和訳解説【Sheena Is A Punk Rocker/ Remones】シーナとは誰か? Who’s Sheena?

Happy Birthday, Joey Ramone! I wish you an outsatnding &fabulous birthday in heaven! ってことで、今日は、めでたいJoey Ramonesのお誕生日をお祝いして、彼の素敵なRock’n’Rollを和訳しちゃおうっ。

でも彼のバンドは、良い曲があり過ぎて、毎回どれにしようか迷う〜。

前に和訳したのがダークな曲だっだから、今日は明るいサウンドにしようか?

こんな時代には、これくらい突き抜けた感じが良い。

だから、この曲に!

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークで1974年に結成されたパンクロックバンド Ramones ラモーン

ニューヨーク・パンクの主要バンドであり、後のパンク・ムーブメントに大きな影響を及ぼした偉大なバンドだ。

*Ramonesについては、こちらなど→ 和訳【Ramones/ I Wanna Be Sedated】解説 ラモーンズよ永遠に Ramones Forever!

 

1974年から1996年までの活動期間で、多くのライブツアーをこなし、様々な国にPunk Rockを広めた貢献は計り知れない。

2002年『ロックの殿堂』入り

今日Lyraが和訳する曲は、1997年5月ににリリーされたシングル【Sheena Is A Punk Rocker】。

初出のアルバムは、アメリカ盤『Leave Home』、後に『Rocket To Russia』に収録された変わり種。彼の人気曲である為、ベスト盤に多数収録されている。

詳しい解説は、LyraのHipな和約の後に、又お話しましょう!

(click to amazon↓ ↓) Studio Album “Rocket to Russia” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

“Sheena Is a Punk Rocker” is a song by the punk rock group the Ramones. Written by Joey Ramone, it is one of the Ramones’ most popular songs, evidence of Joey’s early 1960s surf rock and bubblegum pop influences. It first appeared in May 1977 as a single in the UK where it charted at #22. In the USA, it was released as a single in July 1977, and reached #81, and appeared on copies of the second issue of the band’s 1977 album Leave Home(replacing the track “Carbona Not Glue”). The track, as well as its B-side “I Don’t Care”, was remixed and re-released for their third LP Rocket to Russia.

スポンサーリンク

=Sheena Is A Punk Rocker=

[Pre-Chorus]
Well, the kids are all hopped up and ready to go
They’re ready to go now
They got their surfboards and they’re going to the discotheque a-go-go
But she just couldn’t stay, she had to break away
Well New York City really has it all oh yeah, oh yeah

[Chorus]
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now

[Pre-Chorus]
Well the kids are all hopped up and ready to go
They’re ready to go now
They got their surfboards and they’re going to the discotheque a- go-go
But she just couldn’t stay, she had to break away
Well, New York City really has it all, oh yeah, oh yeah

[Chorus]
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker
Sheena is a punk rocker now

 

なあ

あのガキどもったら全員

興奮して行く気マンマンだぜ

アイツらいつでも出かけられるぜ

皆んなサーフボードを持ってやがるし

思う存分クラブで遊ぶつもりだぜ

でもあの子はじっとしていられない

アイツらから離脱しなきゃいけなかったのさ

まあニューヨーク・シティは

全てを持ってる街だからな

オー最高

オー最高だぜ

スポンサーリンク

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

シーナはパンクロッカー

シーナはパンクロッカー

シーナは今パンクロッカーなんだぜ

 

Songwriter: Douglas Colvin, Jeff Hyman, John Cummings,Thomas Erdelyi

Translator: Lyra Sky 和訳

 

ノリノリのロックン・ロールとはこのこと!

クレジットには。メンバー全員の名前が記載されているけれど、この曲は、Joeyが作った曲だと言われている。

Sir Records 在籍時の名曲のうちの一つである。

この当時、Joey Ramonesは、Surf Rock サーフロックに傾倒していた為、いくつか似たようなイメージの曲を作っている。

その中で、Lyraはこの【Sheena Is A Punk Rocker】が1番格好いいと思っているから、Joeyの作詞作曲でもあるし、彼のバースデイにはピッタリだと思ったの。

個人を忍んで、と言うけれど、その人が偉大であったり、又は歴史的功績はなくても、その人が一生懸命生き抜いた証のもの& 思い出は、永遠に輝き続けるんだな、とこの曲を聴くたびに思うよ。

 

(click to amazon↓ ↓ ) Compilation Album  “Sire Years – 1976-81” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

この曲は、パンクで初めてタイトルや歌詞にサブカルチャーを取り上げた曲とも言われていて、アメリカよりイギリスで大人気だったのもあり、1977年の<NME>で Track of YearのNo.5に輝いている。

Rolling Stoneでもthe Rock and Roll Hall of Fame’s 500 Songs that Shaped Rock and Roll にいれらている、皆に愛されている曲なのだ。

因みにバンド自体も、2002年に『ロックの殿堂』入りしており、ローリング・ストーン誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第26位である。

【Sheena is a Punk Rocker】のSheena は、実際にある『Sheena, Queen of the Jungle』と言うアメリカン・コミックスのキャラクターである Sheenaから取られたものだ。

初版は1937年のWagsなんだけど、めちゃくちゃ冒険しているWild Girlの話なの。(Fiction Houseの黄金期に連載されていたアメコミです。) Will EisnerとJerry Igerがタッグを組んだ作品だよ。

