The Blues Brothers【Gimme Some Lovin’】和訳と映画ブルース・ブラザーズについて 解説

 

ブルースブラザーズが好きなのは、良い映画と言う意味もあるが、それは自分と縁深いからだ。小さい頃、Teenの頃、友人との思い出、彼氏との思い出、旅行の思い出、ミュージカルの思い出なとなど、めっちゃ楽しい思い出とリンクしているから。

そのことには、先にチラッと何回もお祝いして来た幸せ記念日に書いたので、今回は割愛します。

The Blues Brothers【Everybody Needs Somebody To Love】和訳ブルース・ブラザーズについて Real Blues Band

 

今日は、この映画の中でも歌われている大好きな曲を紹介します〜。

ノリの良さは、この映画の中では1番かもしれない。でも劇中では、チラッとしかやらないので、今日はLyraの和訳と一緒に映画の映像と共にライブも載せちゃえ!

さあ、Lyraと一緒に踊ろうぜ!

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国製作の映画『The Bluce Brothers』の劇中に使われている曲【Gimme Some Lovin”】(愛しておくれ)。

スポンサーリンク

 

原曲は、イングランドのロックバンド、The Spencer Davis Group スペンサー・デイヴィス・グループが1966年に発表した楽曲だ。(この曲の詳しい和訳の解説は、元ネタであるThe Spencer Davis Group の和訳の時に書いたので、そちらを読んで下さい。)

*【The Spencer Davis Groug/ Gimme Some Lovin’】和訳解説 

 

詳しい解説は、LyraのHipの和訳の後に、又お話しましょう!

今日は、映画『ブルースブラザーズ』についても解説しますね。

 

(click to amazon ↓↓) “The Blues Brothers” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ ↓↓

(click to amazon↓↓) “The Blues Brothers -Soundtrack” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

“Gimme Some Lovin’” is a song written by Steve Winwood, Spencer Davis and Muff Winwood,[although solely credited to Steve Winwood on the UK single label, and performed by the Spencer Davis Group. Live recordings are included on the Traffic albums Welcome to the Canteen and The Last Great Traffic Jam.

The Blues Brothers is a 1980 American musical comedy film produced by Robert K. Weiss, directed by John Landis and written by Dan Aykroyd and John Landis. It stars the late John Belushi and Dan Aykroyd, along with cameos from various musicians, such as James Brown, Aretha Franklin and Ray Charles, and was the first movie based on a sketch from Saturday Night Live. 

=Gimme Some Lovin’

Hey!

Well my temperature’s rising and my feet on the floor
Twenty people rockin’ and there wanna go more
Let me in baby, I don’t know what you’ve got
But you’d better take it easy, this place is hot
So glad we made it
So glad we made it
You gotta gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
Everyday

Hey!

Well I feel so good, everything is sellin’ high
You’d better take it ease ‘cause the place is on fire
It’s been a hard day and I don’t know what to do
Wait a minute baby; can it happen to you?
So glad we made it
So glad we made it
You gotta gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
Everyday

Hey
Well I feel so good, everybody’s getting’ high
You’d better take it easy cause the place is on fire
It’s been a hard day, doesn’t feel too good
Now I’m gonna relax, honey, everybody should
So glad we made it
(Hey, hey)
So glad we made it
You gotta gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
(Gimme some lovin’)
Gimme some lovin’
Everyday
Gimme some lovin’
Everyday
Gimme some lovin’
Everyday
Gimme some lovin’
Gimme some lovin’
Gimme some lovin’

 

おい!

マジで、体温上がって来たぜ

それにダンスフロアの俺の両足を見て

ウットリしてる奴らが20人もいて

もっと見たいって欲しがっているぜ

 

ああ俺も仲間にいれてくれ

ベイビー

お前が何をしてくれるか

俺にはわかんねぇけど

でも焦らないで良いぜ

だってここは熱いから

俺たちヤレて

めっちゃ嬉しいよ

めっちゃ嬉しいんだ

上手くヤレて

愛してくれよ

愛してくれなきゃダメだよ

愛してくれなきゃダメだよ

毎日…

スポンサーリンク

 

ああ〜メッチャ気持ち良いぜ

何もかもが天国イチいかしてる

気楽にやりなよ

だってここは燃え上がっているんだから

ひでぇ1日だったんだ

どうしたら良いか

俺には分からねぇ

ちょ、ちょっと待てよ

ベイビー

もうお前も

そうなるのかな?

