【The Rolling Stones/ We Love You】和訳 Brian Jones and The Beatles 製作秘話 解説

Brian Jonesの命日だからと書いたのは随分前だったのだけど、当日はどちらを上げるか?で迷いに迷い、あちら(Jim) を上げてしまったという…毎年の恒例行事?

大好きな2人が同じ日に亡くなっているという摩訶不思議な出来事。

不思議なことに自分では意識していないのに、吸い寄せられるように「あのクラブ」関連のものを見たり読んだり聴いたりしてしまい、「無意識下では繋がっていたのか?」なんて〜今、気づいて怖くなっている。

まあ、これはLyraが霊感あるから、はないだろうけど、人間って自分が欲しているものを呼び寄せる力はあるのだと思う。

BrianもRSを結成する時には、知らぬ間にその力が働いてKeithに出会ったのかもしれない。

それが自分にとってどんな成功と地獄を齎すかなぞ知らぬ間に、運命は動き出す。

R&Bに惚れてそれを貫き通したかったBrian。だが運命は知らぬ間に大衆が好むサウンドになって行く。自分を蚊帳の外に押し出したまま。

どんな気持ちだったか?

と考えると非常に可哀想で辛くなる。

Brianが悪癖にハマってしまった心情も理解出来る。

今日Lyraが選んだ曲は、色々な意味で変化をThe Rolling Stones に齎した作品だろう。

嫌、変化してしまったからこそ出来た曲かもしれない。

慌ただしい事件の数々の中、Brianがこの曲に貢献した才能は計り知れないと思う。

もっと評価されてるべき人Brian Jones。

Brianをリスペクトして愛している人々に捧げます。

勿論 Brian Jonesにも!愛を!

“【The Rolling Stones/ We Love You】和訳 Brian Jones and The Beatles 製作秘話 解説” の続きを読む

【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism

愛しのヨーコ•オノ•レノン様、お誕生日おめでとうございます。

小さい頃から憧れて参りました。いつも輝いてる貴方の軌跡を辿る度に、私は畏怖の念に駆られ、そして自分も奮起すべく生きることを諦めずに、今日までどうにか生きて来られました。

これからも力強い生命力を放ちながら、長生きして下さい。そして私達、女という生命の希望として輝き続けてください。いつの日かお会いすることを夢見て… Lyra Sky

 

Happy birthday, my beloved Yoko Ono Lennon. I’ve been longing for you since I was little child. Every time I followed your path, which was always shining, I was awe-inspired, and I managed to survive to this day without giving up living to inspire myself. Please continue to live long while giving off a strong vitality. And please continue to shine as the hope of life as a woman. Dreaming of seeing you someday … Lyra Sky Today, we will translate the famous song of Plastic Ono Band into Japanese and celebrate your birthday!

 

今日はPlastic Ono Bandの有名な曲を和訳して、お誕生日のお祝いを!

“【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism” の続きを読む

和訳【Little Richard/ Long Tall Sally】追悼!ロックの伝道師と Revenge Song

「美しくて面白い、歌がめちゃウマいオネエさん」と言うのが、昔から変わらないLyraのLittle Richardのイメージだ。

2020年5月9日、ロックンロールの創始者の一人、Little Richard リトル・リチャードが、87歳で逝去した。

R&Rやソウルに興味が無い日本の方々には、彼の名は馴染み薄かもしれないが、彼の作り出したイカス楽曲や、耳に残るシャウトは、街角や映画から流れて来て耳にした事があると思う。

世界中のミュージシャンやアーティスト達に、世代や国境や人種や性別を超えて、愛されて来たLittle Richard。

癌だったとしても、やはりこの地球で、大切な才能のあるアーティストが亡くなったのは、凄く悲しい。

その喪失感は、Lyraだけでなく世界中のファンがそう感じていて昨日、今日とSNSは、彼への追悼メッセージで溢れている。

今日は、Little Richardを惜しみ、彼(彼女)の最高な歌を、Lyraの和訳と一緒にお届けするから、今夜は

” Having me some fun tonight
Yeah〜 ♪ “

“和訳【Little Richard/ Long Tall Sally】追悼!ロックの伝道師と Revenge Song” の続きを読む