和訳【Summertime】Sex Bob-Omb(Scott Pilgrim vs.the World)解説 生きてイケ! Strut & Strum!

大好き映画の”The Scott Pilgrim VS. The World” (スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団) 。

バカでどうしようもない青春Rock ムービーなのだが、LyraにはキュンキャンMovieなのであ〜る。

好きな女の子を自分の彼女にするために、ヘロヘロ自己中男子が、戦うってのがまず心躍る。

そして、それ以上にサウンドトラックが、めちゃ良いのだ。

最近、忙しい上にプライベートな事で問題起きるわ、私生活でのストーカー問題出たわ、ブログ運営で「はあ?」て問題が出て来て落ちつかねー!

落ちつかせてよー。

もうゆっくりしたいわっ。

ってことで、このムシャクシャ&モヤモヤな気持ちをぶっ潰すには、この曲でイクゥ〜!

“和訳【Summertime】Sex Bob-Omb(Scott Pilgrim vs.the World)解説 生きてイケ! Strut & Strum!” の続きを読む

和訳 Marcy Playground【Sex And Candy】解説 I’ll Say Not a Dream 夢じゃないお

ジワる。

最速で最強にハートに来る、ストレートなラブソング大好き人間のLyraなのは、皆さんご存知でしょう。

「今更、説明無用」と言われそう(笑)。

でもね、たま〜にジワる曲も好きなの。

Lo-fi ラブソングとでも言おうか?

モタモタしてるような、力が抜け過ぎたメロディだったり、Popなんだけど、歌詞が変だからか妙に引っかかるって感じの曲のことよ。

ただ人の気を引きたくて、変にしてるなら好きにはならない。

聴いていると情景が浮かぶ曲だったり、「ああ、分かる」と共感出来るからジワるのだ。

今日Lyraが紹介する曲が、まさにそんなジワる曲。

素朴なメロディに、ヘナヘナVocalが乗ってるだけなのだが、歌詞がエロくて、「わかる〜」曲なのだ。

ジワジワと来過ぎて、今夜、貴方は寝れなくなるかもよ?

“和訳 Marcy Playground【Sex And Candy】解説 I’ll Say Not a Dream 夢じゃないお” の続きを読む

和訳 The Raconters【Steady As She Goes】解説 焦る婚活男? A Man’s Impatience

随分前に和訳&解説した Dead Weatherは、情念のバンドだとLyraは思っている。

ヴォーカルにAlison(女性)がいるから、とか言いたくはないのだけど「色恋沙汰ですったもんだしてますわ〜」感がハンパない歌詞と激しいギターがそう思わせてしまうの。

で、こちらのThe Raconteursは、Popさがある土着ぽいバンドだと感じてる。

それは、カントリーやブルースぽい南部なサウンドだと思うし、あと男連中だけで集まって愚痴り大会してる気がするからだ。

それも酒の席で話している感じ。

でもそこには妬みや嫉みある模様。

うーむ、男もネチネチ相手をやり込めちゃうのか?と観察しながら聴いてLyraは楽しんでる。

でも、Jackがネチネチな男子の歌詞を書いて泥臭いサウンドをすると、何故かオシャレになるから不思議〜。

これもJack Whiteの才能の一つかも?

“和訳 The Raconters【Steady As She Goes】解説 焦る婚活男? A Man’s Impatience” の続きを読む

和訳 Sex Bob-Omb【We Are Sex Bob-Omb】解説 Love’s Mystery

もう最近のLyraの頭ん中は、大変〜。

Harley乗り回したドンぱちに、直ぐに恋してやっちゃうのやら、Virus蔓延で家族が崩壊(世界も崩壊)した中、どうやってVampireを倒すか?や、奥さんの元に帰りたいのに奇妙な町に捕まったやらで、しっちゃかめっちゃかだ(内容ちゃんと把握、記憶、我ながらアッパレ)。

でも冷静になってみると、全く違うカテゴリーなのに、根本的なテーマが同じ「いかに愛するものを命がけで守れるか?」だから驚き‼️

ああ私ったら結局、愛にハマってしまうのね…納得。

そう思ったら「一目惚れしたアイツにまっしぐら」なこの大好きな映画を思い出してしまった。

全く飄々としてる癖に、一途に熱い奴。

今日は、愛のために戦う男のサウンドトラックを和訳しちゃうぞ!

“和訳 Sex Bob-Omb【We Are Sex Bob-Omb】解説 Love’s Mystery” の続きを読む

The Charlatans UK【One To Another】生きてるだけで丸儲け 解説 Just Happy to be Alive!

「生きているだけで丸儲け」…何とチャラいモットーと、初めて聞いた時はそう思った。

でも、生きてきて色々見てしまうと、来世があるか否か分からないならば、このモットーの言っていることは、ありえるなと。

このバンドを見ていると、「人生の荒波を渡って来た」と言う言葉が浮かぶ。

マッドチェスターブームに乗り、最も商業的に成功したバンドと言われ、アイドル的なルックスのVocalがいるため、数々の表紙を飾る。

だがその大成功の天国の裏には、様々な苦労があった。

特にメンバーの脱退、事故、死まで起きたのだから、地獄を見たに違いない。

明日なんて何が起きるか分からない。

coronavirus コロナウィルスが世界中で蔓延してるのも、もしかしたら神が試しているのかとさえ思えてくる。

ふるいにかけらてからじゃ遅すぎる。

どうせ燃え尽きるなら

真っ直ぐに生きて後悔したくない。

“The Charlatans UK【One To Another】生きてるだけで丸儲け 解説 Just Happy to be Alive!” の続きを読む