The Ronettes【Be My Baby】和訳Ronnie Spector逝去ロックなロニーよ永遠に Ronnie Spector R.I.P.

Ronnie Spector (The Ronettes)2022112日に亡くなった(享年78)

今日解説するこの有名な名曲と、昨日たまたま、同タイトルの曲で昔書いた記事を再度UPした直後だったので、「また知らされたな」と思ってしまった。良くこの手のことが起きるので慣れてはいるが、この数週間で3度もあったので音楽の神様が私に教えてくれているような気持ちに又なっている。

以前Eddie Money の記事などでブログに書いたが、Ronnie Specterは、美人で歌唱力抜群&魅力的な女性で多くのファン&ミュージシャンから愛された人だ。

Keith Richardsと両思いでラブラブだったのに、Ronnieを取られたくないPhil Spector2人の仲を邪魔して別れさせたのは、有名な話。そして結婚しちゃうんだから、大ヒットを作り出す名プロデューサーで色々なアーティストに支配力を持つ男でも、こんな恋のバトルをしちゃうのだ、と驚いたのを覚えている。

今日解説する世界的なビックヒット曲【Be My Baby】を映画やラジオやTVなどで、小さい時から聞いてきて、可愛らしくてファッショナブルな女性だと思って来た。だが久しぶりにRonnieのステージングを見たら、CDや媒体で流れてくる既存の【Be My Baby】の可愛いだけの女じゃなくて、アドリブかましてくる凄くロックな女だとわかって「ああ、こんな歌い方するならKeithが惚れるわ」と思ってしまった。

ソウルフルな歌声でハスキー。そして力強くてワイルドなR&Rな女。

それがRonnie Spector

こんなロックな女惚れない男はいないだろう。

Ronnie Spector Forever. R.I.P.

 

“The Ronettes【Be My Baby】和訳Ronnie Spector逝去ロックなロニーよ永遠に Ronnie Spector R.I.P.” の続きを読む

Avril Lavigne【Girlfriend】和訳 私が正義!ソング Avril’s Right!

Happy Birthday Avril Lavigne! You’re always Pioneer of girl’s power pop & pop punk!Please stay R&R!

先日のModsunの記事を書いた時にも触れたけれど、最近のAvrilは、Modsunとラブラブ。ベタベタして来るModsunと、ニカッといつもの笑いをするAvrilが感情が見えなくて、何とも言えない奇妙さが。ww

Lyraは、この写真の頃のAvrilがホント大好き。デビュー〜2ndアルバムリリース辺りの時期で、Tom Boy然とした様と色気が混じり、超絶可愛くて格好良かった。【My Happy Ending】の頃ね。

こう見えてAvrlはバツ2。恋多き女なのだ。個人的には最初の旦那Sum41のヴォーカルがベストだったな。あと結婚はしなかったが1stアルバムで一緒にバンドやライブをやっていたギターの子が1番Avrilに合っていた気がする。彼はバンドを辞めた後でもAvrilの為に曲を書いたり、今も仲良くしてるから、彼女の良き理解者なのだ。

ヤンチャで女子より男子と連んでいる子。一緒にスケボーもやっちゃう子がAvrilだった。

今日和訳する曲は、Avrilファンの間でも1、2位なるくらい人気の高い曲で元気一杯。いや、やりすぎなくらいヤバイ歌詞だ。

個人的にはこんなオッソロシイ事を考えた事も言った事もないが、当時のAvrilが言うと引く以前に嫌味がなく「私達Teenagerの代弁者」となったのだろう。まさかまさかの売り上げはNo. 1らしい。

自信満々で嘘偽りのない気持ちを歌う。

「自分が正しいと思った事には、恋愛だろうと夢だろうと、怖気付かない。突っ走ってやる!」それがAvrilの魅力だ。

それは赤裸々な恋愛話を耳障りの良いPop Rockで歌うAriana GrandeやOlivia Rodorigo のお手本だ。

10年前に既にAvrilがあからさまな感情を歌い上げる女子道を切り拓いてくれたから、現在の女性ポップシンガーの音楽業界上位の成功もあるのだと思う。

Avrilがいたから今のHarlsyもDua Ripa も男子達と渡り合い、いや、蹴散らしてヒットチャートNo.1もキープ出来ている。

そう言い切れるくらい、ドびっくりな強気ラブソングを聞いてAvrilの誕生日を盛り上げよう!

