和訳【World In My Eyes】Depeche Mode 分かち合う悦び See Same World

結局「好き」って、一緒にいて(or 会話していて)楽しいか?どうか?なんだと思う。つまり分かりえるか、てこと。

“Day 7 of Lyra Sky’s birthday week!!”  として、LyraのBirthdayの日にUPする曲候補を紹介するラストは、この人達の曲にしよっ。

だってLyraの趣味趣向に合うのは、この人達、と言うか、作詞しているMartin Goreなのだから。

Jim Morrisonの歌詞も自分を代弁してくれているから大好き。

それと同じくMartin Goreの考えは、己の考えを箇条書きにして晒されているよう。

この人の言いたいことは、手に取るようにわかる。

多分Martinも Lyra と同じ、好きな人には、ずっと一緒にいて欲しい人だ。

その証拠に、仕事(ツアー)に出るために、彼女と別れたくない気持ちを描いた歌詞もあるくらい。

そして一緒に楽しみたい人だ。

現在の自粛で、一緒にいられない人達もいるだろう。

でも今の世の中、幸いなことにSNSがある。

話が出来たらそれでも十分幸せ。それも一緒に楽しむって事だから。

別にバカ受けしなくて良い。

ただ分かり合えたら良いだけ。

一緒に笑ったり、味わえたら良い。

同じ目線で、同じ世界を見たいだけなの。 “和訳【World In My Eyes】Depeche Mode 分かち合う悦び See Same World” の続きを読む

和訳【Behind The Wheel/ Depeche Mode】解説 Welcome to the Darkness…

LyraのDepeche Modeメーターがempty に!!

The Doors, Jimi Hendrix, Oasisと同じく、ブログで暫く取り上げないでいると、禁断症状が起きてしまう愛しのDepeche Mode。

「作品は、満遍なく紹介して行こう」と心掛けているのですが、、、

そこはホラ!人間ですものぅ〜

凄く好きな曲を優先してしまうの。

どうしても大好きな『Songs of Faith and Devotion』と『Violator』からの曲をつい選んでしまう〜。

たくさん和訳と解説をして来たDepeche Mode。

今夜は、その一つ前のDepeche Modeと言うか、お気に入りアルバムの前の作品から選びました。

大丈夫、安心して!

そこはDepeche Modeッ。

妖しい世界は健在。

Welcome to darkness…

“和訳【Behind The Wheel/ Depeche Mode】解説 Welcome to the Darkness…” の続きを読む

和訳【Straight To You/ Nick Cave and the Bad Seeds】Doomsday’s Love 終わりの日の愛

Happy Birthday, Nick Cave!

Hope you smile everyday with your family!

ってことで9月22日にバースデイだった Nick Caveの誕生日記念として、Lyraの好きなNick Cave の曲の中から素敵なビデオ付きで和訳するねー。(いつもビデオ付きだよ〜)

前に紹介したNickの曲よりもDeepな世界観がある曲を和訳したから紹介しようと思ったの。

でも、Deep過ぎて今日の誕生日向きじゃない!

だから変更してお届けしますう。

それに大好きなBlixa が格好良いっ❤️

もう、これしかぬぁーい!

“和訳【Straight To You/ Nick Cave and the Bad Seeds】Doomsday’s Love 終わりの日の愛” の続きを読む

和訳【Stripped/ Depeche Mode】Eve o’ the Revolution! 革命前夜

退院したで〜!

この入院した数日は、皆様に大感謝の毎日でした。

皆さんの励まし,温かい言葉,イイね,DM etcがあったから頑張れたのよ〜

多分、励ましなかったら死んでたわ。

感謝しても仕切れないよ、ありがとう😘

これからもよろしくねん❤️

今日はお気に入りのバンドの気分だから、この曲をお送りしましょう!

イイ声を聞きたいの〜

“和訳【Stripped/ Depeche Mode】Eve o’ the Revolution! 革命前夜” の続きを読む

【Strange Love / Depeche Mode】和訳 解説 Sea Of Love in Immorality 日の当たる場所へ

変わり種。

今の彼らは、スタジアム級ビッグバンド。

メインストリームを長いこと歩いて来た風格まで纏う。

だけど当時のミュージックビデオを見たり、音源を聴いていると異彩を放っていたのが理解できる。

センスの良さと共に奇妙さ。

Stranger な雰囲気が漂い、未知の世界へと導いてくれそうなの。

“【Strange Love / Depeche Mode】和訳 解説 Sea Of Love in Immorality 日の当たる場所へ” の続きを読む