和訳【Lyra/Kate Bush】『ライラの羅針盤』のように Happy Birthday Lyra

Happy Birthday to Lyra🎂🎊🎁🎉

って事で、LyraのBirthdayにどの曲を選ぶかで、今日は迷いまくった!

一昨年はOasis の【Lyla】 (和訳 Happy Birthday Lyra! 誕生日は、やっぱこれ!)で、

去年はEric Clapton (Derek & the Dominosの 【Layla 】( 和訳 解説 Laylaの真実 for Lyra’s Birthday!!)とLyra繋がりで来たんだよね。

たまたま好きな曲と名前が似てるってことで、取り上げたから、「今年は好きなバンドのあのハマった曲で!」と数曲候補からUPするつもりが、何となく「名前繋がりをもう一回しよう」って気分になっちゃった。

だから今日は、大好きな映画『The Golden Compass』(邦題:ライラの羅針盤, 原作タイトルは『Northern Lights』)のテーマ曲でもある、この壮大な曲にしました。

このロマンティックな曲を聴いて、Lyraと一緒に冒険の旅に出かけようではないか!

“和訳【Lyra/Kate Bush】『ライラの羅針盤』のように Happy Birthday Lyra” の続きを読む

和訳【Summertime】Sex Bob-Omb(Scott Pilgrim vs.the World)解説 生きてイケ! Strut & Strum!

大好き映画の”The Scott Pilgrim VS. The World” (スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団) 。

バカでどうしようもない青春Rock ムービーなのだが、LyraにはキュンキャンMovieなのであ〜る。

好きな女の子を自分の彼女にするために、ヘロヘロ自己中男子が、戦うってのがまず心躍る。

そして、それ以上にサウンドトラックが、めちゃ良いのだ。

最近、忙しい上にプライベートな事で問題起きるわ、私生活でのストーカー問題出たわ、ブログ運営で「はあ?」て問題が出て来て落ちつかねー!

落ちつかせてよー。

もうゆっくりしたいわっ。

ってことで、このムシャクシャ&モヤモヤな気持ちをぶっ潰すには、この曲でイクゥ〜!

“和訳【Summertime】Sex Bob-Omb(Scott Pilgrim vs.the World)解説 生きてイケ! Strut & Strum!” の続きを読む

和訳 Death Stranding【Ludens】Brind Me The Horizon MV付 本当の意味 Meanings o’Ludens

好きなバンドが映画やドラマの主題歌や挿入歌になると、それだけでその作品が好きになってしまう。

そして、たまにだが大好きな作品や映画に偶然起用される時もある。

今日Lyraが紹介する曲がそれ。

大人気【Death Stranding】の挿入歌で使われているのだ。

発売される前だから2〜3年前にこのブログで紹介した【Death Stranding】にまさか、この大好きなバンドが使われるとはね〜。

ダークなサウンドが、あの世界に似合ってるよ。

“和訳 Death Stranding【Ludens】Brind Me The Horizon MV付 本当の意味 Meanings o’Ludens” の続きを読む

和訳 Sex Bob-Omb【We Are Sex Bob-Omb】解説 Love’s Mystery

もう最近のLyraの頭ん中は、大変〜。

Harley乗り回したドンぱちに、直ぐに恋してやっちゃうのやら、Virus蔓延で家族が崩壊(世界も崩壊)した中、どうやってVampireを倒すか?や、奥さんの元に帰りたいのに奇妙な町に捕まったやらで、しっちゃかめっちゃかだ(内容ちゃんと把握、記憶、我ながらアッパレ)。

でも冷静になってみると、全く違うカテゴリーなのに、根本的なテーマが同じ「いかに愛するものを命がけで守れるか?」だから驚き‼️

ああ私ったら結局、愛にハマってしまうのね…納得。

そう思ったら「一目惚れしたアイツにまっしぐら」なこの大好きな映画を思い出してしまった。

全く飄々としてる癖に、一途に熱い奴。

今日は、愛のために戦う男のサウンドトラックを和訳しちゃうぞ!

“和訳 Sex Bob-Omb【We Are Sex Bob-Omb】解説 Love’s Mystery” の続きを読む

和訳【Biffy Clyro/ Balance Not Symmetry】映画『Balance Not Symmetry』サウンドトラック紹介

ロックと映像は結びつきやすい。

どちらも相互作用でイメージを増幅させられるのだから、使わない手はない。

今も昔のままの彼らが頭に強固にこびりついている。

それは、彼らのサウンドが素晴らしく自分にピピッと来たこと、そして、感銘を受けたからであり、見かけとのギャップも印象的だったからだ。(全身Tattooだらけなのに、繊細な歌詞とメロディ…って感じ)。

そのせいか、宗教的なヘビーな思想を美しいメロディに乗せている彼らのままだった。

だが、新曲のこのサウンドは意外で意外で口をポッカーンと開けてみてしまった。

Heavy になったのとは心境の変化?

それとも、次のステージへ?

成長、進化の記録。

“和訳【Biffy Clyro/ Balance Not Symmetry】映画『Balance Not Symmetry』サウンドトラック紹介” の続きを読む