【The Catheters/ Nothing】和訳 イタさを愛に Respecting Others’ Respecting Yourself

色んなことがあり過ぎて頭、爆発!

ってのは少し大袈裟だけど(笑)…やらなきゃいけない事があり過ぎて、どれから手をつけたら良いかすら分からない状態。

それでも時は止まってくれない。

アッと言う間に年末よ〜。

街はハロウィンのデコレーションで可愛らしくオレンジ色になっているから、気分はアガる。

けれど、いつもよりは少し地味かな?

どこに行っても人、人。

だから殺伐としてしまう人間も出てくる訳で…

でも焦ったって狭い日本でどうなるわけでもない。

他人に対して、あんな風に暴言を吐くような人間にだけは、なりたくないわ。

“【The Catheters/ Nothing】和訳 イタさを愛に Respecting Others’ Respecting Yourself” の続きを読む

【The Kooks /Naive】和訳 キュン死にする男心 You Make My Heart Ache

イギリスのロックが大好き。

アメリカンロックも好きなバンドがメチャ多いし、ヨーロッパのバンドもgorgeousなサウンドを聴かせてくれるからハマるバンドが多いし、オーストラリアの気分を上げてくれて、捻くった歌詞のバンドも好きだ。

でも世界中に好きな音が溢れてる中で、英国産のサウンドが1番しっくりくるのだ。

それは、やりたいからやッてるというスタンスのバンドが多いから好きなんだと思う。

アメリカのロックバンドみたいにガツガツせずに、「ロックが好きだから音を出してるんだぜ」ってスタンスがタイプなのだ。

だからと言って音は良い加減ではない。皆、真剣にやっている、当たり前だけど。

ルーズなロックとダラしないのを勘違いしてる自称ロックンローラーが多すぎるのは、カッコよさの境い目が分からないからだろう。

そんなの気にしなくても良いんだけど、、、

この人達を見てると、その境い目を上手く綱渡りしているみたいだから…。

“【The Kooks /Naive】和訳 キュン死にする男心 You Make My Heart Ache” の続きを読む

【Sons Of An Illustrious Father/ Us Gay】和訳 解説 差別のない世界 Get Freedom by Queer Anthem

「自由の国アメリカ〜♪ って、幻想だったっ!」と、皆が気づき始めた昨今。

今年初めからCovid-19が世界中に蔓延し、世界経済までおかしくなってる今、昔からアメリカに根強くあった人種差別をベースにした警察官の歪んだ恥部が露呈され、 Black Lives Matterが叫ばれる全米。

その中、日本人にはまだ馴染みが薄いと思うが、これまた随分前からアメリカンの少数派が信じていたDeep Stateを最近、Trump政権が利用し始めたから、今やアメリカは、現実と幻想が入り混った、リアル・ホラー・ムービー化している。(現実版American Horror Storyの CULTよ。)

マジで地下組織があると信じているQ Anon達が(リアルにある異常性愛者コミューンの実体験話と、都市伝説を混ぜて完成した噂話だと思うんだけどね〜)が、Trumpを支持し始めたから怖い。

噂話を本気で信じて、活動を広げるパワーの凄さったら半端ない。

「だてにステーキばっか食ってない国だな」と変なところで感心してしまうLyra。

こんな異常な世界で、この人達みたいなバイセクシャルやゲイの人達は、きっと命がけで生きていかなきゃいけないんじゃないか?

差別だらけの世界で、どうやって生きていけば良い?

久しぶりに彼ら Sons Of An Illustrious Father の曲を聴いていたら、偶然TVでTrumpが「私は陰謀にあってる」と言い始めた…。

全く…貴方は、大統領選をもみくちゃにしたいのね。

いつになったら自由の国アメリカになるの?

それとも自由なんて一生来ないの?

“【Sons Of An Illustrious Father/ Us Gay】和訳 解説 差別のない世界 Get Freedom by Queer Anthem” の続きを読む

【Coconut Records/ West Coast】和訳 ディラン・リーダーが愛したラブソングThe Song Dylan Rieder Loved

I miss you…

I just love you to death. I want to be with you but i can’t stay. I got this tingling sensation. We love each other, so stay forever. I believe in eternity, but I can’t stay with you forever. this momentary feeling unbearabe for me. Did you also have that kind of feeling? Dylan, Did you also have such a missed feeling? Did you feel it & your love when you’re listening to This Song?

貴方が恋しい。

好きで好きでたまんない。

一緒に居たいのに居られない。

そんな胸がキュンとする想い。

愛し合っているのだからずっと一緒。

そう言う永遠を信じているけれど、一緒にはずっと居られない。

切なくて堪らない。

そんな想いを貴方もしていたの?

貴方もそんな恋しい想いをしていたの?

I love you so much that I almost can’t take it. I’ll present this song you loved for you.

“【Coconut Records/ West Coast】和訳 ディラン・リーダーが愛したラブソングThe Song Dylan Rieder Loved” の続きを読む

和訳【The Dandy Warhols/ Bohemian Like You】生きる技 Good sense is a living skill

雰囲気がアル or ナイの違いって何だろう?

生き様が顔に出るってのは、経験や月日が関係するから、形成されるのに時間がかかる。

良い感じに楽しい生き方をしている事や、幸せが顔に滲み出て「良い顔になりたい」なんて、密かに思っていたりもする。

それと同じで、格好良いのに雰囲気がなくてありきたりでダサい人がいたり、見た目はそんなに〜なのに雰囲気があってオシャレに見えちゃう人もいる。

それも時間が蓄積されないと形成されない場合もあるが、その人のセンスの良さな気がする。

沢山の情報の中から素敵な物を取り出す能力も、センスがないとpick up出来ないし、定番の物も個性的に見えたり、自分の雰囲気にしてしまえるのもセンスのある無しだと思う。

それって生まれ持ったものだと思うけど、たくさんのものを見たり、勉強して手に入れられるものだとも思う。

その為にはいつも気持ちをオーブーに。

そして、視界をクリアーに。

世界を見るのだ。

“和訳【The Dandy Warhols/ Bohemian Like You】生きる技 Good sense is a living skill” の続きを読む