和訳解説 Spacehog【In The Meantime】肉体こそ宇宙 The Body’s the Universe!

めっちゃ暑かった昨日と違い、今日は寒いなんて、ついに梅雨に突入か?

ここはサッパリと、ジメジメ陽気とはオサラバする、Spacyな曲を!

と、思ったら何だか暑苦しいかもしれないGramの方のSpacyが頭に浮かんでしまったよ。

日本ではかなりマイナー。

でもこの曲は、かなりチャートを賑わしたから洋楽好きの人は、聴いたことがあると思う。(あとコアなゲーム好きも)。

宇宙ってかなり遠くの、遙か彼方の銀河系のお話だけど、Lyraには近くて、もっと内なる物と繋がっている気がする。

もっと身近で、貴方や私たちの内なるモノのことこそが、宇宙だってね。

この曲を聴きながら、ちょとばかりTripしてみない?

“和訳解説 Spacehog【In The Meantime】肉体こそ宇宙 The Body’s the Universe!” の続きを読む

和訳【Disco2000/ Pulp】解説 伝統的ダメ男の恋バナ Traditional COMMON PEOPLE

良い意味でも悪い意味でも、根底に流れている物は、変わっていないイギリス。

(今住んでいるわけではないから、オンタイムでないが)

「コヤツら、変わることが嫌いなんじゃないか?」とすら思えて来る。

伝統を重んじるイギリス。

変革をするつもりで入ったはずが、結局、EU離脱して元のイングランドに。元サヤってヤツ。

英国の音楽事情は様変わりした、と言われているが、個人的には流行り廃りも、数年サイクルで回っていて全く変わっていないと感じるのだ。

同じ繰り返し…。

それが嫌だと言っているのではない。

自国らしさがあって良いと思うのだ。

これこそ様式美!

良い味出してるよ、イングランド。

アメリカが移民が多い影響で、レゲトンやスパニッシュ系サウンド、又は、テイストをぶっ込んだ音が流行っているのにも関わらず、イギリスは、マイペース。

だから、回ってくるよ、Jervis、又貴方の時代が。

最近、露出し始めたんじゃない?

Brit Pop以前から下積みがあったからこそ出せる、ダサいのを武器にしたオシャレな伊達男スタイル。

オネェじゃないかと思える、余分な動き(笑)。全てが可愛い。

貴方の情けない男性像は、誰にも真似ができない武器だもの。(こぞって日本の芸能人達は真似したけど)

 

また、ブームが戻って来るかも!

例え戻って来ないにしても、このキラキラ・サウンドは、イギリスの音楽史に残るのよ。

リクエスト貰ったから和訳するね。

 

“和訳【Disco2000/ Pulp】解説 伝統的ダメ男の恋バナ Traditional COMMON PEOPLE” の続きを読む

【わたしを離さないで】映画 あらすじ感想『重要な3つのシーン』Never Let Me Go ネタバレ

ノーベル賞を受賞した作家としてのイメージが定着したカズオ・イシグロ。

数年前に、このブログで彼についてと代表作品について書いた時に、「この映画については、また後日」と話していたのに随分と月日が経ってしまった。

日本のドラマは散々だったが、この映画は原作に近いと言えよう。

イギリスの寒空の下、吹きっさらしの所で、凍てついた体を休めること無く生きている人間の痛みが伝わって来るからだ。

痛いほど。

“【わたしを離さないで】映画 あらすじ感想『重要な3つのシーン』Never Let Me Go ネタバレ” の続きを読む

和訳【Sex / The 1975】An Inseparable Twosome 離れられない

見た目のフワフワ感とIndie Pop Rock のメロディが可愛らしい彼ら。

だが、実はかなりの知能犯。

Lyraのこのブログで、数回、取り上げて来てるから皆さんご存知だと思う、彼らの特徴。

それは、Snobな歌詞が難解な知恵の輪のように絡み合いながら、メロディに乗って鋭く突き刺さって来るのよ、聴くもののハートに。

もしくは腰に、、、。

Let’s Dance!

for this night of Summer Sonic!!

“和訳【Sex / The 1975】An Inseparable Twosome 離れられない” の続きを読む