Arctic Monkeys【All My Own Stunts】和訳 Alex TurnerとJosh Hommeコーラスで腰砕け Suck It And See?

Joshの色気爆発で悩殺されているLyraです。

数日前にQueens Of The Stone Age(QOTSA)の【If I Had A Tail】を和訳&解説した時に話に出たので、今日はArctic Monkeysのその曲を紹介しましょう。

この前、解説したようにJoshは自分のバンドである QOTSA のレコーディングの時にAlex にコーラスを頼んで共演が実現。でも”Oh〜Oh〜”ってコーラスが低音な上にDave GrohlやNick Oliveri (2人共大好き❤)らスペシャルな奴らもコーラスしていて、男衆の声がでけぇの何のって…誰が誰だか皆目検討がつかめん、と言う、嬉しいのに何とも言えない感じになっている〜。あの曲【If I Had A Tail】は大好きな曲だから全然OKなのです、が、「どれが誰の声?」ってなりますよね、やはり好きだから。

今回はバッチリ!

あの曲で共演したJosh & Alex が今回和訳する曲でもコラボレーションしていて、わかるので安心安心。

セクシーな2人の曲を一緒に聴いて楽しみましょう。

色気がムンムンとは、この事ダッ!

“Arctic Monkeys【All My Own Stunts】和訳 Alex TurnerとJosh Hommeコーラスで腰砕け Suck It And See?” の続きを読む

【Phantom Planet/ California】和訳 The O.C.のテーマ曲 Here We Come

誰しもが刹那くなる瞬間があると思う。

それは何気ない言葉や、日常でふと目に入った風景が、自分の胸に締まった思い出に似ている時かもしれない。

記憶の切れ端を見つけた瞬間だ。

今日Lyraが和訳するこの曲は、正にそれ。

サウンドも歌詞もぶっきらぼう。だが、生きるのに苦手な奴らが、辛い思いを胸に秘めているのに、無理して笑いながら、Lyraに話しかけて来ているみたいに刹那い。

胸が締め付けられるのだ。

Lyraの夕陽好きを理解してくれる人や、同じように夕焼けを見るのが好きな人ならば、この曲を聴いたらきっと、燃えるように沈んで行くオレンジ色の夕陽が脳裏に浮かぶだろう。

青春=夕陽だなんてアウトサイダーか!(笑)、なんてね。

本当は違う映像作品に使用されていた曲で、他にもアニメや映画で取り上げられていることからも、人を刺激する魅力を秘めている曲なんだと思う。

粗野なのに優しい。

懐かしい、あの頃の自分に会えるような曲。

居心地が良いあの場所に帰ろう。

懐かしいカリフォルニア。

“【Phantom Planet/ California】和訳 The O.C.のテーマ曲 Here We Come” の続きを読む

【Iggy Pop and The Stooges/ Search And Destroy】和訳 パンク精神はアート! Most-Seminal Art 解説

You’re the living proof of that age is just a number! Stay cool & powerful as has been the way until now.Happy Birthday Iggy!

今年も又このHappy Weekが始まったわ。

Iggy Popのバースデイを皮切りに好きなアーティストのお誕生日が立て続けに来るこの時期が来た。

Iggy Popのお祝いならば、彼の人気曲を選ぼう!と言うのが常だが、ここLyraのブログではIggyらしさ、Iggyの魅力が詰まっている曲にしたい。

だって売れ線よりも、断然初期Iggy & The Stooges時代の方が、Iggy が輝いているからだ。

色々お騒がせ時代もあったIggy。

時代によって服装や歌い方、キャラまで変わって行ったが、このアルバムの頃が個人的に1番”Raw Power”だったと思う。

そして彼が最も美しい時代だった。(勿論、今も好き)

Punks 好きは、絶対に外せないこの曲でIggy Popの誕生日をお祝いをしようよ!

“【Iggy Pop and The Stooges/ Search And Destroy】和訳 パンク精神はアート! Most-Seminal Art 解説” の続きを読む

【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You

男子だろうが女子だろうが、子供だろうがお年寄りだろうが、「素敵だな」と思ったら、Lyraは、その人に素直に「可愛い」と言ってしまう。

大体の人は「あら」って照れて喜ぶが、中には(男性は特に)「可愛いじゃなくて、格好良いでしょ」となる。

可愛いも褒め言葉なのになあ。

男女とかジェンダー意識しすぎじゃないかな?と思うんだけど、、、。

そもそも、女性はピンク(ピンク大好きな色)、男性はブルーって誰が決めたの?

それを考えると高校の時のLyraの仲良しの先生は、ワイシャツが良くピンクだったな。髪の毛と髭が金髪だったから、それに合わせてたんだろうけど、、、日本人は何故かピンクのYシャツ着こなす男性が少ないよね。ケンさんくらいじゃない?イーネッ!

決めつけは良くないわ。

自由でいられる世界が早く来ると良い。

そりゃ昔々よりは断然、LGBTQの人達はマシになっただろうけど、それでもやっぱりまだ色々あるからね。

Lyraも素直に褒めてるから、いつの日か「可愛い」と褒めたら、皆んなが皆んな「ありがとう」って、ニコッと笑顔になる世界が来て欲しいと思う。

自分が自分らしくいられる場所。

今日は、そんな思いを詰めた可愛い歌を、和訳して皆さんにお届け〜♪

巻頭写真は、Lyraの好きなLiv Tylerちゃん💕 (付き合ってたらしいよね〜。Evan がデレデレ)。

“【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You” の続きを読む

【Graham Coxon/ You Always Let Me Down】和訳 グレアム・コクソンの全て All of Graham Coxon’s Charm

Happy Birthday Graham Coxon! You’ve a unique fashion & personality,I always want to emulate you.I think you’re so fashionable cause your own taste.I hope that today is the beginning of another wonderful year.

今日はGraham Coxon のバースデイなので彼の曲を和訳してお誕生日をお祝いしちゃおぅ!

“【Graham Coxon/ You Always Let Me Down】和訳 グレアム・コクソンの全て All of Graham Coxon’s Charm” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.