俺たちヤレて

めっちゃ嬉しいよ

めっちゃ嬉しいんだ

上手くヤレて

愛してくれよ

愛してくれなきゃダメだよ

愛してくれなきゃダメだよ

毎日…

 

ああ

メッチャ気持ち良いぜ

皆んなハイになってやがる

焦らないで良いぜ

だってここは

燃え上がっているんだから

ひでぇ1日だったよ

何も上手く行きやしない

俺はリラックスしよう

可愛いお前

皆んなやるべきだよ

俺たちヤレて

めっちゃ嬉しいよ

めっちゃ嬉しいんだ

上手くヤレて

愛してくれよ

愛してくれなきゃダメだよ

愛してくれなきゃダメだよ

毎日…

 

Songwriters: Steve Winwood, Muff Winwood, Spencer Davis

Translator: Lyra Sky 和訳

 

ノリが良すぎて自然と体が動いてしまう曲。Lyraなんて、アドレナリンが大放出してしまうぞ〜ん。様々な有名映画やCMで使われて来たのは、この聞く者のアドレナリンが大放出してしまうくらいの、躍動感があるからだろう。

The 500 Greatest Songs of All Time (ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では247位にランクインしているくらい、世界中で愛されて来た曲なのだ。

数多くのアーティストたちによってカバーもされており、1番有名なのが、1980年の映画『Bluce Brothers ブルース・ブラザース』では、Bluce Brothers がこの曲を演奏するシーンだろう。そのほかに、Sam & Dave 、Olivia Newton-Johnによるカバーもある。
The Beach Boys ザ・ビーチ・ボーイズは、1972年4月4日と1977年6月23日に、Brian Douglas Wilson ブライアン・ウィルソンのリードで、この曲の吹き込みを行なったが、2014年現在、テープは行方不明とされている。日本のバンド、ザ・スパイダースは、1967年のアルバム『風が泣いている/ザ・スパイダース・アルバムNo.4』で、この曲のカバーを収録している。

 

こちらが、Lyraが好きな映画ヴァージョン!少ししか歌ってないのが、非常に残念だけど、たまらないくらいオモロいから載せちゃいますね。 ↓↓

 

因みに、なぜJake(John)とElwood (Dan)達が、客に瓶投げられてライブを中断しなきゃいけなくなったかの理由は、ブルーズやソウルをやるBluce Brothers Bandなのに、金儲けしなきゃいけないからと、やっとみつけたライブハウスが、ウェスタン・バーだったからだ。

カントリーミュージックを聴きに来た客しかいないのに、バリバリなソウルな曲をやってしまった為、みんなは怒り狂ったわけです。普通の人ならば「何もこんなビール瓶や酒瓶をなげることないじゃないか?」と思うでしょう。

でもこの当時だと、カントリーを聴きたくて来ている客は(ほぽ)白人が多く、そんな彼らからしたら悪魔の音楽である黒人が歌うブルーズなんてききたくないわけですな、、、つまりチラッと分かる人には分かる、人種差別を表しているシーンなのです。

 

スポンサーリンク

映画【Bluce Brothers】について

ブルースブラザーズは、ジョンランディスが監督し、ジョンベルーシとダンエイクロイドが「サタデーナイトライブ」の音楽スケッチから開発されたキャラクターである「ジョリエット」ジェイクとエルウッドブルースとして主演する1980年のミュージカルコメディ映画だ。

R&Bとソウルシンガーのジェームス・ブラウン、キャブ・キャロウェイ、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、ジョン・リー・フッカーのナンバーをフィーチャーしているため、彼らの動いてる場面、ちょっとした演技も見れるから今となっては、貴重な音楽の資料としても重要な作品だと思う。

この映画はイリノイ州シカゴとその周辺を舞台にしており、ジョン・キャンディ、キャリー・フィッシャー、ヘンリー・ギブソンによる音楽以外のサポートパフォーマンスも上映されていて、当時のアメリカの人気俳優とアメリカ文化がプンプン匂ってくる面白さがある。

ストーリー(簡単あらすじ)

*ネタバレ無し

 

物語は、彼らが差し押さえられてしまった、兄弟が育ったローマカトリックの孤児院を救うストーリーがメインの内容。

「神からの使命」を引き受ける仮釈放された囚人ジェイクと彼の兄弟エルウッドの贖いの物語だ。その救済のためには、リズムアンドブルースバンドのブルースブラザーズを再編成し、税務査定人に支払うために5,000ドルを稼ぐためのパフォーマンスを組織する必要があった。

その過程で、彼らは破壊的な「謎の女」、ネオナチ、そしてカントリーとウエスタンのバンドの標的にされてしまう。

その間、警察は執拗に2人を(バンドも含めて)追跡。

さあ、彼らは、教会を救えるのか?

 

こちらは、Bluce Brothers Bandのライブ↓↓

 

ラスベガス感が激しい、ゴージャスなショーですな。映画の方が好みなんですが、まあ、仕方ない。でもミュージカル仕立てで、好きなライブではあります。見たことあるんだけど、Aretha の掛け合いとか面白かったな。Aretha Flankrin役のお姉さんにLyraのファッション褒めていただいた楽しい思い出があるから余計に、良い思い出になりました。↓↓

Aretha Franklin 逝去 【Think】和訳 Lady Soul with Bruce Brothes!

