P.I.L.【Ease】和訳 Ginger Bakerのドラムは私のHeart Beat 解説

今日はGinger Bakerの命日。

毎年このLyraのブログで恒例になっている「GingerのCoolなドラムが聴ける曲を和訳して、彼を偲びましょう」を今年もやりますう〜♪♪

Gingerと言えば、やはりLyraが大好きなドラミングは、Cream時代なんです。Gingerのファッションとかも超ハイスペック・サイケデリック・ファッションで好きだから。でも今年はちょっといつもと違うGingerを紹介しようかな?

1980年代のGingerは、Cream解散後にBlind Faithや様々なバンドと加入したり、ジャムったり、自らのソロワークやバンドもやっていた超アクティブな時期。

ドラムの探究の旅でアフリカに行って帰って来た後だから、パワフルさが神がかっていた時期でしょう。

今日はSex PistolsのJohn Rydon のバンドとレコーディングしたこの曲を選びました。Ginger Bakerのパワフルで一味違った魅力をLyraの和訳と一緒にお届けします。

しかしLyraってドラマー好きだな (今更)w

“P.I.L.【Ease】和訳 Ginger Bakerのドラムは私のHeart Beat 解説” の続きを読む

Ozzy Osbourne【Crazy Train】和訳 Randy RhoadsとOzzyについて解説 Devil & Angel

Heavy Metalの重鎮か?

はたまた目立ちたがり屋の、ただの変人か?

Lyraは毎度、彼を見ると可愛いガキンチョに見える。

好きなことをして、ただ人生を謳歌してるだけだと感じるからだ。

数々の奇行愚行を繰り返して伝説?にまでなるエピソードの数々のせいで、世間の人々は、彼を変人として認知している。

ただ音楽面に関したら真面目なロッカーだと思う。

中には「Ozzyは歌が下手だ」と言うHeavyMetal Kidsもいるが、あの独特の間延びした味のある歌い方は、そう簡単に出せるものではない。

シャキッとした人が歌ったら、【Mr.Crowly】なんてちょっとだけ怖いだけの、お伽話になってしまうだろう。

Ozzyって意外と高い声域を楽々歌えたり、あの歌唱法があるから人生の悲哀がでるのだ。

そして歌詞。

奇行が激しくて、もはや誰も注目していなそうだが(笑)、悲しみに暮れた男の気持ちを歌わせたら英国の1、2位を張れるかもよ?

今日はLyraの好きな曲であり、Ozzyが大好きだったギタリストRandy Rhoadsに捧げた曲を和訳しちゃいましょ!

“Ozzy Osbourne【Crazy Train】和訳 Randy RhoadsとOzzyについて解説 Devil & Angel” の続きを読む

Whitesnake / Here I Go Again 和訳 Made Up My Mind! 不屈の精神 解説

「LyraってBrit PopとかイギリスのPunkとか好きなのに、何でヘビメタやハードロックも詳しいの?」とか、

「何者?」と良く聞かれますが、ただ単に好きなだけ〜 (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

ジャンルに関係なく聴いてきたと言うと聞こえは良いけど、ただ単にミーハーなんだろう。

好きなものは好き。

それだけ。

理由なんてない。

“Whitesnake / Here I Go Again 和訳 Made Up My Mind! 不屈の精神 解説” の続きを読む

The Outfield とValley Girlsについて The Outfield and Valley Girls

The Outfieldってバンドを知ってる?

この前、UGG の50%Offのお得情報をお知らせした時に、夏らしい曲で紹介したバンドです。

その抜けるような爽やかなハイトーンVoiceのせいか?

はたまた、昔懐かしいLA サウンドとLA Metalに良くあった爽やかさを合体させたようなメロディのせいで、アメリカのバンド!とか、西海岸のバンド!と思われてしまいがちな彼ら。

実は、、、イギリスはマンチェスターのバンドなんです〜。

驚き‼️

“The Outfield とValley Girlsについて The Outfield and Valley Girls” の続きを読む

美容院。良い美容師とは?Hairstyle Story

ヘアカラーしていますか?

Lyraは1〜2か月に1回カラーしてます。自分で。

「じゃ、ヘアカラーのプロじゃん!」と思うデショ?

今はね、プロ並みよ!

でもね〜、ここまで来るのに失敗もたくさんしたの。

だから、良し悪しがわかる女と言って!(なんか、推も甘いも、みたい。)

“美容院。良い美容師とは?Hairstyle Story” の続きを読む