“Avril Lavigne【Girlfriend】和訳 私が正義!ソング Avril’s Right!” の続きを読む

Charlie Watts逝去 和訳【Miss You/ The Rolling Stones】解説 Hot Hot Love Song

2021.8.24. Died peacefully at London Hospital … It seems to be Charlie. A masculine drummer who was devoted to the shadows though, RS1 Dresser has a strong RS1 quarrel 🤜 Not known for his gentlemanly appearance and appearance Actually No.1 in the Rolling Stones is Wild man who Charlie Watts.
Charlie Watts R.I.P.

I was so shocked that Charlie dies.and I have zoned from this morning. maybe RS probably won’t end, because Mick should do it. But Keith seems to be depressed …so sorry. I feel like it will be coming a new RS … and ordinary RS …It’s strange to feel like this that
feeling of ending, like this. That’s how big Charlie was for RS, and for us.

朝寝坊してそのまま忙しくしていてスマホを全く見ないまま、人とあったりしていた。

たまたま電話が来てそれでスマホを見たらCharlieの画像が流れていて、誕生日だったっけ?何で呑気に見たら”Charlie Watts: Rolling Stones drummer dies at 80″ の文字。

あれから信じられないまま、ショック過ぎてボーッとなってる。

理性では人間には命があり、命は限りあるものとは分かっている。が、変わらないと思っていたものがなくなってしまった。

寂しいのを通り越して、

悲しいのを通り越して

訳が分からない。

今日は予定を変更してCharlie Watts 逝去のNewsを見たばかりで気が動転していますが、Charlieの為に【Miss You】の気持ちも込めて、この曲を解説&和訳して彼の安らかな眠りを祈りましょう。

Brianと再会していたら良いなぁ。

ああ益々、こちらの世界が寂しくなるじゃない?

“Charlie Watts逝去 和訳【Miss You/ The Rolling Stones】解説 Hot Hot Love Song” の続きを読む

【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism

愛しのヨーコ•オノ•レノン様、お誕生日おめでとうございます。

小さい頃から憧れて参りました。いつも輝いてる貴方の軌跡を辿る度に、私は畏怖の念に駆られ、そして自分も奮起すべく生きることを諦めずに、今日までどうにか生きて来られました。

これからも力強い生命力を放ちながら、長生きして下さい。そして私達、女という生命の希望として輝き続けてください。いつの日かお会いすることを夢見て… Lyra Sky

 

Happy birthday, my beloved Yoko Ono Lennon. I’ve been longing for you since I was little child. Every time I followed your path, which was always shining, I was awe-inspired, and I managed to survive to this day without giving up living to inspire myself. Please continue to live long while giving off a strong vitality. And please continue to shine as the hope of life as a woman. Dreaming of seeing you someday … Lyra Sky Today, we will translate the famous song of Plastic Ono Band into Japanese and celebrate your birthday!

 

今日はPlastic Ono Bandの有名な曲を和訳して、お誕生日のお祝いを!

“【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism” の続きを読む

【Keith Richards/ Hate It When You Leave】和訳 貴方の心の為に A Song for Ears Eyes and Your Heart

Happy Birthday Keith Richards! Wishing you good health & happines in life!

Keith Richardsのバースデイなので、今年も彼の曲を和訳して盛り上がりましょう。

って思い、ストーンズの曲にしようか?ソロにしようか?と迷い、去年と同じくKeithのソロから、メロメロなラブソングを選びました。

Keithのラブソングって可愛いよね。

「お前なしじゃ生きられねー」 or

「側にいてくれよ〜」だから。

遊び人が多いとか思われがちなロッカー界隈ですが、実は真面目なKeithなのよね。

でアレだけ色々やって来たのに奥手だとか。

女遊びしない男性が条件のLyraなので、Keithのイメージはかなり良いの。

普通の人は、Keith = バッド・ガイ、又はジャンキーだろう。

だから皆さんのKeithのイメージと、Lyraが思い描くキースは、違うかもしれないが、今日Lyraがお届けする曲で、一途な可愛いKeithがわかるでしょう!

“【Keith Richards/ Hate It When You Leave】和訳 貴方の心の為に A Song for Ears Eyes and Your Heart” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.