Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.146

Put Shot into the Grande of Espresso Afoguard Frappuccino at Starbucks now. Sweetness tightening 🙆‍♀️ Sweaty walking around under the scorching sun . But wherever I go,people stare at me always.That’s why I’m used to it In the old days, I was worried about wanting to be normal and made it inconspicuous, but in the end it is the same. It ’s painful and if you hold it down, you ’re not yourself. So. I’m not myself if acting ordinary person.

👠lyra4m.co m\
#starbucks #katemoss

 

“Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.146” の続きを読む

【The Doors/ Waiting For The Sun】和訳 ジム・モリソンが見た太陽 How’s the Sun Which Jim’s Waiting For?

今日はJim Morrisonの命日だ。多くの人が頭に浮かぶのはThe 27 Clubだろう。

伝説に残るロックスターは、27歳で死ぬ。

そんな噂が真実味を帯びているのは、実際にJim Morrison をはじめとして Jimi HendrixにJanis Joplin やKurt Cobain 等等… Brian Jonesに関しては、同日に亡くなっている(年は違うが) のだから、迷信とは言えどリアルに悪魔と契約を交わしたから成功し、有名になった代償として、契約満了したから天国へ召されたと考えてしまうのも無理もない。

ロックには不思議な魔力が合うからだ、

特にJimは魔力や呪文など、儀式に似た世界観が似合う。事実、黒魔術に傾倒し結婚式まであげていたのだから。その反面、とてもナイーブで傷つきやすい歌詞を書いたりする詩人でもある。

魔術的な彼が書く詩は、ギリシャ神話に根ざしたものから反戦の意味を込めた兵士の歌、セクシャルな物までヴァラエティに富み、聴いているものたちに夢や絶望を与えて来た。

今日Lyraが選んだ曲はその中では、珍しく静かな印象の歌詞だ。サウンドはダークさとヘヴィーな面を併せ持つ、、、だが、とても感傷的で、静かに季節の移り変わりを感じてるJimの様子が目に浮かぶような歌詞なのだ。

Jimは季節を好んで歌詞に取り入れる人だから、この歌詞は彼らしい The Doorsの特徴の1つでもある馴染みのある表現だ。だが、いつもの動的な彼の中に、また別の顔を見た気がしてハッとしてしまう意外性のある詩が魅力的だ。

今年のJimの命日には、こんな静かな世界でじっと聴き入りながら、穏やかにJimを忍ぶのがピッタリだろう。

もしかしたら、Jimもあなたの隣に座って太陽が登るのを待ち侘びているのかもしれない。

“【The Doors/ Waiting For The Sun】和訳 ジム・モリソンが見た太陽 How’s the Sun Which Jim’s Waiting For?” の続きを読む

【Alice Cooper/ School’s Out】和訳 ダリのようにシュールなアーティスト A Surreal Artist Like Salvador Dali

 

 

Happy Birthday Alice Cooper! Please live long like a dancing monster serpent!

今日はAlice CooperのBirthdayなので、彼のキャッチーでPopな味があるロックを和訳して皆んなで盛り上げちゃいましょっ!

Alice Cooperの長いキャリアの中から、一曲を選曲するのは、なかなか優柔不断なLyraには難しい。

何故ならAlice Cooperってデビュー当時〜初期の音源って、R&Rベースではあるけど、もろグラム・グラムしてるでしょう?

それが時代を経てHard RockやHeavy Metal路線に変わって来たから、どのジャンルも好みの場合、一曲に絞るのはムズイの。

これが「俺はグラムが好きだ!」や「私はヘヴィ・メタルが好き!」と確固たるポリシーがあるならば、どちらかに決められるから話は早いんだが…。

全くポリシーない奴よね、今のLyraは。

でもそのお陰で色々なバンドや音楽と出会える、だから楽しみは増えるんだけど。

恋愛対象がどっちもOKならば世界も広がるって感じと似てるな(似てないか?w)

何か昔からどちらかもラブコール頂くので、どっちもいけたら楽しいのになあ、て。

Alice Cooperが網タイツでらいぶしていたみたいにね。

レンジの広さがものを言う。

これから何が起きるか分からないから。

今あるものが明日には全部吹っ飛んでしまうかもよ?

今日は、そんな恐ろしさを秘めた、浮かれて楽しいと皆が思っている曲を貴方にお届けします。

“【Alice Cooper/ School’s Out】和訳 ダリのようにシュールなアーティスト A Surreal Artist Like Salvador Dali” の続きを読む

Lyra Sky’s Monolngue-Favorites vol.105

Too humid summer
Summer’s my favorite season & I’m ok though high temperature. but it’s too humid in this summer. my long hair stick to my neck& back. so I go out with this hair. maybe a few this weeks always bun! when go to restaurant, go to sea, shopping, theater, watching tv.all the time.maybe not sexy…you like it?
👠 lyra4m.com/

#summer #hot #humid #japan #hairstyle #fashion #bun #up #updo #hairdo #collecting #wannabe #fashionista #fashiongram #alternative #sea #ocean #oceancide #janesaddiction #sublime #redhotchilipeppers #incubus
#simple #simplelife #idontcare #aesthetic #paleaesthetic #beach #seaside

August.5.2020.

“Lyra Sky’s Monolngue-Favorites vol.105” の続きを読む

和訳【Uni/ What’s The Problem?】UniとCharlotte Kemp Muhl の全て Beautiful Daydream

 

「天は二物を与えた!」と、Lyraが思っているアーティストが、今日紹介するバンドのベーシストであり、プロデューサーのCharlotte Kemp Muhlなの。

良く好きなモデルとしてCharlotteのことを紹介して来ましたが、今日は大好きなミュージシャンとしてのCharlotteを紹介します。

美しくて危険で、清純な少女の笑顔を持ちながら、時には妖艶な魔性の女の表情を持つ彼女は、Lyraの憧れの女性。

おまけに普段着が同じタイプのジャケット着ていたり、音楽漬けの生活を送っていたりと共感出来る所が、沢山あり、他人には思えないくらい。

その上、大好きなSean Ono Lennonが彼女のパートナーで、2人の仲良しな関係も本当に素敵。理想のカップル。

好き過ぎてSeanとのバンドにしようか迷って、Charlotte本人に尋ねたら、こちらを選んで頂けたので、今日は彼女のサイケデリックでグラムなメチャ格好良いロック・バンドを紹介しましょう。

興奮して来たわ〜♪

“和訳【Uni/ What’s The Problem?】UniとCharlotte Kemp Muhl の全て Beautiful Daydream” の続きを読む