【Eric Clapton/ Wonderful Tonight】和訳 解説 Pattie Boyd 一瞬が永遠 That Moment Last Forever

Happy Birthday Eric Clapton!

今日は、にっこり Eric Claptonのバースデイなので、彼の曲を和訳&解説して一緒にお祝いしましょう!

皆さんもご存知の様に、LyraはEricのバンド、Creamが大好きなので、良くこのブログで取り上げてきました。

それに、本当はCreamの曲を数曲和訳してストックがあるので、そちらから紹介するつもりだったの。

でも「Ericの誕生日ならば、ソロの曲の方が良いかしら?」と思い、急遽変更して、彼の名曲の中から人気が高い、この有名な曲【wonderful tonight】にしました。

こちらは、前に和訳したDrek & the Dominos  時代のErickの曲【Layla】(→ 和訳 解説 Laylaの真実 for Lyra’s Birthday!!)と同じ様に、元妻の Pattie Boyd にインスパイアされて出来たラブソングです。

パティ・ボイドについて。寂しい人はどうなるの?こうなるの… Pattie Boyd 前編

 

過去話を知っているだけに、何とも複雑な気分になってしまうけれど、あの当時のEricの恋してる気持ちがとてもわかるラブリーな曲だと思う。

夢の様な幸せを感じよう。

聞いていると暖かい気持ちになるよ。

“【Eric Clapton/ Wonderful Tonight】和訳 解説 Pattie Boyd 一瞬が永遠 That Moment Last Forever” の続きを読む

【Cream/ Tales Of Brave Ulysses】和訳 ギリシア神話か現実か?愛に溺れる Drowner of Love

Happy Birthday Ginger Baker! I wish you an outstanding and fabulous birthday my friend, I think you met many rock’n’roll friends at there!

今日8月19日は Ginger Bakerのバースデイ!

今日はお祝いを兼ねて、Ginger BakerのいたCreamの曲の中から、Lyraが「セクシーで夏っぽいなあ」と思う曲をお届けします〜。

まさか連日「命の危険に関わる暑い日なので水分を取りましょう」など、命の危険があるような夏が普通にある人生が来るとは思わなかったわ。

それに去年の今頃は、海で泳いでいたし、マスクなんかしていなかったし…。

本当、生きていたら何が起こるかわからないね〜?

分からないんだったら、めっちゃ良いことが起きそうな気がして来たわ。

灼熱の太陽の下でこの曲を聴いたら、きっと涼しくなるかも。

もしくは溺れるような恋をしたくなるかもよーン!

“【Cream/ Tales Of Brave Ulysses】和訳 ギリシア神話か現実か?愛に溺れる Drowner of Love” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue- Favorite vol.95

I can understand them hell‐bentting on selling their goods. But Is it strange he’s sending me DM as soon as we met (I don’t know him) & asking me buying his CD or his advertising, though in the habits of not doing good for me nor replying me? Because he’s not my friend. This his behavior just looks like coarse peddler. or black marketing. Be polite 🙏

#cd #発売 #tシャツ #band #rock #優しさ #思いやり #music

May.6.2020.

“Lyra Sky’s Monologue- Favorite vol.95” の続きを読む

和訳【I Feel Free】Cream 解説 派手なベーシストJack Bruceについて Happy Birthday Jack Bruce

Happy Birthday to you, Dear. Jack Bruce!

好きなアーティスト達のお誕生日が、今週は続いてとってもめでたいねっ❣️

今日は大好きなバンドの1つであり、大好きなベーシスト、Jack BruceのBirthdayなので、やっぱりこのバンドの曲にしましょう。Gingerいるし… ムフフ。

小さい時に、ラジオからいつも流れて来るこのバンドをスッゴクCoolだと思って好きになったのだが、彼らの本当の凄さや魅力に気づいたのは、大人になってからだ。

歌詞のラブラブ度数の高さや演奏のうまさを充分理解していたが、一人一人のアーティストとしての才能を理解する目は大人じゃないと分からなかったのだと思う。

何千回となく効いたこの曲も、なんと細部まで木の行き届いた完成度だろう。

このベースの重低音の唸りに痺れてしまう〜。

今夜はJack Bruceの歌声と3人のバトルが、美味い具合にまとまっているこの名曲で、踊れ!

“和訳【I Feel Free】Cream 解説 派手なベーシストJack Bruceについて Happy Birthday Jack Bruce” の続きを読む