Louis Armstrong【On The Sunny Side Of The Street】和訳カムカムエヴリバディの曲とサッチモ解説 Satchmo is Freedom

どうしても昔から親しんで来た映画や海外ドラマにハマってしまう為、日本のドラマにハマることは数少ない…(面白いな、位はあるが)。

それが久しぶりに、おまけに、朝ドラにハマるとはね。驚き。

Lyraの毎日の投稿を見て下さってる方々はご存じだと思いますが、『カムカムエヴリバディ』に今、ハマっておりまする。

朝からドビックリな泥沼劇を見せられたり、ラブラブな純愛で癒されたり、、、先が読めるからいつもの予想して当たるから楽しんでいる。

でも1番のハマる理由は、Jazzがストーリーの鍵になっているからだ。

ドラマ全体に色濃く染み渡るJazzのサウンドが、優しく私たちに寄り添ってくれる。

特にキーになっているLouis Armstrong ヴァージョンの【On The Sunny Side Of The Street】は、ゆるくふわふわと漂い、私たちにそうっと近づいてくる。又、Louis Armstrongの存在自体が、このドラマの全てを支配していると言ってもいい。

嫌な事はひとまず置いて「今を楽しもう」と言うメッセージが、戦後復興の人々のハートを癒したに違いない。

いや、それだけじゃない。その優しい歌声は、現在の私達の胸の奥底にある傷まで染み渡り、治癒してくれさえする…。

自分に正直に生き、愛を与え、愛を貰ったら感謝する。嘘偽りのない、誰でもない私自身でいること、それは日向の道を歩くことだ。

オリジナルでその日向の道を歩いていれば、必ず幸せな場所にいける。

自分のいるべき居場所へ。

“Louis Armstrong【On The Sunny Side Of The Street】和訳カムカムエヴリバディの曲とサッチモ解説 Satchmo is Freedom” の続きを読む

Marianne Faithfull【Sister Morphine】和訳シスター・モーフィンとは誰か? Who is Sister Morphine?

Happy Birthday Marianne Faithfull ☆

今日はMarianne Faithfullのお誕生日。今年もLyraがMarianneの曲を和訳したので、一緒にバースデイ・パーティーしましょっ。

12月29日は、LyraのMamaのBirthdayでもあるので、大切な日。全く関係ないけれど、色々な経験をして来た所や、生命力野つよさ、そして美しさも似ているので、なんとなく2人を重ね合わせてしまいます。

大切な2人の誕生日だから、Marianneが可愛らしかった時代の曲を選び、Happy ムードで行こうと思ったけれど、有名な曲の方がニーズが高いと思い、このヘヴィな内容の曲にしました。

Marianne Faithfullは、天使と言われていた時期があったけれど、実際は…頭が良い人だったんだと思う。

ただドラッグで人生を狂わされてしまった。

それが、この曲に全て凝縮されている。

数奇な運命を辿ることになってしまったMarianme Faithfull の世界を覗いてみましょう。

彼女の歌詞がそのまま真実になってしまった、、、

悲しい過去を知ることで、真実の彼女自身を愛おしく思えるようになるだろう。

 

“Marianne Faithfull【Sister Morphine】和訳シスター・モーフィンとは誰か? Who is Sister Morphine?” の続きを読む

The Kills【Fried My Little Brains】和訳 セリフの向こう側 True Meanings

このブログで何回も取り上げているデュオ、The Kills。

イギリスとアメリカ国籍の2人の構成だから、どちらかの色が強くなるのが普通と思いきや、Lyraの個人的な意見だとヨーロッパな雰囲気が色濃く、初めて聴いた時は、おフランス系だと思ってたくらいだ。

見た目は普通な大人の2人だけど、どこか意外性や危険な匂いがする。

良い男と良い女。

多分彼らの歌詞が意味深だから?

不安定な関係性にヒヤヒヤしてしまう、あの感じ。

お子様には分からない大人のどうしようもなさ。

教えてくれる。

“The Kills【Fried My Little Brains】和訳 セリフの向こう側 True Meanings” の続きを読む

the Raconteurs【Blue Veins】和訳 オリジナルな生き方 Original Way Of Life

オリジナルのLyraです。

「オリジナルは、常に自由であれ!」と思うし、事実、自由に色々とやらせて頂いているから感謝しかない!…のですが、オリジナルは、オリジナル故にイキイキと生きてる為、やるべき事がありすぎる。すると、1日24時間しかない…と言う局面に遭遇するのです。

この制限の中で活動範囲が広いわ、普通の人と同じく寝なきゃいけないわ、ご飯食べな〜、日本のお風呂大チュキ〜、などと(笑)やっていたら、自由と言っても時間の制約と言う当たり前で、尚且つ、極限的な妨害にブチ当たるわけです。

で、やめときゃ良いのに、仕事を頼まれてやるべき事が増えて大変なのに、ぽぽボランティアか?と言う事まで頼まれて、可哀想だから〜と断れず、今年はずっと土日休みなしでやんす。

何か愚痴みたいに見えるけど、楽しい〜。詳しくは書きませんが、色々違う事が出来て楽しい。ただ上手く行けば来年1月には、この2年間のハードスケジュールがひと段落すると思う…他の事をしたくならなければ、の話だけど。ウフッ。まあ、やるだろうな。

Lyraは、人間や物に執着したことが無いからね〜。アレ執着する人って何も無い人だから他人に依存するわけ。

だから、依存しない私は今現在の日常も安らぎがあってパワーが出るし、また次に進むと言うのも楽しいのだ。

我が道をいくだけでなく一緒に楽しむ。だから、ワクワクが止まらない〜hooray〜!

“the Raconteurs【Blue Veins】和訳 オリジナルな生き方 Original Way Of Life” の続きを読む

Jack White【Over And Over And Over】和訳 JackWhiteソロ! 予言通りに My Prediction Has Come True

Lyraがマジで大好きなヴォーカリストは何人かいるが、その中で聴いていると落ちつく〜と言うアーティストは少ない。生きているとなると(笑)一気に減ってしまうのが難だが、この人 Jack Whiteがその1人である。

大好きなドラマーであり、ギタリストでもあるJack Whiteは、オタク道を極めて極めて行った結果、大成功した変わり種かもしれぬ。

ブルーズのオタク、レコード収集家のオタク青年が大好きな音探してるうちに、自らもプレイするようになり、The White Stripesをはじめイカしたバンドを数々結成して行くうちに、現在の地位を確立。

毎日が楽しいことばかりじゃないだろうし、彼も紆余曲折ある人生を送って来たけれど、Jackの生き方は、ある意味、自分のと似てる。好きなことして生きる。

Thanks Godって感謝して生きましょう。

“Jack White【Over And Over And Over】和訳 JackWhiteソロ! 予言通りに My Prediction Has Come True” の続きを読む