 

この映画は、1980年6月20日に米国でリリースされ、レビューアグリゲーターのウェブサイトRotten Tomatoesによると、レビューの76%が肯定的で、全体的に良いレビューを受けている。

 

(click to amazon↓↓) “The Bluce Brothers- Tshirt ” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

開幕の週末に500万ドル弱の収益を上げ、ホームビデオで公開される前に、世界中の劇場で1億1500万ドル以上の収益を上げているのでどれだけ人気のあるオールディーズを超えた不変の名作かが分かるでしょう。

日本では【Bluce Brothers】が賛否両論なのはわかる。ブラックユーモアの方が多いため、「面白くない」のだと思う。分かりやすい笑ならば、良いが、人種差別やアメリカの連邦警察の身勝手さ、自分達の州内ならばやりたい放題な所は、日本人にはわからないだろう。興味のある人や。チラッとでも知っている人ならば、分かる笑いが多くて一般ウケしないのだ。

だから日本人にはイマイチと言う人が多いのだと思う。

でも少しでもこだわりが無い音楽好きならば、絶対に響くものがあると思う。このエネルギーとパッション、笑えるアーティスト達のヘタウマ演技は、見る価値ありますよ。

 

(click to amazon↓↓) “The Bluce Brothers” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

長くなってしまったから今回は、これくらいにしておきましょう。またの機会に、いつものLyraの詳しい映画解説やあらすじ感想を、この【The Bluce Brothers】でも書きましょうか?(Needs ある?ww)

あ〜堪んないねッ。この曲は、イントロから血が湧くわ!またエキサイトして来た☆

今宵は、Lyraの和訳を読みながら、【Gimme Some Lovin’】で一緒に踊りましょう!

 

*ブルースブラザーズについては、こちらなど→The Blues Brothers【Everybody Needs Somebody To Love】和訳ブルース・ブラザーズについて Real Blues Band

*Gimme Some Lovin’の原曲については、こちら→The Spencer Davis Group【Gimme Some Lovin’】和訳 愛しておくれ Song Getting Hyper

*アレサ・フランクリンについてはこちら→Aretha Franklin 逝去 【Think】和訳 Lady Soul with Bruce Brothes!

 

(click to amazon↓↓) “The Bluce Brothers- Soundtrack” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

The Blues Brothers is a 1980 musical comedy directed by John Landis and starring John Belushi and Dan Aykroyd as “Joliet” Jake and Elwood Blues, characters developed from a “Saturday Night Live” musical sketch. It features musical numbers by R&B and soul singers James Brown, Cab Calloway, Aretha Franklin, Ray Charles, and John Lee Hooker. The film is set in and around Chicago, Illinois, and also features non-musical supporting performances by John Candy, Carrie Fisher and Henry Gibson.

The story is a tale of redemption for paroled convict Jake and his brother Elwood, who take on “a mission from God” to save the Roman Catholic orphanage in which they grew up from foreclosure. To do so they must re-form their rhythm and blues band, The Blues Brothers, and organize a performance to earn $5,000 to pay the tax assessor. Along the way they are targeted by a destructive “mystery woman”, Neo-Nazis, and a country and western band — all while being relentlessly pursued by the police.

Released in the United States on June 20, 1980, it received generally good reviews with 76% of reviews positive according to the review aggregator website Rotten Tomatoes. It earned just under $5 million in its opening weekend and went on to gross more than $115 million in theaters worldwide before its release on home video.

Personnel

Produced By Bob Tischler
Written By Spencer Davis, Steve Winwood & Muff Winwood
Backing Vocals Joe Walsh
Release Date June 20, 1980
Songs That Interpolate Gimme Some Lovin’
Gideon’s Comin’ by ApologetiX
Gimme Some Lovin’ Is A Cover Of

Cast

Joliet “Jake” Blues

Portrayed by John Belushi.

Quotes
  • “Well, thank you, pal! The day I get out of prison, my own brother picks me up in a Police Car!”
  • “No. Fucking. Way.”
  • “Yes! Yes! Jesus H. Tapdancing Christ, I have seen the Light!!!”
  • “Well, me and the Lord, we got an understanding.”
  • “The Lord Works in Mysterious Ways.”
  • “Hey! How much for your wife? Hahahahahahah!!”
  • “Gimme four fried chickens, and a coke.”

Elwood Blues

Portrayed by Dan Aykroyd.

The Blues Brothers: Music from the Soundtrackwas released in June 1980 as the second album by the Blues Brothers Band, which also toured that year to promote the film. “Gimme Some Lovin'” was a Top 40 hit. The album was a followup to their debut, the live album, Briefcase Full of Blues. Later that year they released a second live album, Made in America, which featured the Top 40 track, “Who’s Making Love”.