この曲のアイデアは、パンクロック・ミュージックが野生のジャングルで生きている女を、文明世界へと誘っていると言うもの。だからもろ、この世界観を拝借したのが、アメコミ好きには分かるだろう。

「俺にとっての”Sheena”は、はじめてのサーフとパンクを融合させたく Surf Punk Rockの ティーンエイジャーの反乱の歌なんだ。俺はSheenaとジャングルの女王とパンクの古くささがないものを、合わせたんだよ。Sheena は、近代的な時代に連れて行かれたのさ。」とJoeyも語っている。

 

( click to amazon↓↓ ) Studio Album “Rocket to Russia -40th Anniversary Delux Edition” [Analog] 40周年記念盤、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

この歌詞をパッと聴いたら、普通のPunk好き少女のことを歌っている感じ。

でもLyraには、冒険映画とか最近のAvengersみたいなアドベンチャー・ムービーなんかのヒロインに思えてくる。

Joeyがアメコミの主人公のThe Sheena をモデルにして書いたのだから、そのイメージが伝わって来るって言うのもあるけれど、歌詞の中で不思議なところがあるからだ。

地理の感覚がずれているの。

興奮してるサーファーの男子たちは、ハメはずしに出かけたがっているでしょ?

その中でDiscotique a go goてのがあるが、これってカリフォルニアにあるWhisky a go go を予想させるし、サーフボード持ってるならLAが頭に浮かぶ。

で、Sheenaがジッとしてらんないのは、Lyraの深読みだけど、サーファーの彼女になると、波待ち付き合ったり、自分がやらない場合は、焚火して待ってるとか、ジッとしてなきゃいけないのよ、マジあれは最悪、つまらな過ぎ。

だから「ジッとしてられない」と言ってんだと思うし、「我慢するなんて嫌よ、私は好きなことをするんだから!Punkのライブ行くわ!」と言うイメージがLyraは浮かぶの。

その場所がNYな訳。Ramonesがいる(本拠地)だからってこと。

となると、西から東の端っこまで真っしぐらな訳よ!それってもう、アメリカ横断よ。

West to East で突っ走るSheenaがLyraの頭の中では、Quick Silverのように光速で走っているよ、ビューン!ってね。

そんな神業出来るわけないから、すっごく漫画チックだし、映画みたいでこの曲を聴くと元気が出るのよ。

距離感が長過ぎて笑っちゃう。

そのハッチャケた感じが大好きよ。

Joeyの映画ノリの歌詞は、凄く好き。笑いのセンスがめちゃくちゃある。

こういう人が、皆に幸せを分けてあげられる人物なんだと思うよ。

Joeyの作ったストーリーに夢中だよ。今もこれからもずっと!

Powerを貰えるからRockって素晴らしい。

LyraもSheenaみたいに突っ走ろう。

皆んなも大好きなもの(人)に、突っ走ってね!

大好きって本当に生きる喜びになるよ。

Joeyありがとう。

最高の愛を感じる〜♪

Thanks for giving us beautiful songs,Joey! I’ll be able to live tomorrow with your songs!

 

One of the Ramones’ most beloved songs “Sheena Is a Punk Rocker” has been covered several times by other bands and featured in the Ramones’ live set for over a decade.

The song is notable for being one of the first to explicitly refer to “punk rock” in its title and lyrics in terms of a subculture. The song was ranked at No. 5 among the top “Tracks of the Year” for 1977 by NME: it is ranked #461 on Rolling Stone’s list of the 500 Greatest Songs of All Timeand is included in the Rock and Roll Hall of Fame’s 500 Songs that Shaped Rock and Roll. The “Sheena” referred to in the title is in fact the comic book character Sheena, Queen of the Jungle; the idea being that punk rock music would appeal to a savage jungle girl brought to civilization. Joey Ramone said of the track, “To me ‘Sheena’ was the first surf/punk rock teenage rebellion song. I combined Sheena, Queen of the Jungle, with the primalness of punk rock. Then Sheena is brought into the modern day.”

Leave Home is the second studio album by the Ramones. It was released on January 10, 1977, through Sire Records, with the expanded CD being released through Rhino Entertainment on June 19, 2001. Songs on the album were written immediately after the band’s first album’s writing process, which demonstrated the band’s progression. The album had a higher production value than their debut Ramones and featured faster tempos. The front photo was taken by Moshe Brakha and the back cover, which would become the band’s logo, was designed by Arturo Vega. The album spawned three singles, but only one succeeded in charting. It was also promoted with several tour dates in the United States and Europe.

Personnel

Ramones
  • Joey Ramone – lead vocals
  • Johnny Ramone – guitar
  • Dee Dee Ramone – bass guitar, backing vocals
  • Tommy Ramone – drums, producer

Additional personnel

  • Tony Bongiovi – producer
  • Ed Stasium – engineer
  • Greg Calbi – mastering
  • Moshe Brakha – front cover photography
  • Arturo Vega – back cover art
  • John Gillespie – art direction
  • Pat Chiono – design

Sheena, Queen of the Jungle is a fictional American comic book jungle girl heroine, originally published primarily by Fiction House during the Golden Age of Comic Books. She was the first female comic book character with her own title, with her 1937 (in Great Britain; 1938 in the United States) premiere preceding Wonder Woman #1 (cover-dated Dec. 1941). Sheena inspired a wealth of similar comic book jungle queens. She was predated in literature by Rima, the Jungle Girl, introduced in the 1904 William Henry Hudson novel Green Mansions.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。