すために、まず最初に行動して、マックスが囮になる。

あの3人だけで、ヘンリー/One/ヴェクナの実家であり、ヴェクナが現世界にいる悪の巣窟に入るのが、非常に心配で仕方がないです〜

おまけに、Kate Bushの曲を聞かずに、おびき寄せて、気をひくのだから、大丈夫なんか?心配よ。

だって、ルーカス1人じゃ頼りないんだもん。頼りになるエリカは、思考は頼りなるし、口も達者だが、まだおチビさんでしょ?力が弱いしww、大丈夫か?

今回のシーズン4は、前半の7話が3年ぶりでやっと見れたと言う感動もあったからか、今までの3シーズンより内容が濃くて、完成度も高く、ホラーとしても青春ドラマとしても面白くて、尚且つ、癒されるシーンもあったと思う。

それは人間関係の描き方が、とても丁寧だったからだ。伏線張り巡らしたまま回収せず(この回収って言い方は嫌い、だが、あえて)、ほったらかしで話を無理やり終わらせてしまう例のドラマと違い、かなり計算された作品でお見事。もうドラマの域を超えていると思う。

今までの3シーズンで、視聴者側が知らされていなかった事実や惨劇のきっかけなどが描かれていたのも、今まで以上の観客を虜にした所以だろう。

特にLyraが大好きな俳優が出演すると数年前に聞いた時は、小躍りしてしまった!「早くシーズン4が始まってほしい」と願ったものだ。そうして実際見たら、まさかのヴェクナ役だから笑った!本当、人間離れした役ばかりやるなあ。だけど、肝心のヴェクナ/ワン/ヘンリーが、今回の第8話では、最初にチョロッと出てきただけ。

それも特殊メイク姿だけで、「全くあの顔が拝めんやろがー!」と、今回初めて、大好きなドラマの画面に向かって叫んでしまったわん。

休憩中のヴェクナさん。大変よね、暑いだろうな(笑)。ご苦労様です。

この後半戦は、たった2話だが4話くらいの内容濃い話を、ギュッと2話にまとめた感じ。だから、映画2本分の長さはある。あわせて3時間半あるからね。

最新のCGを使い「ドラマだからしょぼい」何て誰にも言わせない迫力がある映像が魅力だ。

内容は、今までのシーズンで起きた事件の謎を解いた感じ。もう視聴者の疑問は、ほぼ無くなったに違いない。

イレブンは、父親に利用されていたショックはデカかっただろうけど、真相を知ることで毒親からの呪縛を断ち切った。ある意味この回は、自立の話だったかもしれない。

あんな親いるのかね?自分の研究のために、娘を利用したり、奥さん殺す様な事したり、ありえんな。マッドサイエンティストだね。

同じサイエンティストでも、サムは、今回から父親っぽい目でエルのことを見てる気がした。

「私達が決めるんじゃない、イレブンに決めさせろ」は、研究対象としてではなく、1人の少女を人間として女性として、きちんと対処してると感じた。今までのサムからしたら随分良い人になったな、と思ったけど、色々あったし、狂っている=行き過ぎのブレナー博士を側で見ていたらまともにもなるよな、と思う。

 

スポンサーリンク

ヘンリーにしろ、エルにしろ、人間形成していく上で大切な子供時代や青春時代を奪われてしまったわけだから、取り返しのつかないことを繰り返すべきではないと、サム・オーウェンは、気づいたのだろう。

この第8話でブレナーは、銃で撃たれ、砂漠に倒れたまま終わったが、あれは生きてるでしょうね。しぶといから…。ただ次シーズンで生きていれば死ぬでしょう〜、それも無残な死に方さ〜。

サムも拷問受けたけど生きているね。シーズン5でサリバンに利用されて、下手するとイレブンが巻き込まれそう。だが彼もイレブンの理解者だから生き残って欲しい。

イレブンの自立と成長物語だった、と書いたけど、それはメンバー全員についてもだ。

メンバーそれぞれが人間関係で悩んでいるのが、シーズン4だったと言ってもいい。特にこの8話は、皆が刹那い想いを他シーズンより強く感じている。

ロビンはヴィッキーだし、スティーヴはナンシー、ウィルはマイクといったふうに、片思いのドキドキと、辛さが可哀想なくらい。

片思いの辛さが経験ない為、わからないので「あんなに辛いなら他に行けば良いのに」と思ってしまうが、ウィルについては、そんなLyraでも可哀想で見ていられず、ついつい応援してしまう。車内で泣くのを我慢するシーンが、「もう、どうしたら良い? なんかすることない?」なんて思うくらい。

と言うか、ウィルって髪型がやばいだけで、美しいんだよね。だから「他に行け、他に行けば、あんた モテモテよ〜」とアドバイスしたくなりました。

推しのマックスが、囮になるのが、嫌な予感しかない。まあ、ラストどうなるか、もう先に知っているので、これ以上描けませんが、良い子は死なないでほしい、です。ハイ。

真っ当にいき、正義感が強い子達が、この主人公達だと思う。

他人から見たらオタクだっあり、いじめられっ子だったりして、変わり者扱いされているけど、彼らが1番まとも!

ヘルファイアクラブ〜とか、マンソンとか名前がやばいから変な風に思われるんだよ、って自業自得か?エディ達は(笑)。

 

(click to amazon↓↓) “StrangerThings4- Hellfire Club T” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

そんな彼らのことを馬鹿にしている奴らが、世間や学校から素晴らしい、とか、エリート、善人、と思われているバスケ部のチームの方で実際は、狂ったモラハラ野郎集団なのだから、世も末だ。

ジェイソン達が、追っかけてきてエディやダスティン、エリカ、それにマイク達を殺そうとしているから怖すぎる。ナンシーが上手く交わしたけど、バレてる感じ。

次回の9話は、そいつらもヴェクナ同様、危険性出しまくって絡んでくるから、非常に状況が悪化してる。どんな風に最終話が終わり、次の最終シーズンであるシーズン5に行くか、楽しみにしましょう。次に解説とツッコミポイントを書くので、より詳しく知りたい人は、読んでね。

*次のページで、解説ツッコミポイントを書いてあります。読んでね〜♪

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。