Lyra Sky’s Monologue with Mads Mikkelsen vol.17

Mens in their 20’s & 50’s rearly love Lyra Sky.

(Game test result of  “Which generation love you?)

Come on〜❣️

shindanmaker.com/chart/867100-d…

#あなたはどの世代の異性にモテるのか

shindanmaker.com/867100

“Men their20’s & 50’s mad’bout Lyra Sky” this anser.

#madsmikkelsen #joshwhitehouse

February.23.2019.

“Lyra Sky’s Monologue with Mads Mikkelsen vol.17” の続きを読む

和訳【Like A Rolling Stone/Bob Dylan】解説 この歌の本当の意味 Changeless Heart

Happy Birthday, Bob Dylan! How do you keep getting older but keep looking younger? Amazing as same as your great Songs!

この前、お誕生日だったこのお方。

「birthday記念に彼の歌を和訳しよう!」

でも曲がありすぎて、どれにしようか迷う〜。

前に和訳&解説したのが、日本では、少しマイナー気味?だったので、今日は、超メジャーなこの曲にしたよ。

前に「やって欲しい」とリクエストもあったのもあるし…。

超有名な曲であり、Bob Dylan本人もターニングポイントになったという重要な曲だから、やらなきゃ、とずっと思ってはいたの。

ただ聴いていると色々考えちゃって超Heavyになるから、避けていたのかも。

大好きなEdieのことを考えると、なんとも言えないから。

それに一時期の自分に対して言われてるようにも感じて…

苦しくなるの。

“和訳【Like A Rolling Stone/Bob Dylan】解説 この歌の本当の意味 Changeless Heart” の続きを読む

和訳【Sweet Jane】 Lou Reed スウィート・ジェーンは誰? 解説 Who’s Sweet Jane in Dystopia?

This is your day, Lou Reed! Are you enjoyin’ your birthday. Let’s get some drink and celebrate, Happy Birthday!

お誕生日おめでとう、Lou Reed☆

3月2日はLou のお誕生日🎂

去年もLou の代表曲でお祝いしたけれど、今日は彼のバンドだったVelvet Undergroundの人気曲であり、彼が脱退しても愛し、ソロライブで良く歌っていたLou Reedの代表曲でもある曲を和訳&解説しちゃうね。

Louって、相当過激な歌詞を書くソングライターと知られているけど、Lyraが過激過ぎる物事を見過ぎて、慣れっ子になっているせいか、過激には全く思えないの。

だから(常識人だと自分では思っているが)一般的意見じゃないかもしれないが、Louの歌は子守唄だと思う。

それも、都会に住む人々の営みを、彼ら目線で書いた物語性のある子守唄。

今夜はLouの為に、お酒をチビチビ飲みながら(Lyraは余りお酒を飲めないから、café au lait飲みながら)、この曲を一緒に聴いてねっ。

“和訳【Sweet Jane】 Lou Reed スウィート・ジェーンは誰? 解説 Who’s Sweet Jane in Dystopia?” の続きを読む

Lou Reed / Walk On The Wild Side 和訳 A New Yorker with Full of Humanity 解説

10月27日は、Lyraが大好きなVelvet Underground ヴェルベッドアンダーグラウンドの顔でありVocalistである、Snobを気取ってはいるが、実はマジでWiseman なお方の命日だ。

Lyraほら、その日の気分で予定の曲変えちゃうでしょう? あの日RHCPの気分だったの。

今日は気分がピッタリ合ったからやっとお目見え。

遅くなって、ごめんね Lou!

“Lou Reed / Walk On The Wild Side 和訳 A New Yorker with Full of Humanity 解説” の続きを読む

Edie Sedgwick 【Ciao! Manhattan】 あらすじ 感想 Angel with a Broken Wingネタバレ

“Always said you were a Youthquaker, Edie
A stormy little world shaker
Warhol’s darling queen, Edie
An angel with a broken wing”

This is the song I’ve translation & written review for Ian Astbury’s Birthday yesterday,

The Cult’s beautiful tune 【Edie (Ciao Baby】.

“Edie Sedgwick 【Ciao! Manhattan】 あらすじ 感想 Angel with a Broken Wingネタバレ” の続きを読む