Pale Waves【Jealousy】和訳ペイル・ウェーヴス流ポップパンク! Pale Waves Style POP PUNK

めっちゃゴスロリで好きだったPale Wavesが、Pop Punkになって復活!いやいや本国では、相変わらず大人気アーティストのまま躍進中。でも日本だと最近は大人しくなってる感が否めない。

「こんなに良いのに残念」と思っていたから、この変化が起爆剤になると期待したい。しかしLyraが大好きTravis Barkerよりにいくとはビックリしている。

Travisったら、もう最高なbillionaireだな!

Pop PunkもUK Popも似てるところが多いから、相性いいに決まってる〜。新譜が今年の8月にリリース予定だからどんだけ楽しませてくれるアルバムか、今からウキウキして待っていましょう!

その前にアルバムから先行シングルがリリースされる。ミュージックビデオも同時だから、今日はこれからリリースされる新曲をLyraが和訳します。まだオフィシャルビデオもないけど楽しんでね!

*今日はライブビデオを載せます。ミュージック・ビデオがリリースされたらこのページに掲載するから待っててくださいね。  

“Pale Waves【Jealousy】和訳ペイル・ウェーヴス流ポップパンク! Pale Waves Style POP PUNK” の続きを読む

AFI【17 Crimes】和訳エモ・ソングで喰らえ The Mortal Instruments: City of Bones

めっちゃ忙しくてオマケに体力ないのに「Lyraパワー全開だね〜」と羨ましがられるくらい楽しく暮らせているのは、周りの人々に愛されてるから。

感謝の言葉と”I Love You”は、事あるごとに言っているが、それが周りを幸せ気分にし、互いの相乗効果が生まれる。いい環境を作れてる秘訣だろう。

好きなタイプは?と聞かれたら「真面目な人」と言うのとセットで「SNSをやっていない人」と答えているから、この人と人との温かみや繋がりが本当にありがたい。

そんな気分が最高な時に、最近のお気に入りの幾つかが、LyraのEmoスイッチを押しちゃって…Twitterやインスタ等をフォローして下さってる方々は知ってると思うけど(笑)。最高潮だ。

今日はそのEmoな気持ちをアゲル曲を和訳&解説します。典型的なEmo サウンド&歌詞。そしてビジュアルも!ローファイ・エモ・ヒップホップなんてジャンルがまだ無かった数年前の曲。だが、全然古くない。

もしかしたら、この手の突き進むサウンドは、色褪せない普遍性があるのかも。

「ティーンエイジャーのように、愛し合おう」と言うメッセージは、「アホか」で一笑されてしまうガキな思考であろう。

でもLyraは肯定する。

何故ならガムシャラに生きる、生きれる人間は幸せだからだ。誰からも邪魔されない強さ。

自分達だけの信じた生きた方を、シガラミだらけになるしかない大人になっても、まだ出来るているって、ある意味、奇跡だし、コレって特権階級だろ?

ならば味わえ。

自分達の意の向くままに。

この愛を激しく貪り喰らうのだ!

“AFI【17 Crimes】和訳エモ・ソングで喰らえ The Mortal Instruments: City of Bones” の続きを読む

【Music For A Sushi Restaurant】Harry Styles 和訳Apple AirPods CMソング解説 Funky Healthy Sexy Harry

毎日流れて来る、「ど・ピンク」でラブリーなAir PodのCM。心地よい「ど・ポップな」サウンドに、ネオンカラーやピンクにレッドにパープルが、麻痺させようと両目を刺激して来るわ。そして、お洒落で、ちょっぴりファニー。

これは、Harry …このブログの常連アーティストの1人である Harry Stylesの曲。今日はHarryのCM曲を取り上げましょう。

これを聴いてるとHarry のルーツが丸わかり…そしてそのルーツから生まれた芽が今、花開き、自らの目指す頂点へと昇り詰めようとしているとLyraは感じている。

感じるだけでなく、その時を想像し、つい微笑んでしまう。

きっと上り詰めた先は、天空の花園でお茶会するようにハイになれるでしょう。

それも緑茶でね(笑)。

“【Music For A Sushi Restaurant】Harry Styles 和訳Apple AirPods CMソング解説 Funky Healthy Sexy Harry” の続きを読む

Social Distortion【Story Of My Life】和訳 生き様 Way Of Life

生き様がカッコイイと、見てるだけでパワーを貰える。見て格好良いと言うだけならば、普通にそこらへんに沢山いるが、それだけなら影響されるということは全くない。

だが生き様が良いだけで魅了されてしまう。そう言う人は、確固たる自分というものがあり、またそれをひけらかせない。奢り高ぶりがなく、自然に生きていて素敵なのだ。

そう言う人には惚れてしまう。自分も確固たる己を築こうと奮起されられる。

今日紹介する、このSocial Distortion のMike Nessもその一人だ。まず佇まいが良い。

強さと優しさ。その2つが共存するのは、人生の裏側も何もかも、経験したからか?

アメリカをどさ回りし、世界をツアーして来た彼らには、この歌詞のような困窮した世界はないと思うが、ストリートを知ってる彼らには、悪徳や裏切りをも乗り越えた強さと大きな優しさがある。

自分があるからだ。

人は自分のやりたいことだけやりたがる。

そう言って笑えるのは彼が強いから。

この生き方で間違っていない。そう背中を押してくれる歌だ。

“Social Distortion【Story Of My Life】和訳 生き様 Way Of Life” の続きを読む

The Blues Brothers【Everybody Needs Somebody To Love】和訳ブルース・ブラザーズについて Real Blues Band

誰にでもあるのか定かではないが、変化が多い月と言うのがLyraにはある。それが6月、今月だ。

変化と言っても小さい事から、人生変わるどデカい事まで多種多様。お引越しもあったし、家を建てたり、アレも…人生における様々なデカい変化が起きて来たのがいつも6月なのだ。それも祝い事ばかり〜。大切な仲良しのBirthdayもある、ある。そして、その幾つかの祝い事の中で、大切な記念日があった。だから今日は、思い出のThe Blues Brothersの曲にした。

うちには、The Blues Brothersグッズが何気に多い。良い思い出と共に自然と増えた。デッキないのに見れないレーザーDiscがうちに来たし(笑)、Blu-rayに、Tシャツに…楽しい思い出もあるし。そういえばAretha Flanklin 役のゴスペル姉ちゃんに「ワーオ、Lyraの履いてる靴イカすわ〜」って言われたのも良い思い出ね。楽しかったね〜。

そう、ウチにはブルーズがある…家に、生活に自分の周りに、そして、ココ(heart)にも。

いつも、いつも、昔から私にはBluesがある。

昨日も、今日も、

明日も!

“The Blues Brothers【Everybody Needs Somebody To Love】和訳ブルース・ブラザーズについて Real Blues Band” の続きを読む