【Mariners Apartment Complex/ Lana Del Rey】和訳 ポジティブLana Del Rey誕生! Goodbye SadCore

ちゃんとマスクして偉いわ、Lana。

つい最近Interview((→ Interviewという雑誌。River Phoenix & Keanu Reeves)のインタビューでも元気な姿を見せたLana。

この人は、地球に何があっても生き残りそう。

物憂げな表情をして、レトロなメイクをし、古き良きアメリカがまだあっだ時代を彷彿させるファッションで、狂おしいラブソングを歌う。

Lyraのブログで初めの頃にも書いたが、Lanaは計算し尽くしたRockと美を作り出す名人なの。

売れ線のGrungeも作るし、Lyraが大好きな西海岸を代表するSubrim の曲もコアさをもぎ取り、お洒落なDub風Popsにしてしまった。

なんでも出来ちゃう人がCovid-19で弱気になるわけない。なったとしても次の手を考えて、飛車取りしてしまうはず…とLyraは感じてる。

そしてLanaも変わったみたい。明るくなった。

でも一部の人間は、いつまでもSadで悩んでいて欲しいらしい、、、本人はケロッとしているのに。

今日はLanaのおサイケな曲から、いつものSadnessとは違う、真逆の大きな愛の歌。

基本Lyraは甘えたがりの性格…だけど相手が弱ってる時は、この曲の感じになる。

愛って包み込むものよね。

“【Mariners Apartment Complex/ Lana Del Rey】和訳 ポジティブLana Del Rey誕生! Goodbye SadCore” の続きを読む

和訳【Heart Shaped Box】Nirvana 本当の意味と愛の言葉 解説 Desperate Words of Love

Happy Birthday, Kurt Cobain!

Your songs make my everyday so special. With Love.

今日はKurtのお誕生日🎂🎉

お祝い何回目になるんだろう?

「彼が生きていたらどんな風になっていたのだろう?」と、彼の音楽を聴く度に思うの。

予想は出来る。Kurtがなりたかった夢があったから、、、。

今日は、そのことを考えながら、この曲にしよう。

スラングでエロい事やヤバいことを言ってる曲だけど、これって「愛してる」だって感じるよ。

貴方の声で「愛してる」って言ってほしいな〜☆

“和訳【Heart Shaped Box】Nirvana 本当の意味と愛の言葉 解説 Desperate Words of Love” の続きを読む

【Smells Like Teen Spirit】Nirvana 和訳 解説 Just Take Your Fun! ただ楽しめ!

4月5日は、Kurt Cobainの命日。

「だから何?」普通の人の反応。

それで良いの。

Kurtはそんな事は望まない。

「持ち上げられるのは嫌だ。」

そんな声がこだまする。

桜が舞う。

Kurt ? Spring’s come.

What do ya think’bout this world?

“【Smells Like Teen Spirit】Nirvana 和訳 解説 Just Take Your Fun! ただ楽しめ!” の続きを読む

Bradley Cooper / Black Eyes 和訳 解説 Congratulations on Academy Awards! 醒めない Grungeの夢

Congratulations to Lady Gaga, Bradley Cooper, & “A Star Is Born”‘s Stuf winning the Academy awards!

I believe your tune get award all the time!

去年、2018年10月に「和訳 Lady Gaga & Bradly Cooper / Shallow (A Star Is Born) 『スター誕生!』愛の歌 あらすじ感想を書いてから数回に分けて、”A Star〜”の曲を和訳&解説して応援していたから、今回の楽曲賞を受賞したのを知り、自分の事のように凄く嬉しいLyraです。

「アカデミー賞受賞おめでとう!」記念として、前から話していたBradley Cooperの歌の和訳をしちゃう。

マジでLyraが好きな誰かさんソックリよ。

*and posting Academy Performance !

“Bradley Cooper / Black Eyes 和訳 解説 Congratulations on Academy Awards! 醒めない Grungeの夢” の続きを読む