和訳【I Bet You Look Good On The Dancefloor/ Arctic Monkeys】解説 Let’s Begin!

デビュー当時の彼らは少年みたい。

と言っても、事実 バリバリのTeenagerだったのだから少年ぽくて当たり前なのだが、演奏ってなったら物凄いバンドだ。

Lyraは、このギャップに惚れてしまう。

まんまThe Strokesを意識したイカシタサウンドに、今日Lyraが紹介する曲は、ビデオまで似ているのだから、彼らがどれだけThe Strokesが好きかわかるだろう。

でも歌詞は、何か独特。

The Strokesが半径5mくらいの世界を良く描くのとは違って、Alex Turnerが描く歌詞は、物語を語る様な感じ。

一人称の時だろうと二人称であろうと、物事や人間を客観的に見ている気がして、Lyraには大人に感じる。

冷めているのか?

燃えてる魂かくしてるの?

“和訳【I Bet You Look Good On The Dancefloor/ Arctic Monkeys】解説 Let’s Begin!” の続きを読む

和訳【Car Seat Headrest/ Cute Thing】解説 病みつき This Taste’s Addictive

Lo-fiって、遥か彼方の昔の言葉みたい。

Beckがお洒落さん達にまで愛されるようになった昨今、、、日本では聞かれなくなったワード。

でも、アメリカンミュージックでは全然、根付いていてFamily Treeのように枝を伸ばし、未だにフォロワーを増やしている。

だからと言って、ワザワザ、カテゴリーを作られるジャンルみたいな堅いものではなくて、ライフスタイルみたいにそこにあるものだろう。

目の前に投げ出されたコートを、着やすいから着るようなもの。

ただたまに、フワッと着たら着心地良過ぎてクンクン匂い嗅ぎたくなったり、屋内でも着続けたくなっちゃう。

そんな後引く感じが、今日お話するバンドよ。

Pavementやweezer好きな人は、Lyraのブログを読んで〜!

“和訳【Car Seat Headrest/ Cute Thing】解説 病みつき This Taste’s Addictive” の続きを読む

和訳【G Flip/ Lover】解説 G Flipについて we’re all alone

ハートを揺さぶられる声ってあるよね。

Lyraの場合は、個人的に声が低い人が好き。

男性の場合は、それだけで好きになったことある。

女性でもセクシーな低い声は、万国共通のモテ要素。知性があって魅力的なセクシーさで愛される。

でも日本だけは、幼稚性が好まれる国だから、高いアニメ声じゃないとダメらしい。

Noelに馬鹿にされる国民性は、きっと日本から日本人がほとんど居なくなる数十年後迄、続くんだろう。

せめて、音楽の世界くらい低いのも高いのも自由に歌え、愛される自由な世界であって欲しいな。

今日は Lyra が素敵な声だなって思ったアーティストの曲を紹介するね。

熱いラブソング。

こんな事、見つめらながら歌われたら堪んない。

“和訳【G Flip/ Lover】解説 G Flipについて we’re all alone” の続きを読む

和訳【MC5/ Kick Out The Jams】解説 MC5とは? Kick Ass!

「今日は、ノリのいい曲をお届け〜♪♪」と思っていたのだが、ノリが良過ぎて、なんだか「暑苦しい」バンドを紹介したくなってしまった!

でも年初めには、これぞRock!くらいの方が良いかな。

気分的には、昨日和訳した【Scary Love/The Neighbourhood】(→ Your Love is Therapy 貴方は癒し)みたいなメロメロなLove Songが聞きたいの。

でもこのバンドでチューンUP!

I wanna kick’em out!

“和訳【MC5/ Kick Out The Jams】解説 MC5とは? Kick Ass!” の続きを読む

【Inhaler/ Ice Cream Sundae】和訳INHALERを紹介! Charge Your Life

今秋にデビューしたばかりで、ホッカホカのHot New Comerなの〜、にも関わらず、モノクロ写真。ww (例のあの人のアレが撮った写真。)

他にも今は、バーンと銘打ったプロモーションもなく…やる気あるのかしら? もしくは、これからBoom!と打ち上げ花火を上げる前の準備期間なのかも、、、。

だがBackには凄いもんがついている。

気になる。気になり過ぎるぅ〜!

だってフロントマンのVocalが、あの方の息子なのだから〜!

一聴しただけで、「この歌い方!この声!粘っこい節回し〜!」と、アホみたいにLyraはおたけびをあげまちた。

まあ、本人は「パパのことは言うなや。七光りなんて使いたくね〜」と言うでしょうな。

Lyraも同じ立場なら、そうイキッていたでせう。

イキる俺。

熱い想い。

Lyraならなりそうだが、何故かクールなメンバー。

そのせいか9月に書いたままブログにUPするのを忘れていたっ。テヘ(๑>◡<๑)

今年もあと2週間ちょいで終わっちゃうから、早速、Coolに甘い甘いラブソングをお届け〜♪

“【Inhaler/ Ice Cream Sundae】和訳INHALERを紹介! Charge Your Life” の続きを読む