The songs on the soundtrack album are a noticeably different audio mix than in the film, with a prominent baritone saxophone in the horn line (also heard in the film during “Shake a Tailfeather,” though no bari sax is present), and female backing vocals on “Everybody Needs Somebody to Love”, though the band had no backup singers in the film. A number of regular Blues Brothers’ members, including saxophonist Tom Scott and drummer Steve Jordan, perform on the soundtrack album but are not in the film.

According to director Landis in the 1998 documentary The Stories Behind the Making of ‘The Blues Brothers’, filmed musical performances by Franklin and Brown took more effort, as neither artist was accustomed to lip-synching their performances on film. Franklin required several takes, and Brown simply rerecorded his performance live. Cab Calloway initially wanted to do a variation on his signature tune, Minnie The Moocher, having done the song in several styles in the past, but Landis insisted that the song be done faithful to the original big band version.

Soundtrack album listing

  • “She Caught the Katy” (Taj Mahal, Rachell) – 4:10
    • The Blues Brothers with lead vocals by Jake Blues
  • “Peter Gunn Theme” (Mancini) – 3:46
    • The Blues Brothers Band
  • “Gimme Some Lovin'” (S. Winwood, M. Winwood, Davis) – 3:06
    • The Blues Brothers with Jake Blues, lead vocals
  • “Shake a Tail Feather” (Hayes, Williams, Rice) – 2:48
    • Ray Charles with the Blues Brothers (Jake and Elwood, backing vocals)
  • “Everybody Needs Somebody to Love” (Wexler, Berns, Burke) – 3:21
    • The Blues Brothers (Jake Blues, lead vocals; Elwood Blues, harmonica and vocals)
  • “The Old Landmark” (Brunner) – 2:56
    • James Brown and the Rev. James Cleveland Choir (additional choir vocals by Chaka Khan credited in the film)
  • “Think” (White, Franklin) – 3:13
    • Aretha Franklin and the Blues Brothers with backing vocals by Brenda Corbett, Margaret Branch and Carolyn Franklin (real-life sister of Aretha) and Jake and Elwood
  • “Theme from Rawhide” (Tiomkin) – 2:37
    • Elwood and Jake and the Blues Brothers Band
  • “Minnie the Moocher” (Calloway, Mills) – 3:23
    • Cab Calloway with the Blues Brothers Band
  • “Sweet Home Chicago” (Johnson) – 7:48
    • Dedicated to the musician Magic Sam
  • “Jailhouse Rock” (Leiber, Stoller) – 3:19
    • Jake Blues and the Blues Brothers (Over the closing credits in the film, verses are sung by James Brown, Cab Calloway, Ray Charles, Aretha Franklin and “crew”.)

Other songs in the film

The film’s score includes “God Music” (instrumental with choir vocalese) composed by Elmer Bernstein, who previously had worked with John Landis on National Lampoon’s Animal House. Other songs in the film include:

  • “Shake Your Moneymaker” – composed and performed by Elmore James
  • “Soothe Me”/”Hold On! I’m Comin'” – composed by Sam Cooke/Isaac Hayes and David Porter; performed by Sam and Dave
  • “I Can’t Turn You Loose” – composed by Otis Redding; instrumental performed by the Blues Brothers band (their theme song)
  • “Let the Good Times Roll” – composed and performed by Louis Jordan
  • “Anema e Core” – performed by Ezio Pinza
  • “Quando, Quando, Quando” – performed by Murph and the MagicTones
  • “Just the Way You Are” – composed by Billy Joel; performed by uncredited group
  • “Boom Boom” – composed by John Lee Hooker; performed by John Lee Hooker (as “Street Slim”), vocals and guitar’ Big Walter *Horton (as “Tampa Pete”), harmonica. Pinetop Perkins (as “Luther Jackson”) electric piano; Willie “Big Eyes” Smith, drums; Luther “Guitar Jr.” Johnson, guitar; Calvin “Fuzz” Jones, bass
  • “Mama Lawdy”/”Boogie Chillen'” – composed and performed by John Lee Hooker
  • “Your Cheatin’ Heart” – composed by Hank Williams; performed by Kitty Wells
  • “Stand By Your Man” – composed by Tammy Wynette and Billy Sherrill; performed by the Blues Brothers
  • “I’m Walkin'” – performed by Fats Domino
  • “Ride of the Valkyries” – composed by Richard Wagner; performed by the Pittsburgh Symphony Orchestra
  • “The Girl from Ipanema” – composed by Antonio Carlos Jobim; performed by an uncredited group (background music while the brothers are in the elevator to the assessor’s office.)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。