Lyra Sky’s Monologue -Favorites vol.82

Your voice ranking (game result) is

【God】
【Angel】
【Legand’s revel】
【Neat and Clean】
【Healthy】
【Abnormals】
【Danger】
【Monster】
【Davil】
【Destroyer】⇦Lyra Skyの声
Boo〜😬
#あなたのボイスランク
shindanmaker.com/924176
#RedHotChiliPeppers #johnfrusciante #chadsmith #flea #anthonykiedis #好きなヒゲ男を貼る #髭男研究家

January.12.2020.

“Lyra Sky’s Monologue -Favorites vol.82” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue-Favorites vol.78

The number of followers increasesd strongly yesterday ⤴️ so I was very surprised at many numbers😳

And then I watched it the same  number of followers decreased now.

This weired behaviors always happened in sns. 🤷🏼‍♀️

I’ve experienced to get 100 followers oneday & they disappeared next day.
Is this common thing in here?
#twitterあるある

so I posted this my sweet man with being tremendous face now.

He’s looked like my ex sometimes.

#常田大希 #KingGnu #daikitsuneta #紅白歌合戦

December.13.2019.

“Lyra Sky’s Monologue-Favorites vol.78” の続きを読む

和訳【Knock Me Down/Red Hot Chili Peppers】解説 おかえりジョン! Family Tied by Love & Hilel Slovak

This SMILE!

I’ve been dyin’ to see this his smile again & his coming back with RHCP on stage again for a long time!

Happy Coming Back on stage, John Frusciante 💕

この顔!

この顔が見たかったんだよね。

世界中のJohn Frusciant ファン、RHCP ファンが大喜びしているし、この瞬間をみんなと喜べる自分自身が嬉しいの。

「もう無理なら戻って来なくても良い、Johnが幸せならばそれが一番だ」と思っていたから。

復帰のニュースは凄く嬉しくて感涙した。

それはLyraだけでなくファン全員が同じ、だと思っていた、、、が、実際は違っている。

僅かにアンチの人がいると言う事実が信じられない。

皆それぞれ好きなギタリストがいるし、好みの音がある。それが好きなバンドのギタリストになれば、気にもなるだろう。

だが、メンバーが決めた事が何故気に入らないのか?

大喧嘩したり泥沼ならば「擁護したい気持ちが浮かぶ人もいるかもな」と理解出来なくもないが、Peacefulな話し合いの結果、もしくは、10年前から決めていたかもしれないバンド内の約束に対して何故、John を悪者にしたいのか理解出来ないのだ。

Johnが、前々任ギタリストである、このブログで好きなバンドとして良く取り上げている Jane’s Addiction のDave Navaroと一緒に【Mountain Song】(→ Jane’s Addiction Dreamer’s Song 山の日 の歌)をプレイしてる姿をあなたは、見た?

笑顔でプレイしてる彼らを見た?

いずれJoshともやるよ。

そん時までずっとJohnの悪口を言っているの?

何故楽しまない?

人は、人を幸せにするために生まれて来たんだよ。

人は、共に喜び、楽しむためにこの世に生きているのよ。

Johnが帰って来たことを楽しもうよ?

現在の、今のRed Hot Chili Peppers を楽しもうよ。

“和訳【Knock Me Down/Red Hot Chili Peppers】解説 おかえりジョン! Family Tied by Love & Hilel Slovak” の続きを読む