和訳【Van Halen / Dance The Night Away】解説 Van Halenらしさとは! Don’t Skip Romance!

The Forthday of My Birthday Week!

ってことで LyraのBirthdayに上げようと思っていたバンドを、今日も紹介しましょう。

最有力候補がThe Verve と Oasisだったのは、皆さんの予想通りだったかな?

でも今日のこの超メジャー!ハードロック・バンドは、意外じゃない?

昔からこのブログに遊びに来てくださっている方々には、LyraがHM/HR好きなのは、バレバレなので、VanHalenをLyraが取り上げるのは、余りビックリしていないかもしないけど、この曲は意外じゃない?

メジャーと言ったらメジャーな曲なんだけど、世間的には、【Jump】や【Pretty Woman】、もしくは、サミ平(Sammy Hager)時代のVan Halen の名曲をあげるでしょう?

良くて【You Really Got Me】か?

今あげた曲も勿論好きよ〜、カラオケでたまに歌うし (カラオケ行きたいね〜🎤🎵)。

でもLyraのハートを鷲掴みにしたのは、これ。

カリフォルニアの空いっぱいに響き渡るようなギターと、

アホなくらいロマンスしたがるVocalのオスな歌詞が、ズッキューン!とくるこの曲を和訳・解説しちゃうぞっ。

*Twiceの方じゃないよん💕

“和訳【Van Halen / Dance The Night Away】解説 Van Halenらしさとは! Don’t Skip Romance!” の続きを読む

和訳【Scary Love/The Neighbourhood】Your Love is Therapy 貴方は癒し

Lyraには、見ていて可愛らしいなぁーと思うカップルが何組かいる。

今住んでいるこの国にはいないのが非常に残念だが、この人達も好きなカップルの1組だ。

数年前までは、最近SonyのCMに起用されて毎日TVで流れているBring Me The Horizon→(【Mother Tongue / Bring Me The Horizon】Fala “Amo” 愛の形)のVocalの前妻の時のカップルが凄く好きだった。(現在の妻が悪いと言うのでは無い。前が良過ぎただけ)。

良く世間には「人の幸せ見てもオモロ無い」とか「他人がイチャこいてるのはキモイ」とか言う人が多いが、変わり者なんだろうLyraは。仲良しカップル見ているの楽しいのよね。

誰でも良いと言うのではない。

多分、2人の関係性が色恋だけでなく同士っぽいカップルが好きなんだ。

Lyraがこんな関係が良いな、と思う仲良しさがあるカップルだから好きなのよ。

ライフスタイルに共感できるからなの。

“和訳【Scary Love/The Neighbourhood】Your Love is Therapy 貴方は癒し” の続きを読む

和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ

LyraがTom Petty (→【American Girl】和訳 “An American Treasure” ‘s Final Song 解説) 好きなのは、このブログの常連さん達は、まるっとご存知。

だから、これを言ったら頷いてくれるんじゃないかと期待してしまう。

「この人のパパは、本当はTomなんじゃないのうーん!?」

Lyraはそう言いたくなるのである。

初めてこの曲を聴いたあの時。

思わず「Tom Pettyじゃん」と呟いてしまった。

Jakob(写真の人)が、papa Bobに似るのは仕方がないこと…だが、それの数倍もTom Pettyに似てるから笑ってしまう、、、と言うか、

Tomが路地裏のロック野郎てき楽曲から、Bobに近づいていき、いつの間にやらBob Dylon化してしまったのがあるから、当たり前っチャー当たり前なのよね(笑)。

と言うことは、いかにBob臭がアメリカを支配しているか?ってことかしら?

Lyraは思う…アメリカ人の体に染みつく、Homeを探し彷徨う気持ち、それがDNAに組み込まれていて、似たサウンドに行きついてしまうのかもしれないと。

皆んな安らげる場所を探してるのだ。

“和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ” の続きを読む

和訳【Doin’ Time/ Lana Del Rey】激しくなるの Get Harder

やあ〜っとこの曲の番になりましたわ。

9月リリースに合わせてブログに上げるつもりが、先発の2曲【Fuck It, I Love You】と、

【The Greatest/ Lana Del Rey】(解説 Nest o’ Nostalgic ラナ・デル・レイのテクニック)を先に紹介する気分になってしまい先に紹介し、

「それならばと先に元ネタ」と  Sublime feat.the Pharacydeを書き、その日の気分に合わないとわ他バンドを優先させていたら、こんな寒い日になってしまった。

普通の人には通常の陽気かもしれないが、寒がり Lyraには、秋をすっ飛ばして冬が来たみたい。

ハイな気分になるためと、chill outにはピッタリな曲だから、寒い日の今こそ上げてみるよー!

“和訳【Doin’ Time/ Lana Del Rey】激しくなるの Get Harder” の続きを読む