和訳【Behind The Wheel/ Depeche Mode】解説 Welcome to the Darkness…

LyraのDepeche Modeメーターがempty に!!

The Doors, Jimi Hendrix, Oasisと同じく、ブログで暫く取り上げないでいると、禁断症状が起きてしまう愛しのDepeche Mode。

「作品は、満遍なく紹介して行こう」と心掛けているのですが、、、

そこはホラ!人間ですものぅ〜

凄く好きな曲を優先してしまうの。

どうしても大好きな『Songs of Faith and Devotion』と『Violator』からの曲をつい選んでしまう〜。

たくさん和訳と解説をして来たDepeche Mode。

今夜は、その一つ前のDepeche Modeと言うか、お気に入りアルバムの前の作品から選びました。

大丈夫、安心して!

そこはDepeche Modeッ。

妖しい世界は健在。

Welcome to darkness…

“和訳【Behind The Wheel/ Depeche Mode】解説 Welcome to the Darkness…” の続きを読む

和訳【People Are People /Depeche Mode】解説This Is Begining!

今日は映画ネタをしようと思ったの。

でも、頭の中でこの人たちの曲が鳴り出した。

Acid RockやGrungeやGarage Rockが好き。

それに加えて、先週はPsyche とPunk も聴いていたから、ダンサンプルな曲を聞きたい時期に又なったのかも。

周期的に回ってくるIndustrial Musicの波、、、というかDepeche Modeを定期的に摂取したくなる、ということなんだよね。

Darkness ダークネスと、Desire 欲望が良い感じの配合をしているのが、LyraにはDepeche Modeなの。

彼らほど闇が似合うバンドはいない。

でも今日のLyraは頭が「Pop欲しい」になっているから、Depeche  ModeのPop カテゴリーで1、2位を争うくらいPopで、メチャ売れしたこの曲を紹介するネッ!

“和訳【People Are People /Depeche Mode】解説This Is Begining!” の続きを読む

和訳【A Question Of Lust / Depeche Mode】解説 Lust & Trust 浮気と本気

遠距離恋愛って辛い。

束縛するタイプではないから近くにいると放ったらかしにしてしまったりして、気にもしないのに、

遠距離になった途端、気にしてしまうのは何故?

やっぱり距離感が大事なのだろうか?

確かにね。

触れられないのは胸が痛い。

今日はそんな想いをして(させて)しまった男の歌を爽やかに(?)お届け〜。

あ、でも、そこはDepeche Mode だから、、、。

“和訳【A Question Of Lust / Depeche Mode】解説 Lust & Trust 浮気と本気” の続きを読む

【Strange Love / Depeche Mode】和訳 解説 Sea Of Love in Immorality 日の当たる場所へ

変わり種。

今の彼らは、スタジアム級ビッグバンド。

メインストリームを長いこと歩いて来た風格まで纏う。

だけど当時のミュージックビデオを見たり、音源を聴いていると異彩を放っていたのが理解できる。

センスの良さと共に奇妙さ。

Stranger な雰囲気が漂い、未知の世界へと導いてくれそうなの。

“【Strange Love / Depeche Mode】和訳 解説 Sea Of Love in Immorality 日の当たる場所へ” の続きを読む

Halo-Depeche Mode 和訳 解説 End of Passion 愛欲の果てに

好きな声のお方、、、David Gahan!

色んな声がこの世には溢れかえっているけれど、この人の声は本能的に燃えてしまう声だ。

日本人で良い声だなあと思える人が1人もいないから、凄く今この国で生きているのがつまらない。

キンキン声の高い金切り声を男女問わずあげている世界じゃ、いつまでたっても日本の歌手は、世界から馬鹿にされたままよ。

“Halo-Depeche Mode 和訳 解説 End of Passion 愛欲の果てに” の続きを読む