【Ramones/ I Want You Around】和訳 Joeyの愛とロックンロール・ハイスクール Ramon’s Heart and Soul

 

You always used to love pretty good love songs and  actually you made them. I’d love to write’bout your love song like it for you, Joey.

今日はJoeyの命日だから、The Ramornesで行くよ!

多くのミュージシャンにリスペクトされているJoey Ramone.

「ロックンローラーたるもの〇〇」って決めつけは、頭が硬い感じがして好きじゃないけれど、サウンドからルックス、そしてロックを愛する人々がいるなら、マイナーな国でさえプレイして行くという行動力は、全てRockの正しき姿、理想だと思い、敬意を表したい。

The Ramonesと言えば、スピード感あふれるパンクな曲がイメージだが、Joeyは、The Ramones の「ハート・アンド・ソウル」と言われ、レパートリーで彼が好んだ曲は、多くの場合バラードとラブソングだった。

だから今日は、Joeyが好きだったラブソングの中から、この曲にしちゃった。

Joeyが映画でノリノリに歌っていたのが面白くて、ラブシーンなんだけどちょっと笑えてホッコリしたのを覚えている。

マイナーかもしれないけれど、ファンの間では隠れた名曲。

今日はロマンチストなJoeyを思い出しながら、素敵な曲でロマンティック気分を味わいましょう。

“【Ramones/ I Want You Around】和訳 Joeyの愛とロックンロール・ハイスクール Ramon’s Heart and Soul” の続きを読む

【Led Zeppelin/ Kashmir】和訳 Kashmirの本当の意味! A Traveler of Time and Mind

I wish that life brings you a beautiful surprise for your beautiful songs! Happy birthday Jimmy Page.

今日はJimmy PageのBirthdayを祝ってLed Zeppelinの曲を和訳して盛り上げちゃお!

先日詳しく解説したのは、Johnの誕生日だったので彼が曲を作り、メンバーに持って来た【Black Dog】を選びましたが、今日は、ジミペのギターも、Johnのベースも格好良い曲で、Lyraが大好きなこの曲を選びました。

何だかLed Zeppelin Weekになっちゃったけど、たまに良いんじゃない?

サイケデリックな世界へようこそって感じで!

psychedelic 満載の曲で、とってもDreamy。

いつものLyraお得意の妖しい世界や、エロエロ全開な歌詞ではないけれど、SF好きだからタイムトラベルしたみたいでLed Zeppelinの沢山ある名曲の中で、お気に入りの曲です。

Led Zeppelinのこの【Kashmir】で、一緒にタイムトラベル(他の意味のトラベルも) の旅に出ましょっ!

“【Led Zeppelin/ Kashmir】和訳 Kashmirの本当の意味! A Traveler of Time and Mind” の続きを読む

【Jimi Hendrix/ Killing Floor】和訳 本当の意味は濃厚ラブソング A Love Song Richer Than Howlin’Woif

Your songs and invention of music inspire me to be dedicated and powerful. You make me better at what I live. You’re a real guitarist. Have the happiest of birthdays. Happy Birthday Jimi Hendrix!

大好きなJimiのバースデイを祝って、鬼技のギターが聴けるこの曲を和訳しちゃいます。

大御所ブルーズマンの味ある曲をこんなにドキドキな音にしてしまうのは、Jimiだから出来る技だ。

彼は天才ギタリストとして知られているけど、それだけでなく良い曲を書ける作曲家であり、良いアレンジャーであり、ギターの可能性を広げた発明家であり、ストレートな愛を表現する良い作詞家だったのよ!

Jimiみたいな優しい音を綺麗に弾ける人はいない。

Jimiみたいに、激しい音を愛でるように弾ける人もいない。

もしそれができる人に出会えたら、Lyraは弾いて欲しい曲がある。

ただ見つけるのは難しいな、とは思う。上手い人は沢山いるけれど…。

だってギターにしろベースにしろ楽器って性格が出るモノだから。

暖かい人間に弾ける音。

今夜はその全てが聴けるこの曲をお届け〜♪

“【Jimi Hendrix/ Killing Floor】和訳 本当の意味は濃厚ラブソング A Love Song Richer Than Howlin’Woif” の続きを読む

和訳 【Don’t Look Back In Anger/ Oasis】解説 意味とBed-Ins for Peaceについて

oasis 好きLyraというのは、このブログに遊びに来てくださる皆さん全員が、既にご存知で、おまけにLiam好きってこともご理解頂いていることでしょう(笑)。

だから誰1人として「Noelが歌ってる曲を何故、和訳しないんだ!」と文句など言って来たこともなければ、寧ろ皆さん、めっちゃくちゃ優しい方ばかりだから、

「知らないことを教えてくれてありがとう」とか、

「良かったよ、頑張ってね」という励ましの感想ばかりくれるの〜。 嬉しくて鼻血ブー!です。いつもありがとう〜♪

でも「良い加減、和訳しないとサービス悪いなあ」という気がして来たよ、、、。

特に今日紹介する曲は、ビッグヒットした曲だし、世間では、この曲が1番好きと言う人もいる。

某アメリカのチャートで、あのBritgop分野で2位だし。

Lyraが大好きな漫画『BECK』が映画化された時は、この曲がラストに使われたりと、、、日本では特に需要がある曲だ。

それにこの曲の歌詞を重く考えている人達が多いみたい、、、だから、「そうじゃないよ」って教えたくなったの。

この曲は、テロの追悼式で歌われたこともあり、意味を見出したくなる気持ちもわかる。

でもそんなHeavyさはないのだ。

もっと気楽に、空気のように聞けば良い。

昔を懐かしむように。

ただ、感じ、楽しめば良いのだ。

“和訳 【Don’t Look Back In Anger/ Oasis】解説 意味とBed-Ins for Peaceについて” の続きを読む

和訳【On With The Show /The Rolling Stones】解説Welcome to the Devil’s World

いやはや、2019年も今日でおしまいとは信じられない〜。

つい1ヶ月前に「新年が来たわ♪ 明けましておめでとう」と皆さんに挨拶したような気がするぅ。

明日から2020年って凄くない?

20年代よ、20年代。

新しい10年が始まる。

今日はoasisをやろうと思っていたの。

でもよく見たら、この曲が和訳したまま残っていた!しかも書いたのが7月だって〜。

長くLyraをフォローして下さっているフォロワーさんにリクエストされていた曲なのでした。

多分リクエスト貰ったその日の内に和訳し、書いたら上げる時に、いつものその日の気分の曲を別にUPしたのでしょう。

今日は2019年最後の大晦日だから、リクエストのThe Rolling Stonesの曲を和訳紹介します〜。

サイケ好きだからこのアルバム好きなのもあるからウキウキ。

世間ではイマイチでも、この変わり加減が良いのだっ!

丁度、変態にも遭遇しその人に、Lyraが呼ばれたことも、まさかの奇跡だわ!

「人生、何があるか分からない」ってか?
“和訳【On With The Show /The Rolling Stones】解説Welcome to the Devil’s World” の続きを読む