Lou Reed【Perfect Day】和訳トレイン・スポッティングのサントラ 解説Way Of Life

変わったことばかり起きる日だったので、今日はゆったり聴ける曲を、と思いついたのがコレ。

ラブソングにもドラッグソングにも取れるこの曲を真っ先に思いつくとは、我ながら笑ってしまう〜。

でも良い曲だから一緒に聴いて。ゆったりと夏の日の気怠い夕暮れをお酒飲みながらイメージして聴いてくださいィ〜、真冬だけど(笑)!

フワリとハートに染み込んでくるこの曲は、Popとカテゴライズされているけど、中にはグラムロックとする人もいるし、様々な取り方が出来るためボーダレスな曲だと言う証拠だろう。

ジャンル問わず音楽が好きだから、どんなカテゴリーだろうと私は愛とリスペクトを持って接する。それが私の生きる道。

ああだこうだうるせ〜頭悪い奴らは放っておいて、私たちはこの海辺でサングリアでも飲んでこの楽園に乾杯しましょう。(しかし変な日だったよ、いちゃもんつけるアホからDM来たかと思ったら、リアルライフで新種の?ナンパ入れて10人の男が来るし…何だ今日は?)

帰りに動物園に寄って餌やったら映画でも見にいこう。また美味しいご飯を作るから全部食べてよね。

そうだ、メインディッシュを食べる時は、Lou Reedのこの曲をかけて。

何て完璧な日なんでしょう。

“Lou Reed【Perfect Day】和訳トレイン・スポッティングのサントラ 解説Way Of Life” の続きを読む

The Kills【Fried My Little Brains】和訳 セリフの向こう側 True Meanings

このブログで何回も取り上げているデュオ、The Kills。

イギリスとアメリカ国籍の2人の構成だから、どちらかの色が強くなるのが普通と思いきや、Lyraの個人的な意見だとヨーロッパな雰囲気が色濃く、初めて聴いた時は、おフランス系だと思ってたくらいだ。

見た目は普通な大人の2人だけど、どこか意外性や危険な匂いがする。

良い男と良い女。

多分彼らの歌詞が意味深だから?

不安定な関係性にヒヤヒヤしてしまう、あの感じ。

お子様には分からない大人のどうしようもなさ。

教えてくれる。

“The Kills【Fried My Little Brains】和訳 セリフの向こう側 True Meanings” の続きを読む

【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You

男子だろうが女子だろうが、子供だろうがお年寄りだろうが、「素敵だな」と思ったら、Lyraは、その人に素直に「可愛い」と言ってしまう。

大体の人は「あら」って照れて喜ぶが、中には(男性は特に)「可愛いじゃなくて、格好良いでしょ」となる。

可愛いも褒め言葉なのになあ。

男女とかジェンダー意識しすぎじゃないかな?と思うんだけど、、、。

そもそも、女性はピンク(ピンク大好きな色)、男性はブルーって誰が決めたの?

それを考えると高校の時のLyraの仲良しの先生は、ワイシャツが良くピンクだったな。髪の毛と髭が金髪だったから、それに合わせてたんだろうけど、、、日本人は何故かピンクのYシャツ着こなす男性が少ないよね。ケンさんくらいじゃない?イーネッ!

決めつけは良くないわ。

自由でいられる世界が早く来ると良い。

そりゃ昔々よりは断然、LGBTQの人達はマシになっただろうけど、それでもやっぱりまだ色々あるからね。

Lyraも素直に褒めてるから、いつの日か「可愛い」と褒めたら、皆んなが皆んな「ありがとう」って、ニコッと笑顔になる世界が来て欲しいと思う。

自分が自分らしくいられる場所。

今日は、そんな思いを詰めた可愛い歌を、和訳して皆さんにお届け〜♪

巻頭写真は、Lyraの好きなLiv Tylerちゃん💕 (付き合ってたらしいよね〜。Evan がデレデレ)。

“【The Lemonheads/ Into Your Arms】和訳 僕は君のもの I Belong To You” の続きを読む

【Edie Brickell & New Bohemians/A Hard Rain’s A-Gonna Fall】和訳 『7月4日に生まれて』サントラ歌詞 解説 Born on the 4th of July

The 4th of July.

Today’s Independence day.

今日はアメリカの独立記念日。

いつもなら基地(ベース)に遊びに行ったり、騒いだり、又は、家でそれ「らしい」物を作ったりするLyraですが、今年は、Covid-19もあってベースの祭りwもないし、大人しく食べ行くくらいにしておこう(って結局、出掛けるや〜ん)。

でも気分だけは、それ「らしく」盛り上げよう、と浮かんだのが、この曲。

Edieの半音ズレてるような歌い方が好き。

時々棚ひっぱり出して来ては、彼女の声を聴きたくて、Edie Brickell & the New Bohemiansのデビューアルバムを聴いてまったりする。

優しく歌うのは、あの人の曲。

Bob Dylanもずれまくる歌い方するが、Edieも負けてない。

自分の世界観で歌っているのだ。

サウンドトラックに使われた曲なのも頷ける。

恐ろしい世界を内包しながらも、何事もないように微笑んで生きて行く、、、あの国に癒しを与えるのだ。

“【Edie Brickell & New Bohemians/A Hard Rain’s A-Gonna Fall】和訳 『7月4日に生まれて』サントラ歌詞 解説 Born on the 4th of July” の続きを読む

【Simple Minds / Don’t You (Forget About Me)】和訳 Regretful Guy’s Comin’ ネバネバ君いらっしゃ〜い! 解説

LyraのこのブログでThe Walking Dead ウォーキングデッド等のゾンビネタや、Hannibal ハンニバル、American Horror Story などグロい系を紹介する事が多い為、皆さん「Lyraはホラー好き」と思っているでしょう?

実は、ロードムービー&ラブロマンス好き。そして、青春映画好きでもある。

今日は紹介したい作品があって、その前にこの曲を和訳した方が分かりやすい為、先に紹介しちゃうね。

【The Breakfast Club】じゃないよ〜(笑)

“【Simple Minds / Don’t You (Forget About Me)】和訳 Regretful Guy’s Comin’ ネバネバ君いらっしゃ〜い! 解説” の続きを読む